FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

コレデオシマイ

勝海舟の最期の言葉。勝海舟は江戸時代末期の武士(幕臣)、明治初期の政治家。位階勲等は正二位勲一等伯爵。山岡鉄舟、高橋泥舟と共に「幕末の三 舟」と呼ばれる。幼名および通称は麟太郎(りんたろう)。諱は義邦 (よしくに)、明治維新後改名して安芳。これは幕末に武家官位である「安房守」を名乗ったことから勝 安房(かつ あわ)として知られていたため、維新後は「安房」を避けて同音(あん-ほう)の「安芳」に代えたもの。勝本人は「アホウ」とも読めると言っている。海舟は 号で、佐久間象山直筆の書、「海舟書屋」からとったものである。10代の頃から島田虎之助に入門し剣術・禅を学び直心影流剣術の免許皆伝となる。16歳で 家督を継ぎ弘化2年(1845年)から永井青崖に蘭学を学び、赤坂田町に私塾「氷解塾」を開く。安政の改革で才能を見出され、長崎海軍伝習所に入所。万延 元年(1860年)には咸臨丸で渡米し、帰国後軍艦奉行並となり神戸海軍操練所を開設。戊辰戦争時には、幕府軍の軍事総裁となり、徹底抗戦を主張する小栗 忠順に対し、早期停戦と江戸城無血開城を主張し実現。明治維新後は、参議、海軍卿、その後伯爵、枢密顧問官となり政府の日清戦争に終始反対した。李鴻章を 始めとする清国の政治家を高く評価し、明治6年(1873年)には不和だった福澤諭吉らの明六社へ参加、興亜会(亜細亜協会)を支援。また足尾銅山鉱毒事 件の田中正造とも交友があり、同事件では政府の対応を厳しく批判するなど多くの社会事業に携わり、哲学館(現:東洋大学)や専修学校(現:専修大学)の繁 栄にも尽力し、専修学校に「律は甲乙の科を増し、以て澆俗を正す。礼は升降の制を崇め、以て頽風を極(と)む」という有名な言葉を贈って激励・鼓舞した。 勝は日本海軍の生みの親ともいうべき人物でありながら、海軍がその真価を初めて見せた日清戦争には終始反対し続けた。連合艦隊司令長官の伊東祐亨は、勝の 弟子とでもいうべき人物であり、清国の北洋艦隊司令長官・丁汝昌が敗戦後に責任をとって自害した際は勝は堂々と敵将である丁の追悼文を新聞に寄稿している。勝は戦勝気運に盛り上がる人々に、安直な欧米の植民地政策追従の愚かさや、中国大陸の大きさと中国という国の有り様を説き、卑下したり争う相手ではな く、むしろ共闘して欧米に対抗すべきだと主張した。三国干渉などで追い詰められる日本の情勢も海舟は事前に周囲に漏らしており予見の範囲だった。最期は明 治32年1月19日午後5時頃、風呂から上がると坐り込んで「胸が苦しいからブランデーをもって来い」と家人に命じる。それをグラスに入れ「今度はどうも いけないかもしれんぞ」といって一口飲んだとたん、倒れて意識を失った。脳溢血であった。彼が息をひきとったのは2日後の午後5時だった。

「国乱れて忠臣現る」とは司馬遷の『史記』の言葉ですが、勝海舟はそれを地で行った人です。海舟が口述した『氷川清話』は面白いので、よかったら 一度読んでみることをお勧めします。講談社学術文庫にあるので簡単に手に入りますよ。海舟は座談を好み、特に薩長の新政府に対して舌鋒鋭く批判し続けました。また外交感覚に鋭く、敵であったとしても見くびることなく接したため海外での評価も高い人でした。他にも彼は武士としては、特筆に価するほどの経済の才覚の持ち主でした。流石に低い身分から身を起こし、幕府と日本の命運を担う立場に立った人なだけはあります。最期の言葉は、持てる力を全て出し尽くして徳川家を存続させ、日本で内乱を起こさせなかっただけに、思い残すことのないというような、清々しい印象を与える言葉になっています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0