FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

よしやよし世を去るとても我が心 御国のためになほ尽さばや

国司親相の辞世の句。国司親相(くにしちかすけ)は幕末期の武士。長州藩の家老。諱は朝相とも。通称は熊之助。国司信濃(しなの)の名で知られる。養子に志道元襄次男国司純行。妻は弥佐夫人。寄組藩士・高洲元忠の次男として生まれる。幼名丑之介、徳蔵、熊之助とも称し、のち、信濃、朝相と改め、毛利慶親(よしちか 後敬親と改める)公より一字賜り、親相と改めた。6歳の頃、同じく寄組藩士5600石の国司迪徳の養嗣子となり、1847年に家督を継いで大組頭となった。家柄も然ることながら、親相は若い頃から聡明だったため、次第に頭角を現してゆき、1863年には長井雅楽の切腹検視役正使を務めている。 1853年(嘉永6年)ペリーが浦賀に来航して以来、我が国は、尊王攘夷論が高まり、国内騒然、1863年5月10日、親相は久坂玄瑞らと共にアメリカ船ペングローブ号を砲撃し、下関海峡を封鎖、朝廷からも褒勅の沙汰を賜わった。この功績により、親相は下関防備総奉行に任じられる。しかし八月十八日の政変で長州藩が京都から追放されると、親相は家老に昇格した上で、同じく家老の益田兼施や福原元、さらに久坂らと共に京都における長州藩の影響力を取り戻そうと挙兵して、禁門の変を引き起こした。しかし薩摩藩・会津藩連合軍の前に大敗し、かくして、戦乱を起した敗軍の責を負わざるを得なくなった。親相は誰よりも責任を感じ、死をおもうていた。「はかなくも風の前の燈火(ともしび)の、消えゆることのみ待つ我が身かな」との京都の天龍寺において詠んでいる一首にそのことが偲ばれる。最善の引責の方法を藩主の命によって決したとの一念で、玉砕をさけあえて帰藩。時は1864年(元治元年)8月5日である。 やがて第一次長州征伐が始まると、総大将に徳川慶勝、参謀に西郷隆盛が就任した大軍が長州に押し寄せてくる。そして西郷が長州藩に対して、責任を取る形で親相ら三家老の切腹を要求したため、親相は徳山澄泉寺にて切腹して果てた。享年23。 親相の家老職は、益田や福原の永代家老とは違い、実力で昇進した家老職であった。慶応元年、親相の養嗣子にあたる国司健之介純行は、義父親相を美登理神社(親相の居館の西に社殿完成。宇部市大字万倉伊佐地)に祀る。後慶応3年 11月毛利敬親公の意を受け、天龍寺の真向かいで国司家練兵場である、土井(宇部市大字万倉土井)の垰山に招魂場を設置、親相を始め殉国の兵26名の英霊を祀った。その後大東亜戦争までの英霊を祀り、平成18年招魂碑は万倉護国神社に移遷。墓所は厚狭郡楠町の天龍寺。妻と並んで墓石が建っている。死後の明治21年靖国神社合祀。明治24年贈正四位。

良いさ良いさ世を去るとしても私の心よ 御国のためになお尽したい

国司親相は薩摩と長州が、まだ仲の悪かった時の人です。いわゆる尊王攘夷派で禁門の変の首謀者の一人ですが、この時代に実力で家老職にまでなったということは、相当有能な人だったのでしょう。西郷隆盛が切腹を要求したのも、その能力を危ぶんでのことだと思います。国司親相はこの歌の他に、「君がためつくせやつくせおのがこの 命一つをなきものにして」という辞世の歌も残しています。どちらもかなり忠君愛国的な歌ですが、後の尊王過激派の雛形とも言える人生であったと言えるでしょう。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0