12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

To my Friends, My work is done. Why wait?

友よ、私の仕事は終わった。なぜ待つのか?

ジョージ・イーストマンの遺書。ジョージ・イーストマン(1854年7月12日 - 1932年3月14日)はアメリカの実業家、発明家であった。イーストマン・コダック社の創業者。ロールフィルムを発明。それによって連続撮影のスピードが著しく速くなり、写真機の主流となった。ロールフィルムは1888年にエドワード・マイブリッジやルイ・ル・プランスが映画用フィルムを発明する元となり、レオン・ボウリー(英語版)、トーマス・エジソン、リュミエール兄弟、ジョルジュ・メリエスらによる映画の発明のための基礎技術となった。篤志家としても有名で、ロチェスター大学のイーストマン音楽学校と医歯学部を創設し、ロチェスター工科大学(RIT)に寄付をし、マサチューセッツ工科大学(MIT)の第2キャンパスを建設し、いくつかの大学に寄付をしている。また低所得者のために、ロンドンをはじめとするヨーロッパ各地の都市に診療所建設のための基金を創設した。ニューヨーク州ウォータービルにある、両親が1849年に購入した10エーカーの農場で末っ子として生まれた。1874年に写真に興味をもったが、当時の写真はガラス板に感光乳剤を塗って、乾く前に撮影する方法であった。3年の実験の後に乾式の写真板(乾板)を開発し、イギリスとアメリカでの特許を取得し、1880年に写真の事業を始めた。1884年に写真の基材をガラスから乳剤を塗ったロール紙に換える特許を取得した。1888年にロールフィルム・カメラの特許を取得した。「あなたはシャッターを押しさえすれば、後は我々がやります("You press the button, we do the rest")」の宣伝文句のもと、顧客はカメラを送り返して、10ドルを払えば、フィルムを現像し100枚の写真と新しいフィルムを装填するシステムで市場を開拓した(この宣伝文句は社会の関心を引き、ギルバート&サリヴァンのオペレッタ『ユートピア国株式会社』で使われた)。1888年9月4日、イーストマンはコダックの商標を取得し、世界最初のロールフィルムカメラ「No.1コダック」を発売した。1889年にはセルロースを使った透明な写真フィルムを発明。1896年までに100台のコダックのカメラが売れた。1900年にはブローニーシリーズを1ドルで発売し、写真とカメラを一気に普及させた。早くからフィランソロピー活動を始めており、事業の収益の一部を教育機関や医療機関の創設にあてた。例えば、1901年にはロチェスター工科大学の前身である力学研究所に62万5千ドルを寄付している。1900年代初めには他にマサチューセッツ工科大学に寄付し、チャールズ川沿いの第2キャンパス建設を支援した。同キャンパスは1916年にオープンされた。イーストマンは生涯独身だったが、ビジネス仲間ジョージ・ディックマンの妻で歌手のジョセフィン・ディックマンと長年に渡ってプラトニックな関係を続けた。晩年の2年間は脊椎管狭窄症と見られる症状に苦しんだ。立つことも難しく、すり足でゆっくりとしか歩けなくなった。母も最晩年の2年間は車椅子を使用しており、同じ病気だったのかもしれないが、母の文書化された病歴には子宮がんの手術を受けて成功したことしか記されていない。いずれにしてもイーストマンは母が苦しむ様子を目にしており、強まる痛みと身体の衰えからますます憂鬱になっていった。母マリアは彼の人生の大きな部分を占めており、その死はジョージに大きな衝撃を与えた。礼儀を病的に重んじる性質だった彼が、友人たちの前で感情を抑えられなかった。後に「母が死んだとき、1日中泣いていた。死にたい衝動を抑えられなかった」と述べている。1932年3月14日に自邸でピストル自殺した。

ジョージ・イーストマンはコダック社(英:Eastman Kodak Company)の創業者です。さて問題ですKodakという言葉の意味はなんでしょう? 答えは意味はありません。イーストマンが力強くシャープな感じを出すために、「K」をはさんだ単語をいく通りも考えた結果として生まれたものです。コダックという単語そのものに特別な意味はありませんが、イーストマンはこの社名をとても気に入っていたそうです。イーストマンは、アンドリュー・カーネギーやジョン・ロックフェラーに次ぐ有名な篤志家であり、ロチェスターやマサチューセッツ州ケンブリッジ、南部の黒人を受け入れている2つの大学、ヨーロッパ各地の都市などの様々なプロジェクトに1億ドル以上を寄付をしました。彼が特に多くの寄付を贈ったのが、ロチェスター大学とマサチューセッツ工科大学です。ロチェスター工科大学には彼の寄付と支援を記念してイーストマンの名を冠した建物があり、MITには記念銘板が設置されており、浮き彫りになった肖像の鼻を触ると幸運が訪れるという言い伝えがあります。ケンブリッジに行くことがありましたら、ぜひ触ってきましょう。このような多大な功績のあるイーストマンですが、晩年は病気と母の死により健康状態が悪化し、最期は自殺してしまいました。葬儀はロチェスターの聖ポール英国聖公会教会で行われました。彼の遺体は2012年現在、ロチェスターのコダック・パークに埋葬されています。彼の家であったジョージ・イーストマン・ハウスは、アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定されており、2012年現在は国際写真映画博物館として運営されています。彼がいなければ写真は元より、映画産業の発達もかなり遅れていたことでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Mom, I'm dying.

ママ、わたし死にそう。

ブリタニー・マーフィの最期の言葉。ブリタニー・マーフィ(1977年11月10日 - 2009年12月20日)は、アメリカ合衆国の女優。ブリタニー・マーフィーと表記されることもある。本名は、ブリタニー・ベルトロッティ。ジョージア州アトランタにて、イタリア系の父親(アンジェロ・ベルトロッティ)と東欧及びアイルランド系の母親(シャロン・マーフィ)の間に生まれる。幼少期はニュージャージー州エディソンで過ごす。9歳から子役として活躍し、13歳の時にカリフォルニア州バーバンクに引っ越す。1993年に『家族の祈り』で映画デビュー。1995年公開の『クルーレス』や『17歳のカルテ』、『8 Mile』での演技で話題となる。2006年公開のアニメ映画『ハッピー フィート』ではヒロインの美声のペンギンを演じて歌声を披露しサウンドトラックにも収録されている。また、声優としてテレビアニメ『キング・オブ・ザ・ヒル』に出演しており、アニー賞で3度候補になり受賞もしている。過去に俳優のアシュトン・カッチャーやタレント・マネージャーのジェフ・クワティネッツと婚約したが、破局。2007年5月に脚本家のサイモン・モンジャックと結婚。2009年12月20日午前8時(現地時間)、ロサンゼルスの自宅のシャワー室で心肺停止状態で倒れているのを母親が発見、そのまま病院へ搬送されるが、病院到着時に死亡が確認された。家族によれば、以前から糖尿病を患っており、また数日前から風邪をこじらせていたとされている。死因は心不全とされている。死の時点で、撮影に参加し2010年の公開が控えていた主演のスリラー作品が2本あり、死の翌月からは主演を務める独立系のロマンティック・コメディの撮影が開始される予定だった。ブリタニーの死からわずか5ヶ月後の2010年5月23日、夫のサイモン・モンジャックも同じロサンゼルスの自宅で39歳の若さで世を去っている。

ブリタニー・マーフィは33歳の若さで亡くなった、アメリカの女優です。彼女は俳優業だけでなく声優もしており、アニメのアカデミー賞といわれるアニー賞も受賞しています。彼女の出演作品で有名なのは、精神病棟を患者の視点で赤裸々に描いた『17歳のカルテ』と、ラップ歌手エミネムの半自伝的な作品『8 Mile』でしょうか。彼女は2009年12月24日に、フォレストローンハリウッドヒルズに埋葬されました。彼女の死後残された家族は、ブリタニー·マーフィー財団設立慈善基金を作り、子どもの芸術教育だけでなく、がん研究の援助を行っています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

So hard to die.

死ぬのは大変だな。

メリウェザー・ルイスの最期の言葉。メリウェザー・ルイス(1774年8月18日 - 1809年10月11日)は、ルイジアナ買収後、ウィリアム・クラークと共にアメリカ西部探検を一任されたルイス・クラーク探検隊の隊長を務めたことで知られる、アメリカの探検家、博物学者、軍人、行政官である。1774年8月18日、ルイスはバージニア州アルベマール郡シャーロッツビル近郊に、ウィリアムとルーシー(旧姓メリウェザー)の子として生まれる。10歳の時、彼は家族と共にジョージア州へ移り住んだ。彼が13歳の時に家庭教師による教育を受けるため、再びバージニア州へと戻った。1790年代には、バージニア州レキシントンに位置していた、リバティー・ホール・アカデミー(現在のワシントン・リー大学)を卒業した。彼はバージニア国民軍に加わり、1794年にウィスキー戦争を鎮圧する派遣隊の一員として戦地に派遣された。1795年、ルイスはその後1801年まで所属することとなる正規軍に加入。ここで後に探検を共にすることとなる、ウィリアム・クラークと知り合う。その後ルイスは大尉の地位を獲得した。1801年、当時合衆国大統領であったトーマス・ジェファーソンの個人秘書を務めることになった。元々彼は、合衆国第2代大統領ジョン・アダムズが提言した「真夜中の任命(Midnight Appointments)」の結果として連邦党員の将校が流入した、合衆国軍の政策に情報を供給していた。彼は後に探検隊の計画に深く携わることとなり、地図作成法やその他かごを編みこむ方法や編み物など、必要とされる技術を教育させるため、ジェファーソンは彼をペンシルベニア州フィラデルフィアへ送り込んだ。その後ルイスはルイス・クラーク探検隊の隊長に任命され、太平洋到達を果たした。1806年8月11日、探検任務も終盤に差し掛かったころ、ルイスは探検隊の部下であった視力の低いハンター、ピエール・クルザットに「誤って」腿を撃たれてしまった。残りの探検の間、彼はその負傷が原因であまり身動きが取れなくなってしまった。探検から帰還後、ルイスは報酬として6平方キロメートル(1500エーカー)の土地を受け取った。1807年、ジェファーソンは彼をルイジアナ領の統治者に任命し、ルイスはミズーリ州セントルイスに移住した。また彼は、フリーメイソンの会員だった。1808年8月2日、ルイスと数人の知人達はペンシルベニア州にあるフリーメイソンのグランド・ロッジへ、セントルイスに支部となるロッジの建設を求める嘆願書を提出した。この嘆願書は受理され、ルイスは1803年9月16日に111番目のロッジとして建設が保証されることとなった、セントルイス・ロッジの管理者に推薦・任命された。しかしこの頃から、ルイスは大量の飲酒に依存するようになった。そしてルイスはテネシー州ナッシュビルからおよそ110キロメートル(70マイル)離れた、グリンダーズ・スタンドという名の居酒屋で、1809年に銃撃による負傷により息を引き取った。そこは彼がワシントンD.C.へ向かう途中のナチェス・トレースに位置しており、彼は頭部と胸部を撃たれていた。彼の死因が自殺か殺人だったかの決定的な判断は下されていないが、死亡する直前に彼は極度に意気消沈しており、ミズーリ川へ飛び込んで溺れ死のうとしたという報告もあったため、自殺の可能性が高い。ルイスは法的な相続人を残さぬまま逝去したにもかかわらず、2003年に発足した「ルイス姓DNAプロジェクト」が、ルイスは彼の父方の祖先がワーナー・ホール・ルイスの血統を持つと推測されるDNA細胞を持っていたと発表した。DNAによる血統から、ルイスはジョージ・ワシントン、ロバート・E・リー、エリザベス2世と関連があることがわかった。ルイスは最期を迎えた場所からそう遠くない位置に埋葬された。現在は彼の栄誉を称え、ナチェス・トレース・パークウェイ沿いに記念碑が建てられている。

メリウェザー・ルイスは太平洋へ陸路での探検をして帰還した、白人アメリカ人で最初の探検隊であるルイス・クラーク探検隊の隊長を務めました。この探検隊は、アメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソンにより結成されましたが、ジェファーソンはルイス宛に送った1803年6月20日付けの通知書で、「貴殿の任務は、ミズーリ川とその主流にかかる沿道、さらにコロンビア川、オレゴン川、コロラド川ほか太平洋との連絡水路を探索し、大陸を最も短い距離で横断、かつ通商を行う目的で通行できる陸路を発見すること」と指示しました。この探検により、合衆国は主な河川と連なる山脈を表した地図を作り、アメリカ西部の地理に関する広範囲に渡った知識を獲得しました。また全178種に及ぶ植物と、122の動物の種・亜種を観察および記録し、72の先住民族の存在を明らかにしました。今なをアメリカで最も有名な探検家としてその名を残すルイスですが、その最期は自殺なのか他殺なのかよく分からないというものでした。ルイスの検死をした医師は他殺と取れる報告をしまいたが、クラークとジェファーソンはルイスの死を知らされると、自殺という結論を受け入れたそうなので、元からそういう傾向のある人であったようです。ただしルイスの死因については確証がなく、法医学的分析のために2008年に内務省が遺骸の発掘を承認しましたが、その後政策の見直しにより2010年に指定を取り消されました。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

I should never have switched from Scotch to Martinis.

スコッチからマティーニに乗りかえるべきじゃなかったな。

ハンフリー・ボガートの最期の言葉。ハンフリー・ディフォレスト・ボガート(1899年12月25日(1月23日とする説もあり) - 1957年1月14日)は、ニューヨーク出身のハリウッド映画の俳優である。1930年に『河上の別荘』で初出演を果たして以降20年近くに渡り、ワーナー・ブラザーズの専属に近い形で俳優活動を行った。1930年代はギャング映画の敵役を多く演じたが、40歳を過ぎて主演した『マルタの鷹』『カサブランカ』などの作品で、ハードボイルド・スターの地位を確立。後年は演技派としても活躍し、『アフリカの女王』(1951年)ではアカデミー賞主演男優賞を受賞した。1940年代 - 1950年代を代表する名優として、時代の象徴的存在に挙げられることが多い。1999年にAFIが発表した「アメリカ映画スターベスト100」では男優の1位に輝いている。ニューヨークにおいて、イングランドとオランダ系の血をひく外科医の父ベルモント・デフォレスト・ボガートと、イングランド系で画家の母、モード・ハンフリーの間に生まれる。父は厳格なプレスビテリアン、母は厳格なエピスコパリアンだった。家庭が裕福だったこともあり、イェール大学へ進学するよう希望していたが、ボガートは高校を中退。1918年に海軍に入隊するも、3年後に除隊。やがてブルックリンの劇場で舞台に立ち、俳優の道を志す。晩年に食道癌を宣告され、妻と共に闘病するものの1957年1月14日に、永眠する。

ハンフリー・ボガートは問答無用の伝説的人気俳優です。最初はブロードウェイに出演していましたが、1929年の株式市場暴落により映画へと転向し、生涯に75本の長編映画に出演しました。映画監督・脚本家のジョン・ヒューストンと仲が良く、彼の監督デビュー作である『マルタの鷹』をはじめ、『黄金』、『キー・ラーゴ』、『アフリカの女王』、『悪魔をやっつけろ』など、死去するまで数多くの作品で主演を務めました。彼は57年の生涯の中で4度結婚をしていますが、4人目の妻ローレン・バコールとは非常に仲がよく、彼女との間に1男1女をもうけました。彼の出演作品は傑作だらけで、もうどれを代表作として挙げれば良いのか分からないほどです。有名なのとしてはダシール・ハメットの名作ハードボイルドの映画化した『マルタの鷹』、AFIアメリカ映画100年シリーズのアメリカ映画ベスト100(1998年)の投票で2位になった『カサブランカ』、海洋冒険小説の大家、セシル・スコット・フォレスター原作でアカデミー主演男優賞を受賞した『アフリカの女王』辺りでしょうか。「トレンチコートの襟を立て、紙巻きタバコをキザに咥えて吹かす」というボガートの姿を真似する人も多かったそうです。彼はヘビースモーカーで酒豪でもありました。愛飲酒はドランブイ(スコッチウイスキーベースの薬用酒)で、飲んだ量に比例して毒舌が激しくなったそうで、最期の言葉もお酒について述べています。晩年は健康が悪化して食道とリンパ節を摘出する手術を受けましたが、治療を受けるのが遅すぎたため癌が転移してしまいました。彼が1957年1月14日に死亡した時には、体重は80ポンド(36キロ)しかありませんでした。彼は結婚する前にローレン·バコールに与えたブレスレットの、金笛と一緒に埋葬されました。そして彼の墓碑銘には二人が共演した最初の映画である『脱出』から引用された"If you want anything, just whistle."(何か欲しい時は口笛を鳴らして)という言葉が刻まれています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

I love you too, honey. Good luck with your show.

僕も愛してるよハニー。君のショーに幸運がありますように。

デジ・アーナズの最期の言葉。デジ・アーナズ(1917年3月2日 - 1986年12月2日)は、アメリカで活躍した俳優、プロデューサー、ミュージシャン。キューバ・サンティアーゴ・デ・クーバの裕福な家庭に生まれた。 父はサンティアーゴ・デ・クーバ元市長。1933年にアメリカのマイアミに移住。その後市民権を取得。1936年に音楽プロデューサーとして活動を始める。1939年にブロードウェイの舞台に立ち、1940年に映画初出演を果たす。1940年11月30日に女優のルシル・ボールと結婚。1951年に長女(ルシール)が、1953年に長男(デジ)が誕生。2人の実子はともに俳優である。1960年にルシルと離婚。1986年12月2日に極度のアルコール依存症と肺がんにより死去。

デジ・アーナズは俳優でしたが、妻のルシル・ボールの方が有名かもしれません。ルシル・ボールは1930年代から1940年代にかけてはB級映画で魅惑的な女性役を演じた女優で、後に活動の場をテレビに移し、夫婦で出演したホームコメディ「アイ・ラブ・ルーシー」で大成功を収めました。一般的には彼女は「コメディの女王」として知られおり、エミー賞を4度受賞し、テレビ殿堂入りもしています。「アイ・ラブ・ルーシー」は日本でもNHKで1957年から60年(字幕版)、フジテレビで61~62年にかけて放送されていました。キューバ生まれのアーナズは演技だけでなく、ラテンミュージシャンとしても優れており、ドラマの中でラテン音楽のクラブを経営しているバンドリーダーのリッキー・リカード役でその腕前を発揮しています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。