FC2ブログ
12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Stand us against a wall and shoot us, well and good, you are victors. But why should I be brought before a Tribunal like a c-c-c- ... I can't even get the word out!

我々を壁の前に立たせて撃つ。まあそれは良いだろう。お前らは勝者だからな。しかし、どうして私がc-c-c-のような裁判所に連れてこられなくてはならないんだ。私には何も言うことはない!

ロベルト・ライの最期の言葉。ロベルト・ライ(1890年2月25日 - 1945年10月25日)はドイツの政治家。国家社会主義ドイツ労働者党初代ドイツ労働戦線全国指導者、第2代組織全国指導者。ヴェストファーレンのニーダーブライデンバッハで、11人兄弟の7番目に生まれる。実家は貧しい農家だったが、ボン大学とイェーナ大学で自然科学を学ぶことができ、食品化学などに興味を持つ。第一次世界大戦が勃発すると、ライはすぐさま志願兵として歩兵部隊に参加する。1917年に飛行軍団へ移籍するが銃撃で負傷し、その後吃音や発作などに悩まされることになる。大戦終結後、フランスの捕虜となり、釈放後の1920年に論文を発表して博士号を獲得した。大学の後にはIG・ファルベンで働くようになる。1924年、ミュンヘン一揆失敗後、民族社会主義自由党と名を変えて水面下で活動していたナチ党に入党。入党後はラインラント大管区指導者、組織全国指導者を歴任した。1933年5月2日に、全ドイツの労働組合が解散させられると、その資産と組員を引き継ぐ形で5月10日にドイツ労働戦線(以下DAF)を発足させ、その全国指導者となった。同組織は労働者だけでなく経営者や自由業者なども加入する組織だったため、ライも経済・労働政策の主導権を巡る党と国家の諸機関の対立に積極的に飛び込んでいく。1934年10月には、同年1月の国民労働秩序法ではほとんど無視されていたDAFの権限を大幅に拡大した「DAFの本質と目的についての総統命令」を直接アドルフ・ヒトラーから取り付け、労使関係の独占的調停者となることを狙った。これは前述の国民労働秩序法と矛盾するものであったために経済相ヒャルマー・シャハト、労働相フランツ・ゼルテらの反発を招き、三者は1935年3月のライプツィヒ協定で一定の妥協を見るまで激しく対立した。その後もライはDAFの権力拡大を目指し、1938年には、経済・労働関係でDAFと並行して存在する全組織の解散・国家官庁の監督権からの完全な独立・DAF指導者(つまりライ自身)の総統直属といった内容を含む4つの法案を、4カ年計画の全権ヘルマン・ゲーリングに持ち込んだ。しかしこれはあまりに法外なものであったため、経済省・労働省・司法省といった政府機関からだけでなく、副総統ルドルフ・ヘス、親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラー、農政全国指導者リヒャルト・ヴァルター・ダレといった面々から総反対を受けて挫折した。ただ、DAFによって労働者や自由業者を第三帝国へ惹きつけようとする試みは歓喜力行団運動(略称KdF)によって一定の成功を見る。たとえばヴィルヘルム・グストロフ号といった大型客船によるクルーズ旅行など、それまで労働者には考えられもしなかった豪華な福利厚生活動がそれである。また、「カブト虫」の愛称で有名なフォルクスワーゲン・ビートルの旧型も元は「歓喜力行団の車」(KdF-Wagen) の名前で開発された労働者用ファミリーカーであった。終戦間近になると、アルベルト・シュペーアの後釜を狙うようになった。1945年、義勇軍「アドルフ・ヒトラー」の司令官に任命されるが、ソ連軍が目前まで迫ってくると4月20日の総統誕生日でヒトラーと最後の会見をしてベルリンから脱出。終戦後の5月16日にバイエルン州・シュレヒンク(Schleching)のアルプス山荘で米軍第101空挺師団に逮捕された。逮捕後は精神不安定になり、ニュルンベルク裁判の公判前に独房内のトイレで首吊り自殺をした。遺書には、囚人としての待遇について延々と評価しながらも、「自分が犯罪者扱いされている事実には耐えられない」と書かれていた。彼の自殺以降、ナチ戦犯たちの自殺防止のための管理が徹底されることとなる。

歓喜力行団(Kraft durch Freude(喜びを通じて力を)、略称 KdF )とは、ナチス党政権下のドイツにおいて国民に多様な余暇活動を提供した組織で、ロベルト・ライ率いるドイツ労働戦線(DAF)の下部組織として、国家の管理のもと、旅行・スポーツ・コンサート・祝祭典などを企画しました。その活動は反社会的なものではなく、ドイツ国民の人気を集めたましたが、ナチス党の理想を行き渡らせナチス党政権下のドイツへの忠誠心を高めることが目的としていました。国民的余暇組織のアイデアはイタリアのファシスト党の「仕事の後の余暇」を通じて労働者をファシズムに親しませる組織である、ドーポラボーロ(正式名称は全国余暇事業団)から借りたものでしたが、やがてドイツ最大の組織へ拡張していきました。推計では1939年までに2500万人以上が活動に参加したとされています。ライに死刑判決が出るかは微妙だったと思いますが、彼は公判前に独房内のトイレで首吊り自殺をしてしまいました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

My conscience does not allow me simply to throw the responsibility simply on minor people... A thousand years will pass and still Germany's guilt will not have been erased.
私の良心は責任を少しの人々に押し付けることを許しません。これから千年の間ドイツの罪は消えないでしょう。
(名前を呼ばれるのを静かに持ち、最期の言葉を聞かれて)
I am thankful for the kind treatment during my captivity and I ask God to accept me with mercy.
拘留中、私に与えられました好意ある全ての取り扱いに感謝いたします。神よ。願わくば、私を慈悲深く迎えて下さらんことを!

ハンス・フランクの最期の言葉。ハンス・ミヒャエル・フランク(1900年5月23日 - 1946年10月16日)はドイツの法律家、政治家。国家社会主義ドイツ労働者党司法全国指導者。バイエルン州法相、ポーランド総督を歴任した。ニュルンベルク裁判で死刑判決を受け処刑された。ドイツ帝国領邦バーデン大公国の都市カールスルーエの中流カトリック教徒の家庭に生まれる。バイエルン王国首都ミュンヘンの小学校とギムナジウムを出た後、1916年から1年ほどオーストリア=ハンガリー帝国のプラハの学校で学んだ。第一次世界大戦最後の年1918年にバイエルン王国軍に入隊したが、前線には出ておらず、ミュンヘンに駐在していた。大戦末期、クルト・アイスナーらによるバイエルン革命があり、バイエルン共和国が樹立された。さらに1919年にはエルンスト・トラーら共産主義者による革命が起こされ、バイエルン・レーテ共和国が樹立された。フランクはフランツ・フォン・エップ率いるエップ義勇軍に参加して、レーテ共和国打倒に参加した。レーテ共和国にはソ連から多くのユダヤ人赤化工作員が送り込まれていたため、フランクは反ユダヤ主義思想に正当性を感じるようになったという。1919年9月から10月頃、ドイツ労働者党党首アントン・ドレクスラーの知遇を得、彼からアドルフ・ヒトラーの演説会に出席することを薦められ、はじめてヒトラーの演説を聞いたという。しかしこの時のヒトラーは疲れ果てた感じで、フランクはあまりいい印象を受けなかったという。しかしドイツ労働者党に入党している。彼は戦後ミュンヘン大学に入学して法学を学んでいたが、のちにキールのキール大学へ移った。1923年夏に一時キールからミュンヘンへ戻った頃にはナチ党がバイエルン州の一大勢力になっていた。フランクは1923年9月に突撃隊に入隊している。さらに1923年11月のミュンヘン一揆にも参加した。一揆は失敗し、ヒトラーは逮捕された。しかしフランクは逮捕されていない。フランクはこの後ミュンヘンの裁判所で行われたヒトラーの裁判で弁護士を務めている。1930年の国会議員選挙でナチ党から出馬して国会議員に当選。当時30歳で最年少国会議員の一人だった。ナチ党政権掌握後の1933年にバイエルン州法相に任じられた。法務担当国家弁務官、ドイツ法律アカデミー総裁なども兼務した。1934年にはヒトラー内閣の無任所相に任じられた。ポーランド侵攻によって第二次世界大戦が開戦するとフランクは中尉としてドイツ陸軍に入隊している。ポーランドを占領した後、1939年10月10日にヒトラーはフランクをポーランド総督に任命した。フランクはそのポーランド総督府領の統治を任されたわけであるが、一部の権限は親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーと共有しなければならなかった。ポーランド人を支配するためには親衛隊の持つゲシュタポや強制収容所など弾圧的装置は必要不可欠だった。フランクはクラクフのヴァーヴェル城に入り、そこからポーランド総督府領の統治にあたった。しかしフランクはポーランドを「ヴァンダル(蛮地)」と呼んで軽蔑しきっていた。ポーランドは単なる奴隷労働力供給地であると考えており、そのような土地に知識人や美術品など不要であると考えていた。ポーランド人知識人は親衛隊により抹殺され、ポーランドの貴重な美術品はフランクの城に接収され私物化された。徴収したポーランド人労働者は労働力配置総監フリッツ・ザウケルのもとへ、ユダヤ人はヒムラーのもとへそれぞれ送りだした。ほとんどのユダヤ人がアウシュヴィッツ強制収容所へ送られることになるのを彼は知っていた。他のナチ党幹部の例にもれず、戦況の悪化とともに趣味の世界へ引きこもるようになった。彼はピアノを弾いたり、「コロンブスに仕えた給仕」という題の小説を書いたりして現実から逃避していた。1945年1月、ソ連軍がポーランドに迫ってくると彼はレンブラント、ダ・ヴィンチ、ルーベンスなどの美術品を持って専用列車で脱出する。1945年5月4日、バイエルンでアメリカ軍によって逮捕され、ミーズバッハの刑務所に送られたが、アメリカ軍第7軍第36歩兵部隊に所属する兵士達にリンチにあった(刑務所の入り口に入ろうとする彼を2列に並んだアメリカ兵が暴行を加え、倒れると無理やり立たせて先に進ませ、また暴行する)。このアメリカ兵たちはダッハウ強制収容所を通過してきた兵士たちでフランクが「クラコウのユダヤ人虐殺者」と呼ばれているのを聞き、義憤に駆られて行った暴行だった。ニュルンベルク裁判においては、「自分の恐るべき罪」を認め、自分に不利な証拠(ポーランド総督当時の執務日記)を法廷に提供し、法廷を「神意に基づく世界の法廷」と称え「ヒトラーの罪、ドイツの罪」と主張した。一方で「自分は絶えず孤立している無力者」で「行ったことに影響力はなかった」、「親衛隊を抑えようとしていた」などという抗弁も使っていた。最後には事実捻じ曲げて数千人の人々が自分のおかげで命をすくわれたなどと言いだした。その後、個別に言い渡される量刑の判決に移り、フランクは夢遊病患者のようにフラフラしながら入って来て被告席にどさりと腰かけた。彼の受けた判決は絞首刑だった。絞首刑判決を聞いたフランクは神に祈るような仕草をしている。フランクは死刑判決に不満を抱いてはいなかった。助命嘆願書も提出することを望まなかった。

フランクはナチスのポーランド統治の責任者でしたが、そのやり方はとてつもなく酷いものでした。そのやり口はほとんど専制君主同然で、党の会計士フランツ・クサーヴァー・シュヴァルツは彼のことを「フランク国王」と呼び、宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルス「フランクは統治(regieren)しているのではない、君臨(herrschen)している」と揶揄したほどでした。フランクが総統となったポーランド総督府は、純粋にドイツの統治機関で、ポーランド人から構成される傀儡政権ではありませんでした。ドイツ支配下のヨーロッパに新たなポーランド人州を作ろうとするものではなく、ヒトラーは、「ここを15~20年で完全なドイツ人居住地にする」と決定していました。ヒトラーは、「4~5百万人のドイツ人に対して、1千2百万人ものポーランド人がいる。ポーランド総督府領はラインラントと同じくドイツ人のものになるべきだ」と述べています。1939年秋、ドイツに併合された旧ポーランド領からポーランド人がポーランド総督府領に強制移住させられ、ポーランド人にとって巨大な強制収容所の様なものとなりました。ポーランド人の男女はドイツ第三帝国の工場や農場で強制労働を強いられました。1987年にフランクの息子ニクラスは、長年の調査や回想に基づいて父親の生涯を綴った評伝『Der Vater (父)』を出版しましたが、この本は父親がポーランドで行った犯罪行為を赤裸々に描いており話題となりました。ニュルンベルク裁判において罪を認めたのはシュペーアとフランクの二人だけでしたが、これだけのことをしてしまった後では、後悔しても遅すぎました。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。