FC2ブログ
12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

Treten Sie zur Seite!

避けてくれ!

エゴン・フリーデルの最期の言葉。エゴン・フリーデル(1878年1月21日 - 1938年3月16日)は、オーストリアの批評家・哲学者で俳優。作家、随筆家、歴史家、ジャーナリスト、劇作家、劇評家、また編集者・朗読家・カバレット(文学キャバレー)経営者でもあった。ウィーン生まれ。本名はフリードマン。ユダヤ系の裕福な家庭に生まれたがプロテスタントに改宗、「世紀末ウィーン」を代表する教養人で好事家、「カフェ文士」のひとり。1938年のドイツによるオーストリア併合(アンシュルス)に抗して自殺した。1878年、エゴン・フリーデルは、ユダヤ人の製糸業者モリッツ・フリートマンと妻キャロラインの3番目の子としてウィーンに生まれた。1897年、フリーデルはドイツ文学、自然科学および哲学を学ぶためにベルリン大学に招待生として入学しているが、このときユダヤ教を放棄してルター派の信仰に改宗している。ハイデルベルク大学ではヘーゲルの歴史哲学の後継者であったクーノ・フィッシャーのもとで学んだ。この間、1899年に遺産を手にし、財政的に独立してウィーンに住むことが可能となったフリーデルは、市内の「カフェ・ツェントラール」や「カフェ・グリエンシュタイトル」に出入りした。カフェハウスを通じてフーゴ・フォン・ホーフマンスタール(1874年 - 1929年)、カール・クラウス(1874年 - 1936年)、ペーター・アルテンベルク (1859年 - 1919年)など当時を代表する文化人と知り合っている。20代のフリーデルはまた、ゲーテの書記官であったエッカーマンにちなんで「アルテンベルクのエッカーマン」と自称していた。ペーター・アルテンベルクがウィーンを徘徊して市中の様々な印象を観察し、ありあわせの紙に書きつけたメモを、カフェハウスで彼のポケットから取り出しては保管することを日課としており、こうした中から、アルテンベルクの珠玉の短編集が生まれている。1905年から1910年まで、フリーデルはヨハン・シュトラウス2世のオペレッタにちなんで命名されたカバレット(文学キャバレー)「こうもり」の芸術的管理者として働いた。共同管理者はアルフレート・ポルガー(1873年 - 1955年)であった。この間、フリーデルはエッセイと一幕物の戯曲を公表し続けた。戯曲における彼の最初の作品は『パラフィン王』である。また、ボルガーとの共同作品で自ら舞台に立ったスケッチ・コメディー『ゲーテ』は、彼をドイツ語圏で一躍有名にした。1920年代初頭、フリーデルは、14世紀以後の西洋の精神史をあざやかに分析した大作『近代文化史』(3巻、刊行1927年 - 1932年)を著している。そこでは、ルネサンスから第一次世界大戦までの文化史をキリスト教的視野でとらえ、英雄的な文人・芸術家・思想家がしばしば讃えられている。例えば、フリーデルは哲学者フリードリヒ・ニーチェについて、「ニーチェこそ西欧の、最後の大きな信仰の声なのだ。ニーチェを最後の教父と呼んでよかろう」と述べ、フランツ・シューベルトについては、グリム兄弟がメルヒェン(ドイツ童話)を創造したのと同じ意味で、民謡を高度なものに引き上げ、他の最高の芸術形式と肩をならべうるものにしたと、その偉業を讃えている。1937年、フリーデルの著作はナチスが推進する歴史理論に一致しないとみなされ、ドイツでは国家社会主義体制によって全面的に禁止された。ドイツやオーストリアの出版者は皆、彼の著作を公表することを拒絶した。フリーデルの『古代文化史』(1巻、未完)は、チューリヒでヘリコンによって公表されたものである。『オーストリア気質』のなかで「ドイツとオーストリアを隔てる唯一の壁は共通の言語である」と述べたエゴン・フリーデルは、アンシュルスのあった1938年、亡命を拒んでナチスのウィーン進駐にともない自殺した。アンシュルスにあたっては、反ユダヤ主義が猛威をふるった。ユダヤ人は男女を問わず暴行され、かれらの事業所・商店、シナゴーグは破壊された。ゲシュタポによって逮捕されるだろうと感じたフリーデルは自己の生命を終えることを意図した。フリーデルは友人にあてた3月11日付の手紙に「私は感覚のすべてにおいて、ここを離れる準備ができている」と書いている。1938年3月16日、午後10時、2人のSAがフリーデルを逮捕するために彼の家に着いた。突撃隊員たちが彼の家政婦と諍いをおこしている間、フリーデルは窓から飛び降りて自殺した。フリーデルの遺体はウィーンの中央墓地に埋葬された。

フリーデルは「世紀末ウィーン」を代表する人物ですが、同時代のユダヤ人であるシュテファン・ツヴァイクやベンヤミンと同じく、最後は自殺してしまいました。アンシュルス(オーストリア併合)は、当初はオーストリア国民から熱狂的に支持されましたが、フリーデルのように反対する人もいました。後に世界に冠たるウィーンのユダヤ系知識人たちですが、彼ら方が正しかったことが実証されるのは全てが終わってしまってからのことでした。また現在でも2000年から2006年までオーストリア国民党(キリスト教社会党の後身)のヴォルフガング・シュッセルが、ドイツ民族主義を唱える極右政党と連立を組んでいたように、オーストリア国内でドイツ民族主義が台頭してきており、「『ドイツ人』か『オーストリア人か』」という問題は今でもオーストリアに影を落としています。このあたりのことは民族主義やナショナリズムの難しいところでしょう。フリーデルの最期の言葉は、窓から飛び下りた時に、下にいる人に言ったものでした。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0