FC2ブログ
12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

草枯らす霜又今朝の日に消えて 報のほどは終にのがれず

三好義賢の辞世の句。三好義賢は戦国時代の武将。三好長慶の弟にあたる。大永7年(1527年)、三好元長の次男として生まれる(生年には大永6年(1526年)説もある)。天文13年(1544年)、兄に従って京都に入る。兄・長慶は細川氏の当主・細川晴元に仕えたが、義賢はその分家で阿波国守護である細川讃州家の当主細川持隆に仕えた。四国における影響力を保持する狙いがあったと見られる。天文16年(1547年)、細川晴元らと対立する細川氏綱、畠山政国、遊佐長教らに舎利寺の戦いで大勝した。その後は兄・長慶の勢力拡大に従って伊予国・讃岐国・和泉国など各地に転戦している。また、弟の十河一存が岸和田城主となったため、讃岐国も事実上支配下に組み込むなど、三好家の四国方面の政治・軍事を担当した。そして天文22年(1553年)6月には一存とともに細川持隆を見性寺に殺害し、その子・細川真之を傀儡の守護として擁立した。このとき、持隆派であった久米義広、佐野丹波が反抗したが(鑓場の義戦)、義賢はこれも打ち破り、細川讃州家の実権を完全に掌握、阿讃衆と呼ばれる国人衆を三好政権の統制下においた。永禄3年(1560年)、兄とともに畠山高政や安見宗房らと戦い、これに大勝し、河内国の支配を任された。しかし永禄5年(1562年)、紀伊国の根来衆の援助を得た畠山高政の反撃を受け、久米田の戦いで戦死した。享年36。また、寵愛の小姓や近習らも悉く討ち死にしたという。跡を子の三好長治が継いだ。

兄である長慶の上洛以来、長慶は畿内を義賢は四国を統治しましたが、これは当主と対等な権限であり、義賢はこれほどの権限を任されるだけの信頼と器量のある武将でした。また義賢は豊かな教養人で茶の湯に対しても造詣が深く、武野紹鴎、千利休、今井宗久、津田宗達、北向道陳らと茶会を行っており、またかなりの趣味人でもあり、茶器を約50点も所持していたといわれています。明から輸入された唐物や「三日月茶壺(唐物三日月)」という茶壷に対して、3,000貫文もの金をつぎ込んだとそうです。義賢の最期は根来衆の往来右京によって鉄砲で射殺されましたが(鉄砲により負傷しただけとも)、これは名のある戦国武将たちの中では、銃撃で戦死した最初の例であると言われています。ただし『足利季世記』『続応仁後記』では往来左京が槍で突き落として首を取ったとされ、その他後代の史料でも「流矢」「自殺」とされており、史実としての確証はありません。義賢はかなり優秀な武将でしたが、辞世の句から察するに、やはり自分の主君を殺したことを最後まで後悔していたようです。悪いことをした報いからは逃れられないという意識は、なかなか消えないものなのでしょう。罪の意識に苛まれて生きるというのも、つらい人生だと思います。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0