FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

吾々両親は完全に君に満足し、君を吾子とすることを何よりの誇りとしている。僕はもし生まれ変わって妻を選べといわれたら、幾度でも君のお母様を選ぶ。同様に、吾子を選ぶということができるものなら、吾々二人は必ず君を選ぶ。

小泉信三の最期の言葉。小泉信三(1888年5月4日 - 1966年5月11日)は、日本の経済学者。今上天皇の皇太子時代の師父。1933年~1946年まで慶應義塾長。父は慶應義塾長(1887年 - 1890年)や、横浜正金銀行支配人などを歴任した小泉信吉。1888年(明治21年)5月4日、東京市芝区に旧紀州藩士・小泉信吉と千賀の第三子として生まれる。幼少期に父を亡くす。なお父が福沢諭吉の直接の門下生だったので、晩年の福沢に目をかけてもらっており、幼少時に福沢邸に一家が同居していた時期もあった。横浜本町の横浜小学校を経て、東京府三田に転居し東京府・芝區・御田小学校に転校し卒業。御田小学校から慶應まで同期生として水上瀧太郎がいた。1910年(明治43年)慶應義塾大学部政治科を卒業し、慶應義塾の教員となる。1912年(大正元年[1])9月[2]に研究のためヨーロッパに留学し、イギリス、フランス、ドイツの各大学で学ぶ。1916年(大正5年)に帰国し、慶應義塾大学教授となり、デヴィッド・リカードの経済学を講義する。自由主義を論調とし、共産主義・マルクス経済学に対し徹頭徹尾合理的な批判を加えている。1933年(昭和8年)には慶應義塾大学塾長に就任する。1943年(昭和18年)帝国学士院会員に任命される。時代は第二次世界大戦に入り、信三の長男の小泉信吉が出征したのち戦死。一人息子を亡くした信三は、『海軍主計大尉小泉信吉』を著し、私家版として関係者に配り、没後に公刊された。信三自身も1945年(昭和20年)の東京大空襲で、焼夷弾により顔面に火傷を負ったため、一時は高橋誠一郎が塾長代理を務めた。1947年(昭和22年)に塾長を辞任し、後任に潮田江次が就任した。1949年(昭和24年)には、継宮明仁親王(現在の今上天皇)の教育掛(東宮御教育常時参与)に就任。『ジョージ5世伝』や『帝室論』などを講義し、新時代の帝王学を説いた。1954年(昭和29年)、コロンビア大学より人文学名誉博士号を贈与される。1959年(昭和34年)11月、文化勲章を受章。1966年(昭和41年)5月11日、心筋梗塞のため78歳で死去。没後、慶應義塾はその業績を記念し「小泉基金」を設立。1968年(昭和43年)からは「小泉信三記念講座」が実施されている。1976年(昭和51年)から全国高校生小論文コンテスト「小泉信三賞」が行われている。

小泉信三は共産主義の批判者でしたが、同時に共産主義を深く研究していたことは特筆すべきことです。小泉が社会主義に興味を持つ切っ掛けとなったのは、幸徳秋水等が処刑された大逆事件でした。彼は「古典経済学の完成者」リカード研究に力を注ぐとともに、マルクス経済学も深く研究し、保守的リベラリズムの立場からマルクス主義を批判しましたが、この労働価値説批判はマルクシストの櫛田民蔵、河合肇、山川均らと論争を引き起こしました。新潮社より刊行されベストセラーとなった『共産主義批判の常識』(現在は講談社学術文庫で再刊)は、小泉の著書の中でもっとも多く読まれた著書の一つです。塾長退任後に、マルクス・レーニン主義が国家再生の思想としてもてはやされていた状況を憂慮し、1949年(昭和24年)に発表されたこの本は、昭和初期に行った共産主義批判の論文と内容に大差はありませんが、戦後のソ連共産主義についての直接の言及が多くなっています。この流れで彼は講和問題でもソ連とは与せず単独講和論を主張しました。敗戦は東宮御学問参与を務め、1949年には皇太子仁親王(今上天皇)の教育にあたり、「ジョージ5世伝」などを講義し、立憲君主としての心構えを新時代の帝王学として説いたとされています。 また、初の民間から皇室に入った美智子妃との実質的な仲人ともいわれています。小泉はスポーツとも関係が深く、1922年(大正11年)から塾長就任の前年である1932年(昭和7年)までの期間庭球部部長をつとめるなど、慶應義塾體育會(体育会)の発展にも力を尽くしました。「練習ハ不可能ヲ可能ニス」の言葉は有名です。1943年(昭和18年)10月16日開催の出陣学徒壮行早慶戦(通称「最後の早慶戦」)は、「学徒出陣に赴かざるを得ない学生らに、せめてもの最後の餞を残したい。それには早慶戦が相応しい」という小泉の思いから始まりました。小泉は慶大野球部の部長・主将を通じ、早稲田大学野球部飛田穂洲監督に試合を頼み込み、早大野球部はこれを快諾しましたが、早稲田大学側(田中穂積総長)は軍部や文部省の圧力に屈し、試合の申し出を承諾出来ずにいました。そのため、早大野球部は早大当局の反対を押し切って試合を挙行しました。試合が行われた戸塚球場に招かれた小泉は、早大側による特別席への案内を「私は学生と一緒の方が楽しいです」と断り学生席で観戦しました。東京六大学野球連盟からの懇願を受け、ただ一人体育審議会で野球弾圧の無意味さを説き、強烈な反対の論陣をもって軍部・官僚たちを沈黙させました。1976年(昭和51年)に小泉は野球殿堂入に入りました。この出来事は『ラストゲーム 最後の早慶戦』として、試合から65年にあたる2008年に映画化されています。小泉信三の最期の言葉は残される子供達にむけた、非常に温かい言葉です。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

I shall overlive my executioner.

私は死刑執行人より長く生きるだろう。

オマル・ムフタールの最期の言葉。オマル・ムフタール(1862年 - 1931年9月16日)は、リビアにおいて独立の父とされる人物。リビアにおいては、独立の父として尊敬され、リビアの紙幣10ディナール札の人物になっている。ベンガジ近郊のジャンズールと呼ばれた小さな村で生まれ、サヌーシー教団のイマーム(指導者)として、地元のイスラーム学校で聖典クルアーンを教えていた。イタリアによるリビア植民地支配に伴いレジスタンス運動のリーダーとなり、キレナイカ地方の地の利を利用し、20年以上抵抗を続ける。1911年、イタリアのリビア支配が始まり、1930年頃には、ファシスト党を率いる独裁者ムッソリーニ政権下のイタリアによる西部トリポリタニアの支配が完了した。そのイタリア軍に抵抗し続けたのが、ベンガジ出身でサヌーシー教団のオマル・ムフタール率いるゲリラ軍だった。 オマル・ムフタールは、山がちなキレナイカ地方の地形を利用してイタリア軍を翻弄した。 しかし、抵抗運動に手を焼いたムッソリーニ政権は、リビア人の抗伊運動を鎮圧するため、後に容赦の無い苛烈な統治を行ったことにより「リビアの屠殺屋」と渾名されることになるロドルフォ・グラッツィアーニ将軍を派遣した。グラッツィアーニ将軍指揮下のイタリア軍は、ゲリラ軍の有力な支援母体であったリビア国内にいるアラブ系遊牧民であるベドウィンのゲリラ軍に対する援助を断ち切るため、リビア砂漠中に強制収容所を建設し、ベドウィン達を強制的に隔離した。さらに、支援国のエジプトやベドウィンが隔離された収容所からの支援を断ち切るため、リビア‐エジプト国境や収容所の周囲に延々と鉄条網を設置する。オマル・ムフタール率いるゲリラ軍は、エジプトからの兵器・物資の調達を妨げられて徐々に追い詰められ、ついにオマル・ムフタールは、1931年にイタリア軍に捕らえられた。 オマル・ムフタールは、捕らえられたその月のうちの9月16日に民衆の目前で絞首刑にされた。その後もイタリアのリビア支配は17年間続いた。

オマル・ムフタールはリビア独立の父です。彼が所属していたサヌーシー教団とは、イスラーム神秘主義の教団で「ネオ・スーフィズム」と呼ばれるイスラーム神秘主義の改革運動の流れを汲み、主にリビア東部のキレナイカ地方で強く信仰されています。リビアの歴史について簡単に説明しておきましょう。1911年に伊土戦争が勃発すると、サヌーシー教団はオスマン軍に協力して内陸部でゲリラ戦を行いました。1912年に和平が結ばれ、キレナイカがイタリア領リビアとなった後も、サヌーシー教団は抵抗を続け、第一次世界大戦中もトルコの支援の下イタリアと戦いました。1920年に一時停戦が成立し、イタリアはサヌーシー教団の指導者ムハンマド・イドリースをキレナイカの支配者と認めたものの、1922年にムッソリーニが政権を握ると再び戦闘が勃発し、イドリースはエジプトに逃れました。イドリースがいな間にサヌーシー教団を率いて戦ったのが、オマル・ムフタールです。オマル・ムフタールが処刑された後も、サヌーシー教団はエジプトのイドリースの元でイタリアと対立を続け、第二次世界大戦においては連合国側に参加しイタリアと戦いました。1951年にリビア地域が独立する際、トリポリタニア・キレナイカ・フェザーンの3地域をまとめられる人物として、キレナイカ首長だったムハンマド・イドリースが担ぎ出され、リビア連合王国の国王イドリース1世として即位しました。しかし、1969年にカダフィによるクーデターが起き、イドリースは亡命を余儀なくされました。、2011年リビア内戦によって政権が崩壊すると、カダフィは反カダフィ派部隊によって殺害されました。「リビアの屠殺屋」ことロドルフォ・グラッツィアーニについても、述べておきましょう。グラッツィアーニはイタリア軍史上最年少の36歳で大佐に昇進した秀才であり、占領統治を担当したリビアやエチオピアで抵抗勢力に対する徹底した弾圧を行ったことで有名な人です。最終的に国防大臣にまでなりましたが、ムッソリーニの処刑された後は戦犯として連合国に拘束され、「ナチスへの協力」という罪状で禁固19年を言い渡されました。オマル・ムフタールの最期の言葉は、イスラム教では聖戦(ジハード)で死んだ人は永遠の生命を得るとされていますので、そのことについて述べたものでしょう。オマル・ムフタールの抵抗運動の様子は、ムスタファ・アッカド監督による1981年の米国・リビア合作映画『砂漠のライオン』で映画化されています。この映画は主演アンソニー・クイン扮するオマル・ムフタール率いる抗伊運動ゲリラ軍と、オリヴァー・リード扮するイタリア軍司令官ロドルフォ・グラッツィアーニ将軍指揮下のイタリア軍との間の、息詰まる攻防戦が大胆に描かれています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。