FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

Giuseppe Mazzini. Un Italiano.

ジュゼッペ・マッツィーニ、イタリア人

ジュゼッペ・マッツィーニの墓碑銘。(1805年6月22日 - 1872年3月10日)は、イタリアのイタリア統一運動時代の政治家、革命家。カヴール、ガリバルディと並ぶ「イタリア統一の三傑」の1人。ジェノヴァで医学部教授の息子に生まれる。病弱ながら聡明で、ジェノヴァ大学を卒業し、弁護士を開業。彼はイタリアの秘密結社・カルボナリに入党するが、彼の革命を目指す活動はすぐに法律から追われることになる。カルボナリの組織に限界を感じた彼は、1831年、マルセイユで新たに「青年イタリア」を結成した。この組織のモットーは「神と人民」であり、いくつかの国家に分裂していたイタリア半島に1つの自由共和国を打ち立てることを目的としていた。彼はまた、似たような目的を持つ組織をいくつか創設している。すなわち、「青年ドイツ」、「青年ポーランド」、「青年スイス」そして「青年ヨーロッパ」がそれである。マッツィーニは、イタリアの統一事業は民衆の蜂起なしには成功しないと信じていた。彼はその政治的信条を、出版活動を通じて公言し続けた。これにより彼の名は広く知られることとなる。思想的にはサン・シモンの唱える進歩論と共同社会論を支持し、平等主義を唱えるブオナローティと対立した。1837年にはロンドンに渡ってチャーティスト運動に接し、労働運動の重要性を認識する。1848年革命に際しては、「ローマ共和国」を打ち立て、アウレリオ・サッフィ、カルロ・カッターネオと共に三頭執政官の1人となった。この共和国はナポレオン3世の軍事介入により短命に終わるが、イタリアの自由主義、国民主義はなおも高まりを見せた。海外に亡命した彼は、外国からミラノ、ジェノヴァなどの革命運動を指導した。しかし、現実を見るよりも理想に重きを置いたマッツィーニの主張はしだいに支持を失い始め、代わりにイタリアの国民主義者たちはサルデーニャ王国とその首相・カヴールに期待を寄せるようになってきた。1859 年~1862年の対オーストリア戦争において、フランスとの同盟を組んだカヴール、南部イタリアを進軍し占領地を王に献上したガリバルディらの活躍によって「イタリア王国」が成立したが、これはマッツィーニの説いた共和国とは程遠いものだった。
1864年には第一インターナショナルにも参加するが、マルクスらと対立。さらに1871年のパリ・コミューンに反対の立場をとりバクーニン派とも対立して脱退。一時イタリア議会に選出されたが、王制への反発から拒否。1872年にピサで死亡した。彼の率いた政治運動は、イタリア共和党へと受け継がれ、 1990年代まで実際にイタリアで活動的であった。1871年、「メイソンの黒い教皇」と呼ばれたアルバート・パイクから、第一次世界大戦と第二次世界大戦、更に第三次世界大戦に関する計画・予告が記されている書簡を受け取っている「第一次・第二次世界大戦(略)。第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人との間に、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている」 。しかし手紙が書かれた当時、手紙に書かれてあったとされる「ファシズム」や「ナチス」と言った言葉は存在していなかったので、いまでは「捏造である」というのが定説である。マッツィーニはダンテの注釈家としても著名であった。代表作『人間の義務について』が出版(岩波文庫、齋藤ゆかり訳、藤澤房俊解説、 2010年6月)されている。

イタリアの革命家と言えば、まずこの人の名前が挙がるでしょう。マッツィーニは相当頭のよかった人で、14歳の時に大学に入学することを許されています。最初は歴史小説家や劇作家になることを望んでいて、彼の最初に出版されたエッセイは"Dell'amor patrio"(ダンテの愛国心について"というタイトルでした。マッツィーニが打ち立てたローマ共和国は、1848年のフランス二月革命の影響によって、11月にローマ教皇ピウス9世がローマを脱出し、教皇国家の首相ペッレグリーノ・ロッシが暗殺された後の無政府状態になっていたローマで、革命により 1849年2月9日に樹立されました。1849年にジュゼッペ・ガリバルディなどのローマ防衛軍は、ジャニコロ丘の戦いにおいて一時フランス軍を撃退しましたが、抵抗もむなしく7月3日にルイ=ナポレオン(後のナポレオン3世)率いるフランス軍に降伏し、ローマ共和国は終焉を迎えました。マッツィーニは偉大な革命家として評価されると同時に、同胞たちから裏切り者とも呼ばれました。ムッソリーニらファシストに人気があったために、彼の思想がファシズムなのか反ファシズムなのかで多くの議論がなされましたまた左派の人たちから批判されたことも、当時の彼の評価に影響をあたえました。例えばカール·マルクスはマッツィーニを"that everlasting old ass"(永遠の古いケツ)と評しています。現在では彼に対しては肯定的な意見が、大半を占めています。マッツィーニは欧州連合(EU)の初期の提唱者であり、彼にとって欧州統合はイタリア統一の論理的な継続であると言えます。マッツィーニはで胸膜炎で亡くなりました。彼の葬儀はジェノヴァで行われ、葬儀には10万人が参列しました。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0