FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

That was a great game of golf, fellas.

お前ら、素晴らしいゴルフの試合だった。

ビング・クロスビーの最期の言葉。ビング・クロスビー(1903年5月3日-1977年10月14日)は、アメリカ合衆国の歌手、俳優。アメリカ初のマルチエンターテイナーのひとり。ワシントン州タコマで、イングランド系とアイルランド系アメリカ人の両親のもとに生まれる。高校時代から演劇や音楽に関心を持ち、同州第2の都市のスポーケンでトップ私立大学のゴンザガ大学法学部に進学するが、友人のアル・リンカーらとジャズ・バンドを結成してほどなく大学中退、プロ・ミュージシャンとなる。後年にゴンザガ大学に私財を投じてビング・クロスビー・センターを建設し、現在も残っている。1926年には当時の人気オーケストラであるポール・ホワイトマン楽団に歌手として入団、翌1927年にはホワイトマン楽団内で結成された男性3人組コーラスグループ「リズム・ボーイズ」のメンバーとなる。のち「リズム・ボーイズ」はホワイトマン楽団から独立して人気グループとなった。その後、ソロで歌唱した1931年の「アイ・サレンダー・ディア(I Surrender, Dear)」 などがヒットしたことから、ソロ歌手として独立する。この年、ラジオ普及が進んだ時代を背景に、CBSラジオで自らのラジオショー「ビング・クロスビー・ショー」を持つに至って、全米的な人気を獲得した。ラジオを媒体として人気を得た歌手の初期の代表例である。クロスビーは1930年代当時、ラジオと共に普及し始めたマイクロフォンの増幅機能を活かして、声を張り上げず滑らかに発声する歌唱法「クルーナー・スタイル」を最初に確立した歌手としても知られる。クルーナー・スタイルは、マイクロフォンとスピーカーを介することで発声の制約が生じることを逆手にとって編み出された歌唱法であったが、オペラなどと同様に肉声で大声を力強く出さなければならない在来の歌唱法を大きく革新したもので、歌唱にスマートに洗練されたイメージをも与え、広く大衆の支持を得ただけでなく、その後のポピュラー・ソングの曲作りにも大きな影響を与えた。1930年代に歌手としてトップスターの地位を確立したクロスビーは、その後映画にも進出し、第二次世界大戦前後の全盛期を通じて生涯で57本の映画に出演した。20年以上にわたるロングランシリーズとなった「珍道中シリーズ」をはじめ、映画興行でも最も観客動員力のある主演スターとして長年ハリウッドのトップに君臨した。また、『我が道を往く』では、アカデミー主演男優賞受賞、『喝采』では、同賞にノミネートされている。なお、歌手として1940年以降、13曲の全米No.1ヒット(『ビルボード』誌)を持つ。「ホワイト・クリスマス」や「星にスイング」、「サイレント・ナイト」などの数々のヒット曲を世に出したこともあり、生涯のレコード売上は4億枚を超えるという。第二次世界大戦中の1942年に発売され、リメイク版を含めて全世界で4千500万枚を超える大ヒットとなった「ホワイト・クリスマス」(White Christmas)が有名。なお、この曲は発売以降ビルボードで14週間1位を記録した。クロスビーは他にも多くのクリスマスソングを歌っており、「クリスマスソングの王様」とも呼ばれている。死の直前までレコーディングを行い、晩年には『追憶』やコーラスラインから『愛の後悔』などもそのアルバムの中に残している。1977年11月に来日公演の予定だったが怪我のため翌年に延期。直後の10月14日にスペインのマドリード郊外モラレハにあるゴルフ場にてプロゴルファーのマヌエル・ピエロらとコースを回っている途中、17番ホールにて心臓麻痺で死去した。

ビング・クロスビーは歌手と俳優の両方で成功した、アメリカ初のマルチエンターテイナーの一人です。彼の曲で最も有名なのは、映画『スイング・ホテル』の主題歌となったホワイト・クリスマスでしょう。この曲はビルボードで14週間1位、1942~1962年まで1953年を除き20年間もクリスマスの季節になるとランクインし続け、トータルで 86週ランクインしました。1963年に「クリスマスソングは通常のチャートにはランクインさせない」という規定ができたため(1973年に規定解除)記録が途絶えましたが、この年新設されたクリスマスチャートには1963年~1970年まで連続でチャートインし続けました。世界中で集計されている分だけでも4500万枚を売り上げたとされ、これはギネス記録に認定されています。またカバー版やLPを含めると、北米だけでも1億枚以上が売れたとされています。ビング・クロスビーや『スイング・ホテル』を知らないという人でも、この曲は聞いたことがあるのではないでしょうか。作詞・作曲をしたアーヴィング・バーリンは、この曲を作った時秘書に「すぐペンを執ってこの歌を書き留めてくれ。これまで作った中で最高の歌ができたぞ - いや、これまで誰も書いたことがないくらい最高の歌ができた」と言ったそうです。ところが当初、クロスビーはこの歌について、特に何とも思っておらず、クロスビーはバーリンに「この曲には何も問題はないよね、アーヴィング」と言っただけだったそうですが、ホワイト・クリスマスはレコードの歴史を塗り替えるほどヒットしました。物憂げな雰囲気と心地よい家郷の雰囲気が混ざり合ったこの曲は、第二次世界大戦下にあった人たちの心に強く響き、米軍放送には、この歌のリクエストが殺到しました。1954年にはクロスビーが主演したミュージカル映画『ホワイト・クリスマス』が公開され、興行的に大成功を収めました。クロスビーの業績は数え上げればきりがないほどで、彼はハリウッド大通りとヴァイン通り沿いの歩道にある、エンターテイメント界で活躍した人物の名前が彫られた2,000以上の星型のプレートが埋め込まれた、ハリウッド・ウォーク・オヴ・フェームに一人で3つの星(映画、ラジオ、オーディオ録音)を持つ 22人のうちの1人です。クロスビーの最期は、ゴルフをしにスペインへ一人で行って、プレイしている最中に心臓発作を起こして亡くなりました。医者からは 9ホール以上はするなと止められていたのですが、フルラウンドやった末のことでした。そのため彼の最期の言葉は、最後にプレイしていたゴルフについて述べたものでした。

ホワイト・クリスマスが思い出せない人のために、曲を張っておきます。
http://www.youtube.com/watch?v=GJSUT8Inl14
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0