FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

We all get the same amount of ice. The rich get it in the summer. The poor get it in the winter.

我々はみんな同じ量の氷を手に入れるのだ。ただし金持ちは夏に手に入れ、貧乏人は冬に手に入れる。

バット・マスターソンの最期の言葉。ウィリアム・バークレイ・“バット”・マスターソン1856年11月24日 - 1921年10月25日)は、アメリカ西部開拓時代のガンマン、保安官、新聞記者。東部で成長し農業に携わっていたが、バッファロー・ハンターになるため、兄弟のエドとジムを伴ってカンザスを去る。その後インディアンの情報に詳しいことから陸軍の斥候として働いた。1877年、テキサス州で喧嘩で骨盤に銃弾を受けて杖をつくようになる。そのころワイアット・アープと知り合いアープの下で保安官代理に就任した。その後、1879年までカンザス州フォード郡の保安官をした。保安官や賭博場経営で生計を立てながら各地を転々とし、1891年11月21日、女優のエマ・ウォルターズと結婚した。晩年、セオドア・ルーズベルト大統領から要請されてニューヨーク州連邦保安官助手やボクシングの興行にも携わった。

バット・マスターソンはガンマンであり保安官でもありましたが、町を渡り歩くギャンブラーとして生活していたこともあり、なかなかアウトローな人でした。彼は26人殺したと言われており、1902年にはギャンブルで逮捕されています。一方で彼はスポーツライター兼編集者としても活動しており、かなり幅のある人生を送りました。彼の最期は1921年10月25日に67歳の時に心臓発作で亡くなり、ニューヨーク州ブロンクスのウッドローン墓地に埋葬されました。墓碑銘には"Loved by Everyone."(みんなから愛された)と書かれています。実は彼は数々の名言を遺しているのですが、最期の言葉は非常に含蓄のある言葉です。元より世の中は不公平なものです。この言葉は富や苦労や幸運はみんな同じ量が与えられますが、お金持ちは手に入れるべきときに手に入れ、貧乏人はそうではないというくらいに、広大解釈しておくのが良いのではないでしょうか。そうでないと不条理でやってられなくなりますから。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。