03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Oh, you young people act like old men. You have no fun.

ああ、あなた達若い人が老人のように演じている。それじゃあ楽しくないでしょう。

ジョセフィン・ベーカーの最期の言葉。ジョセフィン・ベーカー(1906年6月3日 - 1975年4月12日)は、アメリカ・セントルイス出身のジャズ歌手・女優である。1937年、フランス国籍を取得している。「黒いヴィーナス」の異名をとった。ジョセフィンは、ユダヤ系スペイン人のドラム奏者エディー・カーソン(Eddie Carson)とアフリカ系アメリカ人の洗濯婦のキャリー・マクドナルド(Carrie McDonald)との間の私生児として、ミズーリ州セントルイスで生まれた。彼女は、非常に貧しい環境の中で育つ。1917年7月2日、彼女はセントルイスで人種差別を経験し、これが彼女が後に人種差別撤廃運動に熱心に肩入れする背景となる。13歳で、母親によりかなり年配の男性と結婚させられるが、数週間しか結婚生活は続かなかった。彼女のキャリアは、16歳でフィラデルフィアのスタンダード劇場でのデビューから始まる。その後すぐニューヨークに行き、ちょうど半年間アメリカを巡業していたボードビル・グループに参加。1923年-1924年、ニューヨークのでミュージカルコメディ「シャッフル・アロング(Shuffle Along)」でコーラスガールの役を得、その後、黒人のレビューグループ、チョコレート・ダンディーズ(The Cholocate Dandies)のメンバーとなる。ニューヨークのプランテーション・クラブに出演した後、1925年10月2日、パリのシャンゼリゼ劇場に出ていた「レビュー・ネグロ(黒いレビュー)」に加わることになる。このダンスで彼女は、初めてチャールストンを目の当たりにしたパリの観客をたちまち虜にしてしまう。アンドレ・レヴィンソンは、「ジョセフィンは、不恰好な黒人のダンサーだと思ったらとんでもない間違いで、彼女こそ詩人ボードレールが夢に見た褐色の女神」と熱狂して賛辞を送り、アーネスト・ヘミングウェイは「これまで見たことのある最もセンセーショナルな女性」と称えた。レビュー・ネグロは、さらにブリュッセル、ベルリンでも公演を行い、ドイツではベルリンのクァフュルステンダムのネルソン劇場で1926年1月14日にドイツでの初演を行っている。1926年-1927年、彼女はまさにフォリー・ベルジェールのスターだった。彼女は、ルイ・ケーナシャンの2つのレビューに出演、有名なバナナを腰の周りにぶら下げただけの衣装で踊った。1926年の末にベーカーは、それまでベーカーのショーの美術を手伝っていたシチリアの石工ジュゼッペ・ペピート・アバチーノと結婚し、世間の話題を一身に集める。当時ベーカーは、ラングストン・ヒューズやパブロ・ピカソ、アーネスト・ヘミングウェイなど同時代の作家、画家、彫刻家にとっての美の女神、大衆にとってのセックス・シンボルとなった。想像を超えたエロティックな衣装と踊りのために、ベーカーはウィーン、プラハ、ブダペスト、そしてミュンヘンの劇場で出演を禁止されてしまう。それほどまでにベーカーはセンセーショナルな存在になったのである。たちまちにしてフランスで最も成功したアメリカ人となったベーカーは、そのために祖国アメリカでは、人種的な差別、偏見に人一倍さらされることとなった。1936年にアメリカで「ジーグフェルド・フォリーズ」のショーでメンバーから外され、それにショックを受ける。また私生活でもあまり幸福ではなかった。アメリカにおける人種差別に嫌気がさしたベーカーは、1937年にフランスの市民権を取得する。ベーカーは第二次世界大戦後もフランスで生活していたが、1950年代にはアメリカの公民権運動の支援に手を貸している。また、ベーカーはさまざまな人種の12人の孤児を養子とし、人種差別に徹底して立ち向かった。こうした仕方で、ベーカーはまさに虹色のような家族を作り上げ、しばしば経済的な危機に瀕しながらもフランスの古城で生活を共にした。1951年に、ニューヨークのナイトクラブに客として入店しようとしたベーカーを拒否するという人種差別事件(いわゆる「ストーク・クラブ事件」)が起きた。この時、たまたま店にいあわせて、店側に猛然と抗議する彼女の様子を見た映画女優のグレース・ケリーは、初対面の彼女を庇って一緒に店を出て、自分のパーティーが終わるまで店に戻らなかった。これがきっかけで始まった2人の交友は、ケリーがその後モナコ王妃になってからも長く続くこととなり、経済的に危機におちいったベーカーを援助したりした。1956年にベーカーは舞台からの引退声明を発表したが、1961年には早くもカムバックし、1973年にはニューヨークで行われたカーネギー・ホールでの公演で大成功を収めている。またこの頃ベーカーは、1950年代後半からアメリカで活発になった人種差別撤廃運動、いわゆる公民権運動に協力し、1963年8月にマーティン・ルーサー・キングの呼びかけで行われたワシントン大行進にはハリー・ベラフォンテやマーロン・ブランド、チャールトン・ヘストンらとともに参加している。1975年4月8日に、フランスのパリでベーカーの芸能生活50周年を祝うショーの初日の公演が行われた。その直後に脳溢血に襲われ、4月12日死去した。ベーカーはモナコの墓地に埋葬されている。

ジョセフィン・ベーカーも人生と人となりは、「私は、舞台で野蛮人の役をやらされて以来、普段の生活では努めて文明人でいようと努力してきたの。」という彼女の言葉に要約されているでしょう。「黒いヴィーナス」「クレオールの女神」と称された彼女の美貌とセンセーショナルなセクシーさは、羨望のまなざしと差別に晒されました。ベーカーは戦時中に自由フランス軍の前面に出て、レジスタンス運動や秘密情報部の活動に携わり、戦後これらの功績によりレジオン・ドヌール勲章などを授与されています。また彼女は、フランスの戦没者慰霊碑にその栄誉を称えられた最初のアメリカ人でもあります。1950年代にはアメリカの公民権運動を支援しました。彼女の最期は、脳溢血によりベッドで倒れているところを発見され、病院に運ばれましたが1975年4月12日に68歳で亡くなりました。

ジョセフィン・ベーカーのダンスを見てみたいという方は、こちらからどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=xq6llYXfZeI&oref=http%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3Dxq6llYXfZeI&has_verified=1
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

May God have mercy on the assassins.

神様が暗殺者に慈悲を給えますように。

オスカル・ロメロの最期の言葉。オスカル・アルヌルフォ・ロメロ・イ・ガルダメス(1917年8月15日 - 1980年3月24日) はエルサルバドルのカトリック司祭、サンサルバドル教区大司教。ロメロ大司教は多数の人権侵害を証言し、貧困層の人々の側に立ち、エルサルバドル内戦の犠牲者を代表して世界に訴える務めを担うことを選んだ。しかし、彼の取組みは政治的行動主義であるとしてカトリック教会の上層部とエルサルバドル政府から非難を受けることになった。1980年ロメロ大司教はミサの司式の最中に狙撃を受けて暗殺された。彼の死はエルサルバドルにおける人権改革を求める国際的な抗議の声を呼び起こすことになった。1997年にはロメロ大司教の列福・列聖調査が開始され、ヨハネ・パウロ2世は彼を神の僕(福者・聖人にいたる最初の段階)とし、現在も調査が続けられている。公式なものではないがロメロはアメリカ州とエルサルバドルの守護聖人と人々からみなされるようになり、エルサルバドルなどではすでに「聖ロメロ」とさえ呼ばれている。彼は聖公会などのカトリック以外のキリスト教の共通信仰の教派からも敬愛されている。彼はロンドンのウェストミンスター寺院の大西扉の「20世紀の殉教者10人」の1人に選ばれ、その胸像が飾られている。1977年2月23日ロメロはサンサルバドルの大司教に選ばれた。彼が保守的であるとの評判により、この人事は軍事政権からは歓迎され、解放の神学による貧困層との関わりに歯止めをかけられることを危惧した急進派の聖職者からは失望で迎えられた。
進歩的なイエズス会士で、ロメロの個人的な友人でもあり、貧しいカンペシノ(農民)の自助グループの結成を支えてきた、ルティリオ・グランデが3月12日に暗殺された。ロメロはアルトゥーロ・アルマンド・モリナ政権に調査を求めたが、無視された。検閲下の報道も沈黙を守った。新しい緊張はいくつかの学校の閉鎖や公式の行事へのカトリックの聖職者の不参加というかたちで現れた。この殺人への対応としてロメロはそれまで示したことがなかった「急進的な立場」を表明した。彼はこの国で起きている貧困、社会的不正、拷問、暗殺などについて明確に語り始めた。彼は国際的な注目を集めるようになり、1979年のノーベル平和賞候補にも挙げられた。1980年2月にルーヴァン・カトリック大学からロメロへ名誉博士号が贈られた。この栄誉を受けるためにヨーロッパを訪れた際に、ヨハネ・パウロ2世とも面会し、エルサルバドルで起きていることについての彼の認識を表明した。彼の姿勢は教皇との対立に繋がった。ロメロは、テロと暗殺を合法化しているエルサルバドル政府を支持することには問題が多いと訴えた。1979年に軍事革命評議会が準軍事的な右翼団体と、左翼ゲリラと、政府による人権侵害の波の中で権力を握った。ロメロは1980年2月米国の軍事援助が「疑問の余地なく、最も基本的な人権のために闘っている人々による組織に抑圧を加え、社会的不正を増大させる」とジミー・カーターに手紙を送り、新政権に軍事援助を行わないように要請した。カーターは「もう1つのニカラグア」になると考えこれを無視した。ロメロは人権侵害を指示する命令に兵士たちが従わないようにと説教をしたその日に大聖堂脇の小聖堂でミサを祝っている間に撃たれた。ミサを録音したものによれば、彼は説教を終え、感謝の祭儀の前の祈りの言葉を唱え終えた瞬間に撃たれた。彼の暗殺は米国により米州学校で訓練を受けた2人の将校を含む死の部隊によるものだと信じられている。この見方は1993年の国連の公式報告書でも支持され、暗殺を指示したのは後に国民共和同盟 (ARENA) を創設するロベルト・ダウビュイソン少佐であったと特定した。国民共和同盟は1989年以降政権を握っている。彼の葬儀には世界中から100万人以上の参列者が集った。その際にも治安部隊により40人の市民が殺された。彼が埋葬された後も人々は殉教司教の敬意を示し続けた。

最近は宗教間での対立が何かと取り上げられ、宗教そのものに不審の目が向けられているようですが、オスカル・ロメロは20世紀の宗教家の中で完全に尊敬できる一人です。1979年にニカラグアでサンディニスタ革命が起きるのと時期を同じくして、エルサルバドルでも政権が軍事クーデターで倒され、革命評議会による暫定政府が発足しましたが、極右勢力のテロは続き、1980年にはオスカル・ロメロ神父をはじめとする聖職者までもが次々と殺害されました。「解放の神学」とは、中南米のカトリック司祭により実践として興った神学の運動で、ニカラグアのサンディニスタ革命では大きな役割を果たしましたが、マルクス主義から階級闘争などといった概念を借用することがあり、バチカンからは拒絶されました。当時のヨハネ・パウロ2世教皇や前教皇ベネディクト16世も教反対者として知られています。このような背景もあり、ロメロ大司教は教皇と対立しました。ロメロ大司教の暗殺により、キリスト教の教会一致促進運動であるエキュメニズムにおいて、「解放の神学」の伝統を受け継ごうという動きが世界的に広まりました。彼を暗殺した死の部隊とは主に第三世界の各国、特にラテン・アメリカで行われていた反テロなどを名目とした市民に対する暗殺作戦を実行する白色テログループの総称で、現在も活動しています。ロメロ大司教の暗殺後、エルサルバドル内戦が起こり、左翼ゲリラ組織ファラブンド・マルティ民族解放戦線(FMLN)が抵抗運動を起こし、府軍との内戦は泥沼化しました。人口500万に満たないエルサルバドルで、1979年10月から1987年10月の8年間において、死の部隊を含む治安部隊に殺害された国民の数は約62,000人に、行方不明者は約5,000人に、難民に至っては100万人以上に及びました。政府軍・ゲリラ双方による・弾圧・虐殺・暴行が横行しましたが、それを恣意的に無視して政府軍を支援し続けた、アメリカ政府は非難されてしかるべきでしょう。キリスト教では、聖人として認めるための調査は本人の死後に長い時間をかけて行われ、早くても死後数十年、場合によっては死後数百年にも及ぶ厳しい審査を経るのですが、ロメロ大司教はいずれ必ず列聖されることでしょう。


ウェストミンスター寺院の「20世紀の殉教者」10人の像を見てみたいという方はこちらからどうぞ。左からマキシミリアノ・コルベ、マンシュ・マセモラ、ヤナニ・ルアム、エリザヴェータ・フョードロヴナ、マーティン・ルーサー・キング・ジュニア、オスカル・ロメロ、ディートリッヒ・ボンヘッファー、エスター・ジョン、ルシアン・タピエディ、王志明。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Westminster_Abbey_-_20th_Century_Martyrs.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

I’m ready to go now.

今私は行く準備ができています。

エラ・フィッツジェラルドの最期の言葉。エラ・フィッツジェラルド(1917年4月25日 - 1996年6月15日)はアメリカ合衆国のジャズ・シンガー。ビリー・ホリデイ、サラ・ヴォーンと並び称される20世紀の女性トップ・ジャズ・ボーカリストの1人。13回のグラミー賞受賞に加え、イェール、ダートマス、プリンストン大学において名誉博士号を授与され、ジョージ・W・ブッシュからは大統領自由勲章を授与されるなどレコードセールス、批評の両面で高い評価を受けた。Lady Ella、またはThe First Lady of Songとも呼ばれている。エラ・フィッツジェラルドは1917年4月にヴァージニア州ニューポート・ニューズに生まれ、ニューヨーク州ヨンカーズで成長した。内縁の関係であった両親は彼女の誕生後間もなく関係を解消している。母はエラを連れて別の男性とニューヨークへ出た後、妹をもうける傍ら、彼女を孤児院に預けた時期もあった。さらに14歳の時には母が心臓発作で死亡し彼女は孤児となった。境遇の劣悪化にともない、学業への関心は薄れ、やがて売春宿やマフィアの下働きをするようになる。警察による補導や少年院送りを繰り返しながら、ホームレス生活をし 辛酸を味わう。1934年11月21日に17歳のエラは初めて聴衆の前にデビューした。ニューヨークのハーレムに存在したアポロ・シアターにおけるアマチュア・ナイツでダンスを披露する予定だったエラは、自分の前に出演した地元のダンス・デュオの演技に圧倒され、予定を変更し自分のアイドルであるコニー・ボズウェルのスタイルを真似て歌を披露した。その夜のコンテストに勝利した彼女はチック・ウェブズ・バンドのBardu Aliに見出され、バンドへの誘いを受けた。翌1935年からエラはハーレムのサヴォイ・ボールルームでチック・ウェブズ・バンドをバックに歌手活動を開始した。このバンドと共に、当時のヒット曲を納めた数枚のレコードを作成している。当時病気で療養中であったチック・ウェブの為にヴァン・アレクサンダーと共に作成した一曲『ア・ティスケット・ア・タスケット』が17週間にわたりチャートトップを記録し、アルバムは100万枚のセールスをあげた。1939年にウェブが死亡すると、バンドは名称を"Ella Fitzgerald and Her Famous Orchestra"へと変更しツアーなどの活動を継続した。1941年からはソロでの活動を開始した。この時期はデッカ・レコードのMilt Gablerがマネージャーを務めている。1955年にデッカを離れた後は、ノーマン・グランツが興したレコード会社ヴァーヴ・レコードに所属した。1956年から1964年にかけて制作された8枚のレコードは興行と批評の両面において大きな成功を納め、後にエラの代表作ともなった。エラはコール・ポーターとジョージ・ガーシュウィンの作品を取り上げたアルバム、それぞれ『Ella Loves Cole』と『Nice Work If You Can Get It 』を作成した。パブロ・レコード時代にはアントニオ・カルロス・ジョビンの曲を唄った『Ella Abraça Jobim』をリリース。これらのレコーディングの合間を縫ってアメリカ国内と外国へのツアーを行っている。ヴァーヴ時代には幾つかのライブアルバムをリリースした。『Ella at the Opera House』、1950年代の『Ella in Rome』、1960年の『Ella in Berlin』、1964年の『Ella at Juan-Les-Pins』、1966年の『Ella and Duke at the Cote D'Azur』などはいずれも、現代に至っても高い評価を受けている。1970年代、ノーマン・グランツが設立したパブロ・レコードから多数の作品を発表。健康状態の悪化により、痩せて眼鏡をかけた姿となり、声にも衰えが見られた。1989年の『All That Jazz』が最後のアルバムとなった。晩年のエラは糖尿病により盲目となり、1993年には手術で両足を切断、表舞台から距離を置く。1996年6月15日、カリフォルニア州ビバリーヒルズで死去。亡骸はロサンゼルスにある、イングルウッドの墓地に埋葬された。

エラ・フィッツジェラルドは、彼女がよく歌った”完璧なロマンス”とは程遠い人生を送った人でした。彼女は劣悪な環境での少女時代を送った後、人気歌手になりましたが、数十年に亘りツアーとレコーディングに明け暮れるという毎日でした。彼女は二度結婚しましたが、二回とも破局しました。彼女の歌う曲は名曲揃いですが、中でも有名なのは1960年2月13日のベルリン公演を収録した「マック・ザ・ナイフ-エラ・イン・ベルリン」でしょうか。ベルリンのドイッチュランド・ホールという大会場で、1万2千人の観客を前にして歌いましたが、中でも『三文オペラ』からの楽曲「マック・ザ・ナイフ」が評判を呼び、シングル「マック・ザ・ナイフ」、アルバム共にグラミー賞を獲得しました。彼女の最晩年は病院での生活にうんざりして、最後の日々をビバリーヒルズの自宅で息子のレイと孫娘のアリスと過ごしました。彼女の最期は、1996年6月15日に79歳の時に、自宅で亡くなりました。

「マック・ザ・ナイフ」を聞いてみたいという方はこちらからどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=hRyDB4RWJdw

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Uh oh...

マイケル・J・スミスの最期の言葉。マイケル・J・スミス(1945年4月30日-1986年1月28日)は、アメリカ合衆国の宇宙飛行士。チャレンジャー号爆発事故が起こったSTS-51-Lでパイロットを務めていた。スミスはノースカロライナ州ボーフォートで生まれた。当地には現在、彼の名前にちなんだ飛行場がある。1967年に海軍兵学校を卒業し、ベトナム戦争には戦闘機のパイロットとして従軍すると、多くの勲章を受章した。戦後はテストパイロットとして海軍で働き、死後に大佐まで昇進した。死後にはパープルハート章も受賞している。スミスは1980年5月に宇宙飛行士に選ばれ、1986年秋に予定されたスペースシャトルのミッションのパイロットに決まった。雨の予報のため、NASAがチャレンジャーの打上げを1月26日から延期するように決定したことがスミスの運命を決めた。パイロットとしての彼の経験から、飛行の前に天気のパターンを調べ、彼はジェットストリームの様子からケープ・カナベラルに寒冷前線が近づいていることを知っていた。また、彼はNASAの技術者に対し、遅くとも1月26日までにシャトルが出発できるように予備のパーツをつけることを要求した。結局、予報された雨は降らず、スミスは「1度も宇宙飛行したことのない人達が決定を下しているんだ」と怒ったように友人に話した。1990年のテレビ映画『チャレンジャー』では、ブライアン・カーウィンが演じている。

マイケル・J・スミスはチャレンジャー号爆発事故の犠牲者の一人です。1986年1月28日、スペース・シャトルチャレンジャー号が射ち上げから73秒後に分解し、7名の乗組員が犠牲になりました。NASAは、シャトルには高い信頼性が期待できるので脱出装置は必要ないとしており、乗員の脱出は不可能でした。この事故は、大勢の人が生中継で射ち上げを見ており、メディアにより大々的に報道されました。マイケル・J・スミスの最期の言葉は、シャトルが分解した瞬間に、ボイスレコーダーに録音されたものです。事故の夜、レーガン大統領には例年の一般教書演説を行う予定を変更して、チャレンジャーの事故に対する国家としての弔辞を読み上げました。現在アーリントン国立墓地には、チャレンジャー号記念碑が建てられています。

チャレンジャー号爆発事故の映像を見てみたいという方は、こちらからどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=9maWcIatweM

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

(何か欲しいかと聞かれて)
My Florida water.

私のフロリダの水。

ルシル・ボールの最期の言葉。ルシル・ボール1911年8月6日 - 1989年4月26日)はアメリカの女優。1911年8月6日、ニューヨーク州のジェームズタウンで弁護士の父ヘンリー・ダレル・ボールと母デゼレイ・イヴ・ハントとの子として生を受ける。スコットランド、フランス、アイルランド、イングランドの血を引いている。1930年代から1940年代にかけてはB級映画で魅惑的な女性役を演じていたが、後に活動の場をテレビに移し、ホームコメディ『アイ・ラブ・ルーシー』で大成功を収める。そして、テレビで最も人気のある女性の1人となる。「コメディの女王」として知られており、夫デジ・アーナズと共にデシル・プロダクション(現CBSパラマウント・テレビジョン)を設立し、1950年代から1960年代におけるアメリカのテレビ番組制作のパイオニアとなった。またエミー賞を4度受賞し、テレビ殿堂入りもしている。1989年4月26日、大動脈解離のため77歳で死去。

ルシル・ボールは夫のデジ・アーナズと共に、夫婦で芸能人でした。彼女は『アイ・ラブ・ルーシー』で主人公ルーシー・リカードを演じ、大変な人気を博しました。ルーシーの夫のリッキー・リカードの役、は彼女の夫であるデジ・アーナズが演じ、夫婦でで大成功を収めました。彼女の最期は1989年4月18日に心臓手術を受け、手術は成功し彼女の部屋を歩き回るほどに回復しましたが、4月26日の夜明け直後に大動脈が破裂し、そのまま亡くなりました。享年77歳。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。