FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

Well, if it must be so.

うーん、そうでなければならないなら。

エドヴァルド・グリーグの最期の言葉。エドヴァルド・グリーグ(1843年6月15日 - 1907年9月4日) は、ノルウェーの作曲家である。現地語での発音は「エドヴァール・グリッグ」に近い。また語末のgが無声化してしばしば/k/と発音されるドイツ語読みの影響で「グリーク」と表記される事もある。グリーグはノルウェーの民族音楽から着想を得て、国民楽派の作曲家として注目された。彼の民族音楽からの深い影響は組曲「ペール・ギュント」1曲目、「朝」の冒頭がノルウェーの民族楽器であるハリングフェーレの共鳴弦を端からつま弾いた時の旋律から始まっていることからもうかがうことができる。なお、彼の肖像は旧500クローネ紙幣に描かれていた。グリーグは、スウェーデン統治下のノルウェーで、ベルゲン市街の家に5人きょうだいの第4子(兄1人、姉2人、妹1人)として生まれた。父方の曾祖父アレクサンダーは1779年にノルウェーに帰化したアバディーンシャー出身のスコットランド人で、一族の苗字は本来Greig(グレッグ)であった。1858年(15歳)、ヴァイオリニスト、オーレ・ブル(Ole Bull, 1810年 - 1880年)に才能を見出され、3年半の間ライプツィヒ音楽院で作曲とピアノを学ぶ。1863年から3年間、デンマークのコペンハーゲンに居住し、作曲家ニルス・ゲーゼに学んだ。ここで、交響曲(作品番号なし)、ピアノ・ソナタ(作品7)、ヴァイオリン・ソナタ第1番(作品8)など初期の作品が作られた。また、従妹でソプラノ歌手のニーナ・ハーゲルップ(Nina Hagerup, 1845年 - 1935年)と出会い、1867年に結婚。後の歌曲は、ほとんどニーナ夫人のために作曲された。1867年には、クリスチャニア(現オスロ)のフィルハーモニー協会の指揮者に就任し、民謡蒐集家リンネマンや、国民的詩人ビョルンソンと親交を持つ。『十字軍の王シーグル』のための劇音楽が作曲された。グリーグの重要な作品である『抒情小曲集』第1集を出版。1877年から1880年まで、ベルゲン東方のハダンゲル(ハルダンゲル)地方に住んだ。次第に、民族音楽、民族楽器へ傾倒していく。1884年にベルゲン近郊のトロールハウゲン(妖精の丘)に住家を建築、ベルゲン出身でデンマークで活躍した劇作家ルズヴィ・ホルベア(Ludvig Holberg, 1684年 - 1754年)の生誕200年のためにピアノ組曲『ホルベアの時代から』(翌1885年に弦楽合奏に編曲)を作る。1901年(60歳)、次第に健康状態が悪化。『抒情小曲集』第10集を出版。1905年のノルウェー独立を見届けたあと、1907年、ベルゲンで没した。兄ヨーンも、ライプツィヒ音楽院で学び、チェロを演奏したが、職業的音楽家にはならなかった。兄のために作曲したチェロ・ソナタがある。

エドヴァルド・グリーグはノルウェーの民族音楽を元とした、国民楽派の中心人物の一人です。彼は卓越したテクニックのピアニストとしても著名で、自作を携えヨーロッパをたびたび演奏旅行しています。ピアノのために数多くの小品を作曲しており、「北欧のショパン」と呼ばれています。彼の作品で一番有名なのはヘンリク・イプセンの戯曲『ペール・ギュント』への付随音楽と、イ短調のピアノ協奏曲でしょう。この曲は「悲劇の始まり」といった場面のBGMとしてよく使われていますので、曲名を知らなくても知っている人も多いかと思います。彼は歌曲のほとんどニーナ夫人のために作曲したロマンチストであると同時に、終世、手のひらに乗るぐらいの小さな蛙の置物や子豚のぬいぐるみを大切にし、寝る時も一緒だったという子供心の持ち主でもありました。グリーグは1906年にロンドンで作曲家でピアニストのパーシー・グレーンジャーに会いました。二人は意気投合し、グレーンジャーはグリーグの音楽の賛美者となりました。グリーグはグレーンジャーについてのインタヴューにこう答えています。「私は祖国の誰も演奏することができない農夫のダンスを書きました。そうしていると、それらを演奏するのにふさわしいオーストリア人がやって来ました! 彼は我々スカンジナビア人が愛すること以外できない天才です。」グリークの最期は長い闘病生活の後、1907年の晩夏に64歳で亡くなりました。彼の葬儀は彼の意志により、自身の葬送行進曲を友人のジョアン・ハルボルセンの演奏の中で執り行われました。祖国であるノルウェーへの愛情を紡いで作曲したグリーグは、ノルウェーの旧首都ベルゲンの自然と海をこよなく愛し、遺言によりトロールハウゲンの住居の下にある湖を望む岩壁に墓が設けられ、一部の遺灰は湖に撒かれました。

ペールギュント第1組曲を聞いてみたい方はこちらからどうぞ。第一曲の「朝の気分」や第四曲の「山の魔王の宮殿にて」は恐らく誰でも知っていると思います。
http://www.youtube.com/watch?v=EhCkVuqUsKA
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0