05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

My Lord, why do you not go on? I am not afraid to die.

我が主よ、どうしてなされないのですか? 私は死を恐れません。

メアリー2世 (イングランド女王)の最期の言葉。メアリー2世(1662年4月30日 - 1694年12月28日)は、イングランド・スコットランド・アイルランド女王(在位:1689年2月13日 - 1694年12月28日)。夫のウィリアム3世の共同統治者として共に王位に即いていた。1662年、イングランド王チャールズ2世の弟で当時ヨーク公であったジェームズ(後のジェームズ2世)と、その最初の妻でクラレンドン伯爵エドワード・ハイドの娘アン・ハイドの長女としてロンドンで生まれた。妹にアン、ルイーザ・マリア・テレーザ、弟にジェームズ・フィッツジェームズ、ジェームズ・フランシス・エドワードがいる。カトリックの父に対して母がプロテスタントであったため、伯父チャールズ2世の命により妹のアンと共に後のロンドン主教ヘンリー・コンプトンの元でプロテスタントとして育てられる。1670年に母もカトリックへ改宗したが、メアリーとアンはプロテスタントのままであった。これは、カトリックを嫌うイングランド国民の感情を刺激しないための伯父の配慮であり、父は妥協のため教育方針を承諾した。1671年に母が死去すると、父は1673年にカトリック教徒であるモデナ公女マリア(メアリー)と結婚した。1677年11月4日、伯父の勧めで、代々オランダ(ネーデルラント連邦共和国)の統領を世襲するオラニエ=ナッサウ家のウィレム3世(後のウィリアム3世)とロンドンで結婚する。ウィレム3世の母メアリー・ヘンリエッタはチャールズ2世の妹、ヨーク公ジェームズの姉であった。しかし、従兄妹同士の結婚であったとは言え、チャールズ2世はかつてオランダと盟約を結びながら、フランス王ルイ14世に翻意されてドーヴァーの密約を結んで第三次英蘭戦争を引き起こすなど、両国間の相互不信の中での政略結婚であり、この結婚は決して両国関係の安定化に繋がるものとは言い難かった。結婚してオランダのハーグへ移住してからはオランダに馴染むようになり、オランダ侵略戦争でフランス軍と戦うウィレム3世の留守を任された。ウィレム3世が喘息持ちで猫背、メアリーより背が低く両性愛者でもあったことから当初夫婦仲は悪く、エリザベス・ヴィリアーズとアーノルド・ヴァン・ケッペルという夫の愛人達の存在に苦しめられたが、やがて関係を修復していった。また、オランダに亡命していた従兄のモンマス公ジェームズ・スコットを夫と共に歓待している。1685年に父が亡くなった伯父の後を継いでイングランド・スコットランド王に即位した。当時のイングランドの貴族や議会はほとんどプロテスタントであり、カトリックを重用するジェームズ2世と事あるごとに対立した。ジェームズ2世がそれまでなかった常備軍を新設するに及んで国王と議会の対立は頂点に達し、議会はジェームズ2世追放とオランダに嫁いでいたメアリーの擁立に傾き、夫のウィレム3世もオランダ軍を率いてイングランドへ侵攻することに同意する。メアリーはカトリック化政策を取る父を諫め、1686年に父と対立して資格停止処分となったコンプトンの処分撤回を求めたり、1687年に父からカトリックへの改宗を勧められた時は拒絶している。1688年、ウィレム3世の率いるオランダ軍の出航を見届けてオランダに待機、オランダ軍はなんら抵抗を受けずにイングランドへ上陸し、ジェームズ2世の常備軍司令官も無抵抗のまま降伏した。ジェームズ2世はロンドンからケントまで逃れたところを捕らえられたが、メアリーの立場を考慮して、処刑されることなくフランスに追放された(処刑すれば殉教者として同情が集まるという判断もあった)。メアリーは翌1689年2月に渡英して帰国、最初はハンプトン・コート宮殿に住んだが、ウィレム3世の健康問題からケンジントン宮殿に移住した。以後死ぬまでイングランドに留まることになる。当初イングランド議会はメアリーの即位だけを望んだが、ウィレム3世が難色を強く示したこと、メアリーが共同統治を望む手紙をウィレム3世に送ったため、議会もウィレム3世がオランダ統領のままウィリアム3世として女王メアリー2世と共にイングランド、スコットランド、アイルランドの王位に就くことに同意した。こうしてウィリアム3世とメアリー2世の共同統治が始まった。イングランドでは流血を見ることなく革命が成立したので名誉革命と呼ばれる。フランスに追放されたジェームズ2世は革命後、フランス軍の支援を得てカトリックのアイルランドに上陸し、ジャコバイトを率いてイングランドに対する反乱に立ち上がらせた(ウィリアマイト戦争)。ウィリアム3世との間に子供は生まれなかったため(3度とも流産)、後継者は妹のアンに決まっていたが、アンとは居住区画の拡大と財産分与の問題を巡って悪化、背後に女官サラ・ジェニングスが影響力を及ぼしているのに気づき、1692年にアンにサラの解任を求めたが、アンからは拒否され絶交となり、サラの夫で軍人のマールバラ伯ジョン・チャーチルもウィリアム3世に解任された。アンはサラと共にサマセット公チャールズ・シーモアとエリザベス・シーモア夫妻から借りたロンドン郊外のサイオン・ハウスに移り住み宮廷から背を向け、メアリー2世も同年に生まれたアンの子供が夭折、アンの見舞いに訪れた後は2度と会おうとしなかった。1694年、メアリー2世はケンジントン宮殿で天然痘で死亡し、以後はウィリアム3世の単独統治となった。メアリー2世の死後ウィリアム3世とアンは和解してマールバラ伯夫妻も宮廷に復帰、1702年のウィリアム3世の死後、権利の章典の取り決めによりアンが即位した。

メアリー2世は名誉革命により即位したイングランド女王です。名誉革命はメアリーの父であるジェームズ2世が王位から追放され、メアリー2世とその夫でオランダ総督ウィリアム3世(ウィレム3世)が、イングランド王位に即位したクーデター事件です。この革命によりイングランド国教会の国教化が確定し、権利の章典により国王の権利が制限され、イギリスにおける議会政治の基礎が築かれました。これ以降、イギリス国王は「君臨すれども統治せず」の原則に従う立憲君主であることが確定しました。その後名誉革命体制をめぐってウィリアム3世支持派(=ウィリアマイト)とジェームズ2世支持派(=ジャコバイト)およびフランスとの争いが起こりましたが、最終的にメアリー・ウィリアム3世支持派が勝利しました。メアリー2世の最期は、1694年に天然痘にかかると病気の蔓延を防ぐために他人との面会を避け、12月28日の夜明けにケンジントン宮殿で亡くなりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Wally, what is this? It is death, my boy. They have deceived me.

ウォーリー、これは何だ? 死なのか、わが弟よ。奴らに騙されていた。

ジョージ4世 (イギリス王)の最期の言葉。ジョージ4世(1762年8月12日 – 1830年6月26日)は、イギリスハノーヴァー朝の国王(在位:1820年1月29日 - 1830年6月26日)。ハノーファー王国の国王ゲオルク4世(Georg IV.)でもあった。父はジョージ3世、母はその妃シャーロット。妃はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントの次女キャロライン(ドイツ名カロリーネ)。ジョージ3世がポルフィリン症の再発で狂気に陥ったため、1811年から1820年までは摂政王太子(プリンス・リージェント)を務めた。この時期の大きな出来事としてはナポレオン戦争での勝利がある。ジョージ4世は強硬な君主として知られ、父ほどではないがしばしば政治に介入した(特にカトリック解放に関する問題など)。当初は首相スペンサー・パーシヴァルと対立を繰り返したが、パーシヴァルが暗殺されると、その治世の大部分は、第2代リヴァプール伯爵ロバート・バンクス・ジェンキンソンが首相として国政にあたった。皇太子時代の素行は非常に悪く、王室費の半分に相当する額と同じ金額の借金をこしらえ、父の精神障害の原因とさえも言われた。1788年にサートーマスで王族として初めてダービー(第9回)に優勝するも、1791年に八百長事件(エスケープ事件参照)を起こしたりしている。1808年にイギリスに上陸した亡命中のフランス王ルイ18世を助け、1815年にルイ18世がフランスへ帰国するまでの間フランス亡命宮廷とフランス亡命貴族への支援を惜しまなかった。
キャロライン王妃との間に唯一シャーロット・オーガスタ王女をもうけた。シャーロットは1816年、後にベルギー国王となるザクセン=コーブルク=ザールフェルト公子レオポルドと結婚したが、翌1817年に男子を死産して間もなく死去した。結婚以来、病的なまでに妃のキャロラインを嫌い、彼女と同衾したのも「初夜のときだけ」と周囲に言いふらすほどだった。戴冠式にキャロラインを出席させまいと奔走し、それは成功したが、意気揚々と式典へ向かうジョージ4世へ群衆は「お前さんの女房はどこだね!?」と罵声を浴びせたという。キャロライン王妃も1821年に病死し、その後ジョージ4世は再婚して子をもうけようとはしなかった。スコットランド行幸以後、公的な場への出席を減らし、最後の愛人レディー・カニンガム(カニンガム侯ヘンリーの妻)とウィンザーで暮らす、引退に近い生活を送った。死後は弟のクラレンス公ウィリアム・ヘンリー(ウィリアム4世)が王位を継承した。

ジョージ4世はイギリスハノーヴァー朝の国王ですが、正直に言ってあまり良い王様ではありませんでした。ジョージ4世は生来の浪費癖の持ち主で、1793年にはその借金は、再三の政府の埋め合わせにもかかわらず40万ポンドに達していました。これは国王の年間宮廷費が83万ポンドであるのに対して、その半分を彼の借金が占めるというとんでもない金額です。さらに彼は、意中の女性であるフィッツハーバート夫人を何としても手に入れようと、イングランド国教会の教会で結婚式を行うことまでしていましたが、夫人はカトリック教徒であった上に、1772年発令の王室結婚令にかんがみてもこの結婚は無効でした。困り果てた父のジョージ3世は、正式な結婚を皇太子に迫り、それを条件に借金の棒引きを持ちかけ、肖像画でその美貌が謳われていたキャロラインをジョージが選び、政略もあり結婚となりました。これが終生彼が嫌いぬいた、王妃キャロラインとの結婚の真相です。1795年にロンドンに到着したキャロラインと面会したジョージ4世は、風呂嫌いで有名なキャロラインの強烈な体臭に面食らったそうです。また彼女の方では1791年には110キロあったという、ジョージ4世の異常な肥満体に失望ていました。ジョージ4世の大きな業績は、スコットランドとの関係を改善したことでしょう。1821年の戴冠式の後、アイルランドとハノーファーを訪問して歓待を受けた王は気を良くして、スコットランド行幸を思いついき、前例を破ってステュアート家発祥の地であるスコットランドを訪問しました。1822年夏にスコットランドに到着した彼は、同行した作家ウォルター・スコットの発案でスコットランドの民族衣装であるキルトを着て接見しました。この演出で見事に氏族の積年の恨みを氷解させることに成功し、「ジョージ王は我ら氏族の総代表である。」と爆発的な人気を得ました。これ以来、現在でもイギリス王家が夏の休暇をスコットランドで過ごすときには、キルトを着用するようになりました。これは民族和解の好例でしょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Oh that press will have me now!

押し潰されそうだ!

アルフレッド・テニスンの最期の言葉。初代テニスン男爵アルフレッド・テニスン(1809年8月6日 - 1892年10月6日)はヴィクトリア朝時代のイギリス詩人。美しい措辞と韻律を持ち、日本でも愛読された。リンカンシャー州サマズビーに牧師の子として生まれる。1831年までケンブリッジ大学に学び、1827年兄のチャールズやフレデリクとともに詩集『Poems by Two Brothers』を出版したが、単独の詩集『Poems Chiefly Lyrical』(1830年)はジョン・キーツの影響を示している。次いで1833年『シャロットの妖姫 The Lady of Shalott』を発表したが酷評され、以来10年間沈黙する。1832年に学友のハラム(Arthur Henry Hallam)と大陸を旅行するがその翌年にハラムが急死し、強い衝撃を受けて彼を弔う長詩『イン・メモリアム』In Memoriam A.H.H.を書き始め、十数年にわたる自己の思想の成長をも織りこんで1849年に完成させた。友人の死と進化論によって揺れ動く信仰をうたった詩であり、序詩は「つよき神の子、朽ちぬ愛よ」として讃美歌275番に収録されている。1842年『Poems by Alfred Tennyson』で名をなし1845年に年金を授与された。1847年に叙事詩『The Princess』を発表し、1850年ウィリアム・ワーズワースの後継者として桂冠詩人となった。この年に結婚している。1855年『Maud』、1859~64年にかけてアーサー王伝説に取材した『国王牧歌』や、哀れな水夫の物語詩『イノック・アーデン Enoch Arden』(1864年)、『Locksley Hall Sixty Years After』(1886年)を発表し、1884年にはテニスン男爵に叙せられた。1889年の短詩『砂州を越えて Crossing the Bar』は辞世の歌として名高い。1892年に死去し、ウェストミンスター寺院に埋葬された。葬式では愛唱した讃美歌、「聖なる、聖なる、聖なるかな」が歌われた。次男ハラム(後の第2代オーストラリア総督)が爵位を継いだ。現在、テニスン男爵の爵位は6代目のデヴィッド・テニスン(1960年生まれ)が継承している。

アルフレッド・テニスンはイギリスの桂冠詩人です。テニスンは日本でも多くの人に愛読されていますが、その評価に反して完訳がされていません。彼の作品で最も有名なのは『イ-ノック・ア-デン』でしょう。この作品だけ、なぜか9種類ほどもの邦訳があります。夏目漱石はテニスンを愛好し、帝大英文科の学生時代に、アメリカ人講師オーガスタス・ウッドのテニスンについての講義を「詩伯テニソン」と題して翻訳しています。テニスンは現在でもイギリスとアイルランドで最も人気のある詩人の一人であり、オクスフォード辞書の中でも引用数では9番目に多い人物です。彼は80代になっても創作を続け、1892年に83歳で亡くなるまでの長きに渡って桂冠詩人の座を保持し続けました。彼の辞世の詩として有名な"Crossing the Bar"「砂州を越えて」を81歳の時に作り、この詩を"Swan song"「白鳥の歌」として自分の詩集の最後に載せて欲しいと遺言しました。"Swan song"とは、白鳥は死ぬ間際に最も美しい声で鳴くという古代ギリシアの伝説を語源とし、劇の終わりに出されるイディオムや「辞世の詩」のことです。

Crossing the Bar

Sunset and evening star,
   And one clear call for me!
And may there be no moaning of the bar,
   When I put out to sea,

But such a tide as moving seems asleep,
   Too full for sound and foam,
When that which drew from out the boundless deep
   Turns again home.

Twilight and evening bell,
   And after that the dark!
And may there be no sadness of farewell,
   When I embark;

For tho' from out our bourne of Time and Place
   The flood may bear me far,
I hope to see my Pilot face to face
   When I have crost the bar.

砂州を越えて

日は沈み空には星空
  澄んだ声がわたしを呼ぶ!
砂州に嘆きはなく
  わたしは海へ踏み出す
  
波は眠るように動き
  潮は満ちて音も泡もなく
遥かなる深みより寄せて
  再び元へ戻る
  
黄昏と晩鐘の響き
  その後には暗い闇!
わたしが船出するとき
  別れの悲しみのないように

時空の境を超えて
  流れがわたしを彼方へ運ぼうとも
わが案内人に顔を合わせたい
  その砂州を越えるときに

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

立戦研議事録★6月24日 

議題:定例会議
日時:6月24日(月)18:00~19:30
場所:清心館504
参加:3名


 先週の定例会中止に依り,先々週に引き続き「戦場のピアニスト」を鑑賞する予定でありましたが,DVDの手配が完了せず,討議をする事と相成りました.当日討議致しました題材は,「戦争による技術革新とそれに伴うべき精神の革新」でありました.以下は,その討議による結論を要約した物であります.

 先の第一次・第二次世界大戦やその他の技術革新に依り,現代文明は高度な技術と其の恩恵による「物質的には」豊かなる生活を享受しつつある.
 然しながら現代人は,技術に溺れつつある.則ち,スマートフォンやインターネット等の利便なる情報媒体及び迅速なる情報伝達手段の技術革新に依り,自らで論理的に推察する事や,或いは自らで文献等の膨大なる情報から自らの求める情報を取捨選択する事で,自らの知識とする事を疎かにしつつある.此の様な技術頼みの生活に依存していると,どうしても相手に持論を的確に主張する能力が衰え,結果として精神的な活動である文芸・言論活動を始めとする文化的活動の一切が衰退してしまう.

 依って現代人は,現代の不断の技術革新に対して甘んじる事無く,不断の精神練磨を為さねば成らないのであり,そうする事に依って初めて「健康で文化的な生活」を営み,真の意味で「人間らしく生きる」事が出来るのであると考える.


文責 法学部一回生・戦史研究所見習研究員

Category: かつどう!

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Don't worry, they usually don't swim backwards.

心配するな。あいつらは後ろには泳がない。

スティーブ・アーウィンの最期の言葉。スティーブ・アーウィン(1962年2月22日 - 2006年9月4日)はオーストラリアの動物園経営者・環境保護運動家。反捕鯨運動でも活動していた。アメリカではアニマルプラネットで彼がホストを務めた人気テレビ番組『クロコダイル・ハンター』、日本では日本テレビの『世界まる見え!テレビ特捜部』などでも紹介されていた。オーストラリア国内では「世界で最も有名なオーストラリア人」とされていた。1962年にオーストラリアのビクトリア州エセンドンで生まれ、1973年にクイーンズランド州に移った。そこで両親がビーアワー爬虫類公園を開業し、後にアーウィンが現在のオーストラリア動物園に発展させた。妻は米国オレゴン州で生まれこの動物園で働いていたテリー (Terri Irwin) で、動物園は二人の共同経営になっている。二人の間には1998年生まれの長女ビンディ (Bindi Sue Irwin) と2003年生まれの長男ロバート (Robert Clarence "Bob" Irwin) がいる。本人はクロコダイル・ハンター (Crocodile Hunter) の愛称で、国内外のテレビでタレントとして活動していた。2006年9月4日現地時間午前11時(UTC+10)にクイーンズランド州ポートダグラスのグレート・バリア・リーフでドキュメンタリー番組『海の危険動物』 "Ocean's Deadliest" を収録中に、アカエイに胸を刺された。アカエイの棘が胸に刺さり、心停止したことで死亡した。44歳であった。刺された際にアレルギー反応や心臓発作が起こったことも考えられる。彼は自分で棘を抜き取ったというが、レスキュー隊員が駆け付けた時には、彼は既に死亡していた。アカエイには尾の付け根に毒腺を伴った棘があり、それによって外敵を攻撃する。トゲにはノコギリのような返しがついているため、一度刺さると簡単には抜けない。人がアカエイに襲われるケースは頻繁にあるものの、命を落とすことは稀だという。それまでにオーストラリア国内では、アカエイによって命を落とした報告例は2件しかなかった。死の翌日の追悼式に際しては、親友だった俳優のラッセル・クロウやアーウィンのファンであった女優のキャメロン・ディアスも参列し、オーストラリア首相のジョン・ハワードも連邦議会を中断して哀悼の意を述べた。反捕鯨活動団体のシーシェパードは彼の死後の2007年12月5日、アーウィンにちなみ、活動船「ロバート・ハンター」を「スティーブ・アーウィン」 MV Steve Irwin に改称した。妻テリーもシーシェパードの活動に賛同し、この改称を了承した。

スティーブ・アーウィンは『クロコダイル・ハンター』というテレビ番組で人気となり、「世界で最も有名なオーストラリア人」とされていた人です。彼は動物学者の両親に生まれ、クィーンズランドの爬虫類動物園で子供時代から爬虫類を育てながら過ごしていました。その後オーストラリア動物園の園長を勤め、1992年にドキュメンタリー番組に出演するとたちまち好評を博しました。この番組は日本でも紹介されていたので、もしかしたら見たことのある人もいるかもしれません。その他2001年には映画『ドクター・ドリトル2』にも、クロコダイルハンターとして出演しています。しかし、彼の名前を日本で有名にしたのは、反捕鯨活動団体のシーシェパードでしょう。アーウィンの死後、シーシェパードのスティーブ・アーウィン号が日本の捕鯨船日新丸を攻撃しました。アーウィンの最期は、番組の撮影中にアカエイに刺されて亡くなるという悲惨なものでした。凶暴なワニや猛毒のヘビとの格闘で知られるアーウィンが、突然亡くなったという報せにオーストラリア国内は悲しみに包まれました。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。