FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

Good-bye, good-bye all. It's God's way. His will, not ours, be done.

さようなら。さようなら、みんな。これは神の思し召しだ。

ウィリアム・マッキンリーの最期の言葉。ウィリアム・マッキンリー・ジュニア(1843年1月29日 - 1901年9月14日)は、第25代アメリカ合衆国大統領。最後の南北戦争従軍経験者の大統領であり、19世紀最後かつ20世紀最初の大統領。1880年代までにマッキンリーは共和党の全国的指導者であった。彼の選挙戦のテーマは、1890年のマッキンリー関税に代表されるような、繁栄のための公式として高率輸入関税を導入することであった。1896年の大統領選における共和党候補として、彼は対抗馬の民主党候補ウィリアム・ジェニングス・ブライアンに対して金本位制を掲げ、人種間での多元論を促進した。彼の選挙戦はマーク・ハンナによって指揮され、新たな選挙戦の広告スタイルを導入し、キャンペーン技術は最大のライバルであるウィリアム・ジェニングス・ブライアンを打ち破った。1896年の大統領選は「進歩の時代(英語版)」の始まりを示した再編の選挙であるとしばしば考えられる。マッキンリーは大不況 (1873年-1896年)(特に1893年恐慌)後、回復に向けて国を率い、金本位制を導入した。彼はスペインに対し、キューバでの蛮行を止めるように要求した。アメリカ合衆国の世論はスペインに対する憤慨で沸き立っていた。そして1898年、米西戦争が勃発した。戦争はアメリカの勝利で終わった。アメリカ軍はスペイン艦隊を壊滅させ、90日間でキューバとフィリピンを占領した。1898年のパリ協定の結果、スペインの植民地であったプエルトリコ、グアム、フィリピンはアメリカ合衆国に併合され、キューバはアメリカの占領下に置かれた。米比戦争そのものに対する支持は広範囲に及んだが、民主党とアメリカ反帝国主義連盟は共和制の価値が失われることを恐れて、激しくフィリピンの併合に反対した。マッキンリーはまた、1898年にハワイ共和国を併合、同国の全ての居住者がアメリカ国民となった。マッキンリーは1900年の大統領選で再びウィリアム・ジェニングス・ブライアンと争った。ブライアンは外交政策と繁栄の復帰に焦点を合わせた激しい選挙戦を展開したが、マッキンリーは再選を成し遂げた。マッキンリーは1901年、無政府主義者のレオン・チョルゴッシュによって暗殺された。彼の後任は副大統領のセオドア・ルーズベルトが引き継いだ。マッキンリーは知事職を1896年1月13日まで務めた。彼は1896年に大統領に選ばれた。1898年にマッキンリーは、数人の上院議員と元副知事アンドリュー・L・ハリスを産業委員会に任命した時、反トラスト運動を始めた。マッキンリーの時代にはアメリカ西部への伝統的なフロンティア開拓は終了しており、新しく国外の「海のフロンティア」開拓を推し進めた。国内の反対の声にもかかわらず、アメリカを国際的な帝国主義政策へ突き進めた。彼は保護貿易主義を取り、外国製品に対して実に57%という史上最高の関税率をかける「ディングレー関税法」を制定させた。 対外的に米西戦争へ国を導き、1898年にはハワイ諸島を併合した(ハワイ併合)。米西戦争ではフィリピンの独立勢力を支援するが、戦争に勝利するや一転して現地勢力を弾圧し、フィリピンおよびカリブ海のスペインの旧植民地をアメリカの保護下に置いた。彼は1900年に再選された。マッキンリーは夫人と共にバッファローで開催されていたパン・アメリカン博覧会に出席した。彼は1901年9月5日、関税に対する姿勢と対外貿易に関しての演説を行った。翌朝にはナイアガラの滝を訪問し、その後博覧会に戻った。その日の午後、マッキンリーはテンプル・オブ・ミュージックでの歓迎会に出席する予定であった。レオン・フランク・チョルゴッシュは右手に持っていた拳銃を隠すために手に白いハンカチを巻きつけ、人々の列に並んで待っていた。チョルゴッシュは午後4時7分に大統領に向けて拳銃を二度発射した。最初の弾丸は大統領の肩をかすめたが、二発目は、胃、膵臓および腎臓を通り、最終的に背中の筋肉に入りこんだ。マッキンリーは補佐官のジョージ・コーテルユーに、「私の妻、コーテルユー、彼女にどのように話すか注意してくれ、おお、注意して。」とささやいた。チョルゴッシュは再び発砲しようとしたが、大統領の護衛によって殴られ、続いて激怒した群衆によって制圧された。負傷したマッキンリーは伝えられるところに寄ると、腹を立てた群衆が非常に厳しくチョルゴッシュを打ち付け、その場で殺してしまうかもしれないように見えたため、「誰も彼に危害を加えるな!」と叫んだという。一発目の弾丸は容易に発見されたが、医師は二発目の弾丸を発見することができなかった。弾丸を探すことでより多くの害を及ぼすことが考えられた。さらに、マッキンリーの容体が回復しているように見えたため、医師は弾丸を体内に残すことを決定した。マッキンリーの担当医師は彼が回復すると信じていた。そして彼はバッファローにある博覧会会長の自宅で一週間以上静養した。9月12日の朝、彼は事件以来初めて食事 - トーストとコーヒーの小カップをとった。しかしながらその日の午後に容体が悪化し、急速に衰弱し始めた。マッキンリーはショック状態に陥り、1901年9月14日午前2時15分、銃撃の8日後に傷の周りの壊疽のため死去した。58歳であった。マッキンリーはオハイオ州カントンのウェストローン墓地に埋葬されたが、その後カントンのマッキンリー・メモリアルに再埋葬された。

ウィリアム・マッキンリーは第25代アメリカ合衆国大統領です。彼は経済の回復に向けて金本位制を導入し、キューバとフィリピンを占領してハワイ共和国を併合するなどの業績を上げました。彼の最期はバッファローで開催されていたパン・アメリカン博覧会において、無政府主義者のレオン・チョルゴッシュに2度銃撃され暗殺されました。チョルゴッシュは、大統領が死んでからわずか9日後の9月23日に裁判に掛けられ、マッキンリーの死から45日後の1901年10月29日にオーバーン刑務所にて死刑執行されました。著名な無政府主義者エマ・ゴールドマンは、チョルゴッシュをブルータスに喩え、マッキンリーを「マネーキングとトラストの大立者の大統領」と呼ぶ記事を出版しましたが、世論の批判を一気に招いてしまいました。ゴールドマンによるチョルゴッシュ擁護の姿勢を支持する他の無政府主義者や急進派はおらず、寧ろ運動に差し支えるのではと考えていたようです。マッキンリーは暗殺されたアメリカ合衆国大統領4人のうちの3人目であり、その前は1865年のエイブラハム・リンカーン、1881年のジェイムズ・ガーフィールドがおり、後には1963年のジョン・F・ケネディがいます。ニューヨーク州バッファローのナイアガラ広場で96フィート (29 m)高さのオベリスク、マッキンリー記念碑が1907年に除幕されました。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Jag känner mig sömnig, ett kort ögonblicks vila skulle göra mig gott.

I feel sleepy, a short time of rest would do me good.

眠い、少し休んだら良くなるだろう。

グスタフ3世 (スウェーデン王)の最期の言葉。グスタフ3世(1746年1月13日(グレゴリオ暦1月24日) - 1792年3月29日)は、スウェーデン王国のホルシュタイン=ゴットルプ朝第2代の国王(在位:1771年 - 1792年)。ロシア帝国やデンマークと戦って勝利し、ヨーロッパでの名声を高めた。またハンス・フォン・フェルセンを臣下とし、フランスとの友好関係を深めた。グスタフ3世の時代はスウェーデンの中興の時代であり、また文化面から「ロココの時代」とも呼ばれている。1980年代に発行されていた50クローナ紙幣に肖像が使用されていた。グスタフ3世は母ロヴィーサ・ウルリカの期待の星として幼い頃から教育される。そして25歳の時、父王アドルフ・フレドリクの死去により、国王の座にたどり着くことになる。当時はスウェーデンの政権を農民、市民と貴族らによる身分制議会が握っており、事実上は貴族らの影響が強かった。ロヴィーサ・ウルリカは国王が内政など国を動かすべきだと考えていた(彼女もクーデターを起こしたが失敗している)。
そんな教育を受けたグスタフ3世は、国王になった後即座に王党派の支持の下、近衛兵を用いてクーデターを起こし、権限を握っていた貴族らからそれを奪い取り、議会に新しい憲法を通す(この背景には、スウェーデンを弱体化せしめた「自由の時代」からの脱却と、貴族政治に失望した農民やブルジョワなどの王党派による支持があった)。クーデターは無血で成功し、グスタフ3世はストックホルム市民の歓喜を受けた。詩人のカール・ミカエル・ベルマンは祝詩を送り、ヴォルテールからも賛美の手紙が届いた。グスタフ3世は無血クーデターの成功によって、「王国の再建者」と称えられたが、対外的な問題は解消するには至らなかった。グスタフ3世は一般的に絶対君主として知られているが、一方で、啓蒙思想を持つ母の影響を強く受けて内政改革を行った事から、啓蒙専制君主と呼ばれることもある。グスタフ3世は自ら国政に関与し、身分制議会を尊重しながらも専制的な君主として振る舞った事から、それまで貴族が中心となって国政を牛耳って来た「自由の時代」は終わりを告げた。グスタフ3世は母に教わったように偉大な国王になるために努力した。衣装などにも過去の偉大な王らの衣装のアイディアを取り入れていた。さらに彼はフランス文化を敬愛し、ハガ伯爵という偽名を使い、度々フランスを訪問したという。グスタフ3世は啓蒙思想に感化され、ルソー、ダランベール、ヴォルテールなどの思想家、哲学者とも交際した。グスタフ3世は王妃ソフィア・マグダレーナと不仲であったとも、あるいは若い女性に興味が無かったとも同性愛者だと噂された。一部ではグスタフ4世アドルフは彼の実子ではないとする説もある(この説を吹聴したのは、王妃と不仲であった王太妃ロヴィーサ・ウルリカであったとされる)。ソフィア・マグダレーナはデンマーク王女で政略結婚でもあった。二人の間には2子が誕生しているが、成人したのはグスタフ4世アドルフだけだった。二人の性格は正反対ですれ違いも多く諍いも絶えなかった。グスタフ3世にとって、結婚生活は不幸以外の何物でもなかった。また、カールとフレドリク・アドルフの二人の弟たちとの関係も良好とは言えなかった。グスタフ3世は、ロココの文化王として君臨した。スウェーデンの歴史では、特にグスタフ3世の時代を指して、「グスタフ朝時代」あるいは「ロココの時代」と呼称された。この時代は、フランスの政治、文化がスウェーデンに影響をもたらした。特に啓蒙思想はグスタフ3世の母ロヴィーサ・ウルリカを介してスウェーデンに啓蒙時代をもたらした。グスタフ3世は文芸を推奨し、自らそれに倣った。グスタフ3世は演劇を愛し、度々国内外の俳優や作家を招いた。ドイツ出身の作曲家ヨーゼフ・マルティン・クラウスやイタリアの作曲家、指揮者であるフランチェスコ・アントニオ・ウッティーニはその一人である。またグスタフ3世自身、脚本家であり、演出家であり、また俳優でもあった。ハーガ宮殿やドロットニングホルム宮殿は、グスタフ3世によって度々オペラや演劇が上演され、1782年にはオペラ座が完成し、グスタフ3世の私的な晩餐会が催された。1786年には、スウェーデン・アカデミー(Svenska Akademien)が設立されている。当時は国力は軍事力とほぼ同義であった。グスタフ3世は軍事力の増強に努め、1788年6月にロシア帝国に戦争を仕掛けた(大北方戦争以前のスウェーデンの大国時代、バルト帝国の再興を夢見ていた)。開戦権は議会にあったので、自国の軍隊にロシア軍の制服を着させ、彼らによる攻撃を理由に戦争を開始したのだった。もっとも当時としては、噂の範疇を出るものではなかった。グスタフ3世は、自らフィンランドへ行きそこで指揮を執った。陸戦では苦戦を強いられたものの、海戦に置ける艦隊戦で優位に立つのである。そしてフィンランド湾の海戦(スヴェンスクスンドの海戦)で勝利し、ロシア女帝エカチェリーナ2世を驚かしたものの、ロシアはイギリス、プロイセンを仲介に引き込み、休戦に持ち込んだので、スウェーデン側の完全な勝利とはならなかった。また、戦死者よりも戦病死が1万人に及んだことや、戦費も国費を上回るほど巨額であった。とはいえグスタフ3世は、この戦争でヨーロッパでの名声を手に入れることに成功した。従属国フィンランドにおいてもロシアの策謀を察知し、支配を強化した(アニアーラ事件)。スウェーデンは、同時にデンマークへの牽制も成功し、ヨーロッパにおける国際的地位を向上させる事に成功した。また、これによってスウェーデンは失地奪還はならなかったものの、フィンランドを確保する事が出来た。以後、ナポレオン戦争が激化するまでロシアとスウェーデンの関係は改善された。1791年にはドロットニングホルム宮殿で友好軍事同盟が結ばれた。そして1790年に絶対王政を復活させるのである。またフランス革命が勃発すると、フェルセンをスパイとして送り込み、反革命十字軍を提唱するなど国際的活動を活発に行った(十字軍結成は、欧州諸国の支持を得られず、最終的には失敗した。グスタフ3世は、スウェーデン・ロシア軍によるノルマンディー上陸計画も工作し、エカチェリーナ女帝も関心を寄せたが、これは国内の理解を得られなかった)。フェルセンが行ったヴァレンヌ事件を裏で手引きしたのもグスタフ3世であり、革命に対する反革命への情熱は、並々ならぬものがあったと言われている。これを反革命政策と言い、この情熱は、息子のグスタフ4世アドルフへと引き継がれた。内政も重視し、拷問の廃止や、言論の自由の法律化や、自由の時代より継続する社会福祉事業なども行った建設王でもあった。一方で失敗した政策は、禁酒法であった。この後スウェーデン最大の内政の課題は、この禁酒法であり、問題への解決は、19世紀以降までかかる事になった。グスタフ3世が復活させた絶対王政は、息子のグスタフ4世が親政を開始すると再開され、その親子の名を取って、「グスタフ朝絶対主義」(det gustavianska envaldet)と呼ばれる様になった。1809年に立憲君主制となるまでのスウェーデンは、絶対君主制であった。グスタフ3世は、国内外で名声を高めたが、国内的な政情不安を打ち消す事は出来なかった。彼の専制的な政治は、一部の貴族達の不満を買っていた。さらにスウェーデン経済も不況となっていた。グスタフ3世は母の影響で演劇に興味があった。自分で劇を手がけ、それを演出したこともあったという。特に彼のお気に入りだった離宮ドロットニングホルム宮殿は、20世紀にスウェーデンの世界遺産にも選ばれている。この宮殿で華やかな舞踏会や演劇が毎年開かれ、北欧のヴェルサイユ宮殿とまで賞賛される様になった。彼が劇場で暗殺されたのもこの証拠であろう。グスタフ3世は1792年3月16日、仮面舞踏会の上演中、ストックホルムのオペラ座で背後から拳銃で撃たれた。その後、手術を受けたが2週間しか持たず、合併症を併発して、46歳でこの世を去った。グスタフ3世の暗殺は、欧州諸国に衝撃を与えた。フランス革命の脅威と重なり、欧州各国は、保守色を強め国内の統制を強めていった。これと併せてスウェーデンでもヨーロッパ主要国においても啓蒙主義的な君主は見られる事はなくなった。暗殺の裏には貴族らからの反発があった。グスタフ3世は国の大きな柱にした軍隊にかかる費用をまかなうために貴族らに増税を強制していた。暗殺の黒幕として、フレデリック・アクセル・フォン・フェルセン侯爵(ハンス・アクセル・フォン・フェルセンの父)が噂されたが定かではない。実行犯ヤコブ・ヨハン・アンカーストレム伯爵は地所と特権剥奪の上、3日間鞭打ちを受け、右手を切断された上で4月27日に斬首刑に処せられた。グスタフ3世の目指していた近代的な国家作りは、一般の市民や農民に支えられていた。彼の死によって、スウェーデンの大国復興の夢は潰え去り、北欧は欧州列強のパワーゲームの下にさらされる事になるのである。

グスタフ3世は非常に優れた啓蒙専制君主でしたが、その絶対王政により不当に評価された人です。ルソー、ダランベール、ヴォルテールなどの啓蒙主義の思想家、哲学者と交際し、フランス文化を敬愛して演劇文化を推進しました。彼は自由主義により国力が低下していた当時のスウェーデンを盛り立てましたが、最期は貴族達の不満を買って暗殺されるという悲劇に見舞われました。グスタフ3世は、フィンランドの分離独立を目指したアニアーラ事件が起きた頃に、「私は祖国を救い、軍事を強化し、文芸を推奨し、また、内政にも尽くした。そして祖国は、戦争に勝利する事によってかつての栄光を取り戻すだろう。しかし、その時には、私は国民から見捨てられ、裏切られる事になるだろう」と周囲に述べていたそうです。彼はこの言葉の通りに、学問や文芸を興し国家を隆盛させましたが、以前から自身の最期を予感していたそうです。歴史上のたいていの暗殺事件と同じく、グスタフ3世の暗殺によってスウェーデンの情勢は悪化し、北欧は欧州列強の圧力の下に晒されました。スウェーデンの詩人カール・ミカエル・ベルマンは、グスタフ2世アドルフの栄誉を讃える「グスタフススコール」を作曲し、グスタフ3世に贈りました。この曲は、スウェーデンの王室歌となり、同国のカドリーユスタイルのフォークダンスとして知られるようになりました。

「グスタフススコール」を聞いてみたいという方はこちらからどうぞ。
Carl Michael Bellman - Gustavs Skål!
http://www.youtube.com/watch?v=dZo4yjpxB4o

1. Gustafs skål!
Den bäste Kung, som Norden äger:
Han ej tål,
At vigtskåln ojämt väger.
God och glad,
Han Ilskans röst föraktar
Samt afvaktar
Och betraktar
Dårskap i sin grad.
2. Sådan Kung
Är värd att styra Sveriges öden:
Rask och ung,
Ej rådlös uti nöden.
Wasa Ätt
Har aldrig lärt att svika,
Aldrig tvika,
Men at fika
Till at göra rätt.
北方の偉大なる王
グスタフに乾杯!
困難を乗り越えて
休むことのなかった王
礼儀正しく朗らかで
怒りを何よりも嫌い
時の流れの中の、愚かな出来事にも
冷静に構え
そして学んだ
グスタフは正に
スウェーデンを治めるにふさわしい王
大胆で年若く
この王にできぬことはない
ヴァーサ家の君主よ
失敗を、ためらいを
恐れるなと教えられた
でも彼のやり方は、より正しく
そしてより公平であった

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0