FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

Be inspired.

刺激を受けろ。

ヘヴィ・Dの最期の書き込み。ヘヴィ・D(1967年5月24日 - 2011年11月8日 本名:Dwight Arrington Myers)は、ジャマイカ生まれのラッパー、俳優。1980年後半に流行ったニュー・ジャック・スウィングの代表者として知られる。

ヘヴィ・Dはヘヴィ・D&ザ・ボーイズとしての活動で有名な、アメリカのラッパーです。Now That We Found Love」(1991)や、「Nuttin’ but Love」(1994)といったヒット曲を生み出しました。彼はマイケル・ジャクソンやジャネット・ジャクソンの曲でラップを担当して有名になり、ヒップホップがポップスに浸透していく上で重要な役割を担いました。彼が歌ったラップとは、小節の終わりなどで韻を踏みながら、あまりメロディを付けずにリズミカルに喋るように歌う方法のことです。名前の通り小太りな体型にサングラスという愛嬌のあるキャラクターで、数々の映画出演も果たしました。ヘヴィ・Dの最期は、2011年12月27日に地元のビバリーヒルズで、歩いている最中に呼吸困難を起こし、自宅まで帰りついたものの倒れ、そのまま病院で肺塞栓症により亡くなりました。上記の言葉は、彼がツイッターに書き込んだ最後の言葉です。ヘヴィ・Dはツイッターを活用しており、ファンに向けて頻繁に書き込みを行っていました。

ヘヴィ・Dの曲を聴いてみたいという方はこちらからどうぞ。
Heavy D & The Boyz - Now That We Found Love
http://www.youtube.com/watch?v=NNEgUPKxk7A
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0