FC2ブログ
06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Amen.

ヨハネ・パウロ2世 (ローマ教皇)の最期の言葉。ヨハネ・パウロ2世(1920年5月18日 - 2005年4月2日)は、ポーランド出身の第264代ローマ教皇(在位:1978年10月16日 - 2005年4月2日)。名はカロル・ユゼフ・ヴォイティワ。ハドリアヌス6世(オランダ出身、在位:1522年 - 1523年)以来455年ぶりの非イタリア人教皇にして史上最初のスラブ系教皇。同時に20世紀中最年少で着座した教皇でもある。神学と哲学の2つの博士号を持っていた。世界平和と戦争反対への呼びかけと、呼びかけだけにとどまらない数々の平和行動の実践し、母国ポーランドを初めとする民主化活動の精神的支柱としての役割も果たした。生命倫理などの分野でのキリスト教的道徳観の再提示を行い、また、宗教間の問題に温和な態度で臨み、他宗教や文化との対話の呼びかけたことは宗教の枠を超えて現代世界全体に大きな影響を与え、多くの信者・宗教関係者から尊敬されている。カロル・ヴォイティワは1920年、クラクフ近郊のヴァドヴィツェに、父カロル、母エミリアの間に次男として生まれた。父カロルはハプスブルク家の軍隊に仕えたこともある退役軍人であった。ヴォイティワは若くして、家族の喪失を体験する。8歳で母を、11歳で兄を、さらに20歳で父を失った。当時、ヴォイティワは戦前のクラクフのユダヤ人社会に親しんでいたが、そのことが後に教皇としての姿勢に影響を与えることになる。1939年、19歳のときドイツのポーランド侵攻によってポーランドが占領されたことで、ヴォイティワが学んでいた大学が閉鎖されたため、鉱山や工場で働きながら勉学を続け、同時に地下演劇の俳優、脚本家としても活動していた。第二次世界大戦中の1943年に、聖職者として生きることを決意したが、神学校の運営が禁止されていたため非合法の地下神学校に入り、1946年11月1日に司祭に叙階された。優秀だったヴォイティワは司教の推薦でローマの教皇庁立アンジェリクム神学大学に送られ、そこで学んだ。1948年には十字架の聖ヨハネの著作における信仰概念についての研究で神学博士号を取得している。また、この年ポーランドへ戻り、クラクフの教区司祭としての職務を果たした。1953年には、『カトリック倫理をマックス・シェーラーの倫理体系によって基礎づけることの可能性についての評価』と題する学位論文をルブリン・カトリック大学に提出。その後、クラクフのヤギェウォ大学、ルブリン大学神学部で倫理神学を教え、1958年7月4日にピウス12世によってクラクフ教区の補佐司教に任じられ、9月28日に叙階した。38歳であった。1962年に始まった第2バチカン公会議にはクラクフ司教および神学者として参加。特に重要な2つの公会議文書『信教の自由に関する宣言 (Dignitatis Humanae)』および『現代世界憲章 (Gaudium et spes)』の成立に貢献した。1964年1月13日、パウロ6世によってクラクフ教区の大司教に任命され、1967年7月26日には同教皇によって枢機卿に親任された。1978年、パウロ6世の死去に伴って新教皇に選出されたのは当時65歳の(教皇としては若い部類に入る)アルビノ・ルチアーニ(ヨハネ・パウロ1世)であった。このコンクラーヴェに参加したヴォイティワは、これでもう次のコンクラーヴェに参加する事はないだろうと思っていた。ところがヨハネ・パウロ1世が在位わずか33日で死去したため、1978年10月に再びコンクラーヴェが行われることになった。こうして生涯2度目のコンクラーヴェに臨んだ58歳のヴォイティワが新教皇に選出された(10月16日に選出され、10月22日に就任した)。ポーランド人初のローマ教皇の誕生は故郷ポーランドにおいて、ナショナリズムの高揚とソビエト連邦への抵抗心を一層大きくすることになった。このことは1980年の独立自主管理労働組合「連帯」による国内改革への要求へとつながり、ひいては1988年以降のポーランド民主化運動へとつながってゆくことになる。ヴォイティワは前教皇の遺志を継ぐ形で「ヨハネ・パウロ2世」という複合名を名乗った。さらに前任者にならって教皇職にまつわる多くの虚礼や前時代的な慣例を廃止した。ヨハネ・パウロ2世は「旅する教皇」といわれたパウロ6世を遥かに凌ぐスケールで全世界を訪問し、「空飛ぶ教皇(空飛ぶ聖座)」と呼ばれるほどであった。最初の訪問国メキシコを皮切りに、1981年2月23日から26日までの日本訪問を含め、2003年9月に最後の公式訪問国となったスロバキアに到るまでに実に世界100ヶ国以上を訪問している。勉強熱心で、訪問先の言語で簡単な演説をすることでも有名だった。1981年2月23日のローマ教皇として初の来日時には広島市と長崎市を訪れ、日本語で「戦争は死です」と演説(彼は訪れる国では現地の言語で一部スピーチを行うことをしており、飛行機の中で学習を行っていた)し、核兵器の廃絶を訴えた。他宗教や他文化との交流にも非常に積極的で、プロテスタント諸派との会合や東方正教会との和解への努力を行い、大きな成果を上げた。また天台宗の大阿闍梨である酒井雄哉とも会っている。1986年には教皇として初めてローマのシナゴーグを訪れるなどユダヤ人への親近感を示し続けたことなどでも知られる。さらに1980年代後半以降の東欧の民主化運動において、精神的支柱の役割を果たしたともいわれている。特に、冷戦下で独裁政権下に置かれていた母国ポーランドの民主化運動には大きな影響を与えている。ポーランドは国民の98%がカトリック信者であり、教皇が着任8ヶ月後に初めての故国訪問をしたが、熱狂的歓迎をもって迎えられた。教皇はワルシャワのユゼフ・ピウスツキ元帥広場に集まった人々に「恐れるな」と訴えた。その4ヶ月後の「独立自主管理労働組合「連帯」」が率いたストライキなどを経て政権は妥協路線を走り始め、1980年代後半には民意に押されて政権が民主路線へ転換している。なおこのような民主化運動への後援の姿勢がソビエト連邦を始めとする東側諸国の政府に脅威を感じさせ、後の暗殺未遂事件につながったという指摘がある。キリスト教の教義と故国ポーランドが戦争で焦土と化した経験もあって戦争に対しては一貫して反対の姿勢を取っており、2003年にイラク戦争の最中ジョージ・W・ブッシュ大統領が度々「神の加護を」「神の祝福あれ」としきりに「神」を引用して戦争を正当化していたのに対し「神の名を用いて殺すな」と不快感を示し、「イラクでのこの戦争に正義はなく、罪である」と批判していた。また1980年代前半には、宗教事業協会(バチカン銀行)の主力取引行であったアンブロシアーノ銀行の破綻やロベルト・カルヴィ暗殺事件、P2事件などの、バチカンを揺るがすスキャンダルにも関わることを余儀なくされた。伝説的な初代教皇ペトロを除けば、31年7ヶ月教皇位にあったピウス9世についで歴代2位の26年5ヶ月と2週間という長い治世を誇ったが、晩年はテロの後遺症やパーキンソン症候群など多くの肉体的な苦しみを受け、前任者が進めようとした宗教事業協会を中心としたバチカンの構造改革も思うようには進展せず、次代教皇への積み残し課題となった。2005年2月からはインフルエンザと喉頭炎による入退院を繰り返していたが、2005年3月31日以降、感染症によって容体が悪化した。しかし、教皇は入院を拒否し住み慣れた宮殿の居室で療養することを選んだ。教皇の容態悪化のニュースを聞いた信徒たちがサン・ピエトロ広場に集まって祈りを捧げていると、そのことを聞いた教皇は「私はあなたたちと一緒にいる。ありがとう」と語ったといわれる。2005年4月2日午後9時37分(日本時間:3日午前4時37分)、敗血性ショックにより84歳で死去した。最期の言葉は「アーメン」だったとされていたが、2005年9月17日には最期の言葉が「父なる神の家に行かせてほしい」というポーランド語だったとも報道された。教皇の死去を受けて、世界各地からローマを訪れた信者の数は約500万人に上り、うち約200万人は教皇の故郷であるポーランドからの訪問者であったという。

ヨハネ・パウロ2世は第264代ローマ教皇であり、他宗教への対話を呼びかけたり、カトリック教会における保守派と急進派の対立構造の間のバランスを取るなど、非常に優れた人物でした。2013年7月2日には、聖人になる条件である二つ目の「奇跡」が認定され、年内にも、死去してから約8年という異例の短期間で列聖式が行われる見通しとなっています。彼の最期の言葉である、「アーメン」とは「まことにそうです」という意味のヘブライ語で、原意は「安定」です。古代ユダヤ教会では、ラビが聖書の一句を読み、続けて会衆が復唱することで、聖書教育を施していましたが、会衆は次第に復唱を省略し「アーメーン」とだけ言うようになり、これがユダヤ教から派生したキリスト教にそのまま受け継がれ、神父が祈りの言葉を言った後に会衆がアーメンと言うようになりました。以後、キリスト教において一般に祈りや賛美歌の終わりに置く言葉として使われています。彼の最期の言葉は「父なる神の家に行かせてほしい」というポーランド語だったとも言われています。2005年4月8日に行われた葬儀は、参加人数において史上最大規模のものとなりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。