FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(「桜田のときに詠める」と題し、母蓮寿尼に宛てて)
岩金もくだけざらめや武士の 国のためにと思ひ切る太刀

岩金も砕けないであろうか武士が 祖国のためにと思い切った太刀に

有村次左衛門の辞世の句。(ありむら じざえもん、天保9年12月28日(1839年2月11日) - 安政7年3月3日(1860年3月24日))は、江戸時代末期(幕末)の薩摩藩藩士、尊王攘夷派志士。諱は兼清。天保9年(1839年) 、薩摩藩士・有村兼善の四男として生まれる。母は連寿尼(森元高見の娘)。兄に有村俊斎(後の海江田信義)、有村雄助がいる。剣術は薬丸兼義に薬丸自顕流を学び、後に江戸で北辰一刀流を修めた。安政5年(1858年)、兄・雄助とともに江戸で尊攘活動を行い(後に脱藩)、水戸藩士らの志士と交流を深める。安政6年(1859年)、江戸幕府による安政の大獄が起きるとそれに憤慨し、その実行者である大老・井伊直弼暗殺を水戸藩士らと計画し、翌安政7年3月3日(1860年3月24日)の朝、桃の節句祝いに登城する井伊を狙って江戸城桜田門外で行列を襲撃(桜田門外の変)した。自身は行列中央の井伊を襲い、篭より引きずり出して断首殺害した。井伊の首級を持ち去ろうとしたが、彦根藩士・小河原秀之丞に斬り付けられて重傷を負い、小河原を斬り伏せるも若年寄・遠藤胤統の辻番所付近で力尽きて自害。遠藤屋敷に運び込まれるが間もなく絶命した。のち贈正五位。

有村次左衛門は、桜田門外の変に参加した唯一の薩摩藩士です。大老井伊直弼の首をあげましたが、重症を負い最期は自刃しました。暴力テロの是非については判じがたいものがありますが、彼の最期は見事なものだったそうです。桜田門外の変は綿密な計画による待ち伏せにより、襲撃開始から井伊殺害まで、わずか数分の出来事だったそうです。桜田門外の変は実力行使と武力による、血なまぐさい争乱の時代が幕を開ける事件となりました。ちなみに小説や漫画で、空手家や剣術家が「チェスト!」と叫ぶのをよく見かけますが、それの元は薬丸自顕流の「猿叫(えんきょう)」です。薬丸流は郷中教育に取り入れられ下級藩士を中心に伝わり、門弟たちの中から明治維新の元勲が数多く出たため、「薬丸どんの剣」として高名になり、「明治維新は薬丸流でたたきあげた」といわれるまでになりました。

浮世絵に描かれた有村次左衛門の勇姿。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/8/8d/Arimura_Jisaemon.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

ほととぎす われも血を吐く 思い哉

中島三郎助の辞世の句。中島三郎助(なかじま さぶろうすけ、文政4年1月25日(1821年2月27日) - 明治2年5月16日(1869年6月25日))は、江戸時代末期(幕末)の幕臣。江戸幕府浦賀奉行所与力、のち蝦夷共和国箱館奉行並。諱は永胤。雅号は木鶏。本国は美濃、生国は相模、文政4年(1821年)、浦賀奉行所与力・中島清司の子として生まれる。母は浦賀与力・樋田仲右衛門娘。中島家は寛文9年(1669年)に下田与力に召し抱えられて以来、与力を務めてきた家柄である。若い頃より砲術に才能を見せ、田付流、集最流、荻野流の免許、高島流の皆伝を受けた。また俳諧や和歌を父より手ほどきを受けたと伝えられている。喘息の持病があったという。天保6年(1835年)、浦賀奉行与力見習として高五十俵で召し抱えられた。天保8年(1837年)、モリソン号事件で砲手を務め、褒美を受けている。嘉永元年(1848年)、格別出精につき、五人扶持を加えられ、嘉永2年(1849年)、父の番代として浦賀奉行与力に召抱えられた。嘉永3年(1850年)、奉行所船庫の失火により、蒼隼丸をはじめとする軍船のほとんどが失われた事件では責任を問われ、押込となった。嘉永6年6月(1853年7月)、アメリカ合衆国のマシュー・ペリー艦隊が浦賀沖に来航(黒船来航)した際に、副奉行と称して通詞の堀達之助を連れて旗艦「サスケハナ」に乗船した[1]。その後、浦賀奉行・戸田氏栄ら重役に代わり、香山栄左衛門とともにアメリカ側使者の応対を務めている。なお、アメリカ側の記録では、船体構造・搭載砲(ペクサン砲およびダールグレン砲)・蒸気機関を入念に調査したことから、密偵のようだと記されている。ペリーの帰国後、老中・阿部正弘に提出した意見書で軍艦の建造と、蒸気船を含む艦隊の設置を主張。嘉永7年(1854年)に完成した日本初の洋式軍艦「鳳凰丸」の製造掛の中心として活躍し、完成後はその副将に任命された。安政2年(1855年)、江戸幕府が新設した長崎海軍伝習所に第一期生として入所し、造船学・機関学・航海術を修めた。「鵬翔丸」で帰府後、安政5年(1858年)に築地軍艦操練所教授方出役に任ぜられた。安政6年(1859年)、浦賀の長川を塞き止めて日本初の乾ドックを建設、遣米使節に随行する「咸臨丸」の修理を行った。万延元年(1860年)、軍艦操練所教授方頭取手伝出役に進んだが、病気のために文久元年(1862年)出役依願免、与力に戻った。元治元年(1864年)に富士見宝蔵番格軍艦頭取出役に任ぜられたものの再び病気となり、慶応2年(1866年)出役依願免、同年末には与力の職も長男・中島恒太郎に譲った。慶応3年(1867年)に再奉公を命じられ、軍艦組出役、小十人格軍艦役勤方を経て、両番上席軍艦役に進んだ。慶応4年(1868年)1月に戊辰戦争が勃発すると、海軍副総裁・榎本武揚らと行動を共にして同年8月19日(10月4日)に江戸・品川沖を脱出、蝦夷地へ渡海し箱館戦争に至った。箱館政権(蝦夷共和国)下では、箱館奉行並、砲兵頭並を務め、蝦夷地七重村開墾條約書には箱館奉行・永井尚志と連名で署名している。戦時は本陣前衛の千代ヶ岡陣屋を守備し陣屋隊長として奮戦した。箱館市中が新政府軍に占領された後、軍議では降伏を説いたが、中島自身は千代ヶ岡陣屋で討死することを公言しており、五稜郭への撤退勧告も、新政府軍からの降伏勧告も拒否。本陣五稜郭降伏2日前の明治2年5月16日(1869年6月25日)、長男の恒太郎・次男の英次郎・腹心の柴田伸助(浦賀組同心)らと共に戦死。享年49。菩提寺は横須賀市東浦賀町の東林寺。

中島三郎助は幕末の与力です。江戸時代の与力とは行政・司法・警察の任にあたった武士のことですが、中島は浦賀奉行所の与力として外交官のような働きをしました。特に有名なのが戦闘態勢を取り上陸を要求するペリーに対して、身分を副奉行と偽称して通訳一人だけを連れて最初の接触を図ったことです。その後日本初の洋式軍艦「鳳凰丸」の製造掛の中心として活躍し、「鳳凰丸」を建造期間は8か月間という驚異的な早さで完成させました。中島は俳人としても知られていたそうで、辞世の句もなかなかの出来栄えです。ホトトギスは口ばしが赤いので結核患者の隠語としての意味がありますが、ここでは彼の血を吐くような思いをホトトギスに仮託して詠んだのでしょう。明治2年(1869年)3月に、箱館旧幕府軍追討令が新政府軍より下された事を知った榎本はじめ箱館政権幹部らは、同月14日(4月25日)に咬菜園といわれる当時箱館に名高い庭園で別盃の宴を催しました。上記の句はこの時に詠まれたものです。中島はこの句の他に、「われもまた 死士と呼ばれん 白牡丹」という句も辞世として残しています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

君がため刃にそむる真心の いとど嬉しき心地こそすれ

主君のために刃を赤く染める真心は とても嬉しいという心地こそしても惜しいとは感じない

大和弥八郎の辞世の句。大和弥八郎(天保6年11月3日(1835年12月22日) - 元治元年12月19日(1865年1月16日))は、江戸時代末期(幕末期)の長州藩士。大和国之助とも。甲子殉難十一烈士の一人。1862年、久坂玄瑞、寺島忠三郎らと横浜居留地焼討ちを計ったが、藩主・毛利定広に伝わり実行には到らなかった。その後、御楯組結成に参加。1865年、山田亦介・前田孫右衛門・毛利登人・松島剛蔵・渡辺内蔵太・楢崎弥八郎らと共に斬罪に処された。

大和弥八郎は高杉晋作、久坂玄瑞、寺島忠三郎、長嶺内蔵太、志道聞多、松島剛蔵、有吉熊次郎、赤禰幹之丞、山尾庸三、品川弥二郎らのメンバーと御楯組結成に参加した人です。このメンバーの内、久坂、大和、長嶺、松島、有吉、赤禰の最期は処刑か自害でした。この中で一番有名な高杉は結核により29歳の若さで、明治を見ることなく亡くなりました。志道聞多は後に名前を変え、最後は元老にまでなりました。井上馨です。山尾と品川は生き延び子爵になりまいた。他人の辞世の句にケチをつけるつもりはないんですが、上記の歌は歌のできとしてはあまり良くありません。主君に対する忠誠心を「赤心」と言いますが、ここでは血と赤心をかけています。同じ志を抱いた過激派でも、生きるか死ぬかで天地の差が開くものです。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

武士の 露ときえゆく 枯野かな

竹内正兵衛の辞世の句。竹内正兵衛勝愛(1819-1864)幕末の武士。文政2年生まれ。長門(山口県)萩藩士。元治元年禁門の変で敗れて帰国。恭順派が藩の政権をにぎったため野山獄に投獄され,同年11月12日処刑された。46歳。本姓は八谷(やたがい)。名は清喜(記),勝愛。号は竹叢,至愚。

竹内正兵衛は甲子殉難十一烈士の一人です。竹内正兵衛も禁門の変で敗れた後に捕らえられ処刑されました。上記の辞世の句はかの有名な松尾芭蕉の辞世の句である「旅に病で夢は枯野をかけ廻る」や、豊臣秀吉の「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことも 夢のまた夢」を意識して作られたものでしょう。上手い句ではありませんが、武士の最期を詠んだものとしては、ごく一般的なものとなっています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

今ははやことの葉くさも世の霜に きえゆく身とはなりにけるかな

今となっては言葉も世の中の露のようにはかないものとなり 私も死に行く身となってしまったのだなあ

佐久間佐兵衛の辞世の句。佐久間佐兵衛(1833-1864)幕末の武士。天保4年生まれ。長門(山口県)萩(はぎ)藩士。伯父にやしなわれ赤川姓を名のる。水戸の会沢正志斎にまなび,帰郷後,佐久間氏をつぎ,藩校明倫館の助教。のち京都で尊攘派として活躍。禁門の変で敗れて帰藩後捕らえられ,元治元年11月12日処刑された。32歳。本姓は中村。名は忠亮,義済。通称ははじめ直次郎。号は淡水,思斎。

佐久間佐兵衛は甲子殉難十一烈士の一人です。彼は有名な人物ではありませんが、漫画『俺は直角』で有名な萩藩の藩校明倫館の助教に若くしてなった才人でした。彼が水戸で学んだ師の会沢正志斎は藤田東湖を頂点とする水戸学藤田派の人であり、弘道館の初代教授頭取です。会沢正志斎は長州藩の吉田松陰や久留米藩の真木保臣らにも影響を与えた人物ですが、実は文久2年(1862年)に一橋慶喜(徳川慶喜)に対して、開国論を説いた『時務策』を提出した開国論者でした。水戸藩は尊皇攘夷の本場ですが、会沢正志斎のように実際の外交員として諸外国と接触していた人の中には、現実的な考えをしていた人もいました。佐久間佐兵衛は師とは違って攘夷派の人物でしたが、32歳で処刑されたのではその才を存分に発揮できたとは言えないでしょう。やはり有能な人物から処刑されることになるようです。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。