07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

運は天である。死は惜しむに足らないが敵に首を渡すを好まぬ。首を切って国に送れ。

来島又兵衛の遺言。来島又兵衛(きじま またべえ、文化14年1月8日(1817年2月23日) - 元治元年7月19日(1864年8月20日))は日本の武士・長州藩士。遊撃隊総督。幼名は亀之進。初名は光次郎。諱は政久。文化14年(1817年)1月8日、喜多村政倫の次男として生まれる。天保7年(1836年)、来島又兵衛政常の婿養子となり、以後江戸で剣術修行に励む。嘉永元年(1848年)に帰国。家督を継ぐ。同年10月に手廻組に入隊。その後、藩の要職を歴任した。文久3年(1863年)高杉晋作が奇兵隊を創設すると又兵衛は遊撃隊を組織し互いに連携して国事にあたった。元治元年(1864年)の禁門の変にさいして、積極的、激烈に出兵を主張。風折烏帽子に先祖伝来の甲冑を着込み、自ら兵を率いて上洛し激戦を繰り広げた。この禁裏内の戦闘で当時薩摩藩兵の銃撃隊として活躍した川路利良の狙撃で胸を撃ちぬかれ、助からないと悟った又兵衛は甥の喜多村武七に介錯を命じ、自ら槍で喉を突いた後、首を刎ねられ死亡した。現在、山口県美祢市にある美祢市立厚保小学校には彼の銅像が建てられている。近くに来島家の生家があったためである。

来島又兵衛は幕末の長州藩士です。来島の組織した遊撃隊は高杉晋作の奇兵隊と並ぶ、尊皇過激派部隊です。周防国宮市(現山口県防府市宮市)において、町人・農民・浪士らから組織された遊撃隊は、総督は来島の他に石川小五郎らがおり、軍監に所郁太郎らが着きました。来島を狙撃した川路利良は凄い人で、彼は欧米の近代警察制度を日本で初めて構築した「日本警察の父」と呼ばれています。堂々と戦った末にこれだけの人に撃たれたなら、来島も本望でしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

長門人の心如何にと人とはば 月日を指して教へたまへよ

長門の人の心はどうであるかと人が聞いたら 月と太陽を指してお教えしなさい

入江九一の辞世の句。入江九一(いりえ くいち、天保8年4月5日(1837年5月9日) - 元治元年7月19日(1864年8月20日))は幕末期の長州藩士。名は弘毅。通称は万吉、杉蔵。字は子遠。別名は河島小太郎。野村靖の兄。贈正四位。天保8年(1837年)、長州藩の足軽・入江嘉伝次の長男として生まれた。安政5年(1858年)、松下村塾に入門して吉田松陰に学んだ。松陰から高く評価され久坂玄瑞や高杉晋作、吉田稔麿と並んで松門四天王の一人に数えられた。同年、師匠の松陰が幕府の無勅許による日米修好通商条約締結に激怒し倒幕を表明して老中の間部詮勝暗殺計画を企んだ。このとき高杉と久坂、吉田らは猛反対したが九一だけは賛成し計画に加わった。このとき、松陰から「久坂君たちは優秀だが、度胸が無い。しかし君だけは国のために死ねる男児である」と高く評価されている。そのため、松陰が井伊直弼による安政の大獄で処刑された後も師匠の遺志を受け継いで間部暗殺計画を実行に移そうとした。しかし、幕府に察知されて弟の野村靖と共に投獄されてしまった。その後、釈放されて文久3年(1863年)、足軽から武士の身分に取り立てられた。その後は京都で尊皇攘夷のための活動を行なう一方で高杉の奇兵隊創設にも協力し、奇兵隊の参謀となった。元治元年(1864年)、禁門の変では久坂らと協力して天王山に布陣して奮戦したが敗れて久坂は自刃する。九一は何とか脱出しようと図ったが敵の銃撃を受けて負傷し、その場で切腹して果てた。享年28。志士としてのその後の活動が期待されていたが志半ばで無念の死を遂げた志士として、上善寺に手厚く葬られた。木戸孝允・大村益次郎たちによって長州藩内の桜山招魂場(現在の桜山神社、下関市上新地町)・朝日山招魂場(現在の朝日山護国神社、山口市秋穂二島)、京都霊山護国神社、東京招魂社(後の靖国神社)に護国の英霊として祀られている。

入江九一は吉田松陰の門人にして、かなり過激な尊皇攘夷派の人物です。彼は師の吉田松陰と共に老中の間部詮勝暗殺計画を企みました。間部詮勝は安政の大獄において、井伊直弼の「井伊の赤鬼」に対して「間部の青鬼」と呼ばれた人でしたが、実際には政敵との対話を進め、逮捕者の処断をめぐっては「天下の多士を失うことになる」と主張した人物でした。しかし、吉田松陰をはじめ多くの尊皇攘夷派が処刑され、運動は過激化していきました。入江の最期は禁門の変での負傷の後の切腹でした。28歳という、事をなすには若すぎる死でした。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

結べども又結べども黒髪の 乱れそめにし世をいかにせん

結んでもまた結んでも 乱れ始めた黒髪のような世の中をどうすればいいのだろうか

吉田稔麿の辞世の句。吉田稔麿(よしだ としまろ、天保12年閏1月24日(1841年3月16日) - 元治元年6月5日(1864年7月8日))は、江戸時代末期(幕末)の長州藩の活動家。名は栄太郎。後に稔麿と改名した。久坂玄瑞、高杉晋作とともに松陰門下の三秀と称される(入江九一を入れて松門四天王ともいう)。天保12年(1841年)、萩藩松本村新道に足軽・吉田清内の嫡子として生まれる。無駄口を利かず、謹直重厚な人物であったといわれる。雅号は風萍軒(ふうひょうけん)。宝蔵院流の槍術と柳生新陰流の剣術を修める。また、吉田松陰の松下村塾に入門し、兵学を究める。松陰は稔麿を評価した評を残している。安政5年(1858年)に松陰に下獄の命が下されると、親族一門を守るために師の元を一時離れる。が、翌年松陰が江戸に送られる際には隣家の塀の穴から見送ったとの逸話が残されている。万延元年(1860年)10月に脱藩するも、文久2年(1862年)には脱藩の罪を許される。また、同年10月には松陰の慰霊祭に初めて参加した。文久3年(1863年)6月、高杉晋作の創設した奇兵隊に参加。7月に屠勇隊を創設。8月の朝陽丸事件では烏帽子・直垂姿で船に乗り込み、説得に成功する。またこの年に稔麿と改名した。元治元年(1864年)6月5日の池田屋事件では、吉田も出席していたが、一度屯所に戻るために席を外す。しばらくして戻ると新撰組が池田屋の周辺を取り囲んでいたため、奮闘の末に討ち死した。最近の説では、長州藩邸に戻っていた吉田が脱出者から異変を聞き、池田屋に向かおうとするも加賀藩邸前で会津藩兵多数に遭遇し討ち死にした、とされている。また別の説として、池田屋で襲撃を受け、事態を長州藩邸に知らせに走ったが門は開けられる事無く、門前で自刃したという話もある。享年24。墓は京都霊山護国神社(京都市東山区清閑寺霊山町)・護国山(萩市椿東椎原)・桜山神社(下関市上新地町)・朝日山招魂場(山口市秋穂二島・現朝日山護国神社)の4ヵ所。萩市俊光寺は吉田家の菩提寺だが、当初から墓はない。また、池田屋殉難墓碑が三緑寺(京都市左京区岩倉花園町)にある。明治24年(1891年)、従四位を贈られる。後年、松下村塾の同門生で後の明治の元勲にもなった品川弥二郎(子爵)が「稔麿が生きていたら総理大臣になっただろう」と語ったとされる。

吉田稔麿は吉田松陰の門人である、幕末の長州藩の活動家です。久坂玄瑞、高杉晋作とともに松陰門下の三秀と称されましたが、元治元年(1864年)6月5日の池田屋事件において、23歳の若さで亡くなりました。彼を斬ったのは近藤勇だとも沖田総司だとも伝えられていますが、彼の最後については諸説あり、詳しいことはよく分かっていません。人物評が好きで、ある時風刺画を描き、久坂玄瑞を裃を着て端然と座す坊主、高杉晋作を鼻ぐりのない牛、入江九一を木刀、山県小助(有朋)を棒切れに諷したりしています。高杉を抑えられるのは彼と入江九一くらいで、高杉が暴走すると、稔麿は奇態な行動をして彼の出鼻を挫いたそうです。辞世の句は、間違いなく百人一首にも取られている、河原左大臣こと源融の有名な「みちのくのしのぶもぢずりたれ故に 乱れそめにしわれならなくに」を意識したものでしょう。世の乱れを艶のある黒髪に例えるとは、なかなか粋な感覚の持ち主だったのでしょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 2 : cm 0   

今日の辞世の句 

君が代をおもふ心の一筋に 我が身ありとも思はざりけり

天皇の治世を思う心の一筋に 我が身があるとは思わなかったなあ

梅田雲浜の辞世の句。梅田雲浜(うめだ うんぴん、文化12年6月7日(1815年7月13日)- 安政6年9月14日(1859年10月9日))は、江戸時代末期(幕末)の儒学者。通称は源次郎。名は義質、定明。号は雲浜のほか、湖南。文化12年(1815年)、小浜藩藩士・矢部義比の次男として誕生。雲浜の号は、若狭国小浜海岸からの由来で名づけたという。はじめ藩校・順造館、天保元年(1830年)には藩の儒学者・山口菅山から山崎闇斎学を学んだ。その後、祖父の家系である梅田氏を継ぎ、大津に湖南塾を開いた。天保14年(1843年)には京都へ上京して藩の塾である望楠軒の講師となる。ところが、嘉永5年(1852年)に藩主・酒井忠義に建言したのが怒りに触れて藩籍を剥奪。嘉永6年(1853年)、アメリカ合衆国のマシュー・ペリーが来航すると条約反対と外国人排斥による攘夷運動を訴えて尊皇攘夷を求める志士たちの先鋒となり、幕政を激しく批判した。これが時の大老・井伊直弼による安政の大獄で摘発され、2人目の逮捕者となった。捕縛後は京都から江戸に送られたが、取調べでも箒尻(ほうきじり)で何度も打たれる拷問においても何一つ口を割らず、安政6年(1859年)に獄中で病死した。享年45。拷問での傷の悪化による死因説もある。雲浜の墓は、全国にまたがり、海禅寺(東京都台東区)・安祥院(京都市東山区)・松源寺(福井県小浜市)に置かれている。安祥院近くにある京都霊山護国神社には雲浜の碑も建てられており、今も雲浜を慕い訪れる人が多いという。

梅田雲浜は幕末の尊皇派の小浜藩士です。彼は井伊直弼から危険人物と見なされ、安政の大獄での2人目の逮捕者となりました。獄中で過酷な拷問を受けましたが、口を割らず獄中にて病死しました。雲浜の碑は坂本龍馬、木戸孝允、中岡慎太郎、頼三樹三郎、吉村寅太郎、平野国臣、久坂玄瑞、高杉晋作、宮部鼎蔵ら幕末勤王の志士1,356柱を祀る、尊皇過激派のメッカである京都霊山護国神社に立てられています。辞世の句については、「思はざりけり」とくれば、百人一首にも取られている、権中納言敦忠の有名な「逢ひ見てののちの心にくらぶれば 昔はものを思はざりけり」と思い浮かべない訳にはいかないでしょう。一般的に恋は熱病と言いますが、政治思想というのも熱病のようなものなのかましれません。あるいは生き、あるいは死に、あるいは熱し、あるいは冷める。雲浜もまた、冷めやらぬ情熱に突き動かされた人でした。さて、雲浜の死の149年後の2008年、アメリカの大統領選挙にバラク・オバマが出馬すると、雲浜の故郷福井県小浜市の一部市民有志が「オバマを勝手に応援する会」を結成しました。2009年11月、大統領就任後初のオバマ訪日に際し、サントリーホールでの講演で、大統領の口から「I could not come here without sending my greetings and gratitude to the citizens of Obama, Japan」(私は、小浜市民の皆さんに、私のご挨拶と感謝の言葉を伝えることなくしては、ここに来ることはできませんでした)という言葉が飛び出しました。いかな雲浜、己の死後郷人の夷狄の統領に讃を送るを知るべけんや。(いかに雲浜といえども、自分の死後に故郷の人が野蛮人の大統領を応援することを知ることができたであろうか、いやできまい)。尊皇とは? 攘夷とは? 平和万歳!

梅田雲浜之碑、霊山護国神社
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/a/a1/Umeda6467.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

まかる身は君の世思ふ眞心の 深からざりししるしなりけり

退出する身なのは主君の世を思う真心が 深くなかったしるしである

頼三樹三郎の辞世の句。頼三樹三郎(らい みきさぶろう、1825年7月11日(文政8年5月26日)- 1859年11月1日(安政6年10月7日))は、江戸時代末期(幕末)の儒学者。名は醇。通称は三木八。号は鴨崖。頼山陽の三男。1825年、儒学者の頼山陽の三男として京都三本木に誕生。母は近江商人・疋田藤右衛門の四女・梨影(りえ)。父・山陽をはじめ、1840年からは大坂の儒学者・後藤松陰や篠崎小竹らに学んだ。1843年からは江戸で儒学を学んだが、徳川将軍家の菩提寺である寛永寺の石灯籠を破壊する事件を起こして退学処分とされた。この時には尊皇運動に感化されており、江戸幕府の朝廷に対する軽視政策に異議を唱えて行なった行動といわれている。その後、東北地方から蝦夷地へと遊歴し、松前藩で探検家の松浦武四郎と親友となった。1849年には京都に戻り、再び勤王の志士として活動する。しばらくは母の注意もあって自重していたが、やがて母が死去すると家族を放り捨てて勤王運動にのめり込んだ。1853年にアメリカ合衆国のマシュー・ペリーが来航して一気に政情不安や尊皇攘夷運動が高まりの兆しを見せ始め、1858年には将軍後継者争いが勃発すると、尊王攘夷推進と徳川慶喜(一橋慶喜)擁立を求めて朝廷に働きかけたため、大老の井伊直弼から梅田雲浜・梁川星巌・池内大学と並ぶ危険人物の一人と見なされた。同年、幕府による安政の大獄で捕らえられて、江戸の福山藩邸において幽閉される。父・山陽の愛弟子である福山藩主の侍講・石川和助は、三樹三郎を厚遇すると同時に必死で助命嘆願を行ったが、幕府の厳しい姿勢は変わらず、間もなく江戸小塚原刑場で斬首された。墓は京都円山公園の裏にある長楽寺。

頼三樹三郎は幕末の儒学者であり、頼山陽の三男です。頼山陽の主著である『日本外史』が、幕末の尊皇攘夷運動に影響を与えたことからも分かるように、尊王的な思想の持ち主でした。また朱子学のみでなく陽明学も修めており、「孟子」を中心とした革命思想は明治維新の思想的な支柱となりました。頼三樹三郎は18歳の時に徳川将軍家の菩提寺の灯篭を破壊するような過激な人物であり、次第に勤皇運動にのめり込みました。頼三樹三郎は札付きの危険人物と見なされ、安政の大獄で捕らえられ斬刑に処せられました。彼の墓のある長楽寺は、安徳天皇の生母である建礼門院(平徳子)が壇ノ浦の戦いの後、出家したと伝えられる由緒あるお寺です。円山公園に行った時は、お参りしてみるのも良いかもしれません。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。