FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

ちる時はちるもよしのの山さくら 花にたぐへし武士の身は

散る時には散るのも良い吉野の山桜のように 桜の花に例えられた武士の身なのだから

山田亦介の辞世の句。山田 亦介(やまだ またすけ、1809年2月2日(文化5年12月18日) - 1865年1月16日(元治元年12月19日))は、江戸時代末期の武士。長州藩士。甲子殉難十一烈士の一人。亦介は通称で、卯七とも。名は憲之、公章。号は愛山、含賞斎。大組頭山田家の嫡男。村田清風の甥にあたる。甥に初代司法大臣、陸軍中将の山田顕義がいる。長沼流兵学を学び、弘化2年(1845年)には吉田松陰(寅次郎、当時15歳)に教授している。嘉永5年(1852年)、古賀侗庵の『海防憶測』を出版した罪で隠居となり、知行も削減される。安政5年(1858年)には隠居雇として海防や軍艦「庚申丸」製造に関わり、銃士隊の編成を進言する。しかし、長州藩内の主導権を握った俗論党によって、萩の野山獄にて57歳で処刑された。墓所は東光寺。

山田亦介は甲子殉難十一烈士の一人である、幕末の長州藩士です。彼は兵学を学び、古賀侗庵の『海防憶測』を出版したことで罪に問われました。古賀侗庵は昌平坂学問所の儒者で諸子百家に通じていましたが、特に国防の重要性を訴えており、『海防憶測』はロシアに対する備えの必要とその方法を漢文で記したものです。山田亦介もまた当時の多くの長州藩士と同じく、国を憂うゆえに処刑された人です。彼は吉田松陰に教授した人物であり、生きていれば元勲になれていたでしょうが、時代がそれを許しませんでした。辞世の歌は上手いものではありませんが、散り行く武士の身を素直に詠んだものとなっています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

今更になにあやしまむ空蝉の よきもあしきも名のかはる世は

いまさら何を怪しむだろうか蝉の抜け殻のように 良いも悪いも名が変わる世の中に

益田親施の辞世の句。益田親施(ますだ ちかのぶ、天保4年9月2日(1833年10月14日)- 元治元年11月11日(1864年12月9日))は、益田家第33代当主。幕末期の長州藩永代家老・須佐領主益田家14代。右衛門介(うえもんのすけ)の名で知られている。父は益田元宣。母は益田房清の娘孝子。子は益田精祥。養子は益田親祥。通称は幾三郎。越中。弾正。諱は兼施、親施。号は霜台。長州藩の永代家老の家柄である益田家の益田元宣の三男として生まれる。1849年、兄が死去したため、家督を継いだ。1853年、マシュー・ペリーが浦賀に来航すると、浦賀総奉行として着任する。1856年には長州藩の国家老となった。1858年、通商条約問題が起こると、益田は周布政之助らと共に朝廷の意思に従って攘夷を決行すべきと幕府に提言し、「朝廷に対しては忠節、幕府に対しては信義、祖先には孝道」という藩の三大原則を打ち出した。1863年には上洛して孝明天皇に謁見し、真木保臣らと共に過激な尊皇攘夷に走ろうとした。しかし同年の八月十八日の政変で長州をはじめとする尊皇攘夷派が京都から追放されると、益田は7人の公卿と共に長州に帰国した。だが、失った勢力を取り戻すため、禁門の変に出陣して長州軍の指揮を執る。しかし薩摩藩・会津藩連合軍の前に敗れ、益田は長州に帰国した。
そして責任を取る形で領地の阿武郡須佐に引き込んだが、同年に行なわれた第一次長州征伐で、幕府軍より益田に責任が問われて、益田は徳山藩に身柄を預けられた後、惣持院にて切腹を命じられたのである。法名は高正院大義全明。墓所は笠松山麓にある。

益田親施は幕末期の長州藩永代家老・須佐領主益田家14代です。益田はまだ長州藩と幕府の関係が悪くなかった頃に攘夷論を唱え、「朝廷に対しては忠節、幕府に対しては信義、祖先には孝道」という藩の三大原則を打ち出しました。その後過激な尊皇攘夷に走り、禁門の変に出陣しますが、長州藩は京都御所に発砲した事により朝敵となりました。禁門の変の責任者として、長州藩は国司信濃・益田親施・福原越後の三家老の身柄を徳山藩に預け、益田は惣持院に幽閉され切腹を命じられました。当時を鑑みるに、長州藩は攘夷派にせよ違うにせよ、大抵の人が自害するか殺害されるかしています。初期のキリスト教ように、新しい権威や秩序が確立するためには多くの殉教者の血が必要とされるようです。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

かねてより たてしこゝろの たゆむべき たとへこの身は くちはてぬとも

以前から立てた志を緩めむべきだ たとえこの身体が朽ち果てるとしても

松島剛蔵の辞世の句。松島剛蔵(まつしま ごうぞう、文政8年3月6日(1825年4月23日) - 元治元年12月19日(1865年1月16日))は、長州藩士。医師。幕末に尊王攘夷および倒幕運動派の志士として活動したが、長州藩の俗論派(幕府派)によって処刑された。甲子殉難十一烈士のうちの1人。長州藩の藩医である松島瑞蟠の長男として萩中ノ倉に生まれた。弟に吉田松陰の妹婿である小田村伊之助と小倉健作がいる。天保2年(1831年)、父・瑞蟠が狂を発し廃人となったため家督を継ぐ。録39石余り。江戸遊学し坪井信道に4年間従学。世子である毛利元徳の侍医となった。のち、長崎に赴き勝海舟らと共に長崎海軍伝習所でオランダ人に航海術を3年間学び、帰藩して洋学所・軍艦教授所を創立。軍艦教授所の門下生には高杉晋作らがいた。桂小五郎(木戸孝允)、吉田松陰とは友人であり、特に松下村塾の門下生らと提携して様々な活動を行った。安政4年(1857年)、長州藩初の西洋式軍艦製造にともない、初代長州藩海軍総督となり、丙辰丸艦長に就任。桂小五郎と共に海軍の充実と丙辰丸の江戸航海について、藩庁に請願書を提出。万延元年(1860年)、藩はこれを許可し、高杉晋作・久坂玄瑞ら士分6人と舸子14人が丙辰丸に乗り込み、外洋を航海し同年6月、江戸に入る。同年7月、桂小五郎に水戸藩の西丸帯刀・野村彝之介・住谷寅之介らを紹介し、水戸藩と長州藩が連帯して行動する事を約した「丙辰丸の盟約」(成破の約)を丙辰丸艦内で結ぶ。文久2年(1862年)、高杉晋作、久坂玄瑞らと共に御楯組を結成。12月12日、江戸品川の御殿山に建設中だったイギリス公使館を襲撃。(英国公使館焼き討ち事件)文久3年(1863年)5月、下関戦争に参加。直接、自身が指揮する庚申丸でアメリカ商船を攻撃。これを皮切りに、23日にはフランス艦を、26日にはオランダ艦に砲撃を浴びせた。ただ驚愕するばかりの両艦はなんとか逃走した。「攘夷が成功した!」と、長州藩は勝利に沸きたつ。同年6月、米国軍艦(ワイオミング号)の猛烈な反撃にあい、他の長州艦船(癸亥丸、壬戌丸)と共に庚申丸は沈没した。大砲、砲台も破壊されて大損害をこうむり、5日にはフランス軍艦(フリゲート艦セミラミスと通報艦タンクレード)が下関を砲撃。250人の武装兵が上陸し、砲台を破壊、付近の村を焼き払った。松島はこの戦闘の際に負傷している。元治元年(1864年)、禁門の変が起きるが、久坂玄瑞らが戦死。幕府による第一次長州征伐で俗論派が藩政権を握ったため萩野山獄に投ぜられる。同年12月16日、「高杉晋作が功山寺で挙兵」との報が萩に伝わるや12月19日に処刑された。享年40。明治時代になって正四位の位が贈られた。誕生の地には今も石碑が立ち、墓は山口県萩市の東光寺にある。

松島剛蔵は幕末の長州藩の医者です。彼は医学だけでなく航海術も学び、洋学所・軍艦教授所を創立しました。彼は木戸孝允や吉田松陰と交友があり、水戸藩と長州藩が連帯して行動する事を約した「丙辰丸の盟約」の立役者の一人となりました。水戸藩は徳川親藩でしたが水戸学という、後の皇国思想に大きな影響を与える学問の中心であり、長州藩とは近い位置にいました。この盟約はあくまで幕政改革を行うことが目的で、幕藩体制そのものを破壊する討幕運動を趣旨とするものではありませんでしたが、長州藩は長州征討を経て討幕運動へと傾斜することになり、盟約は結ばれたものの実際に両藩の中枢まで含めた行動指針には至りませんでした。松島剛蔵は下関戦争に参加し、自身が指揮する庚申丸でアメリカ商船を攻撃するという恐るべき暴挙に出ました。当然アメリカの軍艦による報復を受け、長州藩の軍艦の庚申丸と壬戌丸は撃沈され、癸亥丸は大破されました。その後四国連合艦隊の攻撃を受け、長州藩の惨敗で終わりました。下関海峡の外国船の通航の自由、石炭・食物・水など外国船の必要品の売り渡し、悪天候時の船員の下関上陸の許可、下関砲台の撤去、賠償金300万ドルの支払いの5条件を受け入れて講和が成立しましたが、長州藩は幕命に従ったのみと主張したため、米英仏蘭に対する損害賠償責任は徳川幕府のみが負うこととなりました。さて、他人の辞世の句にケチをつける気はないのですが、「たゆむべき」というのは変わった表現です。「弛む」という言葉は「緩む」という意味で、普通打ち消しの語を伴って使われます。「弛まぬ努力」という表現はよく耳にしますが、「弛むべき」では「怠けるべき」というような意味になるので、上記の歌の歌意にそぐわないように思いますがどうでしょうか?

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0