08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

人とはばつげよ日かげの草葉にも 露のめぐみはある世なりきと

人が聞いたら告げてくれ日陰の草はにも 露の恵がある世の中だったと

関鉄之介の辞世の句。関鉄之介(せき てつのすけ、文政7年10月17日(1824年12月7日) - 文久2年5月11日(1862年6月8日))は、幕末の勤王志士で、水戸藩士。桜田門外の変における実行部隊の指揮者で、桜田十八士の一人。三好貫太郎という変名を持つほか、遠・士任・錦堆・桜園・楓巷・丹楓などの別称を持つ。家紋は揚羽蝶。水戸藩士・関新兵衛昌克の子として、水戸上町馬喰町片町(現在の茨城県水戸市栄町2丁目付近)に生まれた。弘道館で学び、水戸学の影響を受けて尊王攘夷運動に乗り出した。安政2年(1855年)、北郡奉行所与力となり、翌安政3年(1856年)2月、郡奉行・高橋多一郎に認められて北郡務方に抜擢され、大子郷校の建設と農兵の組織を行いながら、水戸藩改革派の拡大を進めた。安政5年(1858年)10月、高橋の指示により大老・井伊直弼に対する諸藩の決起を促すため、鉄之介は矢野長九郎らと共に越前藩・鳥取藩・長州藩へ遊説に赴く。しかし、安政の大獄による尊王攘夷派志士に対する弾圧が行われはじめていたため、十分な成果を挙げられずに江戸へ戻った。安政の大獄が更に進行すると、高橋多一郎・金子孫二郎らを中心とした直弼の暗殺計画に参加する。安政7年3月3日(1860年3月24日)、桜田門外の変で実行隊長として襲撃を指揮し、直弼を暗殺した。その後、薩摩藩などを頼って近畿・四国方面の各地を逃げ回ったが、受け入れられず水戸藩領へ向かい、文久元年7月9日(1861年8月14日)に袋田(現在の久慈郡大子町)に入って、桜岡家にかくまわれた。しかしそれでも危険が迫り、水戸藩領内を転々と潜伏した後、越後へと逃れたが、湯沢温泉(現在の岩船郡関川村)で捕らえられた。水戸で投獄された後、江戸送りとなって、文久2年5月11日(1862年6月8日)に日本橋小伝馬町の牢において斬首された。享年39(満37歳没)。維新後贈従四位。墓所は常磐共有墓地(茨城県水戸市)と、小塚原回向院(東京都荒川区)。

関鉄之介は桜田門外で、井伊直弼を暗殺した実行部隊の指揮者です。関は暗殺計画を立てたかどで蟄居させられていたところを、暗殺実行のために脱藩し、白昼蟄居屋敷を脱走しています。ここまでくると執念でしょうか。さらに暗殺が成功した後も、約2年間各地を転々と逃げながら遊説して回るというしぶとさも見せています。さて、辞世の歌についてですが、これはなかなかの出来であると言えるでしょう。ただ、この歌は『殉難續草』という本に収められているのですが、どちらかと言うと殉難したのは暗殺者の側ではなく、井伊直弼の方だと思います。何事も勝てば官軍と言えるでしょう。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

うき雲のかかるもよしやもののふの 大和心のかずにいりなば

憂き雲がかかるのもよいではないか武士の 大和魂の数に入るのならば

野村望東尼の辞世の句。野村 望東尼(のむら もとに、ぼうとうにとも、文化3年9月6日(1806年10月17日) - 慶応3年11月6日(1867年12月1日))は、幕末の女流歌人・勤王家。福岡藩士・浦野重右衛門勝幸の娘。贈正五位。文政12年(1829年)、福岡藩士・野村新三郎清貫と結婚。安政6年(1859年)、夫が亡くなり、剃髪して受戒。その後、福岡の南側の山村(現・福岡市中央区平尾)にあった自分の山荘に勤皇の士を度々かくまったり、密会の場所を提供したりする。彼女に便宜を図って貰った中には、勤王僧・月照、長州藩士・高杉晋作、熊本藩士・入江八千兵衛、対馬藩士・平田大江、福岡藩士・平野国臣、中村円太、月形洗蔵、早川養敬などがいる。慶応元年(1865年)6月、福岡藩で、尊攘派弾圧の動きが強くなり、孫の野村助作と共に自宅に幽閉され、10月に姫島(現・福岡県糸島市志摩姫島)へ流された。翌2年(1866年)9月、晋作の指揮により福岡脱藩志士・藤四郎、多田荘蔵らが姫島から脱出の手引きをし、下関の勤皇の豪商・白石正一郎宅に匿われ、後に三田尻(現・山口県防府市の古称)で死去した。密会場所として提供していた山荘は現在も保存されており、山荘の敷地は平尾山荘公園として整備されている。同公園内には彼女の銅像が設置されている。なお、福岡市中央区赤坂3丁目には生誕地の碑が立っている。

野村望東尼は女性では珍しい、幕末の勤王家です。福岡藩で尊攘派弾圧が行われ、140名余りが処罰を受ける中、彼女も姫島に流されました。高杉晋作の手引きにより島から脱出した後、彼女は高杉の臨終を看取ったという話があります。高杉が「面白きこともなき世を面白く」という辞世の句を詠むと、野村望東尼が「すみなすものは心なりけり」という下の句を詠み、それを聞いた高杉は「おもしろいのう」と言ってそのまま息絶えたとされています。さて、上記の辞世の句についてですが、「うき雲」はもちろん「浮き雲」なのですが、ここでは歌意を考慮して「憂き雲」としておきました。「憂き雲」などという言葉は一般的には使われませんが、彼女は和歌を大隈言道に学んだ歌人ですので、ここでは一種の掛詞として「うき雲」という表現を使ったのでしょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

老いの身の終るいのちをしからで 世にいさをしのなきぞかなし記

年老いた身が終わる命は惜しくない 勇ましい功績がないのが悲しい

梁川星巌の辞世の句。梁川星巌(やながわ せいがん、寛政元年6月18日(1789年7月10日) - 安政5年9月2日(1858年10月8日))は、江戸時代後期の漢詩人である。名は「卯」、字は「伯兎」。後に、名を「孟緯」、字を「公図」と改めた。通称は新十郎。星巌は号。美濃国安八郡曽根村(現在の岐阜県大垣市曽根町)の郷士の子に生まれる。文化5年(1808年)に山本北山の弟子となり、同3年(1820年)に女流漢詩人・紅蘭と結婚。紅蘭とともに全国を周遊し、江戸に戻ると玉池吟社を結成した。梅田雲浜・頼三樹三郎・吉田松陰・橋本左内らと交流があったため、安政の大獄の捕縛対象者となったが、その直前(大量逮捕開始の3日前といわれる)にコレラにより死亡。星巖の死に様は、詩人であることに因んで、「死に(詩に)上手」と評された。妻・紅蘭は捕らえられて尋問を受けるが、翌安政6年(1859年)に釈放された。出身地・岐阜県大垣市曽根には梁川星巌記念館があり、近くの曽根城公園に妻・紅蘭との銅像がある。かつて学問の街といわれた大垣であるが、現在の大垣の代表的文人とされている。なお、大垣市立星和中学校の校名は、彼の名前に由来するものである。

梁川星巌は江戸時代後期の漢詩人ですが、一般的な知名度は低いと思われます。江戸時代には漢詩文が非常に隆盛したのですが、現在ではその文化的・学術的な評価は低く見られているようです。上記の思想家だけではなく、文人墨客として、備後の管茶山・広島の頼杏坪・豊後の廣瀬淡窓・美濃の村瀬藤城、江馬細香らと交友があり、勤王の志士たちからは「文の頼山陽、詩の梁川星巖」とも呼ばれるほどの尊敬を受けていました。しかし、明治以後の西洋化とその反動の日本主義の影響から、日本の漢詩文は次第に忘れられるようになりました。星巌の奥さんの紅蘭もすごい人で、結婚後すぐに星巌は、「留守中に裁縫をすること、三体詩を暗誦すること」を命じて旅に出てしまうのですが、三年後に帰ってきた星巌を迎えた紅蘭は、命ぜられた三体詩の暗誦をやってのけたばかりでなく、一首の詩を詠んだそうです。これ以降、星巌は当時としては珍しく、妻を同伴して旅をするようになったそうです。また星巌の死後、安政の大獄によって紅蘭は投獄されましたが、持ち前の気丈さを発揮して一切口を割りませんでした。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

国の為め積る思ひも天津日に 融て嬉しき今朝の淡雪

斎藤監物の辞世の句。斎藤監物(文政5(1822)~ 万延1.3.8 (1860.3.29))は、桜田門外の変で死亡した水戸藩尊攘派。諱は一徳、号は文里、変名は佐々木馬之助。父は斎藤文静。代々常陸国那珂郡静村(茨城県瓜連町)静神社の神職、静長官を襲う。藤田東湖に学ぶ。藩主徳川斉昭が設置した弘道館内の鹿島神社の神官となる。弘化1(1844)年、斉昭の隠居謹慎時、領内の神職を糾合して処罰解除運動に参加、隠居居村慎。嘉永2(1849)年11月処分解除。安政5(1858)年、戊午の密勅の遵奉と安政の大獄の阻止を求めて活動、6年5月神職61人を率いて出府、連署建議した。他方、他藩との連携、テロを企図し桜田門外の変に参加、負傷し死亡。

斎藤監物は日本神道史上、まれにみる過激派の神官です。普通神職についている人物は、テロのような物騒なことを起こさないものですが、斎藤監物は桜田門外の変に水戸藩を脱藩して参加しました。彼は重傷を負い、老中・脇坂邸に自首し、斬奸状を幕府に提出しましたが、傷が深く5日後に死亡しました。上記の辞世の句は、思いを遂げたことの嬉しさを、雪が溶けたことに例えて詠んだもので、この歌は『殉難前草』という幕末の尊皇派の辞世などが収められている本に掲載されています。安政の大獄で幕府が水戸藩に圧力をかけたことの恨みとは言え、国政のトップにいる大老を問答無用で暗殺するのは、いくらなんでもやりすぎでしょう。

『殉難前草』本文
http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/993565

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

きのふみし 夢は今更引かへて 神戸が宇良に 名をやあげなむ

滝善三郎の辞世の句。滝善三郎(たき ぜんざぶろう、天保8年(1837年) - 慶応4年2月9日(1868年3月2日))は幕末の備前岡山藩士、名は正信(まさのぶ)。 慶応4年2月9日(1868年3月2日)、1ヶ月前に起きた神戸事件の責を一身に背負い、永福寺(現・神戸市)において外国人検視7名を含む列席が見守る中、弟子の介錯によって切腹した。享年32。天保8年8月21日、日置氏の家臣、滝助六郎正臣の次男として津高郡金川村に生まれる。父親は萩野流の砲術に長けた重臣だったが、善三郎が幼いときに亡くなった。村の神官から漢籍と国風を学ぶ一方、一刀流や砲術を修め、とくに槍術が得意だった。幼いころより物おじしない性格で、危険を伴う大砲の導火の役を買って出るなど武運に優れていた。16歳で兄とともに京都に上り、文武の修業をしていたが、母親の病気のために十年ほどで帰郷、尾瀬氏より妻を迎え、一男一女をもうける。明治元年、日置氏が朝廷より摂津西宮の警護を命じられたため、兄の率いる部隊の大砲方として随行したその途上、神戸事件に出くわす。滝善三郎については、神戸事件以外の記録が見当たらない。しかし、彼の切腹は神戸事件を収拾させたのみならず、世界的にセンセーションを巻き起こすこととなる。検視に立ち会った当時のイギリス外交官・ミットフォードが滝の切腹の模様を本国に伝え、それをイギリスの新聞『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』が銅版画付きで報じたためである。当時は「切腹」と言っても短刀を腹に当てた時点で介錯が首を落とすとか、さらには短刀に代わりに扇子を使う「扇腹」(おうぎばら)などが一般的だったのだが(幕末期は本来の作法通りも少なくはなかった)、ミットフォードによると滝善三郎の切腹は古来よりの作法に則った形であった様である。ミットフォードは日本の作法についてもよく調べており、滝の切腹の模様を生々しい筆致で書き残している。善三郎の切腹により、息子の成太郎(しげたろう)は備前公の直参に引き立てられ、500石を賜った。善三郎の跡目は、娘が婿を取って継ぎ、こちらも100石を賜った。

神戸事件を知っている人は、日本史を選択している受験生くらいかもしれません。神戸事件は慶応4年1月11日(1868年2月4日)、神戸(現・神戸市)三宮神社前において備前藩(現・岡山県)兵が隊列を横切ったフランス人水兵らを負傷させたうえ、居留地(現・旧居留地)予定地を検分中の欧米諸国公使らに水平射撃を加えた事件です。この事件は明治政府初の外交問題となり、一時、外国軍が神戸中心部を占拠するに至るなどの動きにまで発展しました。諸外国は日本在留外国人の身柄の安全保証と当該事件の日本側責任者の厳重処罰、すなわち事件の責任者である滝の処刑を要求し、永福寺において列強外交官列席のもとで滝を切腹させることで、事件は一応の解決を見ました。この事件を解決したことにより、明治政府が対外政策に当たる正当な政府であるということを諸外国に示し、朝廷がこのときまで唱えていた「攘夷」(外国を討ち払う)政策を「開国和親」へと一気に方針転換させた事件でもありました。場合によっては神戸が香港や上海の様に理不尽な占領下に置かれる事態も起こり得ただけに、滝善三郎の犠牲によって危機回避がなされたことは、日本史の流れにおいても重大な出来事でした。新渡戸稲造は『武士道』の中でミットフォードの著作「旧日本の物語」から滝の切腹に関する記述を引用して、切腹についての説明をしています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。