FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

世にしばし赤き心はみすてども 散るにはもろき風のもみぢ葉

世の中にしばらく忠誠心を見捨てたとしても 散るには脆い風の前の紅葉だ

武川信臣の辞世の句。武川信臣(1845~1868)は会津藩士。家老・内藤近之助信順(2200石)の三男。二人の兄(内藤介右衛門・梶原平馬)は、ともに後の家老。信臣は温厚な性格で文武に長じ、特に和歌の道に秀でる。1868年(慶応4年)鳥羽・伏見の戦いに敗れ江戸に退く。軍勢立て直しのため彰義隊に入り信意隊長として約80名の隊士を率いて奮戦するも、利あらずに敗れて江戸市中に潜伏する。この間、見廻り組頭取・佐々木只三郎の実弟である佐々木源四郎の家で同志との打合せを重ね、再起を謀っていた。しかし、小者として使っていた宗兵衛なる者がこの会合の件を新政府軍側に密告したため、佐々木源四郎宅に踏込んできた鳥取藩兵によって捕縛される。玄関でこの乱入を止めようとした源四郎は射殺された。大名小路の獄へ入れられたが、広沢富次郎(安任)の牢室と隣り合わせとなり、やはり同獄となった覚王院義観や成川尚義、山内昇らとともに、夜になると歌会など開いていたという。彰義隊の残党ということもあってか信臣に対する獄吏の拷問は極めて苛烈で、三角木の上で正座させ、その膝の上に大石を積んでいくという「石抱きの責め」が連日行われたため、皮膚が破れて肉が裂け、骨も砕けて、周囲は血だらけになった。しかし信臣は顔色ひとつ変えず、その責めに耐えた。当時詠んだ歌として「君と親の重きめぐみに比ぶれば 千引きの石の責めはものかは」が伝わっている。明治元年10月9日、斬首。大赦令が出る、わずか3日前であった。遺体は、会津藩の御用商人であった中島屋忠次郎が小塚原回向院に葬り石碑を建てたというが、現在は何も残っていない。墓は福島県会津若松市門田町面川泰雲寺にもある。

武川信臣は幕末の会津藩士です。武川の実家である内藤家は、武田信玄麾下の内藤昌豊の流れをくむ藩内の名門で、兄の内藤介右衛門と梶原平馬は会津藩の家老にまでなりました。彼が所属した彰義隊は、徳川慶喜の警護などを目的として渋沢成一郎や天野八郎らによって結成された部隊で、幕府より江戸市中取締の任を受け江戸の治安維持を行いました。隊名は阿部杖策の発案で「大義を彰(あきら)かにする」という意味です。上野戦争とは戊辰戦争の戦闘の1つで、慶応4年5月15日(1868年7月4日)に、江戸上野(東京都台東区)において彰義隊ら旧幕府軍と薩摩藩、長州藩を中心とする新政府軍の間で戦闘が行われました。この戦いにより彰義隊はほぼ全滅し、彰義隊の残党が根岸方面に敗走しました。逃走した彰義隊残党の一部は、北陸や常磐、会津方面へと逃れて新政府軍に抗戦し、転戦を重ねて箱館戦争に参加した者もいます。彰義隊の生き残りは厳しく詮議され、武川も捕縛の後に厳しい拷問を受け斬首されました。新政府がとった彰義隊への処遇は徳川方の諸隊のなかで最も悪く、明治2年になるまで獄中の彰義隊士は自由の身にはなれませんでした。また戦闘後、上野には二百名を超える彰義隊士の遺骸が残り、徳川家の菩提寺であった芝増上寺や縁故者等が引き取りを申し出ましたが、政府はこれを許しませんでした。 しかし明治7年になると、元彰義隊士小川興郷などの願が許可され、上野に彰義隊の墓を建立し、以降毎年、上野では大規模な法会が営まれています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

雲水の行方はいづこむさし野を ただ吹く風にまかせたらなん

流れる雲はどこへいくのだろう武蔵野を ただ吹く風にまかせたい

但木土佐の辞世の句。但木土佐(ただき とさ)は、幕末の仙台藩の奉行。本名は但木成行(ただきなりゆき)。なお「土佐」は通称であり、諱が「成行」である。但木土佐は幕末における当主で、戊辰の危機に当たり奉行に挙げられて国政を執行し、軍事を総官した。土佐は前奉行芝多民部の放漫財政の後始末をする為、倹約令を出し文久2年(1862年)10月には10万石の分限で表高62万石の仙台藩を運営することを宣言し、緊縮財政を断行。殖産興業政策により藩財政の立て直しを図る。土佐は、佐幕開国の保守主義を主張し、尊攘派と対立した。藩財政が破産同様となっていて、尊攘派が主張するような藩主自らが上洛して中央で活動できる状態でないことを土佐は知っていた。そして幕府の政権奉還の時には病の主君・伊達慶邦に代わり会議に与った。朝廷から仙台藩に会津討伐の挙兵を命ぜられた時、土佐は会津に謝罪させようとしたが果たせず、奥州鎮撫総督が東下して会津討伐を促したので、やむなく仙台藩は兵を動かした。やがて会津は降伏となり、藩主は総督・九条道孝の前に出て会津のために弁訴したが、参議・世良修蔵らはこれを許さぬばかりか、のちに奥羽一円を掃蕩する陰謀が世良の密書により発覚する。仙台藩強硬派はこれに激怒し、世良を捕縛して処刑し、同日、白河城を攻略。また、九条総督と醍醐参謀を捕らえて仙台城下に軟禁した。奥羽越列藩同盟を起こし、薩長軍に対して白河、相馬、越後諸道で徹底抗戦したが、秋田藩が同盟から離反した事が致命的となり、まもなく三春、相馬、米沢諸藩も薩長軍に降り、仙台藩も撤兵した。藩主は遠藤允信らの議を受け入れて降伏。藩論一変することで叛乱の責任者をなった土佐は縛につき、東京に拘禁される。明治2年(1869年)5月19日、叛逆首謀の罪で、土佐は坂英力と共に麻布仙台屋敷において斬刑に処された。享年53。

但木土佐は幕末の仙台藩の奉行です。彼は佐幕開国の保守主義を主張するという立場を主張したため、尊皇攘夷派と対立しました。但木は会津藩征伐で降伏した会津を弁護しようとしましたが、世良修蔵のあくまで武力討伐せよという強硬姿勢により失敗しました。仙台藩士らは世良を穏便な会津処置の障害と見なすようになり、仙台藩士・瀬上主膳、姉歯武之進、福島藩士・鈴木六太郎、目明かし・浅草屋宇一郎ら十余名により、世良は暗殺されました。世良の死により新政府軍と奥羽越列藩同盟軍との戦争が始まりました。会津戦争が終わると但木は逮捕され、反乱の責任者として処刑されました。1869年の戊辰戦争の終結から8年後の1877年に西南戦争が起こると、多くの会津人が薩摩への復讐のために政府軍に志願しました。会津藩家老であった山川浩陸軍中佐は、西南戦争に出征する際、「薩摩人 みよや東の丈夫が 提げ佩く太刀の利きか鈍きか」という歌を詠んでいます。特に「日本警察の父」こと川路利良の率いる警視隊から選抜された抜刀隊には、賊軍とされた旧会津藩士など旧幕府出身者が数多く志願し、激戦となった田原坂の戦いを征しました。また会津藩出身の軍人・柴五郎は、西郷や大久保利通など薩摩藩出身政治家の非業の死に対して「当然の帰結であり断じて喜べり」と記しています。これもまた因果応報でしょう。さて、歌についてですが、これはなかなか良い歌です。雲水とは「行雲流水」のことで、物事に執着せずに淡々と自然の成り行きに任せるという意味で、彼のそうなりたいと願う心情を素直に表しているのでしょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0