FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

咲く梅の花ははかなく散るとても 香りは君が袖にうつらん

咲いている梅の花は儚く散ったとしても 香りは君の袖に移るだろう

武田耕雲斎の辞世の句。武田耕雲斎(たけだ こううんさい、享和3年(1803年)- 元治2年2月4日(1865年3月1日))は、幕末の人。水戸藩の天狗党の首領。名は正生。通称は彦九郎。号は如雲。位階は贈正四位。官位は伊賀守。松原神社 (敦賀市)の祭神。靖国神社合祀。武田耕雲斎の家系は清和源氏のひとつ、河内源氏の傍系で甲斐守護・武田氏の下で守護代を世襲した跡部氏である。跡部氏はもともと武田氏と同じ甲斐源氏であるが、祖は武田氏とは別流の小笠原氏であった。しかし、姻戚関係によるつながりのためか、耕雲斎は武田信玄の末裔を称して武田姓に改めた。祖先の跡部勝資が『甲陽軍鑑』において「奸臣」とされていた為、この家名を嫌ったことから藩主斉昭の許しを得て武田姓への「復姓」(改姓)をしたという。水戸藩士・跡部正続の子として生まれ、跡部正房(跡部家の宗家・300石)の養嗣子となった。文化14年(1817年)、家督を継ぐと同時に武田氏に改姓。戸田忠太夫、藤田東湖と並び水戸の三田と称される。徳川斉昭の藩主擁立に尽力した功績などから、天保11年(1840年)には参政に任じられ、水戸藩の藩政に参与した。しかし弘化元年(1844年)、斉昭が幕府から隠居謹慎処分を命じられると、これに猛反対したため、耕雲斎も連座で謹慎となった。嘉永2年(1849年)、斉昭の復帰に伴って再び藩政に参与し、安政3年(1856年)には執政に任じられた。そして、斉昭の尊皇攘夷運動を支持し、斉昭の藩政を支えた。しかし万延元年(1860年)、斉昭が病死すると水戸藩内は混乱を極め、耕雲斎も藩政から遠ざけられた。耕雲斎は斉昭死後の混乱を収拾しようと各派閥の調整に当たったが、混乱は収まらなかったばかりか、慶応元年(1864年)には藤田小四郎(藤田東湖の四男)が天狗党を率いて挙兵してしまう。耕雲斎は小四郎に早まった行動であると諌めたが、小四郎は斉昭時代の功臣である耕雲斎に天狗党の首領になってくれるように要請する。耕雲斎は初め拒絶していたが、小四郎の熱望に負けて止む無く首領となった。天狗党は、斉昭の子で当時は京都にいた徳川慶喜を新たな水戸藩主に据えることを目的としていた。そして、800名の将兵を率いて中山道を進軍したが、敦賀(越前国新保)で幕府軍の追討を受けて降伏した。降伏すると、簡単な取調べを受けた後、小四郎と共に斬首された。享年63。その後、妻・2人の子・3人の孫も斬り殺された。耕雲斎は斉昭の影響を強く受けた尊皇攘夷派であったが、過激な攘夷には消極的だった。天狗党の首領とされた時、彼は既に死を覚悟していたらしい。墓所は水戸市所在の妙雲寺。

武田耕雲斎は幕末の水戸藩の天狗党の首領です。天狗党は水戸藩内外の尊皇攘夷派により結成され、元治元年(1864年)に筑波山で挙兵しました。幕閣内の対立などから横浜鎖港が一向に実行されない事態に憤った藤田小四郎(藤田東湖の四男)は、幕府に即時鎖港を要求するため、、筑波山に集結した62人の同志たちと共に挙兵しました。藤田は23歳と若輩であったため、水戸町奉行田丸稲之衛門を説いて主将としましたが、後に武田が主将となりました。天狗党は最終的に1865年1月14日、払暁とともに動き出した鯖江・府中の兵が後方から殺到すると、ついに天狗党員828名は加賀藩に投降して武装解除し、一連の争乱は鎮圧されました。この時捕らえれた天狗党員828名のうち、352名が処刑されました。1865年3月1日(元治2年2月4日)、武田耕雲斎ら幹部24名が来迎寺境内において斬首されたのを最初に、12日に135名、13日に102名、16日に75名、20日に16名と、3月20日(旧暦2月23日)までに斬首を終え、他は遠島・追放などの処分を科されました。首謀者たちの首級は塩漬けにされた後、水戸へ送られ、3月25日(新暦4月20日)より3日間、水戸城下を引き回されました。更に那珂湊にて晒され、野捨とされるという厳しい処置が取られました。彼は上記の自性の歌の他にも「かたしきて寝ぬる鎧の袖の上におもひぞつもる越のしら雪」と「雨あられ矢玉のなかはいとはねど進みかねたる駒が嶺の雪」という歌を残しています。耕雲斎は徳川斉昭の影響を強く受けた尊皇攘夷派であしたが、過激な攘夷には消極的であり、天狗党の首領とされた時には、彼は既に死を覚悟していたそうです。尊王攘夷思想の発祥の地は水戸であり、水戸学を背景に尊王攘夷運動を当初こそ主導した水戸藩でしたが、藩内抗争により人材をことごとく失ったため、藩出身者が創立当初の新政府で重要な地位を占めることは無くなりました。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

なき数に よしや入るとも 天翔り 御代をまもらむ すめ國のため

死者の数に入ったとしても天空を翔けて 天皇の治世を守ろう日本のために

松平春嶽の辞世の句。松平春嶽(まつだいら しゅんがく)は、幕末から明治時代初期にかけての大名、政治家。第16代越前福井藩主。春嶽は号で、諱は慶永(よしなが)である。他に礫川、鴎渚などの号を用いたが、生涯通して春嶽の号を最も愛用した。田安徳川家第3代当主・徳川斉匡の八男。松平斉善の養子。将軍徳川家慶の従弟。英邁な藩主で、幕末四賢侯の一人と謳われている。江戸城内の田安屋敷に生まれる。幼名は錦之丞。錦之丞は伊予松山藩主・松平勝善の養子となることが以前より内定しており、天保8年(1837年)11月25日には正式決定した。天保9年(1838年)7月27日に福井藩主・松平斉善が若年で突然死去した。跡継ぎがいないことから、福井藩先々代藩主・松平斉承の正室・松栄院(浅姫・徳川家慶異母妹)や12代将軍で斉善の兄の徳川家慶の計らいにより、9月4日付で急遽松平錦之丞が養子とされた。この手続きの整合性と正当性のため、越前国許からの斉善死去報告の使者は9月2日には江戸に到着していたが、「(国許での)斉善死去は8月28日。(だがそれとは知らないまま)江戸での養子縁組承認は9月4日。国許よりの使者到着は9月6日(に急使が到着した、とするなら、死亡日付は逆算して8月28日頃が都合がよいという設定)。」とされた。10月20日に正式に越前松平家の家督を継承。わずか11歳で福井藩主となる。12月11日に元服し、将軍・徳川家慶の偏諱を賜り、慶永と名乗る。翌天保10年(1839年)1月10日に位記・口宣の通知があり、1月11日、日野前大納言邸において正四位下少将の官位官職が与えられた。同じく天保10年(1839年)2月より、全藩士の俸禄三年間半減と、藩主自身の出費五年削減を打ち出し、財政基盤を盤石にすることに努めた。天保11年(1840年)1月、藩政の旧守派の中心人物であった家老・松平主馬が罷免され、以降の藩政は中根雪江らの改革派が主導権を握った。中根雪江や由利公正、橋本左内らの補佐を受け、翻訳機関洋学所の設置や軍制改革などの藩政改革を行う。嘉永6年(1853年)、アメリカのマシュー・ペリー率いる艦隊が来航して通商を求めた際には、水戸徳川家の徳川斉昭や薩摩藩主の島津斉彬と共に海防強化や攘夷を主張するが、老中の阿部正弘らと交流して開国派に転じる。13代将軍・徳川家定の継嗣問題では、橋本左内を京都に派遣して運動させ、一橋徳川家当主の徳川慶喜を後押しする。幕閣では紀州徳川家の徳川慶福(のちの家茂)を推す南紀派で彦根藩主の井伊直弼が大老となり、将軍世子は慶福に決定する。幕府が朝廷の勅許なしでアメリカとの日米修好通商条約を調印すると春嶽は徳川斉昭らとともに登城をして抗議したが、安政5年(1858年)7月5日、不時登城の罪を問われて強制的に隠居させられ、謹慎の処罰を受けた。井伊直弼が桜田門外の変で暗殺されると幕府の政策方針も転換し、春嶽は文久2年(1862年)4月に幕政への参加を許される。朝廷では島津斉彬の死後、その弟の島津久光が兵を率いて京都へ上洛し、政局に積極的に関わっていた。久光は勅使の大原重徳とともに江戸へ下り、慶喜を将軍後見職とし、春嶽を大老とすること要求した。文久2年7月9日(1862年8月4日)、春嶽は新設の政事総裁職に就任し、慶喜とともに京都守護職の設置、会津藩主・松平容保の守護職就任、将軍・徳川家茂の上洛など公武合体政策を推進する(文久の改革)。春嶽は熊本藩出身の横井小楠を政治顧問に迎え、藩政改革や幕政改革にあたって彼の意見を重視した。翌文久3年(1863年)には上洛するが、京都では長州藩など尊王攘夷派の勢力が強く、慶喜が尊王攘夷派と妥協しようとすると反対して3月2日(4月19日)に政事総裁職を辞任する。6月、先月中から横井小楠主導で進められてきた「挙藩上京計画」が発表される。福井城中に全藩士を集めて発表されたこの計画は、「天下に大義理を御立通し成され候御趣意」とし、春嶽および藩主・松平茂昭を筆頭に、藩重臣の全て・動員できる最大兵力を動員し、「身を捨て家を捨て国を捨る」「一藩君臣再び国に帰らざる覚悟」をもって、つまり越前を捨てて全軍で京都に出兵し(日本を)制圧。朝廷・幕府どちらにもつかず、政局内の過剰な対立を武断をもって鎮圧し、しかるのち速やかに両勢力を合議し、広く才能ある人材を登用し、早急かつ緩やかな改革を推し進めようとするものであり、薩摩藩と連携しつつ肥後藩・加賀藩などにも加勢を頼み、天皇もこれを了承していたとの話が伝わる。福井藩の天下掌握宣言ともいえるこの計画に、日本中、特に京洛中の諸氏諸藩は騒然となったが、藩内外の反対派の活動や他藩や朝廷・幕府との連携がほころび、決行直前の8月半ばに急遽中止となった。これより越前家関連の諸方は、朝廷を蔑ろにしたとして、主に勤皇の士のテロに悩まされることになる。会津藩と薩摩藩が協力した八月十八日の政変で長州藩が追放され、禁門の変で長州藩が朝敵となると参預に任命され、諸勢力に促される形で11月に再度上洛している。参預会議の体制は、参預諸侯間の意見の不一致からなかなか上手く機能せず、この状況を危惧した朝廷側の中川宮は、問題の不一致を斡旋しようと文久4年2月16日(1864年3月23日)、参預諸侯を自邸に招き、酒席を設けた。この席上、泥酔した徳川慶喜は中川宮に対し、島津久光・松平春嶽・伊達宗城を指さして「この3人は天下の大愚物・大奸物であり、後見職たる自分と一緒にしないでほしい」と発言した。この言葉に島津久光が完全に参預会議を見限る形となり、松平春嶽や薩摩藩家老の小松帯刀らが関係修復を模索するが、元治元年2月25日(4月1日)に山内容堂が京都を退去、3月9日(4月14日)に慶喜が参預を辞任し、結局体制崩壊となった。元治元年2月15日(1864年3月22日)には軍事総裁職に転じた容保に代わり京都守護職に就任する。しかし、4月7日には職を退いている。慶応3年(1867年)、島津久光が送った西郷隆盛に促された前土佐藩主・山内容堂、前宇和島藩主・伊達宗城が相次いで上京。当時京都に居た春嶽もまた、小松帯刀の説得を受け、この四者で四侯会議が開かれた。この合議制により、幕府の権威を縮小し、朝廷および雄藩連合による合議をもってこれに代えようと久光は画策していた。第1回の会合は5月4日(6月6日)に京都の越前藩邸で開かれ、以降2週間余の間に徹夜も含めて8度会談は開かれた。朝廷関係者、一橋慶喜らを交えた会議では、兵庫開港や長州藩の処分について話し合われた。早々に諦めた容堂と違い、春嶽は長州征伐には最後まで反対するが、慶喜の巧みな懐柔により慶喜らの意見が勝利した。この会議の失敗以降、薩摩藩は強硬な倒幕側へ傾き、土佐藩は反対に幕府擁護の姿勢に傾き、慶喜に対しギリギリのタイミングで大政奉還を建白し、春嶽もまたこれに賛同している。12月9日(1868年1月3日)の王政復古の宣言の前日、朝廷より議定に任命される。王政復古後の薩摩・長州の討幕運動には賛成しなかった。維新後の新政府では内国事務総督、民部官知事、民部卿、大蔵卿などを歴任。明治3年(1870年)に政務を退く。明治23年(1890年)に小石川の自邸で死去、享年63。死の翌年の明治24年(1891年)には佐佳枝廼社(越前東照宮)に春嶽の霊が合祀された。昭和18年(1943年)には春嶽を主祭神とする別格官幣社福井神社が創建された。

松平春嶽は幕末から明治時代初期にかけての活躍した、第16代越前福井藩主です。彼は非常に優秀な人物で、宇和島藩第8代藩主伊達宗城、土佐藩第14代藩主山内豊信(容堂)、薩摩藩第11代藩主島津斉彬と共に、幕末四賢侯の一人と謳われました。上記の辞世の句は後醍醐天皇のために戦った楠木正行の辞世、「かへらじと かねて思へば 梓弓 なき数にいる 名をぞとどむる」を意識して詠まれたのかもしれません。歌だけをみると大変な尊皇派のように思えますが、春嶽は徳川御三卿の一つ田安徳川家第3代当主であった徳川斉匡の実子であり、当然倒幕という考え方は持っていませんでした。彼の考えは公武合体であり、明治維新以後政府要職に就きましたが、倒幕を推進した志士たちを中心とする政治とは考え方が違ったため、明治の初めごろには公職を辞しました。ちなみに「明治」という元号を命名したのは春嶽です。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0