FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

武蔵野の露とはかなく消えぬとも 世にかたりつぐ人もこそあれ

武蔵野の露のように儚く消えたとしても 世に語り継ぐ人もいるだろう

安島帯刀の辞世の句。安島 信立(あじま のぶたつ、文化8年(1811年) - 安政6年8月27日(1859年9月23日))は、幕末に活躍した水戸藩の家老。安政の大獄で切腹を命じられた。維新後、靖国神社・護国神社・回天神社に合祀された。信立は諱で、通称ははじめ弥次郎(旧字体:彌次郞)、のち帯刀(旧字体:帶刀)。一般にはこの通称の安島 帯刀(あじま たてわき)の方が知られている。号に峨興、字は恩誠。位階は贈正四位。神名は安島帯刀信立之命、安島帯刀之命とも。本姓は藤原氏。家系は贈正二位鎮守府将軍・藤原秀郷を祖とする安島氏。父は戸田三右衛門忠之、母は安島七郎左衛門信可の女。養父は安島彦之允信順。幕末の西欧列強の日本接近の危機に備えるため、幕府内の海防掛に徳川斉昭や兄・戸田忠太夫、藤田東湖らとともに参与、また水戸藩において日本初の軍艦 旭日丸の建造に参与するなどして日本の海防に功績を残した。13代将軍・徳川家定死後の継嗣問題に一橋派として暗躍し、幕府守旧派の井伊直弼らに警戒される。黒船来航以降、外国からの脅威に危機感を抱いた朝廷が尊皇攘夷の実行を幕府に促すよう説得すべしという勅諚を水戸藩に下されるという前代未聞の事件が発生し、朝廷が幕府を介さず一大名家への直々に命令が下されたことで幕府の威信を傷つける事件となった。一連の事件を戊午の密勅という。帯刀はこの勅諚の降下に関与し、さらに幕府の最高責任者であった井伊直弼暗殺に関与の疑いがかかったことで幕府の評定所より出頭命令が下され、幕府に捕らわれる。その後、幕府は尊皇派への弾圧を断行した安政の大獄によって切腹を命ぜられる。歌や漢詩にも造詣が深く斉昭の腹心として名家老としての評価を得る。帯刀をはじめ大獄で亡くなった志士達の死はその後の幕末の歴史は大きな変革をもたらした。

安島帯刀は主君である斉昭の実子、慶喜を将軍とすべく奔走しましたが、こうしたことから、帯刀は水戸藩内に留まらず、幕府の守旧派からも憎まれる存在となりました。そして、朝廷が水戸藩に幕府への尊皇攘夷を促す様に命じたとする戊午の密勅に関与したと疑われ、幕府評定所より召還され軟禁されることとなりました。水戸藩主・徳川慶篤は御三家の家老が幕府に囚われるなど前代未聞ですぐに解放する様に要請したが適わず、幕府の尋問により、帯刀は無罪とされたものの、大老・井伊直弼より再審議を命じられ、さらに無罪とされると、井伊自ら帯刀に切腹を命ずることとなりました。『水戸藩史料』によると「信立の審を受くる挙止慎重言句もせず罪を一身に受け義によりて屈せず幕府有司も皆其の器識徳量に感称し其の死を惜しまざるはなし」と伝えられています。安島は安政6年(1859年)8月27日、駒込の三田藩邸において切腹しました。遺体は甥の水戸藩家老・戸田銀次郎宅に収容され、遺族に引き渡されました。墓所は茨城県水戸市酒門町の酒門共有墓地にあります。墓石には「帶刀安島府君墓」と刻まれています。その後、文久2年(1863年)11月28日、帯刀の罪は勅命を以って無効とされ、その名誉を回復しました。維新後の明治12年(1879年)、靖国神社に奉祀され、明治24年(1891年)、正四位が贈位されました。安島は上記の辞世の歌の他にも、「玉の緒の たゆともよしや 君々の かげの守りと ならんと思へば」「草に置く 露の情けも あるものを いかにはげしく 誘ふ嵐ぞ」「無き人の その言の葉も 繰りかへし 見る我さへも 袖ぬらすかな」という歌も残しています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0