FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

世にもありて 数ならぬ身も 国のため つくすこころは 人に変わらじ

世の中にいて数に入らないような自分も国の為に尽くす心は人と変わらない

鵜飼幸吉の最期の述懐。鵜飼幸吉(うがい こうきち、文政11年(1828年) - 安政6年8月27日(1859年9月23日))は、幕末期の水戸藩士。父は鵜飼吉左衛門知信、母は佐々木氏。名は最初は知好、後に知明と改名。別称・菊次郎。幼い頃、砲術師範の福地政次郎より神発流砲術を学び、優秀な成績を収めていたという。安政3年(1856年)京都留守居役手添に抜擢され上洛、翌年には京都留守居役助役となった。父とともに志士たちと交わり、また公卿たちに積極的に攘夷を説くなど精力的に活動した。安政5年(1858年)戊午の密勅が幕府と水戸藩に出されると、小瀬伝左衛門と変名して、父に代わって江戸の藩邸に密勅を届けた。しかしそれが引き金となって勃発した安政の大獄が始まると、上洛した老中間部詮勝に父とともに捕縛され、江戸の高田藩邸に拘禁される。翌年、死罪の上梟首となった。また父も同時に死罪となった。

鵜飼幸吉は安政の大獄によって処刑された人ですが、彼が江戸の藩邸に届けた密勅が安政の大獄が起こったきっかけでした。この戊午の密勅とは、1858年9月14日(安政5年8月8日)に孝明天皇が水戸藩に勅書(勅諚)を下賜した事件です。将軍の臣下であるはずの水戸藩へ朝廷から直接勅書が渡されたということは、幕府がないがしろろにされ威信を失墜させられたということであったため、幕府は勅条の内容を秘匿し、大老井伊直弼による安政の大獄を起こす引き金となりました。密勅の内容は、幕府が勅許なく日米修好通商条約(安政五カ国条約)に調印したことへの呵責と、詳細な説明の要求と、御三家および諸藩は幕府に協力して公武合体の実を成し、幕府は攘夷推進の幕政改革を遂行せよとの命令でした。鵜飼吉左衛門から安島帯刀宛への書簡には、井伊暗殺の秘事(薩摩藩から兵200から300人が上京し、彦根城を落城させるというもので、伊地知正治からの伝聞とされる)が記されていたとされ(長野主膳から井伊へ宛てた手紙に記載があるのみ)、幕府にその内容が漏洩したことで安政の大獄ではより厳重な処分となったとされています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0