FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

君の為国の為には惜しからじ 仇に散りなん命なりせば

主君のため国のためならば惜しくはない 害になって終わる命なのだから

松崎渋右衛門の辞世の句。松崎渋右衛門(文政10(1827)~ 明治2.9.8(1869.10.12) )は幕末の高松藩士。父は佐邦。文久2(1862)年格奉行、元治1(1864)年4月家老となる。この前後、長谷川宗右衛門と共に宗家水戸徳川家との和解に尽力し、同時に尊王攘夷運動に接近した。長州藩尊攘派による禁門の変後の9月、罷免され獄に送られる。明治1(1868)年1月、高松藩は朝敵とみなされ、土佐藩の進攻を受け開城。それに伴って出獄を許され、翌2年執政兼会計農政長の重職に就いた。だが旧佐幕派の怨恨は深く、同年9月、堀多仲ら14名によって殺害さる。藩庁はこれを自殺として処理したが、やがて真相が明らかとなり、藩知事および関係者は新政府により処罰された。

松崎渋右衛門は幕末の高松藩士です。幕末の高松藩は宗家である水戸藩が尊皇に傾き、一方で藩主・頼聰の正室弥千代が井伊直弼の娘という立場から、苦しい立場に立たされました。結局、慶応4年(1868年)の鳥羽・伏見の戦いでは旧幕府方に就いたため、朝敵となり、これにより土佐藩・丸亀藩などが高松城下に進駐したが、戦わずに家老を処分し、頼聰も謹慎して恭順の意を示したことにより赦免されました。その後高松藩廃藩置県により高松県となり、のち香川県となりました。この激動の時代に渋右衛門は会計農政長の職に就くと、日本一のため池である満濃池の修復に力を入れ、画期的な工法を実現させましたが、旧佐幕派集団に謀殺され、その完成を見ることはありませんでした。自分の身辺の不穏な空気を感じていたのでしょう、渋右衛門は上記の覚悟の辞世を常に用意していたそうです。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

ゆく先は冥土の鬼と一と勝負

山国兵部の辞世の句。山国兵部(やまぐにひょうぶ)(1793-1865)江戸時代後期の武士。寛政5年生まれ。田丸稲之衛門の兄。常陸水戸藩士。藩の軍制を改革し、幕府に海防策を建言する。元治元年天狗党の挙兵に途中から合流、武田耕雲斎らと京都へむかうが、敦賀で降伏、2年2月4日処刑された。73歳。名は共昌。号は止戈堂。通称は別に喜八郎。

水戸藩目付役であった山国兵部は、弟の田丸が天狗党の乱の主将に担がれていることを知り、藩主徳川慶篤の命を受けて説得に赴くも、逆に諭されて一派に加わるという、ミイラ取りがミイラになったような人です。御年73歳にて過激派の反乱に加わる情熱には頭が下がりますが、天狗党の乱は計画が杜撰であっけなく失敗しただけに、もう少し知恵を絞って行動しても良かったのではないかと思われます。さて、句の方ですが、これはかなり良い句であると言えるでしょう。実に武士らしい剛毅な詠みぶりと、自ら地獄行きを覚悟している所にも好感が持てます。まずい事をしたかなという彼なりの反省と、まだまだ戦おうという闘志とが、この句に込められているのかもしれません。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。