FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

きのふみし 夢は今更引かへて 神戸が宇良に 名をやあげなむ

滝善三郎の辞世の句。滝善三郎(たき ぜんざぶろう、天保8年(1837年) - 慶応4年2月9日(1868年3月2日))は幕末の備前岡山藩士、名は正信(まさのぶ)。 慶応4年2月9日(1868年3月2日)、1ヶ月前に起きた神戸事件の責を一身に背負い、永福寺(現・神戸市)において外国人検視7名を含む列席が見守る中、弟子の介錯によって切腹した。享年32。天保8年8月21日、日置氏の家臣、滝助六郎正臣の次男として津高郡金川村に生まれる。父親は萩野流の砲術に長けた重臣だったが、善三郎が幼いときに亡くなった。村の神官から漢籍と国風を学ぶ一方、一刀流や砲術を修め、とくに槍術が得意だった。幼いころより物おじしない性格で、危険を伴う大砲の導火の役を買って出るなど武運に優れていた。16歳で兄とともに京都に上り、文武の修業をしていたが、母親の病気のために十年ほどで帰郷、尾瀬氏より妻を迎え、一男一女をもうける。明治元年、日置氏が朝廷より摂津西宮の警護を命じられたため、兄の率いる部隊の大砲方として随行したその途上、神戸事件に出くわす。滝善三郎については、神戸事件以外の記録が見当たらない。しかし、彼の切腹は神戸事件を収拾させたのみならず、世界的にセンセーションを巻き起こすこととなる。検視に立ち会った当時のイギリス外交官・ミットフォードが滝の切腹の模様を本国に伝え、それをイギリスの新聞『イラストレイテッド・ロンドン・ニュース』が銅版画付きで報じたためである。当時は「切腹」と言っても短刀を腹に当てた時点で介錯が首を落とすとか、さらには短刀に代わりに扇子を使う「扇腹」(おうぎばら)などが一般的だったのだが(幕末期は本来の作法通りも少なくはなかった)、ミットフォードによると滝善三郎の切腹は古来よりの作法に則った形であった様である。ミットフォードは日本の作法についてもよく調べており、滝の切腹の模様を生々しい筆致で書き残している。善三郎の切腹により、息子の成太郎(しげたろう)は備前公の直参に引き立てられ、500石を賜った。善三郎の跡目は、娘が婿を取って継ぎ、こちらも100石を賜った。

神戸事件を知っている人は、日本史を選択している受験生くらいかもしれません。神戸事件は慶応4年1月11日(1868年2月4日)、神戸(現・神戸市)三宮神社前において備前藩(現・岡山県)兵が隊列を横切ったフランス人水兵らを負傷させたうえ、居留地(現・旧居留地)予定地を検分中の欧米諸国公使らに水平射撃を加えた事件です。この事件は明治政府初の外交問題となり、一時、外国軍が神戸中心部を占拠するに至るなどの動きにまで発展しました。諸外国は日本在留外国人の身柄の安全保証と当該事件の日本側責任者の厳重処罰、すなわち事件の責任者である滝の処刑を要求し、永福寺において列強外交官列席のもとで滝を切腹させることで、事件は一応の解決を見ました。この事件を解決したことにより、明治政府が対外政策に当たる正当な政府であるということを諸外国に示し、朝廷がこのときまで唱えていた「攘夷」(外国を討ち払う)政策を「開国和親」へと一気に方針転換させた事件でもありました。場合によっては神戸が香港や上海の様に理不尽な占領下に置かれる事態も起こり得ただけに、滝善三郎の犠牲によって危機回避がなされたことは、日本史の流れにおいても重大な出来事でした。新渡戸稲造は『武士道』の中でミットフォードの著作「旧日本の物語」から滝の切腹に関する記述を引用して、切腹についての説明をしています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0