FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

ふたつなき道にその身をふり捨てゝみかき尽せようみの子供ら

二つない正しい道にその身を振り捨てて 見駆き尽くせ海の子供たちよ

篠原国幹が最後の出陣前に家族に残した歌。篠原 国幹(しのはら くにもと、天保7年12月5日(1837年1月11日) - 明治10年(1877年)3月4日)は日本の武士(薩摩藩士)・陸軍軍人である。位階は贈正五位。薩摩国鹿児島城下平之馬場町中小路で篠原善兵衛の子として生まれる。諱(名)は国幹、通称は藤十郎、冬一郎という。少年時代に藩校・造士館に入って和漢学を修め、ついで藩校の句読師となり、長じてからも和漢の典籍を読むことを好んだ。剣術ははじめ薬丸兼義に薬丸自顕流を、次いで和田源太兵衛に常陸流を学ぶ。江戸に出て練兵館で神道無念流を学んだ。また馬術・鎗術・弓術も極め、文武両道を兼ねていた。文久2年(1862年)、有馬新七らと挙兵討幕を企てたが、島津久光の鎮圧にあって失敗した(寺田屋騒動)。薩英戦争で砲台守備に出陣。戊辰戦争のとき、薩摩藩の城下三番小隊の隊長となって鳥羽・伏見の戦いに参戦し、その後、東征軍に従って江戸に上った。上野の彰義隊を攻めたときは、正面の黒門口攻めを担当し、その陣頭に立っての指揮ぶりの勇猛さで世に知られた。この後、奥羽へ転戦した。明治2年(1869年)に鹿児島常備隊がつくられたとき、第二大隊の隊長となった。藩が御警衛兵を派遣した際には第二大隊・第三大隊の一部(計400名、6ヶ月詰)を率いて上京し、翌年鹿児島へ帰った。明治4年(1871年)、西郷隆盛が常備隊(5,000名)を率いて上京した際には、その一部を率いて従った。明治政府がこの兵を御親兵に組み入れ、廃藩置県を強行したことはよく知られている。篠原はこのときに陸軍大佐に任じられた。後に陸軍少将に昇進し、近衛局出仕を兼ね、従五位に叙せられた。近衛長官のとき、軍事演習を御覧になった明治天皇がその指揮ぶりに感心し、「篠原に見習うように」と、その演習地を「習志野(ならしの)」と名付けたという説もあるが、裏付ける史料はない。明治6年(1873年)に征韓論が破裂して西郷が下野すると、天皇の引き留めの命にも従わず、近衛長官の職をなげうって鹿児島へ帰った。「陸軍士官、相去るもの此の如きに於ては、慮なき能はず。但だ篠原少将の在るあり、桐野等去るも、猶未だ憂ふるに足らず」(種田政明)と存在自体が高く評価されていたので、この帰国は政府・軍関係者に大きな衝撃を与えた。明治7年(1874年)に桐野利秋・村田新八ららとともに鹿児島に私学校を設立し、その監督となり、青年子弟を養成した。明治8年(1875年)、大山綱良の依頼により西郷が主に私学校党から区長・副区長を推薦したときは、池上四郎らとともにその人選に関与した。明治10年(1877年)、弾薬庫襲撃事件と中原尚雄による西郷刺殺計画を聞いた篠原は政府問罪の師もやむなしとし、2月6日に私学校本校で行われた大評議では出兵に賛成した。出兵に際しては池上四郎が募兵、篠原が部隊編制、桐野利秋が各種軍備品の収集調達、村田新八が兵器の調達整理、永山弥一郎が新兵教練を担当した。2月13日の大隊編制では、桐野が総司令兼四番大隊指揮長、篠原が副司令格の一番大隊指揮長となった。2月22日から始まった熊本攻城戦では背面軍を村田新八・別府晋介らとともに指揮し、夜の本営軍議では損害を顧みず、一挙強襲によって熊本城を攻めるべきと主張したが、異議多く、策は入れられなかった。政府軍部隊の南下が始まり、木葉・植木・田原の戦いが激化し、2月24日に高瀬方面に向かう第一旅団・第二旅団が南関に着くと、これに対抗するために、熊本城攻囲を池上四郎に任せ、海岸線の抑えに永山弥一郎を遣わし、桐野利秋は山鹿、村田新八・別府晋介は木留へ進出し、篠原は六箇小隊を率いて田原に出張本営を設けた。この後、優勢な人員と進んだ武器を有する政府軍に徐々に押されたが、篠原の部隊はよく防ぎ、撃退した。菊池川の戦いでは中央隊を請け負っていたが、弾丸が欠乏したという理由から勝手に戦線を離脱してしまうなどという粗雑な面を見せた。3月4日早朝、政府軍第2旅団の野津支隊が悪天候を利用し、吉次本道から薩軍の奇襲を試みた。これを受けた篠原は、村田とともに川尻からの増援部隊を基幹として反撃に出た。篠原は左翼隊三ノ岳中腹から、村田は半高山からそれぞれ官軍左翼を攻撃。このとき、同郷の出身で元部下の近衛歩兵第1連隊第2大隊長・江田国通少佐は、濃霧と雷雨の中、赤裏の外套をひるがえし、銀装刀を揮い、陣頭に立って部隊を指揮する篠原の姿を前方に認めた。すぐさま江田少佐は射撃の上手い兵に赤裏の外套を目印として狙撃を命じ、弾を数発受けた篠原はその場に崩れ落ちた。享年42。篠原を失った薩軍は、復讐心から逆に戦意を高め、江田少佐を斃し、官軍を原倉まで退けた。

篠原国幹は文武両道を兼ね備えた幕末屈指の軍人であり、非常に有能であった彼が西郷に従って下野したことは、明治政府にとって衝撃でした。最期は西南戦争の最大の激戦地である、田原坂において戦死しました。篠原の人柄は、『西南記伝』一番大隊将士伝に、「国幹、人となり、顴骨高く秀で、眼光炯然、挙止粛毅、威望自ら露はれ、人をして自然に畏敬の念を起さしむ。而して事に処する、用意周匝、苟もせず、故を以て西郷隆盛、深く其人と為りを重じ、其交殊に厚く、殆ど親戚同様なりしと云ふ」と絶賛されています。敗戦の後、篠原は明治10年(1877年)2月25日に「行在所達第四号」で官位を褫奪され、賊軍の将として遇されましたが、大正5年(1916年)に正五位を追贈されて名誉回復しました。上記の歌は辞世の句として詠んだのか微妙ですが、死を覚悟して戦う前に子供たちに残した歌が、結果として辞世となった見るべきでしょう。「みかき尽す」という表現はあまり一般的ではないので、意味が取りにくいです。恐らく歌意から「身駆き尽くす」が正しいかと思うのですが、あるいは勉強しろという意味で「見書き尽くす」なのかもしれません。最後に西南戦争を歌った民謡「田原坂」を紹介して、国内の内戦で惜しくも散っていった人たちを偲びましょう。

http://www.youtube.com/watch?v=4bDkkVqXjkE
「田原坂」
雨は降る降る人馬は濡れる、越すに越されぬ田原坂
右手に血刀左手に手綱、馬上豊かな美少年
春は桜秋ならもみじ、夢も田原の草枕
田原坂
雨は降る降る人馬は濡れる、越すに越されぬ田原坂
右手に血刀左手に手綱、馬上豊かな美少年
ああ田原坂あ田原坂あ田原坂あ田原坂田原坂
あああ
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

大君に事へそまつるその日より わが身あるとは思はさりけ利

天皇にお仕え申し上げたその日から 自分の身があるとは思わなかったな

宮永良蔵の辞世の句。宮永 良蔵(みやなが りょうぞう、天保4年(1833年) - 慶応3年12月22日(1868年1月16日))は、越中国砺波郡福光村(現在の富山県南砺市福光)出身の蘭学者、蘭方医。下川崎村(現在の富山県小矢部市下川崎)で加賀藩山廻役宮永正好の五男東作の子。農学者の宮永十左衛門正運からは曾孫にあたる。幼名は龍之介。通称は良三とも。父の東作は当時福光村で医者をしていた有沢東海の養子となり、福光橋北詰で医業を嗣いでいた。しかし、良蔵が14歳のときに死別。当時、父の実家である下川崎村の宮永家は家運が衰退していたため、やむなく母八重子の生家である福光村肝煎役石崎喜兵衛方に母子ともに引き取られ、そこで養育された。嘉永3年(1850年)18歳のときに医学を志し、長崎で蘭学を学び、京都では名医角山の門下生となった。当時、最先端の種痘についても研究し、大阪適塾の蘭学者緒方洪庵とも交友があった。京都知恵院上立売下ルで医者を開業した。母方の叔母が仕えていた縁で、主治医として出入りしていた徳大寺公純卿が勤皇派の公卿であったため、その影響をうけ、尊皇攘夷に傾倒していった。元治元年(1864年)7月の禁門の変には、情報の伝達などで長州藩のために尽力した。また、良蔵の母方の叔父にあたる人物で、豊前国本願寺末院を預かる僧玉暎が上京して勤王運動に携わっているのを聞き、その謀議に加わった。慶応3年(1867年)12月、患者宅へ往診の途中、倒幕の計画に参画した疑いで新選組に捕らえられ、新選組が屯所にしていた西本願寺~六角獄舎に幽閉された。拷問を受けたが、一切口を聞かず、数日後、釈放された。しかし、激しい拷問で体が衰弱しており、12月22日、35歳で没した。墓所は京都市東山区・霊山墓地にある。明治天皇の特旨により従五位に叙せられた。大正7年(1918年)11月、後世に宮永良蔵の偉業を伝えるために、下川崎村に記念碑が建立された。その碑文には「贈従五位宮永良蔵先生碑 正二位勲三等子爵三室戸和光書」とある。

宮永良蔵は尊皇攘夷派の蘭方医です。宮永が仕えた徳大寺公純は、。たとえ身内の者であっても洋装の客に対しては決して会おうとはしなかったほどの、強固な攘夷派の公卿でした。その影響もあって宮永も攘夷運動に参加し、最期は新選組に拷問され、それが元になって亡くなりました。宮永が蘭学者でありながら、攘夷派であったのは少々変わっていますが、当時の蘭学者はいわゆる西洋かぶれではありませんでした。彼らの多くは医者でしたが、みな才人揃いで、当時の知識人の最先端を行った人たちでもありました。さて、辞世の歌についてですが、「事へそまつる」という表現はあまり一般的ではなく、少々意味が取りにくいですが、ここでは「つかまつる(つこうまつる)」(お仕え申し上げる)という意味でしょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0