FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

来るつはめ帰る雁わするなよ 又めくり逢ふ春もなき身を

来る燕帰る雁よ忘れないでくれ また巡り会う春もない私のことを

檜山三之介の辞世の句。檜山三之介(ひやま-さんのすけ 1839-1865)は幕末の武士。天保10年生まれ。常陸水戸藩士。筑波山での挙兵(天狗党の乱)に参加。武田耕雲斎にしたがい京都へいく途中、金沢藩に降伏し、元治2年2月16日越前敦賀で処刑された。27歳。名は茂高。

檜山三之介は天狗党の乱の一員ですが、乱のメンバーを見ると分かるように、二十代の若い人たちが大勢参加していました。古今東西、独立運動や民主化運動は若い人達が中心になって行われてきましたが、明治維新もその例に漏れず、多くの若い人達がその中心となっていました。その結果は天狗党員828名のうち、352名が処刑されるというものであり、その中にはかなりの数の若い人たちがいました。自らの理想と野望のために戦ったとはいえ、このような結果になってしまったことは、因果応報なのでしょうか?
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

丈夫のつる張りこめし梓弓 引つめてこそなど撓むべき

たくましい男が張り込めた弓を 引き詰めてなぜたわめるべきだろうか

長谷川通之介の辞世の句。長谷川通之介(はせがわ-みちのすけ 1838-1865)幕末の武士。天保9年生まれ。常陸水戸藩士。元治元年尊攘派武田耕雲斎らの天狗党の乱にくわわる。のち加賀金沢藩に降伏し、翌2年2月4日越前(福井県)敦賀で処刑された。28歳。名は守本。

長谷川通之介は天狗党の一員です。彼は安政年中大番組に列し、文久三(1863)年大番組頭となりましたが、天狗党の乱に参加し、大将である榊原新左衛門が降伏すると、武田耕雲斎の陣に移って戦い、最期は降伏し処刑されました。大番組とは江戸幕府の職名で、老中に属する常備兵力として旗本を編制した部隊で、戦時にはいくさの先頭に立ち、平時には江戸城・大坂城・京都二条城および江戸市中を交代で警備していました。長谷川は25歳にして大番組の組頭となっていたのですが、組頭は役高600石の躑躅間席だったので、これはけっこうな出世でした。しかし、彼は親不孝にもその二年後に処刑されてしまいました。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0