10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Roger, go at throttle up

了解、推力上昇を許可。

ディック・スコビーの最期の言葉。ディック・スコビー(1939年5月19日-1986年1月28日)は、アメリカ合衆国の宇宙飛行士である。STS-51-Lのミッションでスペースシャトルチャレンジャーの事故に巻き込まれて死亡した。ワシントン州クレ・エルムでフランシス・ウィリアム・スコビーとエドリン・スコビーの息子として生まれた。オーバーンで高校まで過ごし、1957年に卒業した。1957年にアメリカ空軍に入隊し、テキサス州のラックランド空軍基地でレシプロエンジンの整備士として働いた。勤務時間外はサンアントニオ大学に通い、1965年にアリゾナ大学で航空工学の学士号を取得し、同年に士官になった。1966年には飛行学校で資格を取り、ベトナム戦争では戦闘機乗りとして活躍した。アメリカ空軍殊勲十字章、航空章等多くの勲章を受章した。兵役が終わると、スコビーはエドワーズ空軍基地のパイロット養成学校に通った。1972年に卒業すると空軍のテストパイロットになり、ボーイング747やX-24、F-111、C-5等を含む10以上の航空機に数千時間も乗った。1978年1月にアメリカ航空宇宙局から宇宙飛行士として選考され、1979年8月に訓練を終えた。最初の搭乗を待つ間、シャトル輸送機のパイロットの教官を務めたりした。1984年4月、スコビーはチャレンジャーのSTS-41-Cのパイロットに選ばれ、1つの衛星の放出と修理に成功した。スコビーはSTS-51-Lミッションの機長に選ばれた。このミッションでは、近づきつつあるハレー彗星を観測するための衛星を投入し、Teacher in Space Projectの開設が計画されており、悪天候や技術的な不具合のため何度も延期されていた。ミッションが開始され機体が打上げパッドから離れると、Oリングの密閉が不具合を起こし、73秒後にチャレンジャー号爆発事故が起こった。この事故でスコビーら7名の宇宙飛行士が亡くなり、その様子は全米で中継された。国中が数日間喪に服し、NASAでは大規模な組織改革が行なわれた。死亡時、スコビーは中佐だった。スコビーの最後の言葉は、交信担当のリチャード・コベイに電話で話した、"Roger, go at throttle up,"という返事だった。

ディック・スコビーはチャレンジャー号爆発事故で亡くなった、7名の乗組員の1人です。この事故は右側固体燃料補助ロケットの密閉用Oリングが、発進時に破損したことから始まり、外部燃料タンクの構造破壊による空気力学的な負荷により爆発するという最悪の結果となりました。乗組員の内の何人かは、最初の機体分解直後にも生存していたことが判っていますが、シャトルには脱出装置が装備されておらず、乗員区画が海面に激突した際の衝撃から生き延びた飛行士はいませんでした。回収された飛行士の遺体のうち識別可能なものは、1986年4月29日に家族の元へと送られ、ディック・スコビー機長の遺体は、家族によってアーリントン国立墓地の個人墓地に埋葬されました。2004年、スコビーは宇宙名誉勲章を追贈され、宇宙飛行士の殿堂に選ばれました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Daddy flight, save your auxiliary tanks.

ダディ・フライト、補助タンクを切り離すな。

トーマス・マクガイアの最期の言葉。トーマス・ブキャナン・マクガイア・ジュニア(1920年8月1日 – 1945年1月7日)は、アメリカ陸軍(陸軍航空軍)の軍人。最終階級は陸軍少佐。アメリカ全軍において、第2位の撃墜数38機を誇るエース・パイロット。名誉勲章受勲者。1920年8月1日、ニュージャージー州リッジウッドにて誕生し、親の転勤で10歳になる前にフロリダ州へ移住。1938年にはジョージア工科大学へ入学するが、1941年にアメリカ陸軍航空隊(アメリカ陸軍航空軍)に志願し、大学を中退する。士官候補生としてテキサス州ランドルフフィールドで訓練を受け、卒業後、アラスカやアリューシャン列島でP-39 エアラコブラを操縦し、哨戒任務に従事していた。その後、太平洋戦争が始まり、1942年12月にアメリカ本土へ戻ったマクガイアは、マリリン・ギースラー(Marilynn Giesler)と結婚。翌年3月に第49戦闘航空群第431戦闘飛行隊に配属され、南太平洋の戦地へと送られた。既に経験豊富なパイロットであり、指揮官には打ってつけ人材だったマクガイアはP-38 ライトニングを愛機とし、1943年8月18日には日本陸軍の一式戦闘機「隼」2機と三式戦闘機「飛燕」1機を撃墜、その翌日にはさらに2機を撃墜し、エース・パイロットの要件を満たした。1943年10月17日の戦闘中、日本海軍の零式艦上戦闘機を3機撃墜した直後、自身も撃墜され、辛くも乗機から脱出。その際に肋骨を折り、また手首には7.7mm機関銃弾による怪我を受けた。哨戒魚雷艇に救出されたのち、6週間の入院生活を送ったが、この時に銀星章とパープルハート章を授与されている。その後、しばらくの間マクガイアは前線を離れるが、その中で、チャールズ・リンドバーグと会い、P-38での長距離航法の手ほどきを受けている。前線へ舞い戻ったマクガイアはその後も撃墜数を伸ばし続け、フィリピン戦中の1944年12月25日から26日の2日間でルソン島上空にて少なくとも7機の日本軍機を撃墜。マクガイアとトップ・エースの座を競っていたリチャード・ボングは同年12月、命令により戦場を離れアメリカ本土に帰国していたが、マクガイアも翌1945年2月には帰国することになっており、ボングの撃墜記録を抜けるか気を揉んでいた。1945年1月7日、天候不良のなかマクガイアはP-38L(44-24845/「112」号機。マクガイアの愛機「パジー」号は「131」号機)に搭乗し、ベテランのジャック・リットメイヤー少佐と操縦経験の浅いエド・ウィーバー大尉、ダグ・スロップ中尉からなる「ダディ・フライト」(フライトは小隊の意)を率いて哨戒任務に出撃。哨戒中、ネグロス島上空において偵察任務から帰還中の日本陸軍飛行第54戦隊の杉本明准尉操縦の一式戦「隼」三型甲(キ43-III甲)1機と遭遇、マクガイアは「ダディ・フライト」に落下タンクは切り離さないよう命じて空戦に入るも、リットメイヤー機(P-38J)を撃墜され「隼」を取り逃がす。その後、スコールから出てきた飛行第71戦隊の福田瑞則軍曹操縦の四式戦闘機「疾風」一型甲(キ84-I甲)1機と不規遭遇。低高度にて同位対進戦(同位反航戦)となるが撃墜され、マクガイアは戦死した。その後、福田機は残ったウィーバー機、スロップ機と格闘戦に入り1機を撃破するが被弾、そのため離脱し雲に入りP-38の追撃を回避、翼下のマナプラ飛行場に着陸し生還している。なお、防弾装備が比較的充実しており頑丈であった「疾風」も被弾多数のため廃棄処分となっている。日本陸軍戦闘機隊とのこの一連の空戦でマクガイアが戦死したのは日米の戦史に残る事実であり、上記の空戦模様が最も有力な説となっているが、僚機の証言や資料によっては一番初めに杉本機によって落とされた機体がマクガイア機であったとも、杉本機を追って無理な急旋回を行い失速・墜落、または福田機に背後をとられた僚機を救出するため急旋回を行い失速・墜落したともされ、実際の詳しい戦闘・戦死の状況は分かっていない。ベテラン・パイロットである第54戦隊の杉本准尉(下士官操縦学生第82期)と異なり、第71戦隊の福田軍曹(少年飛行兵第10期)は新米であった。当初、福田軍曹はアメリカ軍輸送船団索敵任務のため僚機1機を連れ「疾風」で出撃するも、会敵できずまた天候不良のため僚機とはぐれ単機で帰還中、同じく偵察飛行に出撃し帰還中であった第54戦隊の杉本機と合流する。福田機がマナプラ飛行場に着陸体勢にはいった際、マクガイア編隊と遭遇し杉本機が劣位から応戦し上記の戦闘となった。福田軍曹はマラリアによる高熱をおして出撃しており、また乗機の「疾風」には落下タンクと100kg爆弾を搭載したまま空戦に突入、P-38との対進戦では体当たり覚悟であった。なお、福田軍曹は大戦を生き延び、戦後の取材で上記の戦闘模様を語っている。マクガイアの遺体は現地人に確保され、1947年になってアーリントン国立墓地に埋葬された。なお、ニュージャージー州トレントンのマクガイア空軍基地(McGuire Air Force Base)の名はマクガイアの戦功に由来する。

トーマス・マクガイアは、アメリカ空軍が誇るエースパイロットです。彼はアメリカ全軍において、第2位の38機撃墜しました。ちなみに撃墜数の世界記録は、ドイツ空軍の通称「ウクライナの黒い悪魔」こと、エーリヒ・ハルトマンの352機です。日本記録は上坊良太郎の76機です。残念ながらマクガイアはライバルであった、リチャード・ボングの撃墜数に2機及ばず、アメリカ空軍最多撃墜王にはなれませんでした。マクガイアを撃墜した福田軍曹は陸軍少年飛行兵であり、これは日本陸軍の航空兵科現役下士官となるため、10代の男子志願者から選抜されて陸軍の航空関係諸学校で教育を受ける者のことです。新米の兵士がアメリカのエースパイロットを落としたのは、大金星といえるでしょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Boys, I'm going.

少年たち、私は行くよ。

アル・ジョルソンの最期の言葉。アル・ジョルソン(1886年5月26日 - 1950年10月23日)は、リトアニア(当時はロシア)生まれのアメリカ合衆国の歌手、俳優。20世紀のアメリカを代表するエンターテイナーの1人。エイサ・ヨエルソンとしてリトアニアのセレジウスで東欧系ユダヤ人の家庭に生まれる。父はハザン。一族の本来の苗字はヘッセルソンである。幼い頃に家族と共に渡米し、その後ブロードウェイで人気歌手となった。1927年に、最初のトーキー映画『ジャズ・シンガー』に出演。歌手としての代表作はジョージ・ガーシュウィンの「スワニー」である。なおこの頃のジョルソンは、ミンストレル・ショーを彷彿とさせる黒塗りの顔で黒人を演じ、大げさな演技と黒人的な要素を大幅に取り込んだ歌唱法、口笛、そして聴衆に直接語りかけるスタイルを確立し、有色人種に対する人種差別が法的に認められていた当時のアメリカで人気を得た。 政治的には保守派であり、1924年の選挙に際しては、民主党候補ジョン・ウィリアム・デイヴィスを支持していた他のユダヤ系芸能人と違って、デイヴィスの対立候補のカルヴィン・クーリッジを支持した。から終戦に至るまでヨーロッパ戦線を中心に多くの慰問を行った。1946年にはコロンビア社が彼の伝記映画『ジョルスン物語』を作り、『風と共に去りぬ』以来の大入りを記録。1948年には人気投票でフランク・シナトラやビング・クロスビーやペリー・コモを凌ぎ、「最も人気ある男性歌手」部門で1位となった。1950年に、医師の反対を振り切って朝鮮半島のアメリカ軍へ慰問に行き、心臓を悪くしたことが彼の死因となった。ジョルソンが心臓麻痺によりサンフランシスコで亡くなった日に、ブロードウェイは彼を偲んで10分間電灯を消した。

アル・ジョルソンは偉大な歌手であったにもかかわらず、「ミンストレル・ショー」を彷彿とする黒塗りの顔で黒人を演じたことが、人種差別を助長するものと見なされ、今日ではその功績はほとんど無視されています。ミンストレル・ショーとは、顔を黒く塗った(Blackface)白人によって演じられた、踊りや音楽、寸劇などを交えたショーのことで、人種差別の産物だとされています。この様な演技手法は、公民権法施行前の、有色人種に対する人種差別が合法であったアメリカにおいてはごく普通に行われていました。ジョルソンの最期の言葉は、上記のものの他に"This is it! I'm going. I'm going."と言ったとも伝えられています。周囲の反対を振り切って朝鮮戦争の慰問へと赴いた功績により、彼の死の数か月後に国防長官ジョージ・マーシャルはジョルソンに勲章を授与しました。ジョルソンの葬儀には二万人もの人々が訪れ、これはアメリカショービジネス史上最も大きな葬式の一つとなりました。

ジョルソンがどのようなショーを行っていたかについては、見てもらった方が早いでしょう。
Mammy
http://www.youtube.com/watch?v=PIaj7FNHnjQ

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Goodnight, my darlings, I'll see you tomorrow.

おやすみ、愛しい人よ。また明日会おう。

ノエル・カワードの最期の言葉。ノエル・カワード(1899年12月16日 - 1973年3月26日)は、イギリスの俳優・作家・脚本家・演出家。作詞・作曲、映画監督もしている。ロンドン(旧ミドルセックス州テディントン)出身。父親はピアノのセールスマンだった。1910年に子役として初舞台を踏んだ。第一次世界大戦後のイギリスにも登場したジャズ・エイジの風潮のなか、中流階級の移ろいやすい、気ままな生活や、男女関係がくるくる入れ替わる恋愛ゲームなど、おしゃれでウィットに富んだ作品で人気を得た。長く続いたヴィクトリア朝の厳格な雰囲気に飽き飽きしていた若い世代は、熱狂的に彼の作品を支持した。「人生はうわべだけのパーティー」と考える彼は、真剣に人を愛したり、真剣に国を愛したり、真剣に人生に悩んだりすることを極端に嫌った。シリアスな人生劇より、洗練された喜劇を好んだ。
1920年代のファッションに大きな影響を与えた。首にスカーフをまくことや、タートルネックセーターは1924年の舞台『ヴォルテックス』で彼が初めて身につけた。ショーン・コネリーがジェームズ・ボンド役に決まった時、まずカワードのところにファッションの相談に行ったという。1942年に『軍旗の下に』でアカデミー特別賞を受賞、脚本賞にもノミネートされた。第二次大戦後、新作は発表するものの、徐々にペースが鈍り、現役を退いていった。1950年代に入ると、イギリスの税金の高さに嫌気がさし、バミューダ島に移住した。冷戦のさなかであり、友人に「現代という時代が嫌いになった」と漏らしていた。1970年にサーの称号を受けた。晩年はスイスとバミューダを行き来する生活を楽しみ、イギリスへ戻らなかった。1973年、心臓麻痺で、バミューダの自宅で死去。

ノエル・カワードはジャズ・エイジと呼ばれる、狂騒の20年代と呼ばれるアメリカ合衆国の1920年代の文化がイギリスにも登場したころに活躍した、イギリスの俳優です。彼は交友関係が広く、ガートルード・ローレンスやチャップリン、マレーネ・ディートリヒ、ジョージ王子らと親交がありました。首相になる前から、ウィンストン・チャーチルとはしばしば写生に行く絵描き仲間でした。第二次世界大戦が始まると、「戦争は憎しみの舞台。芝居という魅力の舞台に立つ者には最も不向きなものだ」とカワードは発言し、戦争支持の風潮に背を向けました。そのため、非国民のレッテルを張られ批判されましたが、チャーチルは「あんなやつ、戦場に行っても役に立たない。一人ぐらい恋だ愛だと歌っているヤツがいてもいい」と旧友を弁護したそうです。カワードはゲイであることから、一生独身でした。俳優のマイケル・レッドグレイヴはバイセクシャルであり、その相手はカワードだったそうです。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

Strike, man, strike!

打てよ、お前、打て!

ウォルター・ローリーの最期の言葉。ウォルター・ローリー(1552年または1554年 - 1618年10月29日)は、イギリスの廷臣、探検家、作家、詩人。イングランド女王エリザベス1世の寵臣として知られ、新世界における最初のイングランド植民地を築いた功績がある。ウォルター・ローリーは1552年頃、デヴォン州のバドリー・サルタートンからさほど遠くないヘイズ・バートンの家で生まれた。異母兄弟にサー・ハンフリー・ギルバートがおり、カリュー・ローリーという同父母兄弟もいた。ローリーの家族は宗教的には非常にプロテスタント寄りであり、カトリックである女王メアリー1世の治世には、小規模な逃走を何度も経験している。その中でも特に記録すべきものとして、ローリーの父は殺害されることを避けるために塔に身を隠さなければならないことがあった。このようにして幼少期の間に、ローリーはカトリックへの憎しみを培い、1558年にプロテスタントである女王エリザベス1世が王位につくとすぐにそのことを証明して見せた。1572年に彼はオックスフォード大学オリオル・カレッジの学生となり、1575年にはミドルテンプル法学院に入学した。ローリーは、幾度かにわたって旅行・探検・植民目的での新世界への航海を行った。ローリーの、北アメリカ・「バージニア」(現在のバージニア州とノースカロライナ州を含む)への植民計画は、ロアノーク島においては失敗に終わったものの、後続の植民地への道筋を開いた。彼の航海は当初彼自身と友人達の出資で行われており、アメリカの植民地を築けるほどの安定した収入が得られなかったのである(17世紀前半に行われた後続の植民は、株式会社であるバージニア会社によって行われており、充分な植民地を作り出せるだけの資本金を共同出資することが可能であった)。1579年から1583年の間、ローリーはアイルランドで起こったデズモンドの反乱の鎮圧に参加し、その後の土地接収と分配の恩恵にあずかった。彼は、ヨール(Youghal)とリズモア(Lismore)の2つの沿岸の町を含む40,000エーカー(1,600平方キロメートル)の土地を得た。彼はまたマンスターの大地主のひとりとなったが、イングランドの住民を彼の土地へ移住させようとする試みは、限られた範囲での成功を収めたのみであった。1591年、ローリーは密かにエリザベス(ベス)・スロックモートンと結婚した。彼女はローリーよりも11歳年下で、女王付きの女官のひとりであり、この時3度目の妊娠中であった。翌年になってこの無許可の結婚が発覚すると、女王はローリーを牢に入れ、ベスを宮廷から解雇するよう命じた。数年後には、ローリーは再び寵愛を受けるようになった。夫妻はお互い献身的に愛し続けており、ローリーがいない間、ベスが家庭の財産と名声を有能に守り続けていた。彼らの間にはウォルターとカリューの2人の息子がいた。1600年から1603年にかけてローリーはジャージー島の総督を務め、この島の防衛網の近代化を行った。彼は、島の首都セント・ヘリアへの道を守る要塞を、「イザベラ・ベリッシマ要塞」あるいは英語で「エリザベス城」と命名した。この頃、エリザベス女王による王室の寵愛は復活していたものの、それは長続きしなかった。エリザベス1世は1603年に死去し、その年の11月17日、ローリーはウィンチェスター城のグレート・ホールにおいて、メイン事件への関与の疑いから内乱罪で裁判を受けた。彼はロンドン塔に、1616年まで監禁された。獄中において、ローリーはギリシャとローマの古代史に関する本『世界の歴史 A Historie of the World』を著した。1616年、ローリーはロンドン塔から解放され、南米オリノコ川流域に黄金郷を探索すべく派遣される2度目の探検隊を指揮することになった。探検の途中、ローリーの部下達がメンバーのひとりであるローレンス・キーミスの指示の下、スペインの入植地であったサン・ソーム(San Thome)で略奪を行った。この町で最初の戦いの中、ローリーの息子ウォルターが銃弾に当たり死亡している。ローリーがイングランドに帰還した後、憤慨したスペイン大使ディエゴ・サルミエント・デ・アクーニャがジェームズ1世にローリーの死刑判決を実行するよう求めた。スペイン大使の要求が認められ、ローリーは1618年10月18日、ホワイトホール宮殿で斬首刑に処せられた。J・H・アダムソンとH・F・ホランドによるローリーの伝記『海の羊飼い Shepherd of the Ocean』によると、ローリーの妻ベスは彼の首を「防腐処置を施していつも自分のそばに置き、しばしば訪問者達にウォルター卿に会いたいかと尋ねた」。ローリーの首はその後、ウェストミンスター寺院の隣にある聖マーガレット教会に、彼の胴体と共に埋葬された。

ウォルター・ローリーは、大英帝国の植民地主義の基礎を築いた人です。であるのと同時に、彼はエリザベス朝における一流の詩人の一人であり、その詩はプレーン・スタイルと呼ばれる率直で飾らない文体で書かれています。C・S・ルイスは、ローリーが当時の、イタリア・ルネッサンスの影響(緻密な古典への言及や、複雑な詩的趣向など)に反対する作家の集まりであった「銀の詩人」の一人であったとしています。ローリーの詩は、人文的楽観主義の始まりよりも、中世により特有の厭世観(contemptus mundi)を示しているとされています。ウォルター・ローリーの最期の言葉として上記の他に、斬首を行う斧を見せられた時に、"This is a sharp Medicine, but it is a Physician for all diseases and miseries."「これは劇薬であるが、すべての病を癒すものである」と言ったというものもあります。ちなみに、かれは大の愛煙家であったことで有名ですが、イギリスに喫煙の習慣を広めたのは彼です。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。