FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

God Bless you, my dear!

神様の恵みを、我が愛しい人!

サミュエル・ジョンソンの最期の言葉。サミュエル・ジョンソン(1709年9月18日(ユリウス暦9月7日) - 1784年12月13日)はイギリス(イングランド)の文学者(詩人、批評家、文献学者)。「英語辞典」(1755年)の編集で知られる。18世紀英国において「文壇の大御所」と呼ばれた。その有名な警句から、しばしば「典型的なイギリス人」と呼ばれる。主著に『英語辞典』、『詩人列伝』、『シェイクスピア全集』(校訂・注釈)など。イングランド中部のリッチフィールドに生まれる。父は小さな書店主であった。オックスフォード大学で学ぶが家が貧しかったため中退し、故郷に戻り教員になった。1735年、20歳年上で未亡人のエリザベス・ポーター(en:Elizabeth Porter 1689-1752年)と結婚。1737年、ロンドンに出て、悲劇を書いたり、新聞への寄稿を行ったりした。1746年に「ザ・クラブ」創設に参加。また同年「英語辞典」刊行計画を公表。アカデミー・フランセーズがフランス語辞典(1694年)を完成させるのに40年かかったことから、個人で行うのは無理だと考えられたが、1755年に「英語辞典」2巻を完成させた。この業績によりオックスフォード大学より文学修士号を得た。1759年、小説『ラセラス』を執筆。1763年、30歳年下のジェイムズ・ボズウェルと知り合い、以後交友を結んだ。1765年、シェイクスピアの戯曲集を刊行。1776年に法学博士号を得た。1784年に逝去。

サミュエル・ジョンソンは"Clubbable man"(クラブ向きの男)と呼ばれるほど、クラブでの談論風発を好んだ人でした。彼は生涯にいくつかのクラブに加入しましたが、特に有名なのは1764年にジョシュア・レノルズの呼びかけで創設されたザ・クラブ(文学クラブ、The Club)です。創立メンバーはレノルズ、ジョンソン、エドマンド・バーク、オリヴァー・ゴールドスミスらというそうそうたる顔ぶれで、後にギャリック(俳優)、ギボン、アダム・スミス、ボズウェルらが加わり、ジョンソンの晩年には35人程になりました。週1回の夜、居酒屋で食事の後に文学談義などを楽しむ集まりで、機知に富んだ話の得意なジョンソンが会話の中心だったそうです。「英語辞典」には時として偏見に満ちた記述も見られ、スコットランド人嫌いだった彼は、例えばエンバクの項目には次のように書きました。
Oats : A grain, which in England is generally given to horses, but in Scotland appears to support the people.
燕麦 穀物の一種であり、イングランドでは馬を養い、スコットランドでは人を養う
これにスコットランド人が激怒したため、サミュエル・ジョンソンの弟子でもあったジェイムズ・ボズウェルはお返しに、ユーモアを込めて次のように反論しました。
Which is why England is known for its horses and Scotland for its men.
それ故に、イングランドはその産する馬によって名高く、スコットランドは人材において名高い
ボズウェルが著した『サミュエル・ジョンソン伝』は、数々の警句で知られるジョンソンを生き生きと描いており、人物伝の名著とされています。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。