FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

Bernard is right; the pathogen is nothing; the terrain is everything.

ベルナールが正しかった。細菌は何でもない。環境が全てだ。

ルイ・パスツールの最期の言葉。ルイ・パスツール(1822年12月27日 - 1895年9月28日、パストゥールとも)は、フランスの生化学者、細菌学者。「科学には国境はないが、科学者には祖国がある」という言葉でも知られる。ロベルト・コッホとともに、「近代細菌学の開祖」とされる。分子の光学異性体を発見。牛乳、ワイン、ビールの腐敗を防ぐ低温での殺菌法(パスチャライゼーション・低温殺菌法とも)を開発。またワクチンの予防接種という方法を開発し、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明している。ルイ・パスツールはフランス、ジュラ地方のドールで皮なめし職人の息子として生まれた。1843年にパリの高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリウール)に入学し、1846年に博士号を取得した。化学を専攻したが、初めは才能がみられず、指導した教授の一人は彼を「平凡である」(日本的には「普通」の評価。5段階で3くらい)と評した。初期の、化学者時代の業績としては、酒石酸の性質の解明(1849年)がある。 パスツールはこの結晶学に関する博士論文により、ストラスブール大学の化学の教授の地位を得た。
1854年に、リールの新しい理科大学の学部長に指名された。1857年には、高等師範学校の事務局長兼理学部長となった。 この時期に、アルコール製造業者から「ワインの腐敗原因を調べてほしい」という依頼を受け、これが彼を生物学、特に微生物学の研究に向かわせる契機となった。1861年に『自然発生説の検討』を著し、従来の「生命の自然発生説」を否定した。1862年4月20日、パスツールとクロード・ベルナールは、のちに低温殺菌法(パスチャライゼーション)として知られる最初の実験を行った。1865年、パスツールは養蚕業の救済に取り組んだ。その頃、微粒子病と呼ばれる病気により、たくさんのカイコが死んでいた。パスツールはそこから多くのヒントを得た。研究の途中、1867年に脳卒中で倒れ、左半身不随になったが、微粒子病がカイコの卵へのノゼマ(Nosema apis)と呼ばれる原生生物の感染であることをつきとめ、微粒子病を防止する道をひらいた。パスツールは嫌気性菌、つまり空気や酸素なしに増殖する微生物を発見した。1895年、微生物学で最高の栄誉であるレーウェンフック・メダルを受賞。1895年、1868年からパスツールを蝕んでいた一連の発作による合併症が原因となり、パリ近郊で没した。ノートルダム大聖堂に葬られたが、遺骸はパスツール研究所の地下聖堂に改葬された。

ルイ・パスツールは現代の科学に、最も影響を与えた人物の一人です。ドイツのコッホと共に微生物に関する医学の基礎を作り、狂犬病ワクチン、ニワトリコレラワクチンを発明しました。微生物が病原体である可能性を最初に示唆したのは彼なのですが、病気の原因は何であるかについては現在でも解明されておらず多くの議論があります。パスツールは生物の自然発生を認める自然発生説を否定し、微生物はすべて外界からの混入によるものであり、“生命は生命からのみ生まれる”という説を強く後押ししました。この説は多くの学者に支持されていますが、同時に医学や科学だけでなく宗教的な観点からも、多くの反論があります。自然発生説の否定に反論する人が多く引用するのが、上記のパスツールの最期の言葉なのですが、この言葉の出典を含めて、パスツールが死を前にして自分の説を否定したのかについては疑問も残ります。パスツールの最期の言葉の、ベルナールとは同じくフランスの医師、生理学者で、共に低温殺菌法の研究をしたクロード・ベルナールのことです。ベルナールが提唱した、生体の内部環境は組織液の循環等の要因によって外部から独立しているとする「内部環境の固定性」と言う考えは、後に米国の生理学者・ウォルター・B・キャノンによって引き継がれ、生物および鉱物にはその内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向があるとする、「ホメオスタシス」という概念に発展しました。この理論はパスツールの細菌理論と大分異なっているのですが、どちらがより正しいのかについてはっきりとしたことは現在でも分かっていません。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

(死の寸前に、ヨーグルトを食べたことの結果が自分の体にどのように現れたかを調べるよう、友人に依頼して)

腸のあたりだと思うんだ。

イリヤ・メチニコフの最期の言葉。イリヤ・メチニコフは(1845年5月15日, ハリコフ - 1916年7月16日, パリ)はロシアの微生物学者および動物学者である。白血球の食作用を提唱し、免疫系における先駆的な研究を行ったことで有名である。メチニコフは、ミジンコやナマコの幼生の研究から、それらの動物の体内に、体外から侵入した異物を取り込み、消化する細胞があることを発見した。たとえば、ミジンコの体内に侵入して増殖し、ミジンコを殺してしまう酵母の1属 (Metschnikowia) がいるが、彼は、場合によっては侵入を受けたミジンコが死なず、侵入した胞子がそこへやってきた細胞に取り込まれ、消化されることを発見した。そこで、彼は、この細胞に食細胞と命名し、この細胞の働きが、動物が病気にならないためのしくみ、つまり生体防御のしくみを支えるものだと判断した。当時、免疫は専ら血清中の液性因子(抗体や補体)によるもの(=液性免疫)だけと考えられていたが、メチニコフの提唱した学説はこれとは異なる、血球細胞による免疫機構(=細胞性免疫)の存在を支持するものであった。また晩年には老化の原因に関する研究から、大腸内の細菌が作り出す腐敗物質こそが老化の原因であるとする自家中毒説を提唱した。ブルガリア旅行中の見聞からヨーグルトが長寿に有用であるという説を唱え、ヨーロッパにヨーグルトが普及するきっかけを作ったことでも知られる。自身もヨーグルトを大量に摂取し、大腸を乳酸菌で満たして老化の原因である大腸菌を駆逐しようと努めた。1886年、ロシアのオデッサ大学にロシア初の細菌学研究所が設立された際、教授を務める。この時期にパストゥールのワクチンを用いての狂犬病研究を試みるが、地元の民衆からの理解を得られず辞任。1887年、パリにてルイ・パストゥール研究所の招聘に応じ主任研究員を務め、以後パリで過ごすこととなる。1908年、食菌作用の研究においてノーベル生理学・医学賞を受賞した。彼は食細胞の働きを生体防御の働きと見て、そのために液性免疫の役割を否定した。そのために、従来の研究者たちと対立し、激しい論争が行われたと伝えられる。ちなみに、この2つの働きの関係は、最近まで明らかにならなかった。近年まで、教科書には生体防御と言えば、白血球によるものと体液性免疫によるものが、ほとんど無関係に、並列的に記述されていた。この両者が密接に関係を持って一つの生体防御のしくみをなしていることがわかったのは、個々のリンパ球の働きなどが明らかになってからのことである。彼は死の寸前に、ヨーグルトを食べたことの結果が自分の体にどのように現れたかを調べるよう、友人に依頼したといわれる。「腸のあたりだと思うんだ」が最後の言葉であったと伝えられる。現在ではヨーグルトを経口で摂取しても、胃において乳酸菌は、ほとんど死滅し、腸には到達しない事が判明している(ただし死滅した加熱死菌体も疾病予防効果などを有するので、健康上の効果は存在する)。

イリヤ・メチニコフはロシアの微生物学者です。彼は免疫系における先駆的な研究を行いました。また、老化は腸内腐敗による自家中毒であると考え、自らブルガリアヨーグルトによる食事療法を推奨しました。彼は、人間の本来の寿命は150年であるとし、それは乳酸菌の飲用によって達成できると考えており、自らもヨーグルトを食べてその効果を試し続けていました。このヨーグルト長寿説のアイデアは、メチニコフがブルガリアを旅行した際、特定の地域に高齢者が多いことに注目し、伝統食であるヨーグルトが長寿の秘訣と紹介したことから、欧州を中心に世界中に広まりました。なお、日本の明治乳業は、メチニコフの誕生日の5月15日を「ヨーグルトの日」として宣伝しています。彼は二人の兄がいるのですが、トルストイの小説「イワン・イリイッチの死」のモデルとされる司法官は彼の長兄で、ナロードニキの革命家で日本に亡命して東京外国語学校の外国人教師となったレフ・メチニコフは次兄にあたります。ノーベル賞を受賞したメチニコフの業績に思いを馳せて、みなさんもヨーグルトを食べて健康になりましょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。