FC2ブログ
12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

糸瓜咲て 痰のつまりし 佛かな

正岡子規の辞世の句。正岡子規(1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家である。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人である。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)に松山藩士正岡常尚と八重の間に長男として生まれた。母は、藩の儒者大原観山の長女。1872年(明治5年)、幼くして父が没したために家督を相続し、大原家と叔父の加藤恒忠(拓川)の後見を受けた。外祖父・観山の私塾に通って漢書の素読を習い、翌年には末広小学校に入学し、後に勝山学校に転校。少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しみ、友人と回覧雑誌を作り、試作会を開いた。また自由民権運動の影響を受け、政談にも関心を熱中したという。1880年(明治13年)、旧制愛媛一中(現・松山東高)に入学。1883年(明治16年)、同校を中退して上京し、受験勉強のために共立学校(現・開成高)に入学。翌年、旧藩主家の給費生となり、東大予備門(のち一高、現・東大教養学部)に入学し、常盤会寄宿舎に入った。1890年(明治23年)、帝国大学哲学科に進学したものの、後に文学に興味を持ち、翌年には国文科に転科した。この頃から「子規」と号して句作を行う。愛媛一中、共立学校で同級だった秋山真之とは、松山在住時からの友人であり、また共通の友人として勝田主計がいた。東大予備門では夏目漱石・南方熊楠・山田美妙らと同窓。大学中退後、叔父・加藤拓川の紹介で1892年(明治25年)に新聞『日本』の記者となり、家族を呼び寄せそこを文芸活動の拠点とした。1893年(明治26年)に「獺祭書屋俳話(だっさいしょおくはいわ)」を連載し、俳句の革新運動を開始した。1894年(明治27年)夏に日清戦争が勃発すると、翌1895年(明治28年)4月、近衛師団つきの従軍記者として遼東半島に渡ったものの、上陸した2日後に下関条約が調印されたため、同年5月、第2軍兵站部軍医部長の森林太郎(鴎外)等に挨拶をして帰国の途についた。 その船中で喀血して重態に陥り、神戸病院に入院。7月、須磨保養院で療養したのち、松山に帰郷した。1897年(明治30年)に俳句雑誌『ホトトギス』(ほとゝぎす)を創刊し、俳句分類や与謝蕪村などを研究し、俳句の世界に大きく貢献した。漱石の下宿に同宿して過ごし、俳句会などを開いた。短歌においても、「歌よみに与ふる書」を新聞『日本』に連載。古今集を否定し万葉集を高く評価して、江戸時代までの形式にとらわれた和歌を非難しつつ、根岸短歌会を主催して短歌の革新につとめた。根岸短歌会は後に伊藤左千夫・長塚節・岡麓らにより短歌結社『アララギ』へと発展していく。やがて病いに臥せつつ『病牀六尺』を書いたが、これは少しの感傷も暗い影もなく、死に臨んだ自身の肉体と精神を客観視し写生した優れた人生記録と、現在まで読まれている。同時期に病床で書かれた日記『仰臥漫録』の原本は、兵庫県芦屋市の虚子記念文学館に収蔵されている。1902年9月に死去。享年34。東京都北区田端の大龍寺に眠る。

正岡子規は近世以来の月並俳諧を排して、写生を作句の根本に置き近代俳句を確立した人物です。彼は紀貫之に代表される古今集をつまらなぬ歌集として万葉集を称揚し、当時の俳句の主流であった松尾芭蕉より与謝蕪村を高く評価しました。このような彼の姿勢は一方で批判もありますが、彼が俳句という芸術を刷新した改革者であったことは確かです。また彼には、親友の夏目漱石を創作の世界へと誘ったという功績もあります。彼の雅号である子規とはホトトギスのことで、ホトトギスは嘴の根元が赤いことから結核患者を意味します。子規は喀血した自身をホトトギスになぞらえてこの号をつけました。日清戦争への記者としての従軍により病状が悪化すると、帰国途上の船中で大喀血して重態となりました。その後松山に帰郷し、当時松山中学校に赴任していた親友夏目漱石の下宿で静養しています。1896年(明治29年)、結核菌が脊椎を冒し脊椎カリエスを発症し、やがて臀部や背中に穴があき膿が流れ出るようになりました。1899年(明治32年)夏頃以後は座ることさえ困難になる中、寝返りも打てないほどの苦痛を麻痺剤で和らげながら、俳句・短歌・随筆を書き続け、高浜虚子・河東碧梧桐・伊藤左千夫・長塚節ら後進の指導をし続けました。『病床六尺』の35年6月2日には、「余は今まで禅宗のいわゆる悟りということを誤解していた。悟りということはいかなる場合にも平気で死ぬることかと思っていたのは間違いで、悟りということはいかなる場合にも平気で生きていることであった。」とありますが、この言葉は子規を語る上でよく引用されるものですが、絶え間無い激痛の中で創作を続けた彼の悟りの境地をあっラ和したものだと言えます。子規は上記の句の他に、「痰一斗糸瓜の水も間にあはず」「をとといのへちまの水も取らざりき」という句も辞世として残しています。

病牀六尺 正岡子規
http://www.aozora.gr.jp/cards/000305/files/43537_41508.html
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

散るをいとふ世にも人にもさきがけて 散るこそ花と吹く小夜嵐

散ることを嫌がる世の中にも人にも先駆けて 散ってこそ花であると吹く夜の嵐

三島由紀夫の辞世の句。三島由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、日本の小説家・劇作家・評論家・政治活動家・民族主義者。血液型はA型。戦後の日本文学界を代表する作家の一人である。代表作は小説に『仮面の告白』、『潮騒』、『金閣寺』、『鏡子の家』、『憂国』、『豊饒の海』四部作など、戯曲に『鹿鳴館』、『近代能楽集』、『サド侯爵夫人』などがある。人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。晩年は政治的な傾向を強め、自衛隊に体験入隊し、民兵組織「楯の会」を結成。1970年11月25日、前年の憂国烈士・江藤小三郎の自決に触発され、 楯の会隊員4名と共に、自衛隊市ヶ谷駐屯地(現:防衛省本省)を訪れて東部方面総監を監禁。その際に幕僚数名を負傷させ、部屋の前のバルコニーで演説しクーデターを促し、その約5分後に割腹自殺を遂げた。この一件は世間に大きな衝撃を与え、新右翼が生れるなど、国内の政治運動に大きな影響を及ぼした。(詳細は三島事件を参照)筆名の「三島」は、静岡県三島の地名に由来する。「三島」の命名を想起した清水文雄が修善寺での同人誌の編集会議を兼ねた一泊旅行のとき、「三島」を通ってきたことと、富士を見ての連想から「ゆき」という名前が浮かんだという。著作権は、酒井著作権事務所が一括管理している。2010年11月時点で三島の著作は累計発行部数2400万部以上。1970年(昭和45年)11月25日、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地内東部方面総監部の総監室を森田必勝ら楯の会メンバー4名とともに訪れ、面談中に突如益田兼利総監を、人質にして籠城。バルコニーから檄文を撒き、自衛隊の決起・クーデターを促す演説をした直後に割腹自決した、45歳没。決起当日の朝、担当編集者(小島千加子)へ間接的に『豊饒の海 第四巻 天人五衰』最終回原稿が渡され、本作が遺作となった。1971年(昭和46年)1月14日、府中市多摩霊園の平岡家墓地に遺骨が埋葬された。

三島由紀夫の業績や経歴を簡単に書いておきましょう。三島の幼少期は、祖母である夏子の絶対的な影響下に置かれており、外での男の子らしい遊びは禁じられ、遊び相手は女の子を選び、女言葉を使わせられていたそうです。また幼少の頃の三島は病弱で、青白い顔をしていたことから、「アオジロ」というあだ名をつけられていました。この辺りのことが、晩年の異常な男性主義に影響を与えているようです。三島文学の文体は、終始レトリックを多様に使い、外国人作家の作風に近いとされています。代日本文学史の傾向においては、ロマン主義、耽美主義に分類されており、ジョルジュ・バタイユ的な生と死の合一といったエロティシズム観念に近いものがあり、三島もバタイユを「ウィーンの俗悪な精神分析学者などの遠く及ばぬエロティシズムの深淵を、われわれに切り拓いてみせてくれた人こそバタイユであつた」と評しています。日本の古典から海外文学まで、幅広い文学知識を持つ三島ですが、SFが好きだったと言うと意外に思う人がいるかもしれません。三島はSFの中でも特にアーサー・C・クラークを愛好しており、同人誌「宇宙塵」第71号の中では、「私は心中、近代ヒューマニズムを完全に克服する最初の文学はSFではないか、とさへ思つてゐるのである」とさえ述べました。さらに三島は漫画・映画などのサブカルチャーも好きでした。三島の映画好きは有名ですが、水木しげる、つげ義春や好美のぼるらの漫画を複数所蔵しており、ボクシングをやっていたこともあり、『あしたのジョー』を愛読していました。手塚治虫は三島を終生のライバルの一人として見なしていたらしく、三島がモデルと思われる作家が主人公の中編『ばるぼら』(ビッグコミック 1973年 - 1974年に連載)を描いています。周知のとおり三島の最期は、憲法改正のため自衛隊の決起を呼びかけた後の割腹自殺でした。三島は自衛官たちに向かい、拳を振り上げながら演説しましたが、すさまじい野次にあいました。当時防衛大学校長だった猪木正道は三島と檄について、「公共の秩序を守るための治安出動を公共の秩序を破壊するためのクーデターに転化する不逞の思想であり、これほど自衛隊を侮辱する考え方はない」と述べましたが、事件後に東京および近郊に在隊する陸上自衛隊内で行われたアンケート(無差別抽出1000名)では、大部分の隊員が、「檄の考え方に共鳴する」という答だったそうです。行為の是非はともかくとして、話くらい聞いてあげた方が良かったと思います。三島は上記の辞世の歌の他に「益荒男がたばさむ太刀の鞘鳴りに 幾とせ耐へて今日の初霜」という歌も辞世として残しています。

三島由紀夫の最後の映像
http://www.youtube.com/watch?v=bprGPmEwiw0
三島由紀夫の最後の演説
http://www.youtube.com/watch?v=xG-bZw2rF9o
三島由紀夫のインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=rTCiR7p_MCE

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。