FC2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

今までは目見へせねども主人公 八八といひし年もあきけり

今までは注目されなくても主人公 64歳という年にも飽きた

安原貞室の辞世の句。安原貞室(やすはらていしつ:1610年(慶長15年) - 1673年3月25日(延宝元年2月7日))は、江戸時代前期の俳人で、貞門七俳人の一人。名は正明(まさあきら)、通称は鎰屋(かぎや)彦左衛門、別号は腐俳子(ふはいし)・一嚢軒(いちのうけん)。京都の紙商。1625年(寛永2年)、松永貞徳に師事して俳諧を学び、42歳で点業を許された。貞門派では松江重頼と双璧をなす。貞室の「俳諧之註」を重頼が非難したが、重頼の「毛吹草」を貞室が「氷室守」で論破している。自分だけが貞門の正統派でその後継者であると主張するなど、同門、他門としばしば衝突した。作風は、貞門派の域を出たものもあり、蕉門から高い評価を受けている。句集は「玉海集」。

安原貞室は俳風は、言葉遊びの域を出なかったとされる貞門派の中で、蕉門派の人からも高い評価を受けた数少ない人です。特に芭蕉は『おくのほそ道』で、貞室が加賀の山中の人々から点料を取らなかった逸話を記したり、「これはこれはとばかり花の吉野山」という貞室の句について、『笈の小文』で「吉野の山に三日とどまりて・・・かの貞室が是は是はと打ちなぐりたるに、われはいはん言葉もなくて・・・」と褒めています。彼の本業は京都の鎰屋という紙屋で、15歳で貞徳の私塾に学び18歳のころに俳諧を始めたそうです。上記の通り、彼は野心的で自負心が強かったため、同門の人たちとも仲が悪く諸家を酷評し自己を賞揚したりもしました。またかつては自分の門人であった、北村季吟とも絶交したりもしています。さて、上記の歌ですが「八八」がなぜ64になるのかと思った人もいるかもしれませんが、これは8×8が64だからです。当時はこのような表記の方が、むしろ一般的でした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。