FC2ブログ
02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

短夜や われには長き 夢さめぬ

横井也有の辞世の句。横井也有(よこい やゆう、元禄15年9月4日(1702年10月24日) - 天明3年6月16日(1783年7月15日))は、江戸時代の武士、国学者、俳人。元禄15年(1702年)、尾張藩で御用人や大番頭を務めた横井時衡の長男として生まれ、幼名は辰之丞、通称は孫右衛門と言った。本名は時般(ときつら)、別号に永言斎・知雨亭など。横井氏は北条時行の流れを組む家柄と称する。26歳にして家督を継いだ後は用人、大番頭、寺社奉行など藩の要職を歴任。武芸に優れ、儒学を深く修めるとともに、俳諧は各務支考の一門である武藤巴雀、太田巴静らに師事、若い頃から俳人としても知られ、俳諧では、句よりもむしろ俳文のほうが優れ、俳文の大成者といわれる。多芸多才の人物であったという。宝暦4年(1754年)、53歳にして病を理由に隠居した後は、前津(現在の中区前津1丁目)の草庵・知雨亭に移り住み、天明3年(1783年)に82歳で没するまで、俳文、漢詩、和歌、狂歌、茶道などに親しむ風流人として暮らした。也有の『鶉衣』は大田南畝により刊行されているが、その経緯について南畝は鶉衣の序文に記している。安永の初め頃、たまたま長楽寺に立ち寄った南畝はそこで也有の「借物の弁」を目にし、「余りに面白ければ写し帰」ったという。それ以降、尾張出身者に会う度に也有のことを尋ね、漸くその著作を目にする機会が訪れたが、その時すでに也有は亡くなっていた。南畝は也有の作品がこのまま埋もれてしまうのは惜しいと思い、自らの手で刊行することとした。こうして『鶉衣』が世に出ることになったのである。

横井也有の句の中で一番有名なのは、『鶉衣』に記された「化物の正体見たり枯尾花」でしょう。この句は「幽霊の正体見たり枯尾花」と変化して広く知られるようになりました。『鶉衣』は俳文の極致とも言うべき飄逸味溢れた俳文集で、江戸時代に刊行された俳文集の中でも最も優れたものの一つです。俳諧・儒学・武芸全般に秀いでた也有の多才ぶりを発揮した、洗練された雅俗混淆の文で綴られています。これは蕉風流の俳文と異なり、軽妙な俳趣にとむ洒脱を大きな特徴としています。也有は俳文における要を説いて『俗ならず雅にすぎず主意よく本来をつらぬきたるこそ調ひたる文章とこそいわめ』と記しています。彼は暇さえあれば、句作や文章執筆に専念した趣味人でしたが、同時に職務には忠実で、勤めと趣味の区別は厳然としていました。職務を引退してからは、悠々自適の生活を送りましたが、その名は全国に知れ渡っており、『去来問答評』では森川許六を批判し、『こだま草』で涼袋(建部綾足)批判するなど指導者としての役割も果たしました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。