03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

とかくして 折れるに出来た 氷柱かな

坂東三津五郎 (3代目)の辞世の句。三代目坂東三津五郎(さんだいめ ばんどう みつごろう、安永4年(1775年) - 天保2年12月27日(1832年1月29日))は、文化文政時代の歌舞伎役者。屋号は大和屋。俳名に是業・秀佳・秀哥。初代坂東三津五郎の子。安永7年、江戸森田座で坂東三田八を名乗り初舞台を踏む。天明2年 (1782) には(初代)坂東巳之助と改めるが、その後父の死によって八代目森田勘彌の養子となり、翌年二代目森田勘次郎となる。同年11月森田座に若太夫として出て、そののち立役となる。寛政5年 (1793) には(初代)坂東簑助を名乗るが、この頃から江戸随一の和事師といわれるようになる。寛政11年 (1799)、二代目坂東三津五郎が二代目荻野伊三郎を襲名したのを受け、三代目坂東三津五郎を襲名。深川永木河岸に住んでいたので、「永木の三津五郎」ともまた「永木の親方」ともいわれた。当たり役は『伽羅先代萩』(花水橋)の足利頼兼、『一谷嫩軍記』(熊谷陣屋)の熊谷直実、『源平布引滝』(実盛物語)の斎藤実盛など。時代物と世話物を良くし、武道事や力士を得意とした。また四代目鶴屋南北と提携してその作による演目の多くに出演し、三代目中村歌右衛門と舞台で芸を競った。ある演目で、小道具の張り子の茶碗のふちを爪ではじく型を工夫していた時、裏方が気を利かせて茶碗を本物の瀬戸物の茶碗に替えたところ、「瀬戸物を瀬戸物に見せるのなんてぇのは誰にだって出来やがる。張り子の茶碗を瀬戸物に見せるところが役者の腕ってもんだろうが。ようやく瀬戸物らしく見えるようになってきたところに、てめえ余計なお世話だ」と食って掛かった逸話が残っている。踊りにも秀で、『娘道成寺』を当り役のひとつとして度々舞った。また三代目歌右衛門とともに変化舞踊も頻繁に舞い、その多くの型が今に伝わる。墓所は港区増上寺。日本舞踊の五大流派の一つ坂東流の流祖でもある。また弟の坂東志賀次は志賀次派坂東流の元祖で、その娘が祖宗の初代坂東志賀次である。

三代目坂東三津五郎は、文化文政時代の歌舞伎を代表する人気役者でした。特にライバルであった3代目中村歌右衛門との人気争いは、贔屓客同士の喧嘩騒ぎを生んだほどでした。彼が和事と並んで最も得意にしたのが舞踊で、特に当時流行した変化舞踊では他の名だたる名優たちですら一目を置きました。文政4(1821)年の歌舞伎の評判記では、極上上吉となりその人気は絶頂を迎えました。風姿に優れ、性温順で、花実兼備といわ非の打ちどころのない役者であった三代目は、天保1(1830)年には最上位を意味する無類の位に上りました。三代目の当たり役の一つである『娘道成寺』は、舞に華麗さや品格の高さが要求されるのみならず、一時間近くをほとんど一人で踊りきるため、芸の力と高度な技術に加え、相当の体力が必要とされる演目であり、九代目團十郎をして「この踊りには踊りの要素のすべてが入っている」と言わしめたほどでした。

京鹿子娘道成寺
https://www.youtube.com/watch?v=2gR_O2IX3hc
三代目三津五郎の石川五右衛門
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/b/be/Mitsugoro3-Goemon.jpg
死絵 三代目坂東三津五郎
http://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/collections/view_detail_nishikie.do;jsessionid=7107D357A548325D63A99341D8F38C6F?division=collections&trace=detail&istart=90&iselect=%E3%81%97&did=1120995&class=nishikie&type=title
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

僕本月本日を以て目出度死去致候間此段広告仕候也

斎藤緑雨の死亡の自家広告。斎藤 緑雨(さいとう りょくう 齋藤緑雨、1868年1月24日(慶応3年12月30日) - 1904年(明治37年)4月13日)は、明治時代の小説家、評論家。本名・賢(まさる)。「正直正太夫」をはじめ、「江東みどり」「登仙坊」など別名も多数ある。幸田露伴がつけたという戒名は「春暁院緑雨醒客」。1868年1月24日(慶応3年12月30日)、伊勢国(三重県)の神戸(現在の鈴鹿市神戸(かんべ))で生まれ、10歳で上京。東京府中学を経て、明治法律学校(現在の明治大学)に進学するが、弟たちのために中途で学業を廃し、文筆で立つことを決意。1884年(明治17年)より仮名垣魯文に師事し、〈江東みどり〉の筆名でいくつかの小説を書く。その後、1889年(明治22年)から1890年(明治23年)に『小説八宗』、『初学小説心得』、『小説評注問答』などのパロディ精神にあふれた評論を書き、辛辣な批評家として自他ともに許す。1891年(明治24年)に『油地獄』、『かくれんぼ』などの作品で小説家としても認められるが、生活は苦しかった。萬朝報・読売新聞・二六新報などの新聞で「眼前口頭」をはじめとするアフォリズムを連載する。萬朝報記者だった幸徳秋水と親交。樋口一葉の真価を理解評価し、森鴎外・幸田露伴とともに「三人冗語」で紹介した一人である。1896年(明治29年)1月に手紙をやりとりし始め、緑雨は直截な批評を一葉に寄せるようになる。樋口家を訪問しては一葉と江戸文学や当時の文壇について語り明かし、一葉は「敵にまわしてもおもしろい。味方にするとなおおもしろそうだ」とその印象を日記に書き記している。以来、一葉没するまで2人の交流は続く。1899年(明治32年)に、「一葉全集」(博文館)の校訂を引き受け、遺族の生活を請け負う一方、一葉日記を手元にとどめ、亡くなる直前に友人の馬場孤蝶に託したことにも、緑雨の一葉への愛着がうかがえる。肺結核にかかり、1900年(明治33年)10月23日から鵠沼の旅館東屋で転地療養し、1901年4月13日、東屋の女中頭金澤タケを伴って、タケの実家のある小田原に移り、タケと結婚する。小田原で二年間療養するが、病状はかんばしくなく、東京に戻る。しかしなかなか働き口がなかった。 友人の秋水は堺利彦らと発行していた「週刊・平民新聞」に、緑雨のために「もゝはがき」という欄を設け、原稿料を得ることができるようにした。緑雨はその送金が待ちきれずに、病躯をおして平民社に受け取りに来る時も多くあり、秋水はいつも、小遣い銭を加えて渡すようにしていたという。1904年(明治37年)4月13日、「僕本月本日を以て目出度死去致候間此段広告仕候也」と孤蝶に口述筆記させた死亡広告を遺し、東京市・本所横網町の自宅で、36歳の若さで病死する。弟子に小杉天外らがいる。

斎藤緑雨は、江戸の戯作者気質を色濃く残した作家です。緑雨は少年時代には幼友達で後に帝国大学教授となる上田万年と、筆写回覧雑誌を出すほどの文才を示していました。仮名垣魯文の門下に入ってからは、『今日新聞』『めさまし新聞』に執筆し、坪内逍遥、幸田露伴、森鴎外らと相識るようになりました。パロディ精神旺盛な小説も書き、明治24(1891)年に小説『油地獄』を『国会』に、『かくれんぼ』を『文学世界』に書きました。緑雨は多くの警語を残していますが、その常識に捉われない機知は、1903年(明治34年)1月から1903年(明治36年)7月まで萬朝報・読売新聞・二六新報などの新聞に発表された「眼前口頭」をはじめとするアフォリズム集によくあらわれています。例えば「按ずるに筆は一本也、箸は二本也。衆寡敵せずと知るべし」や「ギヨエテとは おれのことかと ゲーテ云ひ」などは、知っている人も多いのではないでしょうか。風刺的諧謔的な独特の批評を展開し、毒舌家として知られた緑雨でしたが、死を迎えるに当たって上記の死亡の自家広告を出しました。内田魯庵はこれを「江戸ッ子作者の最後のシャレ」としましたが、緑雨は最後まで洒落の利いた人だったようです。

斎藤緑雨
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2d/Saito_Ryokuu.jpg
『斎藤緑雨』 内田魯庵
http://www.aozora.gr.jp/cards/000165/files/49569_43495.html

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

大名窮屈、公家貧乏、坊主うそつき、禰宜さみし 阿耨多羅三藐三菩提の仏達 なさしめ給え金持ちの子に

木内石亭の辞世の狂歌。木内 石亭(きうち/きのうち せきてい、享保9年12月1日(1725年1月14日) - 文化5年3月11日(1808年4月6日))は、江戸時代の奇石収集家、本草学者。幼名は幾六。諱は重暁。近江国志賀郡下坂本村(現滋賀県大津市坂本)に生まれる。捨井家に生まれるが、母の生家である木内家の養子となる。安永4年(1751年)、大坂に赴き津島如蘭(桂庵)から本草学を学んだ。津島塾では木村蒹葭堂と同門。宝暦6年(1756年)には江戸の移り田村元雄(藍水)に入門。平賀源内らと交流した。11歳の頃から珍石奇石に興味を抱き、諸国を精力的に旅して、2000種を超える石を収集した。収集した奇石のなかには鉱物や石製品、石器や化石も含まれており、分類や石鏃の人工説も唱えており、考古学の先駆者とも評される。また、弄石社を結成し、諸国に散らばっている愛好家達の指導的役割を果たした。著作に『雲根志』や『奇石産誌』等があり、シーボルトが著書『日本』を記すにあたっては、石器や曲玉について石亭の研究成果を利用している。守山宿の本像寺に墓がある。

木内石亭は、鉱物の魅力に取り付かれた本草学者です。本草学とは中国で発達した医薬に関する学問ですが、現在の用語では博物学がこれに当たります。本草学は、服用すると不老不死の仙人になれる霊薬(仙丹)を作ることを目的とした、錬丹術の原材料の研究ととも発達しており、草木だけでなく鉱物の研究も行われていました。木内石亭は京坂、江戸その他各地の本草家や物産家と交流し、弄石社を結成して奇石を各地に訪ね歩き、収集採集も盛んに行いました。これら収集歴訪をもとに独自に鉱石類を分類し『雲根志』3編と1320種の蔵石を記録した『蔵石目録』を著しました。石亭が鉱物にかけた異常な情熱は、後の万能博物学者南方熊楠とも繋がっており、石亭のことを「弄石で名高かった木内重暁の『雲根志』を見ると、夢に大津の高観音と思われる辺に来て、一骨董店に葡萄石をつり下げているのを見て、さっそく試しにそこに行ってみたところ、やはりみすぼらしい小店に夢の通りに石をつり下げてあったため、買うことができたなどということがある。これをでたらめとした人は、その人が木内氏ほどそのことに熱心でないか、または脳作用が異なっていることによる、と小生は思う」(『浄愛と不浄愛、粘菌の生態、幻像、その他』より)と書いています。

『雲根志』。1773(安永2)年 - 1801(享和元)年刊、木内石亭著。国立科学博物館の展示。
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9a/Unkonshi.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

山の端にしら雪と見し花は根に かへりし後のはるの古さと

山の端に白雪のように見えた花は根に 帰った後は春のふるさと

花笠文京の辞世の句。花笠 文京(はながさ ぶんきょう、1785年 - 1860年)は、江戸時代後期の日本の狂言作者・戯作者。別名に花笠魯助(魯介)、代作屋大作。兄は儒者東条琴台。弟子に仮名垣魯文がいる。江戸に生まれ、四世鶴屋南北に師事。1811年市村座の「厳島雪官幣」で狂言作者・花笠魯助の名が確認できる。三世尾上菊五郎の代作者として活動する傍ら戯作も行い、「曲取主人」の筆名で『南総里見八犬伝』のパロディ艶本『恋のやつふぢ』を著している。

花笠文京は江戸後期の戯作者です。幕末と言う時代は政治的な激動期であったためか、文化的には一段低く見られているように感じられます。特に戯作の分野は、明治に入ると坪内逍遥の『小説神髄』によって批判され、完全に衰退してしまいました。しかし、戯作のような怪談や人情話にこそ、日本の情緒は強く現れているのであり、文学的な価値を否定されるようなものではありませんでした。このような江戸文化に対する偏見によって、文京の弟子の仮名垣魯文が活躍した頃には、戯作を書くプロの作家は数名にまで減少しました。上記の辞世の歌は、千載集に収められている崇徳院の「花は根に鳥は古巣に帰るなり春のとまりを知る人ぞなき」という歌を取っており、さらにこの歌は和漢朗詠集に収められている藤原滋藤の「閏三月」の「花悔帰根無益悔(花は根に帰りしことを悔ゆれども悔ゆるに益なし)鳥期入谷定延期(鳥は谷に入らんことを期(ご)すれども定めて期を延ぶらむ)」という句を元にしています。これらの歌はどちらも惜春の歌であり物事は全てその本に帰るのだという無常観を詠んだ歌ですが、文京はそれを踏まえて帰った後はまた春が来るという、次の喜びを期待する歌を辞世として残しました。戯作文学は明治維新によって衰退しましたが、後に永井荷風らによって再評価され日本の情緒を今に伝えています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

よの中の人の似かおもあきたれば ゑむまや鬼の生きうつしせむ

豊原国周の辞世の句。豊原国周(とよはら くにちか、天保6年6月5日〈1835年6月30日〉 - 明治33年〈1900年〉7月1日)とは、幕末から明治にかけての浮世絵師。豊原周信及び歌川国貞(三代目歌川豊国)の門人。本姓は荒川氏、俗称は八十八。江戸京橋五郎兵衛町の湯屋(一説には江戸京橋三十間堀七丁目の家主)大島屋九十郎の次男として生まれる。母は同心の荒川三之丞の娘八重。画号は国周の他、一鶯斎、豊春楼、花蝶斎、花蝶楼、華蝶斎、華蝶楼、一桃、歌清舎、曹玄子、米翁、鶯斎。画姓を豊原としたのは、師の豊原周信への恩を忘れぬためだといわれる。幼い頃はかなりやんちゃで近所から苦情が来ていたという。しかし、びら屋で祭礼の際に用いられる地口行灯(もとの言葉を別のものに仕立てて楽しむ言語遊戯、つまりは語呂合わせである地口を、絵で行灯に描いてある。祭礼時に町の辻に飾ることが流行し、その絵の多くが浮世絵師によって描かれた)の制作の手伝いをするなど、画才を示していた。兄の長吉が南伝馬町に押絵屋を開業したことがきっかけで、長谷川派の豊原周信に師事し役者似顔を学び、羽子板押絵の原図を制作した(一説には羽子板師の隣春に就いたともいわれる)。数奇屋河岸にあった羽子板問屋明林堂の仕事を引き受け、その役者絵は評判が良かったという。国周の墓所である本龍寺には、現存してはいないが押絵師湯川周丸を発起人とした国周の辞世句「よの中の人の似かおもあきたれば ゑむまや鬼の生きうつしせむ」を刻んだ碑があったといわれるので、終生羽子板絵とのかかわりが保たれたのだろう。嘉永元年(1848年)三代目豊国のもとに入門し、嘉永5年(1852年)には豊国の役者絵の一部を描き、門人八十八と署名する。安政2年(1855年)の頃より、最初の師である豊原周信と豊国の名前を合わせた画名である豊原国周と署名するようになる。明治2年(1869年)、人形町具・足屋嘉兵衛を版元にし、彫工・太田升吉による役者似顔大首絵を多数制作して力量を示した。このシリーズにより「役者絵の国周」として知られるようになり、後世小島烏水によって「明治の写楽」と称せられる。同年には大橋屋弥七から似顔大首絵を2枚、3枚続にした作品を出版した。後年は伝統的な役者似顔絵の七分身像を多く描き、3枚続の画面に一人立ちの半身役者絵を描く大胆な構図の作品なども描いた。顔貌描写に羽子板絵式の装飾味を持たせ、美人画にも独特の晴れやかさを示した。3枚続に役者一人を描くという新しい構成は国周が創始したとされる。明治期における役者絵絵師の代表的存在であり、作品数も多く、明治演劇史の資料としても大変価値がある。写真の流行する時代の影響を受け、明治3年(1870年)に「写真所」と題した役者のブロマイドがあり、陰影法を用いた木版画を制作したが成功しなかった。国周の役者絵は戊辰戦争を受けて不況となった歌舞伎界を盛り上げたともといえる。国周は自らも認めているほどの変わった性格をしていたという。住いと妻を変えることが癖で、本人によると転居は117回であり、同じく転居の多かった葛飾北斎と比べ「絵は北斎には及ばないが、転居数では勝っている」と誇っていたという。近所の空気が気に入らないといっては移転し、版元が絵を依頼しようとしても居所がわからず困ったという。「今日転居して来て、明日厭気がさすと直ぐ引越し、甚しい時は一日に三度転じたが、その三度目の家も気に入らなかったが、日が暮れて草臥れたので、是非なく思い止まった」という話まである。妻も40人余り変え、長続きすることは無かった。酒と遊びが大好きで、画料が入っても宵越しの金は持たないとばかりにすぐ使ってしまい、晩年は着物一枚で過ごし舞台に出る役者をスケッチする「中見」の際には版元から着物を貸してもらうほどだったという。しかし困っている人を見ると助けずにはいられず、時には来客のものまで与えてしまうという非常識ぶりを発揮した。そこで地本問屋の主人などは、国周を訪問する際には高価なものを携帯することを避けたという。国周の仕事ぶりをうかがわせるエピソードとして次のようなものがある。福田という版元は芝居が好きで役者絵を多く出版していた。あるとき、国周が九代目市川團十郎の姿を描いた版画のもとになる下絵を描いたが、團十郎がそれを検分したとき無くなってしまった。とても良くできていたのでもう一度下絵を描いてくれと頼んだが、国周は同じものは二度と描かないと断ったという。国周の絵師としての誇りがこのような態度をとったのだろうが、いかにも江戸っ子というような印象を与える挿話でもあると思われる。国周の画稿料は3枚続一組が6、7円を普通とし、彫師で版元を兼ねた彫長は平均4円50銭ないし5円で描かせていたという。享年66。墓所は台東区今戸の本竜寺。法名は鶯雲院釈国周居士。国周の門人は多く存在したらしいが、活躍したのは守川周重と楊洲周延の2人のみである。そのほかに湯川周麿、五橋楼周芳、豊原周春、豊原周里、柳斎周秀、周幸、歌川国松、周義、三代目歌川国輝、周季、周峰がおり、また、歌川和哥が門人であったと推定されている。

豊原国周は幕末から明治を生きた浮世絵師です。芸術家というのは基本的に換わった人物であると思われていますが、彼もも例にもれず極めつけの奇人でした。いくらなんでも117回も引越しをし、40人余りも妻を変えた人は滅多にいないでしょう。国周の描く斬新な浮世絵は、戊辰戦争以後衰退していた歌舞伎界を支えました。豊原国周はその画力の割には、一般的な知名度の低い人なのが残念です。明治に活躍したとしては芳年や芳幾に並ぶ人ですが、いかんせんこの二人も広重・国貞・国芳ら江戸を代表する人たちから比べると影が薄いです。明治期には西洋の絵画も紹介され、日本画にも影響を与えましたが、浮世絵は次第に衰退して行き、浮世絵師たちの多くが雑誌の口絵などを描くようになりました。

「東京三十六会席 猿楽町芸者 小菊」(1878年)
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/12/Kunichika-Kogiku-in-Saruwaka-Cho.jpeg
市川団十郎演芸百番 二 矢の根五郎
http://livedoor.blogimg.jp/hanga_museum/imgs/0/0/00824947.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。