FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

いまわには何をかいわむ世の常に いいし言葉ぞ我が心なる

今際の際に何を言うだろうか世の常であるのに 今までに言ってきた言葉が私の心なのだ

伴信友の辞世の句。伴 信友(ばん のぶとも、1773年3月17日(安永2年2月25日) - 1846年12月2日(弘化3年10月14日))は、江戸時代の国学者である。幼名は惟徳。通称は州五郎。号は事負。博覧強記で、古典の考証に優れていた。 平田篤胤、橘守部、小山田与清とともに、「天保の国学の四大人」と呼ばれる。若狭国小浜藩士・山岸惟智の四男として生まれたが、1786年(天明2年)、同藩の伴信当の養子となる。1801年(享和元年)村田春門を介して本居宣長没後の門人となり、宣長の養子の本居大平に国学を学ぶ。1821年(文政4年)、息子の信近に家督を譲り、以後、学問に専念した。平田篤胤、黒川春村、本居内遠などと交流があり、篤胤からは君兄と慕われていたが、後に齟齬を来して決別した。師弟関係を好まず、弟子をとることはなかった。1846年(弘化3年)、京都の堀川で死去。

伴信友は一般的には国学者として知られていますが、官職にも就いており文化3(1806)年養父死去により家督を相続して以来、文政4(1821)年長男信近に禄を譲るまで、藩主酒井忠貫・忠進2代に仕えました。周到な古典考証に心血を注ぎ、年来の史料収集と校勘は隠居後の25年間に開花し、制度や事物起源などについて多くの史論を残しました。平田篤胤と同じく本居宣長の死後の門人となりましたが、篤胤とは対照的に人物穏当で実証主義に徹し、古代史の研究に努めました。信友はとんでもない学説を立てることもあった平田篤胤とは、あらゆる意味で対照的な実直の人でしたが、後世への影響と知名度では篤胤には及びませんでした。伴信友は上記の歌の他に、「ついに逝くときはきにけり 残りいてなげかん人ぞかなしかりける」という歌も辞世として残しています。

伴信友 『国文学名家肖像集』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%B4%E4%BF%A1%E5%8F%8B#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Ban_Nobutomo.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

嗟非常人、好非常事、行是非常、何死非常

ああ非常の人、非常のことを好み、行いこれ非常、何ぞ非常に死するや

(貴方は常識とは違う人で、常識とは違うものを好み、常識とは違うことをする、しかし、死ぬときぐらいは畳の上で普通に死んで欲しかった。)

平賀源内の墓碑。平賀源内(ひらが げんない、享保13年(1728年)- 安永8年12月18日(1780年1月24日))は、江戸時代中頃に活躍した本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家。源内は通称で、元内とも書いた。諱は国倫(くにとも)、字は子彝(しい)。数多くの号を使い分けたことでも知られ、画号の鳩渓(きゅうけい)、俳号の李山(りざん)をはじめ、戯作者としては風来山人(ふうらいさん じん)、浄瑠璃作者としては福内鬼外(ふくうち きがい)の筆名を用い、殖産事業家としては天竺浪人(てんじくろうにん)、生活に窮して細工物を作り売りした頃には貧家銭内(ひんか ぜにない)などといった別名でも知られていた。父は白石茂左衛門(良房)、母は山下氏の娘。兄弟多数。讃岐国寒川郡志度浦(現在の香川県さぬき市志度)に生まれる。平賀氏は讃岐高松藩の足軽身分の家で、元々は信濃国佐久郡の豪族だったが、戦国時代平賀玄信の代に甲斐の武田信虎・晴信父子に滅ぼされ、奥州の白石に移り伊達氏に仕え、白石姓に改めた。のちに伊予宇和島藩主家に従い四国へ下り、讃岐で帰農したという。幼少の頃には掛け軸に細工をして、「お神酒天神」を作成したとされ、その評判が元で13歳から藩医の元で本草学を学び、儒学を学ぶ。また、俳諧グループに属して俳諧なども行う。寛延元年(1748年)に父の死により後役として藩の蔵番となる。宝暦2年(1752年)頃に1年間長崎へ遊学し、本草学とオランダ語、医学、油絵などを学ぶ。留学の後に藩の役目を辞し、妹に婿養子を迎えさせて家督を放棄する。大阪、京都で学び、さらに宝暦6年(1756年)には江戸に出て本草学者田村元雄(藍水)に弟子入りして本草学を学び、漢学を習得するために林家にも入門して聖堂に寄宿する。2回目の長崎遊学では鉱山の採掘や精錬の技術を学ぶ。宝暦11年(1761年)には伊豆で鉱床を発見し、産物のブローカーなども行う。物産博覧会をたびたび開催し、この頃には幕府老中の田沼意次にも知られるようになる。宝暦9年(1759年)には高松藩の家臣として再登用されるが、宝暦11年(1761年)に江戸に戻るため再び辞職する。このとき「仕官お構い」(奉公構)となり、以後、幕臣への登用を含め他家への仕官が不可能となる。宝暦12年(1762年)には物産会として第5回となる「東都薬品会」を江戸の湯島にて開催する。江戸においては知名度も上がり、杉田玄白や中川淳庵らと交友する。宝暦13年(1763年)には『物類品隲』(ぶつるいひんしつ)を刊行。オランダ博物学に関心をもち、洋書の入手に専念するが、源内は語学の知識がなく、オランダ通詞に読み分けさせて読解に務める。文芸活動も行い、談義本の類を執筆する。明和年間には産業起業的な活動も行った。明和3年(1766年)から武蔵川越藩の秋元凉朝の依頼で奥秩父の川越藩秩父大滝(現在の秩父市大滝)の中津川で鉱山開発を行い、石綿などを発見した(現在のニッチツ秩父鉱山)。秩父における炭焼、荒川通船工事の指導なども行う。現在でも奥秩父の中津峡付近には、源内が設計し長く逗留した建物が「源内居」として残っている。安永2年(1773年)には出羽秋田藩の佐竹義敦に招かれて鉱山開発の指導を行い、また秋田藩士小田野直武に蘭画の技法を伝える。安永5年(1776年)には長崎で手に入れたエレキテル(静電気発生機)を修理して復元する。安永8年(1779年)夏には橋本町の邸へ移る。大名屋敷の修理を請け負った際に、酔っていたために修理計画書を盗まれたと勘違いして大工の棟梁2人を殺傷したため、11月21日に投獄され、12月18日に破傷風により獄死した。享年52。杉田玄白らの手により葬儀が行われたが、幕府の許可が下りず、墓碑もなく遺体もないままの葬儀となった。ただし晩年については諸説あり、大工の秋田屋九五郎を殺したとも、後年逃げ延びて田沼意次の保護下に天寿を全うしたとも伝えられるが、いずれもいまだにはっきりとはしていない。戒名は智見霊雄。墓所は総泉寺の移転前の台東区橋場の敷地にあり、総泉寺自体が浅草から板橋に移転した後もそのままの場所に残されている。

平賀源内は天才とも異才とも称される人です。彼は非常に有名な人ですが、あまりに多才過ぎてその業績が良く知られていない人でもあります。鎖国を行っていた当時の日本で、蘭学者として油絵や鉱山開発など外国の文化・技術を紹介したり、文学者としても戯作の開祖とされ、人形浄瑠璃などに多くの作品を残しましたた。また源内焼などの焼き物を作成したりするなど、多彩な分野で活躍しました。彼の業績で一番有名なのは、「エレキテル」の修理でしょう。源内はその原理についてよく知らなかったにもかかわらず、修復に成功したといういうのだから、よほど器用な才能の持ち主だったようです。「夏バテ防止のために土用の丑の日にウナギを食べる」風習は、夏場の売り上げ不振に悩んだ鰻屋に請われて、平賀源内が考案したというのが通説となっています。土用の丑の日は凶日だとされているのですが、このことは鰻に豊富に含まれるビタミンA・B群が夏バテ、食欲減退防止の効果を発揮するのに加えて、魔術的な効果を人々の心理に付け加えるのに一役買ったのでしょう。もう一つ、文章の「起承転結」を説明する際によく使われる、「京都三条糸屋の娘 姉は十八妹は十五 諸国大名弓矢で殺す 糸屋の娘は目で殺す 」の作者との説があるのですが、これは非常に分かりやすく優れた作例です。源内は『解体新書』を翻訳した杉田玄白をはじめ、当時の蘭学者の間では高く評価されていました。源内の葬儀は玄白が行い、上記の墓碑も玄白が書いたものなのですが、その才能を惜しんでいたことが伺われます。残念ながら源内は非常に多彩な才能を持ちながら、それを十分に発揮できる時代には生まれていませんでした。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

鷲の山常にすむてふ峰の月 かりにあらはれかりにかくれて

霊鷲山にはいつも澄む(住む)という峰の月 仮(雁)に現れ仮(雁)に隠れて

日政の辞世の句。日政(にっせい、通称:元政上人(げんせいしょうにん)元和9年2月23日(1623年3月23日)- 寛文8年2月18日(1668年3月30日))は、江戸時代前期の日蓮宗の僧・漢詩人。山城・深草瑞光寺 (京都市)を開山した。俗名は石井元政(もとまさ)。幼名は源八郎、俊平。号は妙子・泰堂・空子・幻子・不可思議など。京都一条に地下(じげ)官人・石井元好の五男として生まれる。姉は彦根藩主井伊直孝の側室・春光院である。 9歳の時に建仁寺・大統院に入り、九厳和尚の薫陶を受ける。後に近江・彦根に移り、13歳から城主の井伊直孝に仕える。幼少から山水を愛し、たびたび京都に赴いていたところ、泉涌寺・雲龍院の如周が法華経を講ずるのを聴いて感ずるところあり、病弱なこともあって1649年(慶安2年)に職を辞し、出家して日蓮宗・妙顕寺の日豊について僧となる。中正院の日護・本性寺の日徳と交流し日蓮宗の秘奥を究めた。1655年(明暦元年)33歳で伏見深草に称心庵(後の瑞光寺)を営み、竹葉庵と号し仏道の修行に励んだ。翌年、79歳になる母の妙種を伴い身延山に参詣し、帰り道に江戸の井伊邸に母を託し、自身は日本橋に宿を取ったところ、甥にあたる井伊直澄はたびたびその屋敷に招待したが日政はそれを固辞し母を連れて京に帰った。その年に庵のそばに仏殿などを開き、深草山瑞光寺を開山し、法華経修行の道場とし、門下の宜翁を上座としてともに修行した。修行の合間に詩歌を楽しみ、熊沢蕃山・北村季吟など多数の著名人と交友関係があった。1667年(寛文7年)に母の妙種の喪を営み、摂津の高槻にいたり一月あまり留まるがその翌年正月に病を得て、自ら死期を悟って深草に帰る。日燈に後事を託して寂す。享年46。遺体は称心庵のそばに葬られ、竹三竿を植えて墓標に代えたという。

日政は京都の深草にある瑞光寺の開祖であり、当代一流の宗学者、教育者、詩人、文人という、非常に多才な人でした。校訂した仏典類や著作が多く、『訓点天台三大部輔正記』・『大智度論』・『涅槃経会疏』・『法苑珠林』・『釈門章服義』・『袁中郎全集』・『宝物集』などの業績があります。明から亡命して名古屋藩に仕えていた陳元贇の影響を受け、漢詩人としても知られており、熊沢蕃山・北村季吟らの知識人とも交流がありました。上記の辞世の歌にある鷲の山とは、古代インドのマガダ国の首都、王舎城の北東にあり、釈迦が法華経などを説いた山である霊鷲山のことです。この山は現在のインドのビハール州中部のラジキールにあるのですが、長らくの間、場所も忘れられていました。1903年(明治36年)1月14日朝、大谷光瑞が率いる第1次大谷探検隊が、朝日に照らされたこの山を仏典上の霊鷲山と同一と確定しました。日政は日蓮宗でしたので、法華行者の要期すべき浄土であるとする霊山浄土である、霊鷲山には取り分け強い思い入れがあったのでしょう。また元政上人の孝養を聞いた水戸光圀が「嗚呼孝子元政之墓」の碑を建てたいと図ったところ、元政上人の『三本の竹意外は我が墓に立ててはならぬ』との遺言で諦めたという逸話がのこされています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

弓張りの月は端山に影落ちて 茨の里の露と消え行く

佐倉惣五郎の辞世の句。佐倉惣五郎(さくら そうごろう、慶長10年(1605年)? - 承応2年8月3日(1653年9月24日)?)は、江戸時代前期における下総国印旛郡公津村(現在の千葉県成田市台方)の名主。姓は木内氏、俗称は宗吾。下総国印旛郡の堀田領内佐倉城下に生まれ、本名を木内惣五郎という。肥後国五家荘には、五家荘葉木の地頭・緒方左衛門の子で、下総の木内家の養子になったという伝承がある[1]。年貢の取り立てが年々厳しくなるにつれて、佐倉を代表して殿様への直訴を申し出た。江戸時代の公津村は佐倉藩領で、惣五郎は藩主である堀田氏の苛政を、藩や江戸役人、幕府老中にも訴えたが聞き入れられなかった。このため惣五郎は、1653年(承応2年)、上野寛永寺に参詣する四代将軍の徳川家綱に直訴した。その結果、藩主の苛政は収められたが、惣五郎夫妻は磔(はりつけ)となる一方、男子も死罪となってしまった。その後、惣五郎は堀田氏に祟るようになり、堀田氏は改易となったという。しかし、こうした伝承がある一方、資料上では惣五郎が一揆や直訴を行ったという記録はない。江戸時代中期以降、『地蔵堂通夜物語』や『東山桜荘子』などの物語や芝居に取り上げられ、義民として知られるようになった。『東山桜荘子』初演の8年後の安政6年(1859年)に起こった伊那の南山一揆の指導者小木曽猪兵衛は佐倉惣五郎を講釈に仕立てて一揆を組織したと言われている。また佐倉の信奉者は多く、幕末期から明治時代の思想家である福澤諭吉も、「古来唯一の忠臣義士」としてその名を挙げている。惣五郎の逸話をモデルにした作品として、第17回小学館文学賞を受賞した児童文学短編『ベロ出しチョンマ』がある。作者である斎藤隆介自身が惣五郎を逸話をもとにした創作であると解説している。

佐倉惣五郎は『ベロ出しチョンマ』の逸話をもとになった人物です。この話を知っている人なら分かると思いますが、彼は代表越訴型一揆における典型的な義民です。代表越訴型一揆とは、村役人などの有力な百姓が、村人たちの代表として越訴を行い、村の要求を獲得しようとする形式の一揆のことです。越訴を現在の言葉で分かりやすく言い換えると直訴に当たります。近世においては、訴訟の法に定められた手続を乱す違法行為一般を「越訴」と呼び、私的な相論とともにこれを禁じられていました。訴訟を起こす場合は、村役人・町役人を通じて(奥印を受けて)、所属する大名や代官に訴状を提出し、江戸幕府への訴えを要する場合には領主の添簡が必要とされ、これがなければ「差越願」・「筋違願」として違法とされていました。ただし直訴は一般的な認識と異なり、法定刑は急度叱(厳重注意)に過ぎず、直訴行為自体が処罰対象となったものはそれほど多くはありませんでした。領主や代官の非を訴えた場合であっても、原告勝訴であれば死罪にならず、義民とされた人々が極刑に処された理由としては徒党を組んだことが問題視されたものであり、越訴・直訴そのものが直接の原因ではないことには注意を必要とします。とはいえ、直訴を行う者は命がけであり、佐倉惣五郎や杉木茂左衛門のような直訴を行った人の多くは処刑されています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

此の世をば泡と見て来しわが心 民に代わりて今日ぞ嬉しき

大西権兵衛の辞世の句。大西権兵衛(おおにし-ごんべえ 1703-1750)は、江戸時代中期の一揆指導者。元禄16年生まれ。讃岐(香川県)の人。寛延3年飢饉で困窮する農民6万5000人を代表して、租税減免の嘆願書を丸亀藩に提出。農民の要求はききとどけられたが、同年7月28日他の首謀者6人とともに強訴の罪により処刑された。48歳。

延享二年(1745)から四年におよぶ大旱魃と寛延二年(1749)の大豪雨によって丸亀・多度津両藩に餓死者が続出しました。大西権兵衛は、年貢の減免を庄屋に懇願しましたが藩主の耳には入らず、 ここに及んでは藩主へ強訴するしか道はないと決意し、 笠岡村の弥市郎、嘉兵衛、大野村の兵治郎、那珂郡七箇村の金右衛門、多度津藩領多度郡碑殿村の甚右衛門、同郡三井村の金右衛門らと謀り、 寛延三年(1750)に6万人余にもおよぶ百姓一揆を起しました。 一揆の終結の後に捕えられた、大西権兵衛ら七人と大西権兵衛の嫡子新治郎は、一揆の首謀者として打首獄門に処せられ、大西権兵衛のその他の子ら三人も打首となりました。処刑後、四郡の農民らは義民として七人を祀り、「七義士神社(権兵衛神社) 」を創建しています。大西権兵衛の義挙は、菊池寛が小説/戯曲の『義民甚兵衛』で書いています。

義民甚兵衛 菊池寛
http://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/1051_14603.html

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0