FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

南無阿弥陀ぶつと出でたる法名は これや最後のへづつ東作

南無阿弥陀仏ブツ(仏)と出た法名は これが最後の屁出つ東作

平秩東作の辞世の句。平秩 東作(へづつ とうさく、享保11年3月28日(1726年4月29日) - 寛政元年3月8日(1789年4月3日))は、江戸時代後期の戯作者、狂歌師、漢詩人、文人である。幼名は八十郎、後に八右衛門。姓は立松。名は懐之(かねゆき)。字は子玉、嘉穂、東鞠。平秩東作は戯号。号は東蒙山人。父は元尾州藩士で屋号は稲毛屋金右衛門。後に東作が父の屋号を引き継いだ。平秩東作は内藤新宿の馬宿に生まれた。東作10歳のときに父道佐死去。14歳のとき、父の後を継ぎ煙草商になった。漢文学や和歌の教養があり、平賀源内と親交を持った。伊藤蘭嵎が師であったという説もある。天明3年(1783年)から4年まで松前と江差に滞在し、アイヌの風俗や蝦夷地の風土について見聞したところを記した『東遊記』を著した。狂歌人としても有名で内山賀邸・四方赤良(太田南畝の狂歌の号)などとも交友を持った。

平秩東作は江戸時代の戯作者です。知名度では一歩劣るかもしれませんが、煙草屋を営む傍ら、狂歌や戯作を好み、その流行の端緒を開いた人物の一人です。彼が若年時に経学詩文の勉強に励んだらしいことは「平秩東作」の狂名からも伺えます。「東作」とは春の耕作のことで、あの有名な朱熹の「少年老い易く学成り難し 一寸の光陰軽んずべからず 未だ覚めず池塘春草(ちとうしゅんそう)の夢 階前の梧葉(ごよう)已(すで)に秋声」という詩を意識しているのだと思われます。同志であった平賀源内や大田南畝らと親しく、一方で田沼意次政権にも深くかかわって事業を起こしたり、蝦夷地探索に従事するなど幅広い活躍を見せました。東作は炭焼きや材木商の事業で大損すると、蝦夷開拓に先駆けて江差まで行って越冬して「東遊記」を著しました。しかし、天明6年に江戸が大洪水、その翌年に大飢饉となり田沼意次が失脚し、パトロンであった勘定組頭・土山宗次郎が横領で死罪となると、彼の逃亡加担の罪で東作は「急度叱(きっとしかり)」の罰を受けました。以来、鬱々として暮らし、天明9年(1月に寛政元年)3月8日に亡くなりました。東作は学識と野心を秘めながらも、一方で狂歌や戯作などの文芸活動に打ち興じるあたり、前期戯作者の典型とも言える人物でしょう。上記の辞世の句は放屁と仏法とを重ねた罰当たりなものですが、狂歌師としての彼のユーモアと現実にうんざりとしていた彼の気分を表したものだと言えます。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。