FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

いまわには何をかいわむ世の常に いいし言葉ぞ我が心なる

今際の際に何を言うだろうか世の常であるのに 今までに言ってきた言葉が私の心なのだ

伴信友の辞世の句。伴 信友(ばん のぶとも、1773年3月17日(安永2年2月25日) - 1846年12月2日(弘化3年10月14日))は、江戸時代の国学者である。幼名は惟徳。通称は州五郎。号は事負。博覧強記で、古典の考証に優れていた。 平田篤胤、橘守部、小山田与清とともに、「天保の国学の四大人」と呼ばれる。若狭国小浜藩士・山岸惟智の四男として生まれたが、1786年(天明2年)、同藩の伴信当の養子となる。1801年(享和元年)村田春門を介して本居宣長没後の門人となり、宣長の養子の本居大平に国学を学ぶ。1821年(文政4年)、息子の信近に家督を譲り、以後、学問に専念した。平田篤胤、黒川春村、本居内遠などと交流があり、篤胤からは君兄と慕われていたが、後に齟齬を来して決別した。師弟関係を好まず、弟子をとることはなかった。1846年(弘化3年)、京都の堀川で死去。

伴信友は一般的には国学者として知られていますが、官職にも就いており文化3(1806)年養父死去により家督を相続して以来、文政4(1821)年長男信近に禄を譲るまで、藩主酒井忠貫・忠進2代に仕えました。周到な古典考証に心血を注ぎ、年来の史料収集と校勘は隠居後の25年間に開花し、制度や事物起源などについて多くの史論を残しました。平田篤胤と同じく本居宣長の死後の門人となりましたが、篤胤とは対照的に人物穏当で実証主義に徹し、古代史の研究に努めました。信友はとんでもない学説を立てることもあった平田篤胤とは、あらゆる意味で対照的な実直の人でしたが、後世への影響と知名度では篤胤には及びませんでした。伴信友は上記の歌の他に、「ついに逝くときはきにけり 残りいてなげかん人ぞかなしかりける」という歌も辞世として残しています。

伴信友 『国文学名家肖像集』より
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%B4%E4%BF%A1%E5%8F%8B#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Ban_Nobutomo.jpg
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0