FC2ブログ
04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

わんざくれ踏んぞるべいか今日ばかり 翌日は烏が掻ッ咬じるべい

どうにでもなれ今日ばっかりは行儀良くしておいてやる 明日は烏が引っかくんだからな

山中源左衛門の辞世の句。山中源左衛門(やまなか げんざえもん、生年不詳 - 1645年12月25日)は、江戸時代前期(17世紀)に実在した日本の武士、旗本である。本名重之。生年月日・生地ともに不詳であるが、『寛政重修諸家譜』(1812年)にも『徳川実紀』(1849年)にもその名が記述されている、実在の人物である。『寛政重修諸家譜』によれば、1622年(元和8年)に初めて、第2代征夷大将軍の徳川秀忠に拝謁し、200俵を賜る大御番旗本となったという。その後、小普請奉行に任命される。嫌がらせが好きな性分で、人の嫌がることをしては悦に入ったという。大田南畝によれば、500石の大御番旗本から、旗本奴に転じた人物である。前歯が欠けており、銀製の義歯をしていたとされる。1645年12月(正保2年11月)、病気と称して任務を果たさず、江戸市中で無頼の行為を行っていることが発覚した。杉浦内蔵允正友(杉浦正友)に預けられたが、切腹を申し付けられ、同年同月25日(同年同月8日)、麹町の真法寺で切腹によって死去した。辞世の句は「わんざくれ 踏んぞるべいか 今日ばかり 翌日は烏が 掻ッ咬じるべい」というもので、べらんめえ調の「六方詞」で詠まれた。のちに塚原渋柿園が描いた『山中源左衛門』では、享年21(満20歳)とされているが、『寛政重修諸家譜』の記述からすれば、それよりも年長であるとみられる。

このような記事を書いているといつも思うことですが、人は死ぬ間際にはとても立派なことを言うものです。上記のようなべらんめい調で暴言を吐いて死ぬ人は、滅多にいません。山中源左衛門は、堅苦しい規則で縛られていた江戸時代の武士には珍しい無頼漢でした。源左衛門は生まれも育ちもよく分からない人物で、まず大御番旗本となり、その後小普請奉行となりました。大御番とは常備兵力として旗本を編制した部隊で、将軍の親衛隊のような性格を持っている組織でした。小普請奉行は江戸城をはじめとして、徳川家の菩提寺である寛永寺、増上寺などの建築・修繕などを掌った役職で、家禄が三千石以下の旗本、御家人が無職の場合に就くそうです。なので源左衛門は結構な家の生まれであったはずなのですが、最終的に旗本奴となりました。旗本奴とは、旗本の青年武士やその奉公人、およびその集団のことですが、かぶき者であり派手な異装をして徒党を組んで無頼をはたらきました。旗本奴の異装・異風はファッション面だけでなく、旗本奴が好んで使用した粗野な言葉・言葉遣いである独特の「六方詞」を生み、そのことばで詠む「六方俳諧」という文化を生みだしました。上記の辞世の歌は、正にその「六方詞」で詠まれています。歌に使われている「わんざくれ」とは六方詞で、退屈しのぎの戯れのことですが、やけになること、自暴自棄も意味します。「かっかじる」とは、これまた六方詞で引っかくという意味です。源左衛門は全く尊敬できる所のない人物でしたが、最期は自業自得というか、仮病を使って職務を怠けて無頼をはたらいていたのがバレて、切腹させられるというもの凄い死に方でした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。