06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

思ひきやかたみの花を今ぞしる □る□の敷島の道
(□は解読不明文字)

烏亭焉馬の辞世の句。烏亭 焉馬(うてい えんば、寛保3年(1743年)- 文政5年6月2日(1822年7月19日))は、江戸時代後期の戯作者・浄瑠璃作家。式亭三馬や柳亭種彦などを庇護し、落語中興の祖とも言われる。本名は中村英祝。和泉屋和助の通称があったが、住まいの相生町の堅川をもじった「立川焉馬」や、親交のあった市川団十郎をもじって「立川談洲楼」または「談洲楼焉馬」と名乗ることもあった。また、狂歌においては、「鑿釿言墨曲尺(のみのちょうなごんすみかね)」の号を用いることもあった。本所の相生町の大工の棟梁の子として生まれ、後に幕府・小普請方を務める。俳諧や狂歌を楽しむ一方、芝居も幼い頃から好きで、自ら浄瑠璃を作るほどであった。4代目鶴屋南北との合作もあり、代表作に浄瑠璃「花江都歌舞伎年代記」「太平楽巻物」「碁太平記白石噺」などがある。天明6年(1786年)に町大工の棟梁になり、向島の料亭で「噺の会」を主宰したことから、落語に関わりを持つようになる。「噺の会」は素人が新作の落とし噺をする会で、そこから自作自演の噺が流行し、様々な落語家が登場することになり、衰退しつつあった江戸落語の再興に至る。また、団十郎を後援する三升連(みますれん)を結成したが、「噺の会」とともに口演の普及につながった。門弟には2代目焉馬、朝寝房夢羅久、初代立川談笑、談語楼銀馬、2代目朝寝坊むらく、初代三遊亭圓生、2代目焉馬等がいる。

烏亭焉馬はとても不思議な人です。彼は元々芸人でもなければ作家でもありませんでした。彼は大工の棟梁の家に生まれ、大工となりました。大工の傍らだったのか大工が傍らだったのか、幼い頃から文才のあった焉馬はほとんどのジャンルにわたる文芸活動に勤しみ、多くの文化人のパトロンとなりました。特に有名なのは、平賀源内や大田南畝などとの親交や、,市川団十郎の贔屓団体「三升連」を組織して、代々の団十郎を引き立てたことです。晩年に団十郎の顕彰を意図して刊行した『花江戸歌舞伎年代記』(1811~15)は、江戸歌舞伎の貴重な根本資料となりました。天明末年には新作の落咄の会を創始し、落語中興の祖とも称されるなど、焉馬は江戸中期の俗文壇の万般に通じた世話役という役所をつとめた親分肌の人物でした。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

武蔵野に名もはびこりし鬼薊(おにあざみ) 今日の暑さに乃(やが)て萎(しお)るる

武蔵野に悪名を轟かせた鬼あざみも 今日の暑さにやがて萎れる

鬼坊主清吉の辞世の句。鬼坊主 清吉(おにぼうず せいきち、安永5年(1776年) - 文化2年6月27日(1805年7月23日))こと無宿清吉は、江戸時代の盗賊である。牛込生まれ。父は漁師をしていたらしいが家は貧しく、京橋の加治屋という商家に奉公に出される。盗みで捕縛され、入墨を入れられ重敲の刑を受けたが非人小屋に入って入墨を消し、日雇いとなった。しかし、入墨を消した罪で再び捕縛され、再度入墨を入れられた上で江戸追放の刑を受けた。しかしそんなものは鬼坊主にとって全く意味がなかったようで、数人の仲間と徒党を組み、路上強盗、引ったくり、武装強盗を連日にわたって繰り返し、懸命の捜査を行う町奉行や火付盗賊改方をあざ笑うかのごとく江戸中を蹂躙した。あまりの神出鬼没振りにこの種の犯罪としては異例の人相書(普通人相書が出回る罪は当時一番重罪だった逆罪、すなわち主人や親を殺傷する罪である)が作成され、非常の捜査体制である捕物出役まで発動された。そのため上方へ逃亡し、文化2年(1805年)4月に彼の地で捕縛される(捕縛された場所については京都の大仏堂前と伊勢・津の2説ある)。4月24日、江戸に護送されるが、有名人である鬼坊主を一目見ようと群衆が押し寄せた。鬼坊主は北町奉行小田切直年の尋問に対して罪を認め、2ヵ月後の6月27日、市中引き回しの上、小塚原で仲間2名(無宿左官粂こと粂次郎24歳、無宿三吉こと入墨吉五郎28歳)と共に獄門にかけられた。享年30。「坊主」というあだ名が付けられているが僧侶ではなく、体が大きく風体が異様だったせいらしい。墓所は東京都豊島区の雑司ヶ谷霊園。

世の中が平和になると、物騒な人がもてはやされるものです。石川五右衛門は、浄瑠璃や歌舞伎の演題としてとりあげられて当代のヒーローとなりましたが、清吉もまたそれほど有名ではありませんが、浄瑠璃や歌舞伎狂言にとりあげられました。清吉に題を取った創作文芸の中でも特に有名なのは、四代目桂文團治、弟子の四代目桂文紅、三代目桂米之助が得意とした上方落語の『鬼あざみ』でしょう。四代目桂文紅は師の文團治から直接この噺を伝授してもらいましたが、晩年は訥々と語るいぶし銀のような芸で親子の情愛を演じ、高レベルの上方人情噺を観客に満喫させました。しかし、彼がやったことと言えば、要するに強盗・追い剥ぎであり、とんでもない極悪人であったことは間違いありません。現実の清吉は捕まっても「おれの敵は腹の虫だ。腹さえ痛まなければつかまるようなドジは踏まなかった」と言って悪びれる様子もなかったそうです。

桂文紅「鬼あざみ」
https://www.youtube.com/watch?v=rwSIZqv6nJs
「俳優落語当くらべ」「十六夜 国太郎」「鬼坊主清吉 尾上菊五郎」
http://www.enpaku.waseda.ac.jp/db/image/enpaku/nishikie/007-0/007-0329.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

旅に出る、着物を用意しろ

山本玄峰の最期の言葉。山本玄峰(やまもと げんぽう、慶応2年1月28日(1866年3月14日) - 昭和36年(1961年)6月3日)は、和歌山県本宮町生まれの禅僧。昭和において多くの著名人が参禅に訪れた静岡県三島市の龍沢寺の住職として有名。鈴木貫太郎に終戦を勧め、戦後も象徴天皇制を鋭く示唆する。和歌山県東牟婁郡四村(現・田辺市本宮町)の湯の峰温泉の旅館・芳野屋(現・あづまや旅館)で生まれた。産まれた後旅館の前に盥に入れて捨てられていた乳児を、渡瀬の岡本善蔵・とみえ夫妻が拾い、養子にして岡本芳吉と名付けた。幼少期は暴れん坊で勘が鋭かったため、「感応丸」と呼ばれた。十代前半の頃から筏流しなど肉体労働に従事し、17歳の頃に結婚して岡本家を継いだが、1887年に目を患い失明(わずかに光は感ずることができたという)したため、弟に家督を譲って四国八十八箇所の霊場巡りに旅立つ。素足で巡礼をしていたという逸話がある。7回目の遍路の途上高知県の雪蹊寺の門前で行き倒れとなったところを山本太玄和尚に助けられ、寺男として働き始める。その勤勉振りを買った太玄和尚に入門を勧められて修行を始め、後にその養子になった後、雪蹊寺の住職となる。その後、全国をまわって修行を続け、龍沢寺、松蔭寺、瑞雲寺など白隠慧鶴の古刹を再興した。1926年からアメリカ、イギリス、ドイツ、インドなど諸外国への訪問を開始する。帰国後に推薦を受けて臨済宗妙心寺派の管長となり、後に龍沢寺の住職となる。1945年、終戦の詔勅にある「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の文言を進言したり、天皇を国家の「象徴」と定義する(象徴天皇制)よう発案するなど、鈴木貫太郎首相などの相談役なども努めた。1961年6月3日、静岡県三島市の龍沢寺自坊で96歳をもって断食、遷化した。葬儀には外遊中の池田勇人首相の名代として大平正芳官房長官などが列席した。弟子に中川宗淵、田中清玄がいる。多くは文字を知らなかったとされるが豪傑として知られ、その姿を見た剣の達人は「あの人は斬れない。衣と体がひとつになっている。ああいう人は斬れない」と周囲に洩らしたという話がある。

山本玄峰は昭和という時代の日本に、最も大きな影響を与えた禅僧です。彼は生まれた時に両親に捨てられました。拾われた先で養子となり、結婚して家を継ぎましたが、その矢先に失明してお遍路に旅立ちました。そして行き倒れていた所を助けられ、仏門に入り全国をまわって修行を続け、さらには世界中を訪問するまでしました。鈴木貫太郎首相などの相談役となり、かの「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の文言を進言し、象徴天皇制を発案するなど、日本の歴史上最も重要な時期にかなり重要な働きをなしました。彼は天皇制について、「わしは、天皇が下手に政治や政権に興味を持ったら、内部の抗争が絶えないと思う。何故かというと、天皇の詔勅を受けているんだからというて、天皇の権力を担ぎ廻って、派閥の抗争を始めるだろう。だから、天皇が一切の政治から超然として、空に輝く太陽の如くしておられ、今度は、その天皇の大御心を受けて、身を慎み、真善美の政治を実現するということになれば、天皇が居られても、もっと立派な民主主義国が出現するのではないか。天皇は空に輝く象徴みたいなものだ」と述べています。「白隠の再来」と称えられた玄峰は学は修めていなかったものの、非常に徳が高く、多くの政財界の要人から慕われ相談を受けていました。玄峰老師の最期は、96歳で断食し遷化するという、非常に尊いものでした。遺書には「正法興るとき国栄え、正法廃るとき国滅ぶ、葬式は絶対に行わざること」とありました。最期に玄峰老師の言葉として次のものを挙げておきます。「人とたばこの良し悪しは、煙になりて 後にこそ知れ」

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

七十余年快なる哉 
屎臭骨頭(ししゅうこっとう)何の用をか作すに堪へん
咦(いつ)真の帰る処 
作麼生鷹峰(そもさんようほう)月白く風清し

七十余年楽しかった
小便臭い老いぼれになっては何もすることもできな
真に帰る場所とは
鷹峰の月は白く風はすがすがしい

桃水雲渓の遺偈。桃水雲渓(とうすい-うんけい 1612-1683)は、江戸時代前期の僧。慶長17年生まれ。曹洞宗。肥後(熊本県)流長院の囲巌宗鉄の法をつぎ、総持寺、摂津法厳寺などをへて肥前島原禅林寺の住持となる。晩年は寺をでて乞食姿で草鞋や酢をうってくらし、乞食桃水、酢屋道全ともよばれた。天和3年9月19日死去。72歳。筑後(福岡県)出身。別号に洞水。

禅僧には変わった人が多くいますが、桃水雲渓はその中でも極めつけの一人です。雲渓は非常に徳の高い僧侶でしたが、寒山や拾得ばりの乞食坊主を地で行く生活をしました。雲渓は乞食となって諸国を放浪したのですが、京都清水寺の裏山で大勢の乞食の群にまじって生活していると、師の捜索に来た二人の弟子が一緒に帰るように懇願しました。雲渓は帰ることを拒み、乞食こつじきしながら坂本まで来ると、一人の乞食が道端で癩らいを病んで死んでいました。弟子たちに手伝わせて、遺体を埋め丁重に供養しすると、乞食が食べ残した雑炊をとり上げ、半分ほど旨そうに食べ、残り半分を弟子に与えて食べるようにすすめました。蝿はえがたかり悪臭が鼻をつきく飯を弟子たちは満腹と称して固辞しますが、雲渓は厳として許さず、「こんな食物が食べられないのでは、わしとともに行くことはできない」と叱咤しました。弟子たちは口に入れても吐き出してしまい、ついに師について行くことを諦め、雲渓は行脚の旅を続けました。雲渓は天和元年(1681)9月19日に、座禅を組んだまま亡くなりました。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

御ひいきを ちからにもちし かきつばた

岩井半四郎 (5代目)の辞世の句。五代目 岩井 半四郎(ごだいめ いわい はんしろう、安永5年(1776年) - 弘化4年4月6日(1847年5月20日))は化政期に女形として活躍した江戸の歌舞伎役者。幼名は長松(ちょうまつ)。屋号は大和屋。俳名に梅我・杜若、通称に杜若半四郎・眼千両・大太夫などがある。安永5年江戸で生れる。父は四代目岩井半四郎。天明7年11月 (1787年) に桐座で岩井粂三郎と名乗り初舞台。文化元年 (1804年)、中村座で五代目岩井半四郎を襲名、父祖以来の女形の家を継いだ。「目千両」と呼ばれるほどの眼差しと、すこし下唇が出たおちょぼ口が魅力的で、しかも容姿抜群、愛嬌もたっぷりという三拍子揃った五代目は、すぐに江戸一の人気役者になった。芸の方もしっかりしており、四代目鶴屋南北と組んで生世話物の悪婆を得意としたほか、若衆や荒事までこなす名優であった。文政3年 (1820年)、五代目松本幸四郎や三代目坂東三津五郎と同時に上方へのぼる。これをきっかけに以後多くの役者が上方に赴くことになる。文政5年には、長男の二代目岩井粂三郎、次男の初代岩井紫若(後の七代目岩井半四郎)、そして自身の親子三人で江戸三座の立女形を独占したことで有名になった。天保3年 (1832年) 11月、俳名をとって岩井杜若を名乗り、弘化のはじめに剃髪、松下庵永久と号して役者を引退した。

五代目岩井半四郎は女形の名優として知られていますが、若衆や荒事までこなす芸達者な人でした。五代目は自然体の演技を得意とし、半四郎が「お帰りあそばしませ。」と云うだけで相手方の俳優は自分の妻よりもいとしく思えたそうです。また、名人五代目幸四郎が、彼のことを「あの人と一緒に演じているとまるで桜の散る中を歩くようです。」と評したように、五代目には大変に愛嬌があり華やいだ人物でした。彼の容貌から、悲劇よりも元気のいい女性を演じるのに本領を発揮し、当時の女性像に縛られない演技をしました。娘方のうちでも嫉妬事が上手く、お姫様役は好まなかったそうです。特に「お染の七役」の「土手のお六」などは全く彼によって創作されたものであり、当時としては斬新な演技を創造する才能に長けていました。五代目の妻も少し変わった女性で、「芝居といえども夫の色恋、心中を見るのは愚かなこと」といって、生涯半四郎の舞台を見ることはなかったそうです。

『助六所縁江戸櫻』の三浦屋揚巻
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E4%BA%95%E5%8D%8A%E5%9B%9B%E9%83%8E_(5%E4%BB%A3%E7%9B%AE)#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hanshiro_Iwai_V_as_Miuraya_Agemaki.jpg

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。