FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

露の身の消えてもきえぬ置き所 草葉のほかにまたもありけり

木下勝俊の辞世の句。木下 勝俊(きのした かつとし、1569年(永禄12年)- 1649年7月24日(慶安2年6月15日))は、安土桃山時代から江戸時代初期の武将、大名(備中足守藩第2代藩主)、歌人。官位は従四位下、式部大夫、左近衛権少将。字は大蔵。 歌人としては長嘯(ちょうしょう)、長嘯子(ちょうしょうし)、また挙白(きょはく)と名乗る。一時期はキリシタンでもあって、洗礼名は「ペテロ」と伝わる。歌人としての作風は、近世初期における歌壇に新境地を開いたものとされ、その和歌は俳諧師・松尾芭蕉にも少なからぬ影響を与えている。父は木下家定。母は杉原家次の娘か。弟に木下利房、木下延俊、小早川秀秋。叔母(父の妹)に北政所。妻は森可成の娘うめ(宝泉院)。娘は徳川家康の五男信吉の妻、山崎家治の妻。阿野公業の妻(阿野実藤の母)。1569年、木下家定の嫡男として生まれる。豊臣秀吉に仕え、数少ない縁者として重用された。播磨国龍野城を与えられ、小田原征伐や文禄の役に参陣する。のち若狭国後瀬山城8万石を与えられた。天正16年(1588年)、豊臣姓を下賜された。20歳代前半にあたる1590年代初め頃の時期から和歌に才能を発揮、文禄の役当時、構えられた陣へ向かう旅路で記された文章及び和歌は『九州道之記』として遺されている。関ヶ原の戦いでは、東軍に属し鳥居元忠と共に伏見城の守備を任されたものの、西軍が攻め寄せる直前に城を退去することとなった。それを知った妻のうめ(宝泉院)は勝俊の敵前逃亡に激怒し、離縁している。勝俊が伏見城を退去した理由には、彼の歌道の師匠である細川幽斎同様に、天皇をはじめとした朝廷による救出工作があったとされる説があり、そのときに里村昌叱が勝俊を迎え入れた可能性があると思われる。また一方で、勝俊を可愛がっていた叔母の高台院が西軍を支持していたためとする説もある。しかし伏見城の寄せ手に実弟の小早川秀秋の姿があったと知れば、武人より文人に傾いていた勝俊にとってむしろ当然の選択であったと理解できる。 戦後、その伏見城退去の責を問われて除封となる。 1608年、父の死去にあたって、叔母・北政所(高台院)らの周旋によって遺領(備中国足守2万5,000石)は安堵されたものの、その北政所の独断によって勝俊が遺領を独占した形となった。結果として遺領を共に(分地か同時統治か不明だが)継ぐこととなっていたはずの弟・利房が領国を得られなくなったため、江戸幕府の命に反したという理由で、再び勝俊は失領、結果として利房も所領を没収された形となった。代わりに遠縁にあたる浅野長晟が足守藩を一時領有した。なお、弟・利房は、大坂の陣で徳川方として参戦した軍功により、父の遺領である足守藩の継承が認められている。勝俊は、京都東山、叔母高台院が開いた高台寺の南隣りに挙白堂を営み、そこに隠棲、長嘯子と号した。この隠棲地には「歌仙堂」と称する小閣がありその二階には三十六歌仙図を掲げていた。後に石川丈山が比叡山西麓に隠棲しそこに詩仙堂を構えその二階に自ら選んだ36人の中国の詩人の額を掲げたのは、この歌仙堂に倣ったのである。その後、長嘯子(勝俊)は挙白堂で1640年頃まで和歌を詠み続け、最晩年は山城乙訓大原野の勝持寺の畔に移住した。隠棲後も後妻か娘かは不明だが、家族と手紙のやりとりはあったらしい。慶安2年(1649年)、同地で死去。墓は叔母高台院が眠る高台寺にある。遺された和歌作品の数々は、弟子の山本春正らによって、歌集『挙白集』として編纂されている。木下長嘯子(勝俊)は、小堀政一や伊達政宗といった大名をはじめとして、林羅山や春日局といった幕府の要職にあった人たちや、藤原惺窩とその息子の冷泉為景(叔父・冷泉為将の養子)、松永貞徳、中院通勝たち文化人らとも交流を持った。弟子には先に挙げた山本春正や岡本宗好、打它公軌といった人たちがいる。また、石川丈山、下河辺長流や山鹿素行にも私淑され、山鹿素行には住居の訪問を受けている。なお、後水尾天皇が勅撰したと伝えられる集外三十六歌仙にも名を連ねている。

木下勝俊は非常に和歌に長けた大名です。今日では大名としてより文化人として聞こえる勝俊は、長嘯子や挙白という名の方が有名かもしれません。戦国時代の大名は自らの権威に箔をつけるために、文化事業に凝る人が多かったのですが、勝俊の和歌は師である細川幽斎と戦国大名の双璧です。幽斎同様あらゆる文化に通じていた勝俊は、洛西小塩に閑居した晩年の10年ほどの間に俳人の松永貞徳、儒学者の藤原惺窩、林羅山、堀杏庵、茶人の小堀遠州、安楽庵策伝など堂上地下、武士町人の別を問わない広範な交流によって京都雅文壇の主導者的地位を占めました。勝俊の歌風は、形式ばった旧来の二条派を脱出した自由で清新な自己表現をするところに特色があり、下河辺長流は勝俊の歌を「たぐひなき金玉のこゑ」(『林葉累塵集』序)と絶賛し、松尾芭蕉はその和文に強く影響されました。勝俊は武将としては少々へたれていた所がありますが、趣味人として一世を風靡できたのでそれなりに満足していたのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

結びして解くる姿はかはれども 氷のほかの水はあらめや

氷が張って溶ければ姿は変わるが 氷の他に水があろうか

北条氏直の辞世の句。北条 氏直(ほうじょう うじなお)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名。相模の戦国大名で小田原城主。後北条氏の第5代当主である。父は北条氏政、母は武田信玄の娘黄梅院。父と共に後北条氏の最大版図を築き上げたが、外交の失敗で豊臣秀吉による小田原征伐を招き、後北条氏の関東支配は終焉を迎えた。後北条氏は氏直の祖父・北条氏康の時代に甲斐の武田氏・駿河の今川氏と甲相駿三国同盟を締結していたが、父の氏政はその一角である甲相同盟において武田信玄の娘黄梅院を正室としており、氏直は永禄5年(1562年)に氏政次男として小田原城で生まれる(兄は早世)。幼名は国王丸。仮名は新九郎。武田義信・武田勝頼の甥にあたる(義信は母黄梅院の兄で、勝頼はその弟にあたる)。永禄11年(1568年)末には武田・今川間の関係悪化により武田氏の駿河今川領国への侵攻が行われ(駿河侵攻)、氏直は没落した今川当主・今川氏真(叔母の早川殿は氏真の正室だった)の猶子として家督を相続し、将来の駿河領有権を得たという(但し、駿河は武田領国化されたため現実のものとはならなかった)。元亀2年(1571年)には祖父が亡くなり父が当主となり、武田との甲相同盟が回復する。天正5年(1577年)3月に元服し、古河公方・足利義氏にはじめて書状を送った。11月に上総に初陣した。この戦は氏政・氏直が優勢に戦いをすすめたとみられ、安房の里見義弘と和睦し、氏政の娘が里見義頼に嫁ぐことで北条氏と里見氏は年来の敵対関係から同盟関係に入った(房相一和)。天正8年(1580年)8月19日、父の隠居により家督を継いで北条家の第5代当主となる(『戦国遺文』後北条氏編 - 2197号)。これは氏政出陣中に隠居を行った異例のもので、後北条氏は天正6年(1578年)の越後上杉氏における御館の乱・甲越同盟の締結を契機に再び甲斐武田氏と敵対関係に入り、尾張の織田信長と同盟を結び、氏直と信長の娘の婚姻を達成してさらに同盟を強固なものとして勝頼との戦いを有利に運ぶためであったといわれ、実権はなおも父が握っていた。天正9年(1581年)、叔父・武田勝頼と三島で戦ったが、決着はつかずに終わった。翌天正10年(1582年)3月、信長の侵攻で勝頼などが討死して武田氏が滅亡し(甲州征伐)、甲斐の遺領は信長の家臣河尻秀隆、信濃の一部と上野の西部は滝川一益に与えられ、一益は関東管領を自称した。しかし6月に信長が本能寺の変で横死し、甲斐の河尻秀隆が土豪一揆に殺害され、同国が無主の国となると、氏直は叔父の北条氏邦らと共に4万3千を称する大軍をもって上野侵攻を開始し、6月16日には倉賀野表(群馬県高崎市)に進出する。本庄に本営を置き、富田、石神に布陣、18日には金窪城で滝川軍と北条軍は激突し、初戦では氏邦が率いる先鋒が敗退したが、19日の神流川の戦いで氏直本軍が一益軍に勝利した。そして敗走する一益を追って上野から信濃に侵攻し、佐久・小県郡を支配下におさめ、諏訪へ進軍し諏訪頼忠を味方に付けた。更に木曾義昌(叔母・真竜院の夫)とも連絡を取り信濃の中央部を制した。8月には甲斐に侵攻してきた徳川家康軍と甲斐若神子において対陣した。「甲斐は祖父(武田信玄)の旧領国」ということで領有を強く望む氏直と、徳川軍との対陣は80日間に及んだ(天正壬午の乱)が、一益敗退後に北条に帰参していた真田昌幸が離反し、家康方の依田信蕃がゲリラ活動を行い北条軍の補給路を脅かし、別働隊の北条氏忠・北条氏勝が甲斐黒駒において徳川方の鳥居元忠らに敗退すると戦線は膠着した。その後、織田信雄・信孝兄弟の調停もあり、10月27日、上野は氏直、甲斐・信濃は家康が領有し、家康の娘が氏直に嫁ぐことで両軍の和睦・同盟が成立する。そしてこの結果として、天正11年(1583年)8月15日、家康の娘・督姫が氏直に嫁いだ。家康と同盟を結んだ後、氏直は下野・常陸方面に侵攻して勢力を拡大し、佐竹義重や結城晴朝、太田資正らを圧迫した。しかし中央で信長の死後、その重臣だった豊臣秀吉が台頭し、関東惣無事令が発令されて私戦が禁止されたため、氏直は秀吉との戦いを意識して天正15年(1587年)から軍備増強に務めた。一方で秀吉の実力も認識していたようであり、天正16年(1588年)春には家康の仲介も受けて、8月に叔父の北条氏規を上洛させて秀吉との交渉に臨んだ。なお、父や叔父の北条氏照ら強硬派が氏直・氏規ら穏健派と対立したとされているが、上野沼田城受取り後の氏政は上洛に前向きであることが各種書状で明らかとなっているため、氏政が強硬派とは一概に決めつけることはできない。また、氏規が上洛した直後に氏政が政務に一切口出しをしなくなったことが確認される。しかし天正17年(1589年)の秀吉の沼田裁定による沼田城受取後に、猪俣邦憲による真田昌幸の支城・名胡桃城奪取事件が起きて、これが惣無事令違反であるとして、秀吉との関係は事実上破綻した。このことについて、氏直は名胡桃城は北条が乗っ取ったのではなく、既に真田に返還していることと、この件について真田方の名胡桃城主と思われる中山の書付を進上するので真理を究明してほしい旨を、秀吉側近の津田信勝・富田知信に対して弁明するとともに、家康に対しても同様に執り成しを依頼した。ところが家康は秀吉から小田原征伐に関する軍議に出席するよう求められたため、既に上洛しており、家康への依頼が実を結ぶことはなかった。天正18年(1590年)から秀吉による小田原征伐が始まった。氏直はこれに対して領国内に動員令をかけるとともに、小田原城をはじめとする各支城を修築し、さらに野戦の場合を想定して、3月に箱根の屏風山等の陣場を巡検した。しかし山中城落城により結局小田原城で籠城することになる。籠城は4月から3カ月に及んだが、秀吉の大軍による小田原城の完全包囲、水軍による封鎖、支城の陥落などに加え、重臣・松田憲秀の庶子・笠原政晴が秀吉に内応しようとした(氏直が事前に政晴を成敗した)ことなどから、7月1日には和議を結ぶことを決意し、5日に秀吉方の武将・滝川雄利の陣所へ赴いて、氏直自身が切腹することにより将兵の助命を請い、秀吉に降伏した。しかしながら秀吉は氏直の申出について感じ入り神妙とし、家康の婿であったこともあり助命された。他方、氏政・氏照及び宿老の大道寺政繁・松田憲秀は切腹を命じられ、11日に氏政・氏照が切腹。12日に氏直は紀伊高野山へ登ることに決まり、21日に氏房・直重・直定・氏規・氏忠・氏光等の一門及び松田直秀・山角直繁・遠山直吉・山上久忠等の家臣を伴って小田原を出立し、8月12日に高野山に到着した。その後、高室院にて謹慎生活を送った。以後「見性斎」と称す。天正19年(1591年)1月から氏直は赦免活動を開始し、2月には秀吉から家康に赦免が通知される。5月上旬には大坂で旧織田信雄邸を与えられ、8月19日には秀吉と対面し正式に赦免と河内及び関東において1万石を与えられ豊臣大名として復活した。さらに小田原に居住していた督姫も27日に大坂に到着し、家臣への知行宛行、謹慎中の借財整理をおこなっていたが、11月4日に大坂で病死した。多門院日記によると死因は疱瘡と記述されている。享年30。氏直の死後、従弟で氏規の嫡子である氏盛が氏直の名跡と遺領の内4,000石を相続し、慶長3年(1598年)に氏規の跡を継いで1万1千石の大名となり、北条宗家は河内狭山藩主として幕末まで存続した。氏直には娘が2人いたが、長女は夭折、次女は池田利隆の許婚となったが慶長7年(1602年)に17歳で病死している。

北条氏直は関東の雄後北条氏の第5代当主です。後北条氏と言うと氏康以降は間抜けというイメージがありますが、氏直にせよ父の氏政にせよ、そんなに悪い人物ではありませんでした。「小田原評定」という言葉は、「いつになっても結論の出ない会議や相談」という意味ですが、これは小田原合戦時、戦術をめぐる評議における論争で、老臣松田憲秀は籠城を主張したのに対し、北条氏康の四男である北条氏邦は箱根に出撃する野戦を主張して意見が分かれ、また降伏に際しても仲介ルートの選択で結論が出るまで意見が分裂したとから来ています。『北条記』によると、「五世の氏直君はずいぶん判断力にも富んでいたが、惜しいかな虚弱な体質であったため、みずから裁決せず、人まかせにするあやまちをおかしたために、ついにその家を失うこととなった」とあり、氏直のイメージはこのようなところから来ているようです。氏直は秀吉に氏直自身が切腹することにより将兵の助命を請い降伏しましたが、助けられて最期は疱瘡により亡くなりました。享年30。墓所は神奈川県箱根町の金湯山早雲寺にあります。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。