FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

都渡劃断す千差の道 南北東西本郷に達す

都へと続く千通りの道を断つ 南北東西は故郷へと達する

尼子勝久の辞世の句。尼子 勝久(あまご かつひさ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。尼子誠久の五男。天文22年(1553年)、尼子誠久の五男として生まれる。天文23年(1554年)、祖父の尼子国久、父の誠久ら新宮党が尼子晴久によって粛正されたとき、小川重遠によって助けられる。後に晴久が保証人となり、京都に出て東福寺の僧となった。永禄9年(1566年)、毛利元就の侵攻を受けて尼子氏は滅亡するが、永禄11年(1568年)、尼子家の再興を図る山中幸盛・立原久綱らに擁立されて還俗し、隠岐国で機会を窺うこととなる。永禄12年(1569年)に隠岐国から出雲国に入ると、尼子氏の旧臣の支援を得て出雲新山城に入る。そして月山富田城奪還を目論むが、毛利元秋や天野隆重の奮戦により攻略できなかった。永禄13年(1570年)2月、布部山の戦いで毛利軍と戦って敗北を喫し、京都へ逃れた。天正2年(1574年)、因幡国の山名豊国の支援を得て今度は因幡国からの出雲侵攻を企てるがこれも失敗に終わった。その後は織田信長の傘下に入り、羽柴秀吉の中国方面軍に付けられ、天正5年(1577年)には宇喜多直家の支城である播磨国上月城を攻略した際にその守備を命じられた。天正6年(1578年)、毛利氏は宇喜多氏と共に総勢3万で上月城に迫った。秀吉は信長の命により別所長治が籠る三木城攻略に専念することとなり(三木合戦)、近侍させていた亀井茲矩を使者として勝久らに上月城からの撤退を要請した。しかし勝久らはこれに従わず籠城、毛利氏の猛攻に遭いついには降伏する憂き目に遭う(上月城の戦い)。勝久は嫡男・豊若丸、兄弟の氏久、重臣の神西元通らと共に自害した。享年26。一方、山中幸盛は捕虜となり移送される途中に斬殺された。これにより大名としての尼子氏再興運動は潰えることとなる。

尼子勝久は尼子誠久の五男として生まれ、尼子氏再興の夢に全力を傾けました人でした。,祖父国久と父誠久を尼子晴久に殺され,逃れて京都東福寺の僧となっていた所を、かの有名な山中幸盛(鹿之介)らに擁立され挙兵しました。出雲に進入し一時はその大半を回復しましたが、最終的には上月城の戦いに敗れたことによって、その夢は永久に閉ざされてしまいました。この時代の山陰山陽地方の興亡を記した軍記物語『陰徳太平記』には、勝久が毛利方に降伏したとき、山中幸盛はじめ自身のために捕虜となってくれた家臣に対して、別れの言葉を送るくだりがあるのですが、法衣をまとって一生を送るはずだったその身を一度は尼子の大将にしてくれたことに感謝し、今後は命を大切にして長生きするよう述べています。これは勝久の真摯な姿勢を描いており、ここが同書の一つの山場となっています。ただし、実際にはその場にいた者はいずれも自害するかまたは降伏直後に謀殺されてしまっているので、著者の香川正矩がこの経緯をどのようにして取材したのか(あるいは単に創作したのか)という点には疑問があります。全ての歴史物語に共通することですが、物語に書かれていることが、どこまで史実であるか難しい問題です。恐らく上記の言葉は尼子経久が詠んだされる、(実際に詠んだのは晴久)「秋上は 富高らかに 相かして 思うことなく 長生きせん」という歌からの創作であると思われます。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。