FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

磯かげの松のあらしや友ちどり いきてなくねのすみにしの浦

磯かげの松の嵐だな連れ立った千鳥よ 行きて(生きて)鳴く(無く)音の澄(住む)んだ浦だ

豊臣秀次の辞世の句。豊臣 秀次(とよとみ ひでつぐ) / 羽柴 秀次(はしば ひでつぐ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・大名・関白。豊臣秀吉の姉・日秀の子で、秀吉の養子となる。通称は孫七郎(まごしちろう)。幼名は治兵衛(じへえ)。はじめ、戦国大名・三好氏の一族・三好康長に養子入りして三好信吉(みよし のぶよし)と名乗っていたが、後に羽柴秀次と改名する。永禄11年(1568年)、豊臣秀吉の姉・とも(瑞竜院日秀)と木下弥助(後の三好吉房)の長男として尾張国に生まれる。織田信長の北近江浅井攻めに際し、宮部継潤に養子として送り込まれた(浅井氏滅亡後に返還)。その後、信長が開始した四国攻めにおいて、秀吉が四国に対する影響力を強めるため、当時阿波国で勢力を誇っていた三好氏の三好康長に養子として送り込まれ、三好信吉と名乗る。天正10年(1582年)6月の信長の死後、秀吉が信長の後継者としての地位を確立する過程において、秀吉の数少ない縁者として重用された。天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いに参戦して武功を挙げた。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いにも参加し、このとき「中入り」のため三河国への別働奇襲隊の総指揮を執ったが、逆に徳川家康軍の奇襲を受けて惨敗し、舅である池田恒興や森長可らを失い、命からがら敗走する。このため、秀吉から激しく叱責された。この時期、羽柴秀次と名乗る。天正13年(1585年)の紀伊雑賀攻めでは秀長と共に副将をつとめ千石堀城の戦いで城を落とし、四国平定でも副将として3万を率いて軍功を挙げた。このため、近江国蒲生郡八幡山城(現在の近江八幡市)に43万石を与えられた(うち、23万石は御年寄り衆分)。領内の統治では善政を布いたと言われ、近江八幡には「水争い裁きの像」などが残り逸話が語り継がれている。これは田中吉政など家臣の功績が大きいとも言われているが、悪政を敷いた代官を自ら成敗したり名代を任せた父の三好吉房について「頼りない」と評価するなど主体性を発揮した面も伝わっており、吉政らの補佐を受けつつ、徐々に彼らを使いこなすに至ったというのが実像であろう。天正14年(1586年)11月、豊臣の本姓を秀吉から下賜された。九州征伐では京都の守りに残ったが、天正18年(1590年)の小田原征伐にも参加し、山中城攻撃では大将となり城を半日で陥落させた。戦後、移封を拒否して改易された織田信雄の旧領である尾張国・伊勢国北部5郡などに100万石の大領を与えられた。天正20年(1592年)「御家中人数備之次第」に家臣団構成が記されており、御馬廻左備(牧主馬などが属す)などの組織名が記録に残っている。同書には御馬廻右備219人の組頭として大場土佐、御後備188人の組頭として舞兵庫の名が記されている。天正19年(1591年)奥州に出兵し、葛西大崎一揆及び九戸政実の乱鎮圧においても武功を挙げた。天正19年(1591年)8月に秀吉の嫡男・鶴松が死去した。秀次は11月には秀吉の養子となり、12月に関白に就任。同時に豊臣氏の氏長者となった。関白就任後の秀次は聚楽第に居住して政務を執ったが、秀吉は全権を譲ったわけではなく、二元政治となった。その後、唐入りに専念する秀吉の代わりに内政を司ることが多かった。しかし文禄2年(1593年)に秀吉に実子・秀頼が生まれると、秀吉から次第に疎まれるようになる。秀吉は前田利家を仲介人として秀頼と秀次の娘を婚約させ、日本を5つに分けてその4つを秀次に、1つを秀頼に与えると約束するなど互いに譲歩も試みられた。文禄4年(1595年)7月8日、秀吉の命令で伏見城に登城するが、秀吉と面会できぬまま高野山に追放され、出家し道意と号した。以降、豊臣の姓から豊禅閤〈ほうぜんこう〉と呼ばれることもある。7月15日に切腹を命じられ青巌寺・柳の間にて死亡。享年28。

秀次はよく秀吉や叔父・秀長に及ばないと言われていますが、彼の経歴における失敗は小牧・長久手の戦いの敗戦の一度だけであり、その後の紀伊・四国攻め、小田原征伐での山中城攻め、奥州仕置などでは武功を上げ、政務においても山内一豊、堀尾吉晴らの補佐もあって無難にこなしていることを考慮すると、相応の力量のある文武両道の人物でした。その人となりにおいても、キリスト教宣教師たちから「この若者は伯父(秀吉)とはまったく異なって、万人から愛される性格の持ち主であった。特に禁欲を保ち、野心家ではなかった」「穏やかで思慮深い性質である」などと記している(ルイス・フロイス「日本史」など)と記されており、古筆を愛し多くの公家とも交流を持つ当代一流の教養人でもありました。よって、秀頼の誕生によって将来に失望した秀次が、自暴自棄に陥り乱行の果てに秀吉に対し謀反を企てたというのは、真実とは考えにくいです。江戸時代の諸書には秀次の乱行について、弓や鉄砲の稽古のために往来を通る者を召し捕らえて的代わりにしたとか、殺生禁断の比叡山で鹿狩りをしたとか、つまらないことから座頭や料理人をなぶり殺しにしたとか、妊婦の腹を裂いて胎児を取り出して眺めたとかいったことが書かれていますが、これらも後世の創作でしょう。秀次が処刑された理由は諸説があり、未だに明確ではありませんが、直接の理由はともかく、秀頼が生まれたので優秀な秀次が邪魔になったというのが一番妥当なのではないでしょうか。ともかく、一度出家した者に切腹を要求する事自体当時としても考えられないことであり、また武家とはいえ天子の後見人として殿下と敬称される地位にあった関白が失脚早々に切腹を申し付けられ梟首となったことも、公家社会に衝撃を与えました。それに輪をかけて切腹を受け入れたにもかかわらず首を晒し一族郎党を処刑するという、このような苛烈な仕置は、後の豊臣政権崩壊へと繋がりました。秀次は秀吉晩年の豊臣家の中では唯一とも言ってもよい成人した親族であり、秀次とその子をほぼ殺し尽くしたことは、数少ない豊臣家の親族をさらに少なくしました。また、秀次事件に関係し秀吉の不興を買った大名は、総じて関ヶ原の戦いで徳川方である東軍に属しました。上記の歌については、掛詞を多用した歌なので、ちょっと解釈が難しいかと思いますが、かっこ内の意味の方が本音とみるべきでしょう。複雑な人生を歩んだ割には、辞世の歌はすっきりとして美しいものとなっています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0