FC2ブログ
07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

今日の辞世の句 

窓に来て鳩が餌をばねだりをし 身動きできぬ病とも知らず

鈴木東民の辞世の句。鈴木 東民(すずき とうみん、1895年(明治28年)6月25日 - 1979年(昭和54年)12月14日)は日本のジャーナリスト、労働運動家、政治家。岩手県出身。東京帝国大学経済学部を卒業後、1923年(大正12年)に大阪朝日新聞に入社するが、日本電報通信社 (電通の前身) の海外留学生募集に応じて1926年(大正15年)に同社のベルリン特派員として渡独[1]。帰国後、1935年(昭和10年)に読売新聞社へ移り、読売新聞の外報部長兼編集委員を務めた。反ナチスの論陣を張り、当時の駐日ドイツ大使オイゲン・オットから危険視されて休職。郷里の岩手県に帰郷した。第二次世界大戦の終戦と同時に上京して、読売新聞社に復帰。社内改革を目指して正力松太郎社長など幹部の退陣を要求したが、反撃を受け解雇されたため従業員組合を結成。組合長として第1次読売争議を指導。この後、正力がA級戦犯容疑者に指名され、巣鴨拘置所に収監されたゆえ、鈴木の解雇は撤回された。読売新聞編集局長に就任したが、1946年(昭和21年)6月にGHQの勧告により再び解雇。第2次読売争議を指導したが、敗北した。その後、自由懇話会理事長や民主主義擁護同盟常任委員を務める。日本共産党に入党し、衆院選や参院選に出馬したが落選、その後離党し、労働者農民党に移籍。1955年(昭和30年)に釜石市長に当選。1967年(昭和42年)の落選まで3期務めた。落選直後に釜石市議選に出馬し、市議を1期務めた。市長在職中の1958年に、市内を流れる甲子川上に日本で唯一無二の橋上市場を建設した。

鈴木東民は反骨のジャーナリストとして知られる人です。読売新聞社において、戦後,社長以下幹部の戦争責任を追及し、従業員組合長として第1次読売新聞争議を指導し後に、編集局長となりました。GHQの勧告により再び解雇されると第2次争議を指揮しましたが敗北,して退社しました。釜石市長としての彼の最大の業績は、橋上市場を作ったことです。この橋上市場は、中心街を流れる甲子川に長さ109メートルの橋を架けて作られ、その大渡橋の橋の上に商店主達が独自に店舗の建物群を立てた事により形成されました。当時、世界でも公道の橋に私有の建物を立て営業を行う市場は、日本以外ではイタリアにしか存在しないと言われており、この橋上市場は釜石の戦後復興の象徴となり、市民の台所として、また観光名所として全盛期には1日1万人が訪れました。鈴木東民は上記の歌の他に、「谷底につき落とされし夢を見ぬ 初めて病院のベットにいねし夜」という歌も辞世として残しています。
スポンサーサイト



Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

自民党はしっかりしろ!
もうここまで来たら自民党は腹を決めろ!
(そして孫娘を見て、にっこり微笑み静かに息をひきとった。)

武見太郎の最期の言葉。武見 太郎(たけみ たろう、1904年8月7日 - 1983年12月20日)は、日本の医師である。日本医師会会長、世界医師会会長を歴任した。1957年(昭和32年)から25年間に渡って日本医師会会長を務め、「自由主義経済化における開業医の独立を守る」と、医師のなかでも主に開業医の利益を代弁した。戦後の厚生行政に於いては各種審議会の委員を委嘱され、時には保険診療の拒否を強行するなど厚生省の官僚との徹底的な対決をも辞さない姿勢はケンカ太郎と言われた。医師会内部でも自分の意に沿わない医師を冷遇するなど独裁的な権力を揮い、医師会のみならず薬剤師会・歯科医師会を含めたいわゆる「三師会」に影響を及ぼし武見天皇とまで呼ばれた。医師会サイドからだけでなく、吉田茂閨閥(吉田茂の妻雪子は牧野伸顕の長女)に連なり、その私的なブレーンとしても政治に関わっていた。医師の代表を自認していた武見であるが、「(医師の集団は)3分の1は学問的にも倫理的にも極めて高い集団、3分の1はまったくのノンポリ、そして残りの3分の1は、欲張り村の村長さんだ」と嘆いたとも言われる。銀座にあったクリニックでの治療費は患者が自ら診療代を自由に決めて支払いする方式は伝説になっている。人柄は、権力をかざす政治家や官僚に対しては異常なくらい厳しい対応をするが、弱者にはいつでも優しく接した。「喧嘩太郎」の異名の一方「情けと涙の太郎」を知る者も多い。京都府において、武見可質・初夫妻の4男1女の長男として誕生、生後まもなく東京の上野桜木町に転居した。武見家はもと新潟県長岡市出身という。旧制開成中学校の3学年在学中に腎臓結核に罹患、療養中に叔父・武見日恕の影響もあって『法華経』などに親しんだ。その後、旧制慶應義塾普通部に転学し、1922年(大正11年)、旧制慶應義塾大学医学部に入学した。教授・柴田一能の日蓮聖人讃迎会に入り、また大学に仏教青年会を創設、なかでも当時慶應義塾大学予科の講師をしていた友松円諦を仏教や生き方の師として永く親交があった。1930年(昭和5年)に医学部を卒業、内科学教室に入ったものの、教授との折り合いが悪く退職した。1938年(昭和13年)理化学研究所に入所、仁科芳雄の指導の下、放射線が人体に与える影響を研究した。翌年には、研究活動の傍ら銀座に武見診療所を開業し、開業医として生計を立てながら政財界の要人とも交わるようになり、吉田茂に指示されて、高血圧症を患っていた米内光政を往診したこともあった。戦後、中央区医師会から日本医師会の代議員となった。1950年(昭和25年)3月、日本医師会副会長、1957年(昭和32年)4月には同会長に就任し、以後連続13期25年に渡って在職した。就任中、1961年(昭和36年)2月には医師会、歯科医師会の全国一斉休診実施するなど、「喧嘩太郎」の異名をとった。さらに、1975年(昭和50年)には世界医師会会長にも就任した。自らが漢方薬の愛用者であった武見は、漢方医療を保険診療に組み込むことを厚生省に働きかけ、70種類の漢方薬を大臣告示で薬価基準に収載させた。関連して、北里研究所附属東洋医学総合研究所の誕生にも、武見の助力が大いに寄与したことが知られている。1973年(昭和48年)の防衛医科大学校の設立に貢献、また翌年の東海大学による医学部設置に便宜を図った。1982年(昭和57年)4月、日本医師会会長を引退。翌年12月20日、胆管癌のために死去した。法名(戒名)は「太清院醫王顕壽日朗大居士」。

武見太郎は気性が強かったことで有名な医師です。彼は昭和32年から57年まで日本医師会会長をつとめ、医療保健行政への医師会の発言力を強めました。「ケンカ太郎」の異名を取った彼は、官僚に対しては非常に強固な態度で挑みましたが、反面で弱者に対してはとても優しく接しました。彼の姿勢は世界的にも評価され、1975年には第29代世界医師会(World Medical Association、略称:WMA)の会長に就任しました。また、ハーバード大学公衆衛生大学院には、「武見国際保健プログラム」が設置されています。武見は大変な大食漢であった一方で、タバコは吸わず、酒も嗜みませんでした。漢方医学に関心を持ち、自ら処方した漢方薬を常用しており、自分の健康管理には自信を持っていたようでう、1980年(昭和55年)に胃癌と診断されるまでほとんど健康診断は受けなかったそうで、「入院してみて、はじめて患者というのはかわいそうな存在だということがわかったよ」と述べています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0