08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

夫人の「なにか言い残すことはありますか?」という問いに答えて
「何も言い残すことはない」

立原正秋の最期の言葉。立原 正秋(たちはら まさあき、金胤奎、キム・ユンキュ、김윤규、1926年1月6日 - 1980年8月12日)は、朝鮮半島出身の日本の小説家・随筆家・詩人・編集者。1926年(大正15年)1月6日、朝鮮慶尚北道(現在の韓国慶尚北道)安東郡生れ。早稲田大学専門部国文科中退(入学時は法律学科)。小林秀雄を導き手として世阿弥の芸術論や謡曲をはじめとする中世の日本文学に深く沈潜し、「中世」をみずからの創作活動の原点とした。父の病没後、母が渡日したのをうけ日本に定住。丹羽文雄主催の『文学者』に参加し、小説を書き始める。自作の「薪能」「剣ヶ崎」が芥川賞、「漆の花」が直木賞候補となり、みずからを「純文学と大衆文学の両刀使い」と称して流行作家となる。1966年(昭和41年)、「白い罌粟」で第55回直木賞を受賞。大人の愛を描いた小説に人気がある。編集者としても、同人文芸誌『犀』刊行の中軸を担い、また、第7次『早稲田文学』の編集長を務めるなどし、吉田知子、古井由吉ら多くの作家、評論家を世に送った。食道癌で亡くなる2ヶ月前に、ペンネームだった「立原正秋」への正式な改名が認められ、本名になった。美食家としても有名だったが、小島政二郎の美食随筆に対しては「味なんか何も分らない人だ」と徹底的にこきおろした。代表作に『冬の旅』『残りの雪』『冬のかたみに』など。『秘すれば花』『日本の庭』など、随筆も多い。角川書店より全集が1980年代と1990年代に2度刊行された。

立原正秋は朝鮮半島出身の作家ですが、米本光代と結婚した時に日本へ帰化しているので、厳密に言うと日本人です。最終的にペンネームだった「立原正秋」を、彼は本名にしました。彼は日本の中世文学に傾倒し、純文学と大衆文学の両方の小説を書き続けました。中世文学の中でも特に好きだったのは能だったそうで、世阿弥を尊敬していました。長男の立原潮は日本料理家になったのですが、正秋が収集した美術品などについて、「美のなごり─立原正秋の骨董」という本を出版しています。1980年(昭和55年)8月12日、国立がんセンターにおいて食道癌により死去。54歳没。墓所は鎌倉市二階堂の瑞泉寺にあります。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

今や予の右肺は既に破れ、左肺僅に存す。
加ふるに腸胃甚だ衰へたり。
滋養物を食せんか腸胃を害するを如何せん。
食せざらんか身体の滋養を欠き、益衰弱に赴くべし。
食すると食せざると共に死を免れず。

馬場辰猪の最期の言葉。馬場 辰猪(ばば たつい、1850年6月24日(嘉永3年5月15日) - 1888年(明治21年)11月1日)は、幕末時代の土佐藩士で明治時代の自由民権運動の思想家・政論家。最も急進的で国粋的な『國友会』を組織した人物。諱は氏保(うじやす)、通称として辰猪を称す。土佐国(高知県)出身。1850年、土佐藩士・馬場来八(小姓組格、のち馬廻役)の二男として高知城下中島町に生まれる。藩校文武館で学び、江戸留学の藩命を受けて1866年、鉄砲洲にあった中津藩邸の福沢塾(後の慶應義塾)で政治史、経済学を学ぶ。その後、長崎に赴いて長崎英語伝習所にてオランダ人宣教師グイド・フルベッキに英語を習う。1869年、慶應義塾に戻り、のちに教師も務める。1870年、土佐藩の留学生として真辺正精、国澤新九郎、深尾貝作、松井正水らと英国に留学し、海軍や法学について学ぶ。イギリス留学中、土佐藩イギリス留学生らの団長を務める真辺正精と決闘を行い、真辺を負傷させている。1874年に帰国。翌年、岩倉遣米欧使節団の一員として再び渡英し、イギリス滞在中に政府留学生となる。その際にはフランスにも赴いた。1878年に帰国。この留学で彼の思想の中核となる言論思想の自由、「公議輿論」の重要さを学んだ。当時イギリスに留学中だった馬場辰猪は、1873年出版の『ELEMENTARY GRAMMAR OF THE JAPANESE LANGUAGE WITH EASY PROGRESSIVE EXERCISES』(日本語文典)の序文にて、森有礼の国語英語化論を批判し、日本語論争などのちに「国語国字問題」とよばれるものに発展し、大槻文彦の『言海』や前島密らの漢字論などと共に「国語」以前の日本語論争の先駆けとなった。同じ土佐出身で、共に英国留学した星亨や小野梓らと共に『朝野新聞』や『自由新聞』などで中江兆民らと共に自由民権運動を日本に紹介し、共存同衆・交詢社の活動に参加。ちょうどこの頃、西南戦争の勃発に乗じて、挙兵による大久保利通政権の打倒を策して失敗。末広重恭らとともに「国友会」などの組織を立ち上げる。結社「共存同衆」は1879〜1880年頃、金子堅太郎・島田三郎らと共に「私擬憲法意見」を起草した。「日本人学生会」を組織し、法律学による啓蒙活動に従事し、国友会を基盤に自由民権運動の指導者となった。1879年、交詢社創設委員として社則規則などに参画し、1881年、明治義塾(三菱商業学校)創立に参加した。自由党結党大会で、後藤象二郎に次ぐ副議長に選出されて議事運営に当たり、『朝野新聞』に投書し、1882年に『自由新聞』を創刊して主筆となる。板垣退助の外遊に反対して自由新聞を退社し離党、演説会を主催する。1883年、警視総監樺山資紀から東京での政治演説の禁止を申し渡される(6ヶ月間)。その後は著作活動に入るが、加波山事件に関わった自由党員は、「露国虚無党の利器と称する所のダイナマイト」に着目し、1885年11月に横浜の商店で「ダイナマイトは売っているか」と尋ねたため、密偵に発見され検挙。爆発物取締罰則違反に問われて、大石正巳と共に逮捕される。翌年6月、公判で無罪判決を受けた後、アメリカに亡命して講演を行う。アメリカでは政府批判の講演を行い、駐米公使としてアメリカにいた陸奥宗光を尋ねる。しかし病苦と貧苦に耐え切れず、1888年、肺結核のためフィラデルフィアのペンシルヴァニア大学病院で肺炎が元で死去。享年38。最期を看取ったのは、岩崎久弥と林民雄だった。彼の墓は、ウッドランド墓地にある。上野の寛永寺谷中墓地にも、墓碑がある。

馬場辰猪はまだ民権運動と国粋主義が未分化であった時代の自由民権運動の思想家であり、現在の基準では右翼であると同時に左翼でもあるという人です。彼はイギリスに2回留学して英国法を修め、帰国後は共存同衆会や国友会などに所属して自由主義思想の啓蒙につとめました。明治14(1881)年自由党創立とともに常議員に選ばれ、同党の理論的支柱として活躍しましたが、板垣退助自由党総理の外遊に反対し常議員を辞任し、自由党を脱党しました。板垣の外遊は刺客に襲われてあまり日本に居たくなかった板垣と、自由民権運動の高まりによりその頭目を追い出しておきたかった政府の利害の一致により行われたのですが、これは自由民権運動の熱気に冷水を浴びせることになりました。これに馬場が憤ったのも無理のないことですが、後の自由民権運動の激化を考えれば、事の善悪を判じるのは難しいかもしれません。上記の通り、その後、爆発物取締罰則違反容疑で逮捕されましたが、無罪放免となりまもなくアメリカに渡り、全米各地で日本の実態を紹介する講演や、明治政府の専制ぶりを批判する論説を発表するなどを、精力的な活動を続けました。1888年にペンシルベニア大学病院に入院し、満38歳で客死しました。遺著『日本政治の状態』の表紙にみえる「頼むところは天下の輿論、めざす仇は暴虐政府」の言葉は、彼の執念を示すものとして有名です。1896年11月2日、谷中天王寺で馬場辰猪の没後8周年祭が催され、福沢諭吉、荘田平五郎、金子堅太郎、田口卯吉、渡辺洪基、中上川彦次郎、矢野文雄、尾崎行雄、犬養毅、中江兆民、大石正巳ら福沢に連なる140名ほどが参列しました。福沢はこの日の追弔で、「君は天下の人才にして其期する所も亦大なりと雖も、吾々が特に君に重きを置て忘るゝこと能はざる所のものは、其気風品格の高尚なるに在り」と述べています。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

暴徒にあらず
国事犯なり!

井上伝蔵の最期の言葉。井上伝蔵(いのうえ でんぞう、安政元年6月26日(1854年7月20日) - 大正7年(1918年)6月23日)は、秩父事件の中心人物の一人。井上類作の次男として武蔵国下吉田村(のちの埼玉県秩父郡吉田町、現秩父市)に生まれる。幼名は治作。長男が早くなくなったため、商家「丸井」を継ぎ、代々の「伝蔵」を名乗る。商用で上京するうち自由民権運動に共鳴し、自由党に入る。1884年(明治17年)11月に起きた秩父事件では会計長を努めた。秩父事件敗北後、逃亡。欠席裁判で死刑の判決を受けたが、北海道に潜行していた。北海道石狩で代書屋を開業、1905年(明治38年)「代書人取締規則」の施行で規制が強化され、逃亡中の身であり身分証提出ができず代書業を廃業せざるを得なかった。井上伝蔵は1918年(大正7年)、野付牛町(現北見市)で、秩父から呼びよせた先妻や、変名(伊藤房次郎)のまま結婚した妻と子供に見守られながら波乱に富んだ生涯を閉じた。享年65。なお晩年伝蔵は、子供らに北海道へくる前の事を語ったという。井上伝蔵の生家は1947年(昭和22年)に取り壊され、いまは空き地となりわずかに「井上伝蔵の家」(吉田町教育委員会)という立看板があるだけである。また墓地も道路を挟んだ畑のなかにある。秩父時代の妻はコマ(「古ま」とも)。一子フデの子で孫にあたる小林もと(1920年生れ)が、地元秩父市に住んでいる。北海道時代の妻は高浜ミキ。その三女セツの子の佐藤知行(1927年生れ)と田中ゆう子(1925年生れ)が東京都足立区に住んでいる。 2003年6月23日には映画「草の乱」の上映を機会に孫3人が墓参を行っている。伝蔵は俳句もたしなみ号は柳蛙と号した。「想いだすことみな悲し秋の暮」などが残されている。秩父時代の妻コマは浅草の芸者だった。東京都板橋区の養育院(養老院)で死去している。

井上伝蔵は秩父事件の中心人物の一人です。彼は丸井商店という大きな商店を経営する一方で、自由民権運動に共鳴して自由党員となり、また一方では俳句に通じた趣味人でもありました。伝蔵は秩父自由党の幹事となり、後に憲政党総務を務めた自由民権運動家の大井憲太郎とも知己の仲でした。秩父事件の際には会計長となりましたが、困民軍本陣の解体により田代栄助と逃亡し、欠席裁判で死刑の宣告を受けました。事件の2年後北海道に渡り、伊藤房次郎の名で石狩町で代書人となり、そのまま逮捕されることなく亡くなりました。上記の通り、伝蔵は潜伏先の北海道でも結婚したのですが、死の直前に秩父事件のことを家族に語り、行方不明だった死刑囚の伝蔵がまだ生きていたという報せに世間は驚きました。上記の最期の言葉は、その時に述べられたものです。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

振り返り見れば昨日の影もなし 行くさきくらし死出の山道

田代栄助の辞世の句。田代 栄助(たしろ えいすけ、天保5年8月14日(1834年9月16日) - 明治18年(1885年)5月17日)は江戸時代から明治時代にかけての侠客[1]、明治初期の代言人。秩父事件では困民党の総理として無血蜂起を指揮した。田代勇太郎嘉之の子として武蔵国秩父郡大宮郷字熊木(現・埼玉県秩父市熊木町)に生まれる。実家は、江戸時代に忍藩の割役名主を務めたこともある名家であった。農業を営むかたわら、他者の賃借などについて仲裁を行ったり、困窮者の手助けを行ったり、放浪者を救ったりするなど弱者に優しく、秩父の郡民からは非常に信頼されており、慕うものが200人を越えるほどだったという。時の政府の富国強兵に伴う年々度重なる増税、失政によるデフレスパイラルに続き、国際的絹価格の大下落で、秩父地方で盛んな養蚕業を営む多くの農民の生活は悪化していた。そんな中、1884年(明治17年)9月、困民党に招聘され総理に推挙される。そして議論の末に無血蜂起を決定し、10月31日に開始。軍律は以下の通りであった。
第一条 私ニ金品ヲ掠奪スル者ハ斬
第二条 女色ヲ犯ス者ハ斬
第三条 酒宴ヲ為シタル者ハ斬
第四条 私ノ遺恨ヲ以テ放火其他乱暴ヲ為シタル者ハ斬
第五条 指揮官ノ命令二違背シ私ニ事ヲ為シタル者ハ斬
蜂起中に困民党メンバーやその同調者は「自由自治元年」という私年号を用いた。早くも翌11月1日には秩父郡内を制圧して、高利貸や役所等の書類を破棄した(なお一部には、指導部の意に反して暴力行為や焼き討ち等を行った者もいた)。しかし、当時既に開設されていた電信によりいち早く彼らの蜂起とその規模を知った政府は、一部汽車をも利用して警察隊・憲兵隊等を送り込むが苦戦し、最終的には東京鎮台の鎮台兵を送り郡境を抑えたため、11月4日に秩父困民党指導部は事実上崩壊、鎮圧された。田代は、武装した政府軍に追われて11月11日まで山に籠もり、11月14日に黒谷村(後に原谷村、現在は秩父市)の知人宅に宿泊。しかしその家の下働きの老女に密告され、翌15日未明、就寝していたところを警官隊に踏み込まれて捕縛された。その後取り調べを経て、1885年(明治18年)2月19日に死刑判決を受ける。同年5月17日、加藤織平・新井周三郎・高岸善吉・坂本宗作と共に熊谷監獄にて絞首刑。享年52。

田代栄助は明治時代前期の侠客にして、秩父事件の中心人物です。秩父事件は1884年(明治17年)10月31日から11月9日にかけて、埼玉県秩父郡の農民が政府に対して起こした武装蜂起事件です。この事件の特徴は、貧困によって起こった一揆ではなく、豊かになっていく過程により成立した市民意識による自由民権運動の影響下に発生した、いわゆる「激化事件」であった点にあります。秩父事件は非常に政治的な事件であり、規模では比較になりませんがフランス革命の影響を受けています。と言うのも、秩父地方は昔から養蚕が盛んだったのですが、信州など他の養蚕地域に比べてフランス市場との結びつきが強く、秩父郡内における最初の小学校はフランスの援助で設立され、そのために当時の在日フランス公使館の書記官が秩父を訪れたほどでした。ヨーロッパ大不況のさなかに発生した1882年のフランスのリヨン生糸取引所における生糸価格の大暴とそれに伴う日本政府の失政による、生糸価格が大暴落したことがこの事件の背景にあります。秩父事件は、暴力行為を行わないという非常に高潔な精神と、上記の厳しい軍律を掲げて蜂起したのですが、3日後には鎮圧されてしまいました。田代栄助は蜂起の際の演説で「兵士に対し、自由党の兵はお前らの父、お前らの兄なり、お前らの父兄に発砲するとは不孝不義ではなからうか、不孝不義でなくなるには元に向かって発砲すればお前らもまた自由の士であつと説け。このように話せば兵士たちも何で我らに危害を加えようか。しからば兵隊は恐るるに足らない」と述べているのですが、蜂起側が暴力行為を行わなければ、官軍は攻撃してこないと思っていたようであり、少々現実の認識が甘かったようです。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

思ふ事つくしてもはてずさそはれて かへらぬ旅に心のこして

松沢求策の辞世の句。松沢 求策(まつざわ きゅうさく、1855年 - 1887年6月25日)は、長野県安曇野市出身の自由民権家。1855年(安政2年) - 信濃国安曇郡等々力町村(千国街道保高宿)に醤油醸造を業とした若松屋に生まれる。1865年(慶応元年) - 高島章貞の主宰する星園塾を卒える。1873年(明治6年) - 安曇野最大の用水堰である拾ヶ堰の堰守となる。この役職は地域の灌漑用水の管理・分配を一手に担うもので、本来は名主たちに受け継がれて来た名誉職であった。また隣村の伊東とめ(17歳)と結婚。1874年(明治7年) - 長女の万喜代が生まれる。1875年(明治8年) - 学校の世話係に任命される。10月、武居用拙の塾に入る。1877年(明治10年) - 上京し、講法学舎の大井憲太郎や松田正久にフランス法や自由民主主義を学ぶ。1878年(明治11年) - 松沢に自由民権運動の薫陶を与えた坂崎紫瀾の跡を受けて『松本新聞』の主筆となり、新聞紙上に自由論を説く。1879年(明治12年) - 貞享騒動の中心人物、多田加助を主人公にした「民権鑑加助の面影」を松本常盤座で初演させる。 1880年(明治13年) - 奨匡社を創立。大阪の愛国社からの要請で国会願望有志大会に出席。東筑摩郡松本町の青松寺にて奨匡社結社大会が開かれた。南安曇郡選出の県会議員となる。1881年(明治14年) - 東京で西園寺公望の『東洋自由新聞』の印刷長となる。しかし、西園寺が職を辞して廃刊となる。それに際し全国各地の民権家に檄文を送るが、大衆扇動の罪により、5月16日懲役70日の刑を受ける。11月1日、八丈島に向かう。1882年(明治15年) - 南海開島会社を興し、八丈島で事業を行うが、翌年倒産する。1883年(明治16年)12月 - 長野県会議員に当選。1886年(明治19年) - 代言人(弁護士)の試験問題漏洩事件に関与したとして逮捕される。1887年(明治20年) - 結核により獄中で病没。

松沢求策は明治時代に活躍した自由民権家です。彼は自由民権運動とは何であるか、まだ日本人がよく分かっていなかった時代に、フランス法や自由民主主義を学び全国的な活動を行った人です。『松本新聞』編集長に就任し豪農層と教師の組織化を推進したり、大阪で開かれた国会期成同盟会に参加して国会開設願望書起草委員に選出されたれたりと、活動の中心的な役割を担いました。上記の通り、1881年(明治14年)に『東洋自由新聞』の印刷長となったのですが、この新聞は、フランス留学経験のある当時としては非常に開明的な思想の持ち主であったの西園寺公望が、中江兆民(篤助)や光妙寺三郎らフランス派知識人と共に創刊したものです。しかし、西園寺の社長就任は明治政府や宮中でも物議を醸し、政府の圧力によって西園寺が退社させられると、これに憤激した松沢は内勅の事実を暴露した檄文を配布し、懲役刑を受けました。『東洋自由新聞』は、社長と有力社員を失ったのに加えて資金提供者であった社主稲田政吉が社を脱退したため経営的にも行き詰まり、1881年4月30日第34号をもって廃刊しました。上記の辞世の歌は、志半ばで獄中で病没する無念を詠んだものでしょう。第1回総選挙が行われ帝国議会が開かれたのは、彼の死の三年後の1890年(明治23年)のことでした。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。