FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

(蒲焼を食べて)
ああ うまかった。
(と言った後、いきなり喀血し急死する)

柳川春三の最期の言葉。柳川 春三(やながわ しゅんさん、天保3年2月25日(1832年3月27日) - 明治3年2月20日(1870年3月21日)は、幕末の洋学者。後に良三。姓は栗本、名は春蔭。初名は西村辰助。号は臥孟、楊江。オランダ語、英語、フランス語に通じる。尾張藩に生まれ、砲術家上田帯刀や伊藤圭介に蘭学を学ぶ。1856年(安政3年)江戸に出る。柳川春三と名乗る。1857年(安政4年)和歌山藩の蘭学所へ出役。1864年(元治元年)開成所で教授となる。1868年(慶応4年)開成所で頭取となる。同年、「中外新聞」を17号まで発行。スタッフには開成所同僚の渡部温もいた。上野彰義隊を報じた「別段中外新聞」は、日本初の号外新聞となった。1870年(明治3年)2月20日病没。享年37。

柳川春三はいわゆる洋学者です。春三が生まれた当時の日本は鎖国していたにも関わらず、非常に優れた洋学者がいました。彼はシーボルトの弟子であった伊藤圭介に蘭学を学び、1856年(安政3)に江戸に出て、翌57年に和歌山藩の重臣水野土佐守忠央の知遇を得て同藩の蘭学所出仕しました。彼は語学の才能に豊かで、蘭学のほか英語、フランス語にも熟達し、多数の翻訳書を出版して西欧学術の導入に貢献しました。1864年(元治元年)に開成所で教授となるのですが、開成所とは文久3年(1863年)に設置された江戸幕府の洋学教育研究機関で、その原型である1856年(安政3年)に発足した江戸幕府直轄の洋学研究教育機関である蕃書調所の頃から、日本の洋学の中心でありました。最終的に開成所は幕府の崩壊により閉鎖されましたが、慶応4年6月13日(1868年8月1日)の布告により医学所とともに明治新政府に接収され、同年(明治元年)9月12日(10月27日)、官立の「開成学校」として再興し、在の東京大学の源流となりました。春三は1868年(慶応4年)に開成所の頭取になり、同年に「中外新聞」を17号まで発行して、新聞界の先駆者となりました。晩年は肺病を患っていたが平然と過ごし、誰も重病だと気づかなかったそうで、見舞いに来た宇都宮三郎と鰻を食した後に上記の言葉を述べて、突然喀血して亡くなりました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

今日の辞世の句 

高熱の 鶴青空に 漂えり

日野草城の辞世の句。日野 草城(ひの そうじょう、1901年(明治34年)7月18日 - 1956年(昭和31年)1月29日)は日本の俳人。本名は日野克修(よしのぶ)。東京市下谷区上野山下町(現在の東京都台東区上野)に生まれる。1905年より朝鮮に移住し、京城(現在のソウル特別市)の小学校を経て京城中学校(現在のソウル高等学校)で学ぶ。その後帰国し1918年第三高等学校第一部乙類(英文科)入学、1921年京都帝国大学法学部法律科に入学。1924年、同大学を卒業、大阪海上火災保険に入社。中学時代より「ホトトギス」に投句。三高では1919年に「神陵俳句会」をつくり、翌年拡大して「京大三高俳句会」となる。同句会には山口誓子などが参加した。またこの句会を基盤として草城、鈴鹿野風呂を中心に長谷川素逝らを加えて「京鹿子」を創刊。1922年には「京大三高俳句会」を解散し「京鹿子俳句会」を創立、学外に公開する。この間「ホトトギス」で高濱虚子に学び、1921年には20歳で同誌の巻頭を飾り注目を集めた。同誌ではのちに課題選者も勤め、1929年に29歳で同人となった。また「破魔弓」が1928年7月号から「馬酔木」となった際には水原秋桜子らとともに同人のひとりであった。1933年には水原秋桜子、山口誓子、鈴鹿野風呂、五十嵐播水らとともに新興俳句誌「京大俳句」創刊顧問となる。1934年、『俳句研究』4月号に、新婚初夜をモチーフとしたエロティックな連作「ミヤコホテル」10句を発表。この連作は京都東山に実在するミヤコホテルを舞台にしているが、草城自身は新婚旅行などはしておらず完全にフィクションの句であった。しかしフィクションの句やエロティシズムの句への理解が乏しかった当時は俳壇の内外に騒動を起こし、ことに客観写生、花鳥諷詠を題目とする虚子の逆鱗に触れ、1936年の草城の「ホトトギス」同人除名にまで発展した。俳壇では西東三鬼などは一定の評価をしたものの中村草田男や久保田万太郎が非難、また文壇でも中野重治が批判を行っている。しかし文壇にいた室生犀星は「俳句は老人文学ではない」(『俳句研究』1935年2月号)という文章を発表し「ミヤコホテル」が俳句の新しい局面を開いたとして積極的に評価した。この犀星の賛辞をきっかけにして中村草田男が『新潮』誌上で「ミヤコホテル」を批判する文章を発表、これに草城自身が反駁し、『新潮』『俳句研究』で「ミヤコホテル論争」と言われる論戦に発展した。1935年、東京の「走馬燈」、大阪の「青嶺」、神戸の「ひよどり」の三誌を統合し、「旗艦」を創刊主宰。「ホトトギス」除名後は無季俳句を積極的に唱導、自らもエロティシズムや無季の句をつくり新興俳句の主導的役割を担う。戦後の1946年には肺結核を発症。以後の10数年は病床にあり、これまでの新興俳句とは別種の静謐な句をつくった。1949年「青玄」創刊、主宰。1956年、心臓衰弱のために死去。慶伝寺(大阪市天王寺区)に眠る。

文学とエロとの関係というものは、切っても切れないものがあります。日野草城は非常に優れた俳人だったのですが、上記の通り新婚初夜をモチーフとしたエロティックな連作「ミヤコホテル」10句を発表し、各方面から轟々たる非難を受けました。この作品は今の感覚からすると、全く卑猥なものではないのですが、俳句とは元より仏教の影響を強く受けており、厳格な文藝であったので、これは必要以上に世間の耳目を集めてしまいました。草城は17歳で雑誌「ホトトギス」雑詠に入選し、三高在学中には京大三高俳句会を結成するなど、学生俳句運動の中心人物として活躍しました。さらには、鈴鹿野風呂らと「京鹿子」を創刊し、20歳で日本最大の俳句雑誌「ホトトギス」の巻頭を占め、早熟の華麗な詩才を謳われた人でした。天才肌であった草城の句風は、「わび・さび」的俳句概念を払拭した才気煥発で清新瀟洒なモダニズム風で、昭和俳句の先駆的役割を果たしたのですが、その結果上記のように俳句に艶美を持ち込み、「ミヤコホテル論争」と呼ばれる大論争を巻き起こしました。結果として、草城は師である高浜虚子から破門される憂き目に会いましたが、これは文藝が発展するためには仕方のない争いであったと思われます。北村透谷は「厭世詩家と女性」で、「恋愛は人生の秘鑰(ひやく、秘密を解く鍵のこと)なり、恋愛ありて後人生あり、恋愛を描き去りたらむには人生何の色味かあらむ」と主張し、恋愛至上主義の立場を鮮明にしましたが、保守的であった俳句も透谷より遅れること、30年ほど経って、ようやくその文学にエロを入れる端緒を得るまでになったということなのでしょう。

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。