07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

雪解や 八十年の つくりもの

岩本乾什(初代) の辞世の句。岩本乾什(いわもと-けんじゅう 1680-1759)は、江戸時代中期の俳人。延宝8年生まれ。江戸新吉原の妓楼天満屋(一説に雁金屋)の主人。岩本子英にまなび、その死後水間沾徳の門人となる。乾什座の祖。宝暦9年2月17日死去。80歳。弟子の大塚雪斎によって追善集「毛登濃美津」があまれた。通称は仁左衛門。別号に左英、呉丈、千歳児、満足庵、酒為郷など。

岩本乾什を知っている人は俳人か研究者くらいでしょう。乾什は元々は吉原の妓楼の主人でしたが、当時の妓楼は日本文化の坩堝のような場所で、当然のように当時最先端の文化であった俳句も流行っていました。彼は水間沾徳の門下に入り、江戸座の中にいました。江戸座は沾徳の「洒落風」に、それから分派した沾洲の「比喩体」も交えて大いに行われましたが、奇警な趣向や卑俗な見立てに走りすぎたために批判も多かったのですが、当時の俳壇では最大勢力でした。上記の辞世の句は、自分の人生とその身を雪だるまにでも例えているのでしょう。この世の無常を、江戸座流の洒脱な比喩で詠んだ句です。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1007-5d1cf992
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。