FC2ブログ
05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

御ひいきを ちからにもちし かきつばた

岩井半四郎 (5代目)の辞世の句。五代目 岩井 半四郎(ごだいめ いわい はんしろう、安永5年(1776年) - 弘化4年4月6日(1847年5月20日))は化政期に女形として活躍した江戸の歌舞伎役者。幼名は長松(ちょうまつ)。屋号は大和屋。俳名に梅我・杜若、通称に杜若半四郎・眼千両・大太夫などがある。安永5年江戸で生れる。父は四代目岩井半四郎。天明7年11月 (1787年) に桐座で岩井粂三郎と名乗り初舞台。文化元年 (1804年)、中村座で五代目岩井半四郎を襲名、父祖以来の女形の家を継いだ。「目千両」と呼ばれるほどの眼差しと、すこし下唇が出たおちょぼ口が魅力的で、しかも容姿抜群、愛嬌もたっぷりという三拍子揃った五代目は、すぐに江戸一の人気役者になった。芸の方もしっかりしており、四代目鶴屋南北と組んで生世話物の悪婆を得意としたほか、若衆や荒事までこなす名優であった。文政3年 (1820年)、五代目松本幸四郎や三代目坂東三津五郎と同時に上方へのぼる。これをきっかけに以後多くの役者が上方に赴くことになる。文政5年には、長男の二代目岩井粂三郎、次男の初代岩井紫若(後の七代目岩井半四郎)、そして自身の親子三人で江戸三座の立女形を独占したことで有名になった。天保3年 (1832年) 11月、俳名をとって岩井杜若を名乗り、弘化のはじめに剃髪、松下庵永久と号して役者を引退した。

五代目岩井半四郎は女形の名優として知られていますが、若衆や荒事までこなす芸達者な人でした。五代目は自然体の演技を得意とし、半四郎が「お帰りあそばしませ。」と云うだけで相手方の俳優は自分の妻よりもいとしく思えたそうです。また、名人五代目幸四郎が、彼のことを「あの人と一緒に演じているとまるで桜の散る中を歩くようです。」と評したように、五代目には大変に愛嬌があり華やいだ人物でした。彼の容貌から、悲劇よりも元気のいい女性を演じるのに本領を発揮し、当時の女性像に縛られない演技をしました。娘方のうちでも嫉妬事が上手く、お姫様役は好まなかったそうです。特に「お染の七役」の「土手のお六」などは全く彼によって創作されたものであり、当時としては斬新な演技を創造する才能に長けていました。五代目の妻も少し変わった女性で、「芝居といえども夫の色恋、心中を見るのは愚かなこと」といって、生涯半四郎の舞台を見ることはなかったそうです。

『助六所縁江戸櫻』の三浦屋揚巻
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E4%BA%95%E5%8D%8A%E5%9B%9B%E9%83%8E_(5%E4%BB%A3%E7%9B%AE)#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Hanshiro_Iwai_V_as_Miuraya_Agemaki.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1011-91c9f1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。