07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

武蔵野に名もはびこりし鬼薊(おにあざみ) 今日の暑さに乃(やが)て萎(しお)るる

武蔵野に悪名を轟かせた鬼あざみも 今日の暑さにやがて萎れる

鬼坊主清吉の辞世の句。鬼坊主 清吉(おにぼうず せいきち、安永5年(1776年) - 文化2年6月27日(1805年7月23日))こと無宿清吉は、江戸時代の盗賊である。牛込生まれ。父は漁師をしていたらしいが家は貧しく、京橋の加治屋という商家に奉公に出される。盗みで捕縛され、入墨を入れられ重敲の刑を受けたが非人小屋に入って入墨を消し、日雇いとなった。しかし、入墨を消した罪で再び捕縛され、再度入墨を入れられた上で江戸追放の刑を受けた。しかしそんなものは鬼坊主にとって全く意味がなかったようで、数人の仲間と徒党を組み、路上強盗、引ったくり、武装強盗を連日にわたって繰り返し、懸命の捜査を行う町奉行や火付盗賊改方をあざ笑うかのごとく江戸中を蹂躙した。あまりの神出鬼没振りにこの種の犯罪としては異例の人相書(普通人相書が出回る罪は当時一番重罪だった逆罪、すなわち主人や親を殺傷する罪である)が作成され、非常の捜査体制である捕物出役まで発動された。そのため上方へ逃亡し、文化2年(1805年)4月に彼の地で捕縛される(捕縛された場所については京都の大仏堂前と伊勢・津の2説ある)。4月24日、江戸に護送されるが、有名人である鬼坊主を一目見ようと群衆が押し寄せた。鬼坊主は北町奉行小田切直年の尋問に対して罪を認め、2ヵ月後の6月27日、市中引き回しの上、小塚原で仲間2名(無宿左官粂こと粂次郎24歳、無宿三吉こと入墨吉五郎28歳)と共に獄門にかけられた。享年30。「坊主」というあだ名が付けられているが僧侶ではなく、体が大きく風体が異様だったせいらしい。墓所は東京都豊島区の雑司ヶ谷霊園。

世の中が平和になると、物騒な人がもてはやされるものです。石川五右衛門は、浄瑠璃や歌舞伎の演題としてとりあげられて当代のヒーローとなりましたが、清吉もまたそれほど有名ではありませんが、浄瑠璃や歌舞伎狂言にとりあげられました。清吉に題を取った創作文芸の中でも特に有名なのは、四代目桂文團治、弟子の四代目桂文紅、三代目桂米之助が得意とした上方落語の『鬼あざみ』でしょう。四代目桂文紅は師の文團治から直接この噺を伝授してもらいましたが、晩年は訥々と語るいぶし銀のような芸で親子の情愛を演じ、高レベルの上方人情噺を観客に満喫させました。しかし、彼がやったことと言えば、要するに強盗・追い剥ぎであり、とんでもない極悪人であったことは間違いありません。現実の清吉は捕まっても「おれの敵は腹の虫だ。腹さえ痛まなければつかまるようなドジは踏まなかった」と言って悪びれる様子もなかったそうです。

桂文紅「鬼あざみ」
https://www.youtube.com/watch?v=rwSIZqv6nJs
「俳優落語当くらべ」「十六夜 国太郎」「鬼坊主清吉 尾上菊五郎」
http://www.enpaku.waseda.ac.jp/db/image/enpaku/nishikie/007-0/007-0329.jpg
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1014-26b6cecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。