07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

新・立命館大学戦史研究所

立命館大学の登録団体である立命館大学戦史研究所の公式ブログ。戦史研の活動再開とともに復活!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

今日の辞世の句 

思いきやともに消ゆべき露の身の 世にあり顔に見えむものとは

共に消えるべき露のような身であると思っていたが いかにも世に居座っているような顔に見えてしまうとは

相良義陽の辞世の句。相良 義陽(さがら よしひ / よしはる)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。肥後国の戦国大名。相良氏当主。肥後人吉城主。天文13年(1544年)、相良晴広の長男として生まれる。幼名は万満丸。のち初名の頼房(よりふさ)を名乗る。弘治元年(1555年)、父・晴広が死去したため、家督を継承した。しかし、まだ幼少であったため、実権は祖父上村頼興が握っていた。弘治2年(1556年)、薩摩国大口を併合するため姻戚である菱刈氏の菱刈重任と謀り、大口城主の西原氏に重任の妹を嫁がせて栗田対馬を付け、大口城奪取の機会を伺わせた。あるとき西原氏が病床についたのを見計らい重任は80余名の兵を城中に乱入させて放火、西原氏は火中に没した。重任は大口城を頼房に献上、更に伊作島津氏の島津忠良からも大口領を割譲され、それ以後は球磨、八代、芦北の兵1,000を交代で入れ守らせた。同年、天草で騒乱が起こると、栖本氏、志岐氏、有馬氏の連合軍に対すべく、天草氏、上津浦氏、大矢野氏に加勢する為にこちらにも番兵を派兵している。弘治3年(1557年)、頼興が死去したため親政を行なおうとしたが、このとき、頼房の家督相続に不満を持っていた叔父上村頼孝が、弟上村頼堅・稲留長蔵とともに頼房に対して謀反を起こした。3人は頼房を打倒し相良領を分割支配しようとしたらしいが、謀反は失敗。頼堅は殺害され、頼孝に与した菱刈重任も討ち死に。頼孝・長蔵は北原氏を頼って日向飯野(現・宮崎県えびの市)に逃亡。のち永禄2年(1559年)7月29日に士卒700名と共に頼孝が、その後に長蔵も帰参するが、永禄10年(1567年)に共に殺害された。永禄2年(1559年)、この頃に名和氏により度々八代を攻められるようになり、また5月には、頼孝らの叛乱以降に関係の悪化していた菱刈氏により水俣城が落城する(翌年に天草の上津浦氏の仲介で、水俣内の12屋敷との交換により取り戻す)。更に、8月には人吉奉行東長兄と丸目頼美の対立が家中を二分する内紛に発展。頼房を擁立した長兄に対し、頼美は湯前城主東直政、日向椎葉の豪族那須祐貞に支援を求めたが獺野原の戦いで敗北。頼美は日向に逃亡し伊東義祐に仕えた。永禄5年(1562年)、伊東義祐に領地を簒奪された北原氏のために島津氏と盟約し、島津貴久と北郷時久と協力して北原氏の旧領回復のために派兵する。相良軍は日向・馬関田城まで兵を抜き北原兼親を飯野城に入れることに成功する。しかし翌永禄6年(1563年)に兼親の叔父・左衛門尉が、伊東氏と相良氏を盟約させ飯野から島津氏を追い出そうと謀り、また東郷相模守の仲介を得て、同年の4月14日(『日向記』の日付。『八代日記』は5月14日)相良氏は伊東氏と共に島津氏の大明神城(大明司塁)を落とした。これにより島津氏との関係は悪化する。永禄7年(1564年)には将軍・足利義輝から従四位下修理大夫の官位と偏諱(「義」の一字)が与えられて「義頼」(よしより)、更に「義陽」と名乗った。この出来事は周辺諸国に衝撃を与え、大友宗麟と島津義久が室町幕府に激しく抗議をしている(だがその後も室町幕府に献金は行っていたようで、織田信長が中央で勢力を伸ばして足利義昭を擁立し、二条城修築の費用を諸大名に求めた際には、相良氏の朝廷への貢租7年分に当たる費用を献じている)。義頼から義陽と名乗るようになったのは、天正2年(1574年)8月15日からである。永禄7年(1564年)2月11日より島津氏の侵攻が開始されるようになる。義陽は菱刈氏と共に対島津氏の最前線である大口城をめぐって何度も戦った(但し義陽自身はこの頃、天草に於ける志岐氏・栖本氏・有馬氏の連合軍との戦い、及び名和氏との戦いの方へ出陣し、奪われていた豊福城を回復している)。永禄11年(1568年)には初栗合戦で島津軍を破るが、永禄12年(1569年)の砥上合戦で敗北、大口城が落城し薩摩における領土を失い、菱刈氏も島津へ降伏した。これを切っ掛けに島津氏は、翌年に東郷氏、祁答院氏を降伏させて薩摩統一を果たす。元亀3年(1572年)の木崎原合戦では伊東義祐と連合して島津義弘を挟み撃ちにする計画であったが、義弘の奇襲によって伊東軍が壊滅したため、慌てて引き返した。天正3年(1575年)には織田信長の依頼を受けた前関白・近衛前久が相良氏をはじめ、島津・伊東・大友の諸氏に和解を勧め、連合して毛利輝元を討つ様に説得工作にあたった。伊東氏を滅亡寸前に追い込んでいた島津氏の反対によって工作自体は成功しなかったものの、摂関家の長たる前久の来訪は相良氏始まって以来の大事件であり、感動した義陽は前久に臣下の礼を取り、逆に前久も義陽の朝廷に対する崇敬の純粋さに感動して島津義久に迫って一時停戦を受け入れさせたほどであったという。しかしながら、この和睦には義陽の方が返事を渋っており、義久が前久の要請に従い、起請文を提出した事でようやく実現している。しかし天正6年(1578年)に島津氏が大友氏を耳川の戦いで破ると、大友に与する阿蘇氏への攻撃を開始し肥後へ進出、天正7年(1579年)になると相良氏の水俣城へも戦火が及び、島津義久の猛攻の前に水俣城が包囲され、その後も猛攻が繰り返されたため、遂に天正9年(1581年)、義陽は葦北郡を割譲し、息子の相良忠房や相良頼房を人質として差し出すことで降伏した。降伏した同じ年、島津義久より阿蘇氏攻めを命じられた。義陽は阿蘇氏の軍師・御船城主である甲斐宗運と親友の間柄で、相互不可侵を誓い合っていたため出陣をためらっていたが、島津氏からの再三の督促により、もはやその命に逆らうこともならず、白木妙見社にて宗運と交わした誓紙を焼き捨てさせ、自らの死を祈願して出陣した。このとき島津氏は、義陽の忠誠を信じ、人質の相良忠房を送り返している。相良軍は、阿蘇氏の出城、甲佐城、堅志田城に進撃、義陽は守りには向かない響野原{響ヶ原とも(宇城市豊野町糸石)}に本陣を敷いた。両城が陥ちたとの報せを受け、宗運は義陽の陣を奇襲、相良勢は壊滅。義陽は退却を勧める家臣の言を無視して、床机に座ったまま敵兵に斬り殺されたという。享年38。後を長男の相良忠房が継いだ。墓(首塚)は鮸谷{(にべがたに)現・八代市古麓町}に建てられたが、肥薩線開通の折に線路上に被らないよう墓は5 - 6mほど移動され、遺品も人吉に移された。また多良木永昌寺に供養塔がある。また、響野原(現・宇城市豊野町糸石)の義陽が討たれた地は元々往還路で、その地が人馬に踏まれるのを危惧した犬童頼安が、土手を築かせ供養碑を建立した。現在は「相良堂」として祀られている。

相良氏は長い間島津氏や大友氏のライバルでした。相良義陽は優秀な武将であり、神社の参詣の際に和歌を詠んだとする逸話を多く残す文化人でもありました。相良氏は義陽の父の晴広の頃から明との貿易で栄えており、朝廷や将軍家に多大な献金を行っていました。義陽は強大な勢力を誇る島津氏に最終的に敗れましたが、味方の島津義弘も敵の甲斐宗運も義陽の討死の報を受け、悲嘆したそうです。特に宗運は相互不可侵を破って攻め込んだ義陽について、「これで島津氏の侵攻を防げるものがいなくなった。阿蘇家も後数年の命脈であろう」と述べました。義陽の死により相良氏は存亡の危機に立たされましたが、義陽の次男相良頼房が、家臣の犬童頼安や深水長智らの補佐を受けて存続しました。江戸時代には人吉藩として、明治維新まで800年以上領地替えされることもなく続きました。
スポンサーサイト

Category: 畠山首席参謀主筆! 立戦研連載企画 《今日の辞世の句》

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ufononatu.blog10.fc2.com/tb.php/1022-f7f675f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。